テンヅマナミシャク


テンヅマナミシャク 写真をクリックすると大きくなります。
st0472_convert_20130517182332.jpg
テンヅマナミシャク 波模様の線が沢山あります。 撮影日:2013/05/13 場所:勿来の関
 建物の壁にこのような蛾が止まっていました。一見,黒くて地味な蛾なので写すのをためらいました。
 しかし,この勿来の関には何月頃,どんな蛾が見られるのか調べているので気は進みませんでしたが,写真を撮って名前を調べました。
 私はこの蛾はシャクガ科に属する蛾だと判断しました。前翅も後翅も見えるように大きく開いて止まっているからです。次に,エダシャク亜科かナミシャク亜科か迷いましたが,エダシャク亜科から調べるとにしました。私は「北茨城・勿来 周辺の博物誌」というHPを立ち上げているのでこれを利用することにしました。未だ,900種余りで少ないですが,少ないから速く見つけられるのです。前に写真を写していれば出ているし,出てなければ「四国産蛾類図鑑」で探せばよいからです。
 探した結果,エダシャク亜科ではありませんでしたが,ナミシャク亜科に出ていました。特に後翅に目立ちますが,細かい波模様の線が見えるのでナミシャク亜科の蛾なのでしょう。
 地味な蛾だったので去年写したかどうか思い出せませんでした。
 名前のいわれは,白い点が端(つま:はしの意味)にあるのでテンヅマナミシャクと呼ばれるのでしょう。
 この蛾の幼虫はクサギを食べます。そのクサギの写真が下にあります。

st0462_convert_20130517182303_20130517182509.jpg
クサギ 撮影日:2000/08/09
 ここで,クイズを出します。クサギの白い花が2つ咲いていますが,右と左の花で速く咲いたのはどちらでしょうか。解答は明日です。


五七五

 ナミシャクは 何本もある 波模様
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : テンヅマナミシャク

コメントの投稿

Secre

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測