11月下旬に見られる蛾10

2015年12月8日(火)
勿来の関で見られる蛾10 (2015年11月下旬) 撮影場所:勿来の関

 11月下旬に見られる蛾10の紹介です。

トビスジヒメナミシャク
①トビスジヒメナミシャクの雄(シャクガ科 ナミシャク亜科) 2015/11/20
雄はは地色が淡黄褐色で暗色の横帯内に縁取りのない黒点がありますが、♀では地色が赤褐色で、暗色の横帯内に白い縁取りの黒点があります。
<以前の記事はこちらです。>

ギンモンシロウワバ
②ギンモンシロウワバ(ヤガ科 キンウワバ亜科) 2015/11/20
写しやすいようにと考え移動したら羽ばたき運動を始めました。ぶれないようにフラッシュを焚きました。腹部背には鶏冠のような毛束は立っていません。飛行の邪魔になるからでしょう。
<以前の記事はこちらです。>

クロモンキノメイガ
③クロモンキノメイガ(ツトガ科 ノメイガ亜科) 2015/11/22
黄色の地に黒い紋があるのでクロモンキノメイガと名付けられたのでしょう。
<以前の記事はこちらです。>

フトジマナミシャク
④フトジマナミシャク(シャクガ科 ナミシャク亜科) 2015/11/28
内横線から外横線まで太い帯状の紋があるのでフトジマナミシャクと呼ばれるのでしょう。
<以前の記事はこちらです。>

ウスズミカレハ
⑤ウスズミカレハ(カレハガ科) 2015/11/30 
観察される数は年によってむらがあります。今年はたった一回しか観察できませんでした。
<以前の記事はこちらです。>


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回、 バナーをclickして下さ~い。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 11月下旬に見られる蛾10

コメントの投稿

Secre

こんばんは

11月も後半に入ってくると見られる蛾も地味な子ばかりですね。

ウスズミカレハはこちらは相変わらず多いです、もうほぼ札幌は蛾も終わっちゃいました

晩秋の蛾

お久しぶりです。

今日は ミドリアキナミシャクの件 ありがとうございました。
相変わらず 頑張っておられますね。

この時期、当地と同じような蛾が多く見られるのには驚きました。
オオトビモンシャチホコ、トビイロリンガ ほか いろいろと。

ランキングへの参加 現在 10位と 16位 凄いですね。
更なるランクアップを目指して 頑張ってください。

だんちょう さんへ

おはようございます。
ウスズミカレハの2匹目を今日(2015/12/10)観察しました。
前回の蛾は顔というか頭というか前面が白くなかったようなので
今回は白いかどうかよく見ました。
その結果白だったことを確認しました。

ツユヒメ さんへ

しばらくぶりです。

植物にも目を向けていますが
ブログには蛾の記事ばかり載せています。

「四国産蛾類図鑑」の作者nabeさんの「高知の自然2」を見ても
似たような種類の蛾が見られることが驚きです。

ご支援有り難うございます。
これからも引き続き応援お願いします。
クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測