ウスイロトラカミキリ

2016年8月1日(月)
ウスイロトラカミキリ 撮影日:2016/08/01 場所:勿来の関

 カミキリムシ科のウスイロトラカミキリを紹介します。
 昨晩蒸し暑かったためか今朝は初見の昆虫3種類に会えました。カミキリムシが2種類,蛾が1種類です。

ウスイロトラカミキリ
何か紋様がはっきりしないウスイロトラカミキリ。擦れた性ではなく生まれつきのようです。
 道端に居る昆虫の宝庫「昆虫道の駅」(今まで多くの昆虫が発見されたので私が名付けました。)で今日(2016年8月1日)初見のカミキリムシを見つけました。
 上翅の紋様が薄くてはっきりしていないカミキリムシです。白い筋が黄色だったらハチの仲間に見えてしまいそうです。それで,ウスイロトラカミキリと名付けられたのでしょう。
 目の形は巴状ではなく勾玉状のように見えます。

ウスイロトラカミキリ
上翅の紋様は「北」,「八」の字に見えるウスイロトラカミキリ。
 このカミキリムシは撮影中全然動きませんでした。おそらく羽化したばかりで体がかたくなるのを待っていたのでしょう。撮影した時刻は8:19でした。

ウスイロトラカミキリ
目は巴状でなく端に円みがある勾玉状に見えるウスイロトラカミキリ。

 科名 カミキリムシ科
 和名 ウスイロトラカミキリ
 大きさ 体長 10~20㎜ 
 分 布 北海道,本州,四国,九州,対馬
 出現月(羽化する月) 6~8月
 食餌動植物 幼虫はコナラ・ブナなど広葉樹の枯れ木を食べます。
 特徴 頭部・前胸部・足は黒色で,上翅は金褐色に白い筋があります。

ポイントは 金褐色に 白い筋

昆虫エクスプローラ ウスイロトラカミキリ カミキリムシ科大きさ 10-20mm
時期 6-8月 分布 北海道・本州・四国・九州 頭部、前胸部、脚は黒色、上翅は金褐色で、細い白帯があるカミキリムシ。 広葉樹の伐採木や倒木に集まる。
自然観察雑記帳 分布 北海道、本州、四国、九州、対馬。 ◎時期 6~8月。
◎大きさ 10~20mm。◎食物 -----◎ホスト 「」「」。

自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ウスイロトラカミキリ

コメントの投稿

Secre

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測