クロスジシャチホコ

2016年6月26日(日)
クロスジシャチホコ 撮影日:2016/06/19,2014/05/08 場所:勿来の関

 シャチホコガ科のクロスジシャチホコを紹介します。
 ふと下を見ると,あまり見掛けない蛾が止まっています。画像を見ますと腹端が外縁から覗いています。

クロスジシャチホコ
胸部背の毛が盛り上がっている部分は中が空洞になっているクロスジシャチホコ
 腹端が外縁からはみ出ている最有力候補は,何といってもシャチホコガ科です。この科の腹部は太くなっているのが普通です。幼虫の間に腹が太くなるほど食べて養分を溜め込んでいると思われます。成虫には口が無く溜め込んだ養分だけで生殖行動を遂行します。
 このため,シャチホコガ科の蛾はあまり飛び回ることが無く大人しいように見えるのでしょう。

クロスジシャチホコ
触角が櫛歯状なので雄のクロスジシャチホコと分かります。
 クロスジシャチホコを横から写した写真を見て驚きました。何とインディアンが被る帽子の様なものが胸部背にあるではありませんか。まるでそれは中が空洞の三角柱の様です。
 ヤガ科のキンウワバの仲間には,これに似たものが見られます。

クロスジシャチホコ
三角柱をのせたようなインディアンハットを被っているように見えるクロスジシャチホコ。

 科名 シャチホコガ科
 和名 クロスジシャチホコ
 大きさ 開張 雄約48㎜ 雌約55㎜
 分 布 北海道,本州,四国,九州,対馬
 出現月(羽化する月) 5~6,8~9月
 食餌動植物 幼虫はイヌシデ、アカシデ、ツノハシバミ、アサダ、クマシデ、サワシバ、ヤシャブシ、ヒメヤシャブシ、オオバヤシャブシの葉を食べます。 成虫は食べません。
 特徴 胸部背は毛束で盛り上がっています。雄の触角は両櫛歯状,雌は糸状す。

クロスジは 格好付けに 帽子つけ


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : クロスジシャチホコ

コメントの投稿

Secre

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測