キアヤヒメノメイガ

2016年3月13日(日)
キアヤヒメノメイガ 撮影日:2010/09/15,2012/08/19,2013/09/09 場所:勿来の関

 ツトガ科ノメイガ亜科のキアヤヒメノメイガを紹介します。

 シロアヤヒメノメイガに似ていて混同してしまいます。翅の色が白くてシロアヤヒメノメイガというのかと思いきや,白い筋模様が目立つからの様です。
 キアヤヒメノメイガは黄色の部分が目立つ様な気がします。しかし,黄色の部分があるからといってキアヤヒメノメイガと同定出来ないところが難しいところです。
キアヤヒメノメイガ
日当たりの良い草原で見掛けることが多いキアヤヒメノメイガ
 勿来の関周辺で見掛けるのはキアヤヒメノメイガの方ばかりでで,まだ,シロアヤヒメノメイガを見ていません。
 両者の違いは矢印で示した場所に焦茶色の三角紋があるかないかに関わってきます。
 ①明瞭な三角紋が前翅(緑矢印)にも後翅(桃矢印)にもあります。・・・キアヤヒメノメイガ
 ②不明瞭な三角紋が見られます。                  ・・・シロアヤヒメノメイガ

キアヤヒメノメイガ
2つの矢印で示した場所に明瞭な三角紋があるキアヤヒメノメイガ。前縁沿いに黄色を帯びた部分が見られます。
 普段は翅を開いて止まっている姿を見ているので,最後のものの様に閉じていると,初めて出会う蛾の様に見えてしまいます。
 キアヤヒメノメイガは草原で見掛けますが,灯火にも飛来します。

キアヤヒメノメイガ
翅を閉じて窓ガラスに止まるキアヤヒメノメイガ。翅を閉じてしまうと別な種のように見えてしまいます。画像からこの蛾は灯火に飛来することがお分かりでしょう。

 科名 ツトガ科ノメイガ亜科
 和名 キアヤヒメノメイガ
 大きさ 開張 16~20㎜
 分布  北海道,本州,小笠原,四国,九州,対馬,種子島,屋久島,奄美大島,沖縄
 出現月(羽化する月) 4~9月
 食餌動植物 幼虫はセリ科(ミツバ)の葉を食べます。
 特徴 シロアヤヒメノメイガに似ています。黄色みが翅に強く出る所があります。

目印は 黒三角が 並んでる


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : キアヤヒメノメイガ

コメントの投稿

Secre

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測