フタオビコヤガ

2015年11月21日(土)
フタオビコヤガ 撮影日:2013/08/24 場所:勿来の関

 ヤガ科コヤガ亜科のフタオビコヤガを紹介します。

 フタオビコヤガは2年前にたった一回だけ観察されました。地が黄色なので目立つ蛾です。
フタオビコヤガ
2本の帯が切れ目なくつながっているので雄だと分かるフタオビコヤガ
 フタオビコヤガの幼虫はイネの葉を食べるそうですが,近くに田は広がっていません。約1㎞以上離れています。だから観察される回数は少ないと思われます。

フタオビコヤガ
縁毛が生え揃っているので羽化してからあまり時間が経っていないと思われるフタオビコヤガ。
 雄と雌では紋様に違いが見られます。その違いは次の通りです。
 ①雄・・・明瞭な2本の帯が見られます。(写真のような感じです。)
 ②雌・・・切れ切れの斑模様になっています。

フタオビコヤガ
逃げずに撮影に協力してくれましたが,目はじっと私を見ているフタオビコヤガ。

 科名 ヤガ科コヤガ亜科
 和名 フタオビコヤガ
 大きさ 開張16~21mm
 食餌動植物 幼虫はイネの葉を食べます。
 分布 北海道,本州,伊豆諸島八丈島,四国,九州,'対馬',,屋久島,沖縄
 出現月(羽化する月) 5~9月
 特徴 ♂には2本の帯模様がありますが、♀は途切れて明瞭にはありません。幼虫はヤガ科でありながら尺取り虫のような歩き方をします。

明瞭な 2本の帯が 雄にあり


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回、 バナーをclickして下さ~い。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : フタオビコヤガ

コメントの投稿

Secre

イネ食いの蛾ですね、田園付近の外灯回りで多数確認しました。
クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測