FC2ブログ

ハジマヨトウ

2020年8月4日(火)
ハジマヨトウ 撮影日2020/08/03 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2020年 8月3日に観察したハジマヨトウです。

ハジマヨトウ
①ハジマヨトウ(ヤガ科キリガ亜科)
この蛾は何の仲間かと迷ってしまいますが,矢尻の形に似ているものはヤガ科を調べれば見つかることが多いです。
翅頂近くに斜めにのびている薄褐色紋(緑矢印)の隣にある三角状の濃い茶色紋がこの蛾の同定ポイントです。
この茶色紋の内側(頭に近い方)に白い縁取り(赤矢印)が有るのも同定ポイントです。


ハジマヨトウ
②ハジマヨトウ
幼虫はハチク,マダケ,モウソウチク,メダケ等のタケノコが地面から出る頃,中に入り食べます。
葉を食べるのではありません。
語尾にヨトウと付くのにも関わらず腎状紋や環状紋は見られません。
そういう意味もあったのでしょうか,ヨトウガ亜科からキリガ亜科に移動しました。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
スポンサーサイト



クワヒメハマキ

2020年8月3日(月)
2424 クワヒメハマキ 撮影日2020/08/03 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2020年 8月3日に観察したクワヒメハマキです。

クワヒメハマキ
①クワヒメハマキ(ハマキガ科ヒメハマキガ亜科)
小さい蛾が壁に止まっています。
下唇鬚(かしんひげ)が反り返っていないのでキバガ科ではありません。
上から写した写真では難しいですが,横から写した写真を見て直ぐ何の仲間か分かりました。
覚えやすいように私が勝手に名付けたヒメハマキ紋様が写っていたからです。
それは赤矢印から赤矢印の間に見られる白い筋模様です。
この紋様が見られるものはヒメハマキガ亜科の蛾なので検索するとクワヒメハマキと分かりました。


クワヒメハマキ
②クワヒメハマキ
この種は色彩や紋様に個体差があって同定には苦労します。
黄矢印が指しているのは前翅後縁中央にある紋です。
いままで観察したものはここが茶色でしたが,これは黒ずんでいます。
そこで翅頂を取り囲むような筋を見ることにしました。(緑矢印から緑矢印)
よく似ているのでクワヒメハマキと判断しました。
<カラフルな画像はこちらです。>



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

オオシマカラスヨトウ

2020年8月2日(日)
オオシマカラスヨトウ 撮影日2020/08/02 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2020年 8月2日に観察したオオシマカラスヨトウです。

オオシマカラスヨトウ
①オオシマカラスヨトウ(ヤガ科カラスヨトウ亜科)
黄矢印が指している白紋の中に小黒点がある眼状紋からカラスヨトウの仲間と分かります。
この仲間にはナンカイカラスヨトウ・シマカラスヨトウがいます。
翅の様子だけでは同定は難しいです。
正しく同定するには脇腹の様子を見なければ成りません。


オオシマカラスヨトウ
②オオシマカラスヨトウ
何枚か写真を撮っていたら,ぴょんと跳ねて向きを変えました。
驚いたのでしょう,多くの蛾は飛び去るのにこの蛾は跳ねるだけです。
運が良いことに脇腹が見えるようになりました。
脇腹を何枚か撮った後もう少し見やすくならないかと思いながらそっと前翅に触れました。
するとどうでしょう。
前より見やすくなりよい写真が取れました。
脇腹には白い縦縞(赤矢印)が4本以上あります。
・ナンカイカラスヨトウの脇腹には,ぼんやりした白い縦縞があります。
・シマカラスヨトウの脇腹には,オオシマカラスヨトウのような白い縦縞があります。

前翅長を測ると約32㎜ありましたので28.5㎜のシマカラスヨトウより大きいと分かりました。
それでこの蛾はオオシマカラスヨトウと同定しました。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

コナフキエダシャク

2020年8月1日(土)
コナフキエダシャク 撮影日2020/07/21,2011/04/07 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2020年7月21日と2011年4月7日に観察したコナフキエダシャクです。

コナフキエダシャク
①コナフキエダシャク夏型(シャクガ科エダシャク亜科) 2020年7月21日観察
後翅が見えるように前翅を開き,平面的な止まり方なのでシャクガ科と分かります。
年二化性で春と夏に出現します。
地色は褐色で短い筋が沢山見られます。
写真に写っている蛾は二枚とも♂です。
二枚とも触角が両櫛歯だからです。
♀は糸状です。


コナフキエダシャク
②コナフキエダシャク春型 2011年4月7日観察
何といってもこの蛾の特徴は,紋様に春型と夏型があることです。
春型の紋様の特徴は,内横線と外横線の間に濃い褐色の帯があります。
夏型の紋様の特徴は,内横線と外横線が少し太くて濃い褐色になっています。
幼虫は広食性でヤマツツジ,ミツバツツジ,アクシバ,リョウブなどの葉を食べます。
これらは勿来の関に普通に分布しているので複数回観察されます。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
RSSリンクの表示
月齢カレンダー
月齢を見て蛾の飛来数を予測しています。
月齢による蛾の飛来数予測