ウスモンオトシブミ

2016年5月10日(火)
ウスモンオトシブミ 撮影日:2013/06/06 場所:勿来の関

 甲虫目オトシブミ科のウスモンオトシブミを紹介します。
 ある時,歩道を歩いていると4枚目の写真のような揺籃が幾つも地面に転がっていることに気が付きました。

ウスモンオトシブミ
足は黄色ですが,後ろ足の腿節のみに黒紋が有るウスモンオトシブミ
この黒紋が同定の大切なポイントとなっています。

 上を見上げますとキブシの木が歩道を被っています。キブシの木がある所で地面の上に揺籃(4枚目の写真)が有るか確かめながら進んで行きました。

ウスモンオトシブミ
胸部や上翅の縁に暗色部があるウスモンオトシブミ
 必ずしも,「キブシ有る所揺籃有り」ではありませんでした。日陰にあるものよりも日向にあるキブシの方に揺籃が見られる傾向があるような気がします。

ウスモンオトシブミ
円らな瞳が可愛いウスモンオトシブミ。
 落ちていた揺籃をビニル袋に入れておくと何日かして,中から橙色を帯びた昆虫が出現しました。ヒメクロオトシブミに格好が似ている昆虫です。
 揺籃の数とウスモンオトシブミの数を数えました。すると,成虫の数が多いことに気が付きました。
 揺籃には大きいものも小さいものもありますので,大きいものには卵を2個産み付けたのでしょう。

ウスモンオトシブミ揺籃
ウスモンオトシブミの落ちたばかりの揺籃には穴は無く青々としています。
 前足と中足の色は黄色です。しかし,後ろ足の腿節には黒斑があります。上翅や胸部・頭部は橙色です。胸部や上翅の縁には暗色部があります。

ウスモンオトシブミの羽化後揺籃
羽化後のウスモンオトシブミ揺籃。桃矢印の所にウスモンオトシブミが出た穴が空いています。

 科名 甲虫目オトシブミ科
 和名 ウスモンオトシブミ
 大きさ 体長 6.5~7㎜
 分布  北海道,本州,四国,九州
 出現 5~8月
 食餌動植物 幼虫はキブシ、ゴンズイ、ミツバウツギ、エゴノキなどの葉を食べます。
 特徴 ウスアカオトシブミに似ていますが,周辺部が暗色なので区別がつきます。
    勿来の関ではキブシの揺籃を地面に落とします。

ポイントは 周辺部が 暗い色



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ウスモンオトシブミ

コメントの投稿

Secre

No title

突然のコメント、失礼します。
この度、にほんブログ街を新規作成いたしました。

それに、つきましてサイト運営者様に、是非参加いただきたく、コメントの方を送らせ
ていただきました。
登録サイト様のアクセスアップに貢献できますようランキング自体のアクセスUPにも、努力していきたいと思っています。
--------------------
ランキング情報
★リセットなし
★新着表示有り
★騙しリンクなし
★不正サイト完全排除
--------------------
不正サイトなどを、徹底的に排除し、ユーザーの皆様が、安心して使えるように心がけ
ています。
現在、アクセス数急上昇と、参加サイト様の方も、少ないために上位に行きますと、
かなりの、アクセスが期待できます。
参加サイト増加のため、幅広く宣伝中です。ご参加お待ちしております。

登録ページ↓
http://blju.net/linkrank/regist.cgi
--------------------
【にほんブログ街】
PC
http://blju.net/linkrank/
クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測