ナシハマキマダラメイガとネアカマダラメイガ


ナシハマキマダラメイガネアカマダラメイガ
st0513_convert_20130525135302.jpg
ナシハマキマダラメイガ 身を乗り出して止まるのが癖になっています。 撮影日:2013/05/15 場所:勿来の関

 ・1~3番目の写真の蛾はナシハマキマダラメイガです。前翅長は10mmです。
 ・最後の写真の蛾はネアカマダラメイガです。(翅の端が無くなっています。)
 画像を整理していると大変よく似ている2種類の蛾が出てきました。一見すると同じ蛾に見えますが違った種類の蛾です。
 大きな違いが2つあります。
①翅の中央付近に白い縦筋がどちらの蛾にもあります。ナシハマキマダラメイ ガの方には赤橙色の紋があります。ネアカマダラメイガにはその紋がありません。
②下唇鬚がナシハマキマダラメイガは前に突き出ています。ネアカマダラメイ ガは斜め上にしています。

 「みんなで作る日本産蛾類図鑑」ではナシハマキマダラメイガの食餌植物が バラ科:ナシ、リンゴとなっています。
 でも,勿来の関にもその周辺にもナシ、リンゴを栽培している所はありません。あるのは同じバラ科のサクラ、ヤマザクラです。ですから,このナシハマキマダラメイガはそれらだけでなく,サクラ、ヤマザクラも食餌植物にしていると考えざるを得ません。

st0514_convert_20130525135349.jpg
ナシハマキマダラメイガ 下唇鬚が前に突き出ています。 撮影日:2013/05/24 場所:勿来の関

 ナシハマキマダラメイガの幼虫が葉を巻くのでハマキと付くのでしょう。
 ネアカマダラメイガの「ネ」とは「翅の付け根」を意味します。付け根付近が赤いからネアカと呼ばれるのでしょう。

st0515_convert_20130525135517.jpg
ナシハマキマダラメイガ 白い筋の隣に赤橙色の紋があります。 撮影日:2013/05/24 場所:勿来の関

【取って置きの情報】
 メイガ科とツトガ科が止まるときの触角の位置の耳寄りな情報は次の通りです。
2本の触角を背中に乗せて止まります。

 ですから,そのようにして止まっている蛾を見たら先ず,メイガ科とツトガ科をお探し下さい。

st0518_convert_20130525135551.jpg
ネアカマダラメイガ 翅の付け根が赤いのでネアカ。下唇鬚が斜め上に上がっています。赤橙色がありません。 撮影日:2013/05/13 場所:勿来の関


五七五

ナシハマキ 橙色で 区別でき

下唇鬚を つんと突き出す ナシハマキ

ナシハマキ 身を乗り出して 止まります

メイガ科は 背中に乗せる 触角を
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ナシハマキマダラメイガ ネアカマダラメイガ

コメントの投稿

Secre

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測