プライヤハマキ

2016年1月26日(火)
プライヤハマキ 撮影年:2012,2013,2015 場所:勿来の関

 ハマキガ科ハマキガ亜科のプライヤハマキを紹介します。

 同じ種でこれ程までに変異が大きいとは知りませんでした。次のような個体変異が見られます。
プライヤハマキ
夏型のプライヤハマキ。黄橙色を帯びて突起物が見られるのが夏型の特徴です。2012/08/23撮影

プライヤハマキ
突起物は黄橙色が濃い筋に沿ってほぼ分布している夏型のプライヤハマキ。2012/08/31撮影

プライヤハマキ
前縁には焦茶色紋が3つ並んでいる越冬型(②A)のプライヤハマキ。2013/03/16撮影

プライヤハマキ
小黒点が少ない越冬型(②B)のプライヤハマキ。2015/04/01撮影

プライヤハマキ
釣鐘形で外縁から3分の1あたりが少し凹む夏型のプライヤハマキ。2012/07/18撮影

プライヤハマキ
小突起物が少し見られる越冬型(C)のプライヤハマキ。2012/12/15撮影

 ①夏型は黄橙色で翅に目立つ突起物が筋に沿って複数見られます。
 ②越冬型は前縁に焦茶紋が3つ見られるものと翅全体に白い筋が見られるものがあります。突起物はあっても小さいです。
  A小黒点が沢山あり地は黄褐色
  B小黒点が少しあり地は薄褐色
  C小黒点が少しあり翅は黒褐色

 プライヤハマキの翅形は釣鐘形で外縁から3分の1辺りで少し凹みます。

 科名 ハマキガ科ハマキガ亜科
 和名 プライヤハマキ
 大きさ 開張 14~18mm
 食餌動植物 幼虫はクヌギ,コナラ,ミズナラ,アラカシ,カシワの葉を食べます。
 分布 北海道,本州,四国,九州,対馬
 出現月(羽化する月) 5~8,9~12月,(1~5月に見られるのは越冬型)
 特徴 夏型と個体変異が大きい越冬型があり,夏型は目立つ鱗隆起があります。

越冬は 個体変異が 大きいぞ


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回、 バナーをclickして下さ~い。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : プライヤハマキ

コメントの投稿

Secre

おはようございます。

これまたぁ地味な(~▽~@)♪♪♪

まぁ札幌でもよく見かけますが個体変異がすごいですよね

だんちょう さんへ

投稿文を書きながら夏型と越冬型があることを思い出しました。
翅に突起があるものが夏型でなく
翅色が黄橙色なら夏型であることを改めて確認しました。
クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測