イタヤハマキチョッキリ

2016年5月6日(金)
イタヤハマキチョッキリ 撮影日:2016/05/03,05/05 場所:勿来の関

 甲虫目オトシブミ科のイタヤハマキチョッキリを紹介します。
 ヤマウルシの葉上で,シロモンクロキバガを見つけてから,気をよくしていろいろな植物の葉上を見て歩くようになりました。

イタヤハマキチョッキリ
葉の裏に隠れる寸前に写したイタヤハマキチョッキリ
 イロハカエデより葉の大きさがずっと大きいイタヤカエデの上に赤味がかった昆虫を見つけました。オトシブミに似た格好をしています。逃げ回る虫を追いかけながらやっと数枚の写真を撮りました。
 赤く見えた昆虫は画像を見ると金属光沢に輝いて素敵に見えました。

イタヤハマキチョッキリ
逃げ回るイタヤハマキチョッキリの背中にピントが合ってしまいました。
 ネットで調べると特にイタヤカエデの葉を好み何枚かの葉を巻いて揺籃を作るとありました。5月4日(水)は雨でしたので,2日後に探してみると揺籃(赤矢印)が見つかりました。何枚かの葉を巻いて作ってありました。

イタヤハマキチョッキリ
また葉の裏に逃げ込もうとしているイタヤハマキチョッキリ。
 イタヤカエデの葉を巻いて揺籃を作るチョッキリなのでイタヤハマキチョッキリと名付けられたのでしょう。

イタヤハマキチョッキリの揺籃
脇から眺めると何枚かの葉が巻かれているイタヤハマキチョッキリの揺籃を発見しました。

 科名 甲虫目オトシブミ科
 和名 イタヤハマキチョッキリ
 大きさ 体長 5.5~8.5㎜
 分布  北海道,本州,四国,九州
 出現 年1回春出現,成虫越冬
 食餌動植物 幼虫はカエデ類特にイタヤカエデの葉を食べます。
 特徴 雄の前胸背板側縁前方には鋭いトゲがあります。
    カエデ類の葉で揺籃をつくります。

翅の色は 金属のよう 輝いて


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : イタヤハマキチョッキリ

コメントの投稿

Secre

深謝!

こんばんは!
種々御教示頂き、有難う御座いました! m(_ _)m


イタヤハマキチョッキリ・・・可愛いですね!
昨日、初めてヒメクロオトシブミを撮りました!
この種の昆虫に のめり込みそうです(^o^)

●● 白竜雲 さんへ

こんにちは。
タニギキョウは以前に何度か見たことがあるので分かりました。

私も,コナラの葉上でヒメクロオトシブミを初めて見つけました。
その後,コナラの葉上を見るのが癖になりまして,
ヒメクロオトシブミを見つけては喜んでいます。
クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測