アオマツムシ

2016年11月8日(火)
アオマツムシ 撮影日:2016/11/08

 マツムシ科マツムシ亜科のアオマツムシを紹介します。
 壁にバッタ目の昆虫が止まっています。

アオマツムシ
翅は屋根形でなくドーム状であるアオマツムシ雌。翅の縁は薄黄色です。
 背の様子は屋根形でなく円みを帯びた天井のようです。
 大きさを測ると頭から翅端まで32㎜ありました。
 翅の縁は薄黄色になっています。
 横から見ると赤矢印で示したように長い注射針のような産卵管があります。
 ですからこの昆虫は雌だと分かりました。

アオマツムシ
長い注射針の様な産卵管を持つアオマツムシ雌。
雄は背に褐色の紋があるのでわざわざ横から写さなくても性別は分かります。

 この昆虫も灯火に飛来したもので,そのまま居残ったと思われます。
 蛾も灯火に飛来しますが,その多くは雄です。
 ところが,バッタ目のハヤシノウマオイ・セスジツユムシ・クビキリギスは雌が飛来するのです。
 産卵する所から離れないでいた方がいいと思われるのにどうしてなのでしょう。

アオマツムシ
顔からぶら下がっている緑色のゴルフクラブのようなものが目をひくアオマツムシ雌。

 科名 マツムシ科マツムシ亜科
 和名 アオマツムシ
 大きさ 体長 22~24㎜
 分布  本州,四国,九州
 出現月 8~11月
 食餌動植物 木の葉です。
 特徴 中国原産の帰化昆虫です。樹上性です。
     
翅の縁が アオマツムシは 薄黄色


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : アオマツムシ

コメントの投稿

Secre

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測