アシグロツユムシ

2016年10月18日(火)
アシグロツユムシ 撮影日:2016/10/18 場所:勿来の関

 キリギリス科ツユムシ亜科のアシグロツユムシを紹介します。
 セイタカアワダチソウに集まってくるのはチョウだけではありません。バッタの仲間と思われる昆虫も集まります。横から見ていたら花を食べているようでした。

アシグロツユムシ
胸部背が褐色なのでウマオイかなと思いましたが上向きの産卵管を見て違う種類だと分かったアシグロツユムシ
 腹部の様子を撮ろうと腹端を見ますと上方に90度近く曲がっているものがあります。産卵管(赤矢印)です。食草の葉の縁を囓り,産卵管を差し込んで卵を産むそうです。そのため上に曲がっているのでしょうか。

アシグロツユムシ
上の写真を見ると白い刺状の突起が出ているのが分かるアシグロツユムシ
 6年も前に幼虫を見たときには,小さいながら明るい色をしていたので綺麗な昆虫だと見とれたことがあります。幼虫は関節の所が,黒くなっています。成虫は関節付近から足先まで褐色になっています。そのため,アシグロツユムシと名付けられたのでしょう。

アシグロツユムシ幼虫
関節が黒いアシグロツユムシ幼虫。触角には,幼虫も成虫も白い斑があります。

 科名 キリギリス科ツユムシ亜科
 和名 アシグロツユムシ
 大きさ 体長 19~23㎜
 分布  北海道,本州,四国,九州
 出現月  7~10月
 食餌動植物 植物全般を食べます。
 特徴 雌には上向きの産卵管があります。関節付近が黒褐色です。

ポイントは 関節付近 黒いです


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : アシグロツユムシ

コメントの投稿

Secre

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測