fc2ブログ

ウスタビガ

2024年2月14日(木)

3468 ウスタビガ(ヤママユガ科) 撮影日2011/11./23,11/27撮影場所勿来の関

①ウスタビガ♂(ヤママユガ科)

ウスタビガ


2011年頃と比べると現在は見かける機会が少なくなりました。
幼虫はリンゴ、サクラ、ナシ、モモ、スモモ ムクロジ科イタヤカエデ ニレ科ケヤキ、ハルニレ カバノキ科、ヤナギ科、マンサク科等の葉を指しています。
サクラ、イタヤカエデカバノキ科等は勿来の関では普通に分布しているのに不思議に思っています。
本種は♂と♀では翅色が違います。
初めて見たときにはヤママユに似ている感じがしました。
それは4枚の翅に半透明の円形紋が見られるからです。
それもそのはずです,ヤママユガ科の蛾の多くにはこの円形半透明の紋がみられます。
本種は成虫になる前に緑色の繭を作ります。


②ウスタビガ♀(ヤママユガ科)
ウスタビガ


本種の♀は翅色が黄色を帯びています。
一方,♂は茶色を帯びています。
しかも,触角が羽毛状翅です。
♀の触角は短い櫛歯状です。
翅頂の先が捩(よじ)れているのはクモの巣に引っかかり翅をばたつかせている内に捩れたものです。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

スポンサーサイト



クリック応援お願いします。
ブログカウンター
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真