ヒメシロモンドクガ

2016年8月10日(水)
ヒメシロモンドクガ 撮影日:2016/08/10,2014/06/25 場所:勿来の関

 ドクガ科のヒメシロモンドクガを紹介します。
 焦茶色の蛾が触角を立てて止まっています。

ヒメシロモンドクガ雄
雄は雌と違って色が焦茶色であるヒメシロモンドクガ雄。
 ドクガ科の仲間は触角を翅の下におさめず外から見えるようにして止まる性質があります。
 それでドクガ科を探しますと予想通り見つけることが出来ました。
 ヒメシロモンドクガには,雄も雌も前翅後縁後角付近に白い紋があります。
 だから,ヒメシロモンドクガと名付けられたのでしょう。

ヒメシロモンドクガ雄
ドクガ科は触角を外に出したまま止まるヒメシロモンドクガ。
 雄と雌では紋様や色がはっきり違います。
  雄・・・焦茶色
  雌・・・薄褐色
 触角の様子も違っています。
  雄・・・両櫛歯状
  雌・・・糸状

 蛾の中で灯火に飛来するのはほとんど雄と相場が決まっています。
 しかしながら,ヒメシロモンドクガの雌は灯火に飛来する性質があります。

ヒメシロモンドクガ雌
灯火に飛来する雌のヒメシロモンドクガ。
毛深い足を前に突き出し触角を外に出していればドクガ科を探すと速く見つかります。


 科名 ドクガ科
 和名 ヒメシロモンドクガ
 大きさ 開張 雄21~29㎜,雌30~42㎜
 分布  北海道,本州,四国,九州
 出現 6,8,10月
 食餌動植物 幼虫はリンゴ,ウメ,サクラ,スモモ,クワ,クヌギ,ポプラ,バラ科,ヤナギ科,ハンノキ科,ダイズ,インゲンマメ,ホップ,ハマボウの葉を食べます。
 特徴 雄と雌では紋様・色が違います。

白い紋 一対ありて 同定す


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ヒメシロモンドクガ

コメントの投稿

Secre

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測