ミツモンキンウワバ

2016年9月9日(金)
1306 ミツモンキンウワバ 撮影日:2016/09/09,2011/09/22 場所:勿来の関

 ヤガ科キンウワバ亜科のミツモンキンウワバを紹介します。
 壁には見たことがあるようなヤガ科の蛾が止まっています。前翅中央付近に白い紋がある蛾です。

ミツモンキンウワバ
キンウワバ亜科には似ている種が居て同定に苦しむミツモンキンウワバ
 この様な白い紋があるのは,キンウワバ亜科の蛾です。困ったことにキンウワバ亜科は似ているものが居て同定には迷ってしまいます。
 今回も,迷ってニシキキンウワバと同定するところでした。桃矢印と黄矢印の所が次のように違うので納得できなかったのです。
 ①桃矢印の所で,ニシキキンウワバは頂点が筑波山の様に2つあります。
 ②黄矢印の所で,ニシキキンウワバは少し波を打っています。

ミツモンキンウワバ
赤・桃・黄の三箇所をおさえれば間違わずに同定出来るミツモンキンウワバ
水色矢印で示したものは,「四国産蛾類図鑑」によりますと冠毛というそうです。

 頂点が1つで,黄矢印の様に境が直線のものはミツモンキンウワバでした。更に,この蛾には赤矢印で示したように白い線で囲まれた紋が見られます。ニシキキンウワバにも3つありますが黄矢印の場所の様子が違うので区別がつきます。
 ところで,この蛾に付けられているミツモンの意味が今日初めて分かりました。
 1つ目は全部白い紋,2つ目は真ん中にある線だけの紋,3つ目は赤矢印で示した線で囲まれた紋の3つがあるからだと思います。

ミツモンキンウワバ
翅色には個体差があって,この写真の様に金色のものばかりでなく
上のもののように紫を帯びた褐色のものも居るミツモンキンウワバ。


 科名 ヤガ科キンウワバ亜科
 和名 ミツモンキンウワバ
 大きさ 開張 32~35㎜
 分布  本州,小笠原,四国,九州,対馬,屋久島
 出現月 7~10,屋久島3~月
 食餌動植物 幼虫はニンジン,ゴボウ,ダイズ,ワタ,ミゾソバの葉を食べます。
 特徴 イチジクキンウワバ・ニシキキンウワバに似ています。

ミツモンは 紋が3つで ミツモンに


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ミツモンキンウワバ

コメントの投稿

Secre

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測