fc2ブログ

ウスキツバメエダシャク

2023年10月6日(金)


ウスキツバメエダシャク 撮影日2023/10/06 撮影場所:勿来の関

ウスキツバメエダシャク
①ウスキツバメエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)
左右の翅を大きく開き平らかに広げています。
写真の蛾の前翅長は26㎜と中くらいの大きさですが,大きく感じます。
この事から本種はシャクガ科エダシャク亜科と分かります。


ウスキツバメエダシャク
②ウスキツバメエダシャク
本種の特徴は後翅外縁ほぼ中頃に突起が見られることです。
右と左に一つずつ有って丁度ツバメの尾の様なのでツバメエダシャクと名前が付きました。
全体に翅は白く見えますが,外縁に沿った部分がほんのりと黄を帯びています。
それでウスキと付けられました。
勿来の関では本種の他にコガタツバメエダシャク,シロツバメエダシャクが観察されます。
これらを正しく同定するには顔写真を撮るのが1番はやいです。
本種は目と目の間が橙色になっているので区別がつきます。
詳しくは,「白色ツバメエダシャクの比較」を参照して下さい。
アドレスは下記の通りてす。
http://yokonami.web.fc2.com/4tubameedasyaku.html



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
スポンサーサイト



クリック応援お願いします。
ブログカウンター
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
09 | 2023/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真