ウスキシャチホコ

2016年1月17日(日)
ウスキシャチホコ 撮影日:2015/05/02,2014/05/11 場所:勿来の関

 シャチホコガ科トビモンシャチホコ亜科のウスキシャチホコを紹介します。

 今日紹介するウスキシャチホコと以前に紹介したキシャチホコ<以前の記事はこちら>は似ていて混同してしまいます。ウスキシャチホコ・キシャチホコと名前がついていますが,写すときの条件で色は違ってしまいますので翅色で区別するには無理があります。
ウスキシャチホコ
胸部の毛が立っているのでキシャチホコと区別できる雄のウスキシャチホコ。翅頂から出ている線が短いのも特徴です。
 両者は次の点で違うので簡単に区別がつきます。
 ①キシャチホコ  ・・・腹端が出ません。
 ところが,ウスキシャチホコの雌は腹端が出ないので困ってしまいます。でも,擦れた個体でなければ次のような手掛かりが残っています。
 ②ウスキシャチホコ・・・胸部の毛が立っています。
 ③キシャチホコ  ・・・胸部の毛がねています。 

ウスキシャチホコ
鏡に止まった雄のウスキシャチホコ。腹端が見えているので雄のウスキシャチホコと分かります。
 1枚目と2枚目の写真は雄のウスキシャチホコです。3枚目の写真は雌のウスキシャチホコです。翅色の外に大きく違っている所があるので分かります。
 ④雄のウスキシャチホコ・・・腹端が外縁から出ています。
 ⑤雌のウスキシャチホコ・・・腹端が外縁から出ません。

ウスキシャチホコ
雌のウスキシャチホコはこの様に腹端が出ないのでキシャチホコと混同してしまいます。
しかし,胸部の毛が立っているので区別が出来ます。更に,翅頂から出る線の長さが雌も雄も短いです。


 科名 シャチホコガ科トビモンシャチホコ亜科
 和名 ウスキシャチホコ
 大きさ 開張 40~46mm
 食餌動植物 幼虫はススキ、ササ類の葉を食べます。
 分布 北海道,本州,四国,九州
 出現月(羽化する月) 5~8月
 特徴 シャチホコガ科の仲間は口吻が退化し、成虫は餌を摂りません。

ポイントは 腹端が出る 雄の蛾は


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回、 バナーをclickして下さ~い。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ウスキシャチホコ

コメントの投稿

Secre

こんばんは(^-^)

これも札幌で良く見かけるシャチホコです、同定もしやすいし、淡い色彩も上品にみえますね(~▽~@)♪♪♪

だんちょう さんへ

こちらはヤスジシャチホコと違って見掛ける回数が多い蛾です。
腹端が出ていて同定しやすいですね。
クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測