ウスカバナミシャク

2016年3月7日(月)
ウスカバナミシャク 撮影日:2016/03/07 場所:勿来の関

 シャクガ科ナミシャク亜科のウスカバナミシャクを紹介します。

 今日(2016年3月7日),勿来の関の5箇所でカバナミシャクの仲間を見つけ写真を撮りました。すると,幸運にも3箇所でウスカバナミシャクを見つけました。
 正直言ってカバナミシャクの仲間の写真は撮りたくないのです。似ていて同定が難しいからです。今日投稿するウスカバナミシャクも例に漏れず,どこで区別すればよいのだろうと画像を見ていました。
ウスカバナミシャク
赤矢印の所で帯模様が切れているウスカバナミシャク
 見ているうちに,はっきりした違いを見つけました。似ているカバナミシャクの仲間から違いを見つけたなんて大発見と言っても言い過ぎではないと思います。その違いというのは次の通りです。
 ①焦茶横帯が赤矢印で示した場所で切れています。これが重要なポイントです。
 ②外横線に沿った帯模様も亜外縁線に沿った帯模様もはっきりしています。

ウスカバナミシャク
外横線に沿ったところが波の模様になっているのでナミシャク亜科に属するウスカバナミシャク。
 ところが,ソトカバナミシャクも①と同じなので混同しがちです。しかし,ウスカバナミシャクは白い亜外縁線に沿った帯模様も外横線に沿った帯模様もはっきりしています。
 ソトカバナミシャクはそれらの帯模様がはっきりしていません。

ウスカバナミシャク
ソトカバナミシャクも切れていますが亜外縁線に沿った帯模様も外横線に沿った帯模様もはっきりしているウスカバナミシャク。

 科名 シャクガ科ナミシャク亜科
 和名 ウスカバナミシャク
 大きさ 開張 16~21㎜
 分布  北海道,本州,四国,九州,屋久島
 出現月(羽化する月) 3~4月
 食餌動植物 幼虫はミズナラ,ヤブデマリ,イタヤカエデの葉を食べます。
 特徴 早春に現れるカバナミシャクの仲間です。

横帯の 一部が切れる ウスカバは


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ウスカバナミシャク

コメントの投稿

Secre

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測