ホシヒメホウジャク

2016年10月11日(火)
ホシヒメホウジャク 撮影日:2016/10/11,2015/10/18 場所:勿来の関

 スズメガ科ホウジャク亜科のホシヒメホウジャクを紹介します。
 灯火に飛来したものが,梁(はり)にぶら下がっています。この日の飛来数は多く5匹もいました。写真を撮るには離れすぎているので,ビニル袋に入れて持ち帰り家で写すことにしました。

ホシヒメホウジャク
ビニル袋から出した途端,細かく羽ばたき始めたホシヒメホウジャク。そのため後翅の出っ張り2つが見えなくなっています。
 袋から出し紙の上に乗せた途端,羽ばたき運動を始めました。写真を撮りながら様子を見ていました。やがて飛び上がり明るい窓ガラスの方に進んで行きました。

ホシヒメホウジャク
やがてこんな格好で窓枠に止まったホシヒメホウジャク
右側の後翅がずれたため黄橙色の紋が見えています。
しかし,2つの出っ張りは前翅に隠れてしまいました。

 次のような特徴があます。
 ①止まっているときは赤矢印で示した後翅が見えます。
   (フタコブラクダのように2つ出ています。)
 ②桃矢印で示した所には黒紋が有り白筋が見えます。
 ③胸部背に半円状の紋が有ります。
   (その紋の中央を黒い帯状のものが頭部から突き通っています。)
 ④後翅には三角形の黄橙紋が有ります。
 ⑤腹端を上げて止まる習性があります。

ホシヒメホウジャク
普通に止まるとこの様に後翅の2つの出っ張りが見られるホシヒメホウジャク。
腹部がとてもふくれているので雌と思われます。


 科名 スズメガ科ホウジャク亜科
 和名 ホシヒメホウジャク
 大きさ 開張 35~40㎜,前翅長17㎜
 分布  北海道,本州,四国,九州,対馬,種子島,屋久島
      (四国産蛾類図鑑に掲載されているので四国を入れました。)
 出現月  6~7,8~10月
 食餌動植物 幼虫はヘクソカズラの葉を食べます。
 特徴 幼虫には紫色型、橙色型、緑色型、緑色無紋型の4種類があります。
     昼行性で、花の蜜を吸います。

ポイントは 胸部背にある 半月紋


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ホシヒメホウジャク

コメントの投稿

Secre

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測