ラクダムシ

2016年6月4日(土)
ラクダムシ 撮影日:2015/06/11 場所:勿来の関

 アミメカゲロウ目ラクダムシ科のラクダムシを紹介します。
 白い壁に不思議な昆虫が止まっています。ウスバカゲロウを黒くしたような昆虫です。

ラクダムシ
長い産卵管が腹端から出ているラクダムシ雌。
 中胸には2箇所に膨らみ(赤矢印)が見られます。この膨らみをラクダの瘤(こぶ)に見立ててラクダムシと名付けたようです。

ラクダムシ
胸の2箇所に膨らみ(赤矢印)があってラクダの瘤(こぶ)に見立てられているラクダムシ雌。
 黒い縁紋以外翅は透明です。
 胸部や腹部には白い横縞が見られ,金色の首輪をしていてなかなか洒落ています。
 腹端から出ている細い管は,産卵管です。
 幼虫は,主にマツの樹皮裏に生息していて虫を食べるようです。この長い産卵管を樹皮の隙間に差し込んで産卵するのでしょう。

ラクダムシ
勿来の関はアカマツの名所だけにラクダムシが見られるのでしょう。

 科名 アミメカゲロウ目ラクダムシ科
 和名 ラクダムシ
 大きさ 体長 雄7~8㎜ 雌10~12㎜
 分布  北海道、本州、四国、九州
 出現 4~7月
 食餌動植物 虫を食べます。
 特徴 頚(くび)が長く,中胸が膨れている点がラクダに似ているので名付けられたようです。

胸に2個 膨らみありて ラクダムシ


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ラクダムシ

コメントの投稿

Secre

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測