FC2ブログ

9月に見られた蛾⑧

2019年9月18日(水)
9月に見られた蛾⑧ 撮影日:2019/09/08 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で9月8日に観察した蛾です。
9月からは掲載したばかりのものでも載せていきます。
出現する種が少なくなって記事が書けなくなるからです。

ヒメクロミスジノメイガ
①ヒメクロミスジノメイガ(ツトガ科ノメイガ亜科)
触角を背負っているのでツトガ科・メイガ科と分かります。
更に,焦茶色の地に黒い筋模様ときたら相場はノメイガ亜科に決まりです。
前翅長9~11㎜の小さな蛾です。
腹部背の白横筋が特徴的な種です。


ウスムラサキノメイガ
②ウスムラサキノメイガ(ツトガ科ノメイガ亜科)
似た種にクロウスムラサキノメイガが居るので注意が必要です。
でも,以下の様な区別点があるので安心です。
それは,赤矢印で示した場所にある黒いふっくらとした毛の有無です。
そこに黒いふっくらとした毛が有る・・・クロウスムラサキノメイガ
そこに黒いふっくらとした毛が無い・・・ウスムラサキノメイガ


クロホシフタオ
③クロホシフタオ(ツバメガ科フタオガ亜科)
同定が難しい種です。
「富山県産蛾類博物館」のクロホシフタオを参考に同定しました。
緑色の直線部分を延長したのが赤矢印です。
外縁と交差する所は,後角よりかなりずれています。
あまりずれていなければヒメクロホシフタオになります。
この考え方が一番分かりやすい方法だと思われます。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
スポンサーサイト



9月に見られた蛾⑧

2019年9月17日(火)
9月に見られた蛾⑧ 撮影日:2019/09/07 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で9月7日に観察した蛾です。
9月からは掲載したばかりのものでも載せていきます。
出現する種が少なくなって記事が書けなくなるからです。

クワゴモドキシャチホコガ
①クワゴモドキシャチホコガ(シャチホコガ科)
左右の翅を合わせるように立てて止まります。
更に腹端を外縁の外に出しているのでシャチホコガ科と分かります。
胸部背の毛が立ち上がって見えますが,普通横になっています。


クロスジコブガ
②クロスジコブガ(コブガ科コブガ亜科)
黒ずんだ灰色の蛾が壁に止まっています。
開張14~21㎜と小さな蛾です。
一見,コブガ科かコケガ亜科に属する蛾のように見えます。


ダイズサヤムシガ
③ダイズサヤムシガ(ハマキガ科ヒメハマキガ亜科)
胸を壁に付け,腹端を上げて止まるという変わった蛾です。
ヒメハマキガ亜科といっても,ヒメハマキガ模様は無いので覚えるほかありません。
ダイズサヤムシガというくらいですから,幼虫はクズ,ダイズ,アズキ,インゲンマメ,ソラマメ,ハリエンジュ,シロツメクサ等のマメ科植物の葉・鞘・茎を食べます。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

9月に見られた蛾⑦

2019年9月16日(月)
9月に見られた蛾⑦ 撮影日:2019/09/05,09/05 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で9月5日と6日に観察した蛾です。
9月からは掲載したばかりのものでも載せていきます。
出現する種が少なくなって記事が書けなくなるからです。

ツマトビキエダシャク
①ツマトビキエダシャク♂(シャクガ科エダシャク亜科)
後翅が見えるように前翅を広げています。
このことから,シャクガ科を予想することが出来ます。
♂の触角は櫛歯状で♀は糸状なので,この写真の蛾は♂です。
幼虫はクワの葉を食べますが,その分布が少ないので観察する機会も少ないです。


チャノウンモンエダシャク
②チャノウンモンエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)
この蛾も後翅が見えるように前翅を広げているのでシャクガ科と予想されます。
似た蛾にキタウンモンエダシャクが居るので注意が必要です。
違いは赤矢印で示した外横線にあります。
この線がこの写真のように下方へぎざぎざしていなければチャノウンモンエダシャクです。
6月頃は両者が見られますが,9月になるとチャノウンモンエダシャクばかりです。


シロヒトリ
③シロヒトリ(ヒトリガ科ヒトリガ亜科)
前翅は真っ白で,前翅長30㎜と大きい蛾です。
前翅後翅ともに裏側は黒い紋があります。
下に降りたものを裏返しにしようとすると翅を上に上げ動かなくなります。
すると,腹部側方に紅色と黒色の斑紋が見られます。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

9月に見られた蛾⑥

2019年9月15日(日)
9月に見られた蛾⑥ 撮影日:2019/09/04,09/05 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で9月4日と5日に観察した蛾です。
9月からは掲載したばかりのものでも載せていきます。
出現する種が少なくなって記事が書けなくなるからです。

キンモンガ
①キンモンガ(アゲハモドキガ科)
夜行性が多い蛾の中で,昼間活動する蛾です。
昼行性ですが,灯火にも飛来します。
逃げ足が速く直ぐ逃げられます。
この日灯火に飛来したものは逃げずに止まっていてくれました。
黒地に黄色の紋がありますが,この紋を金に見立ててキンモンガと名付けたのでしょう。


コウスグモナミシャク
②コウンモンクチバ(シャクガ科ナミシャク亜科)
この紋様でナミシャク亜科ですから,何の仲間か予想が立ちません。
この蛾にはウンモンクチバという似た蛾が居るので注意が必要です。
翅が濃色傾向というのでコウンモンクチバと判断しました。


クワゴマダラヒトリ
③クワゴマダラヒトリ(ヒトリガ科ヒトリガ亜科)
♂は昨日紹介しましたが,♀が2日後に飛来してくれました。
翅色が全くの逆で気が付きませんでした。
しかし,同じ種だと分かる紋様があるのでこれからは直ぐ気付けることと思います。
それは,胸部背にある橙色の筋です。
♀の触角の先の方の4分の1は,白っぽくなっています。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

9月に見られた蛾⑤

2019年9月14日(土)
9月に見られた蛾⑤ 撮影日:2019/09/03,09/04 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で9月3日と4日に観察した蛾です。
9月からは掲載したばかりのものでも載せていきます。
出現する種が少なくなって記事が書けなくなるからです。

マタスジノメイガ
①マタスジノメイガ(ツトガ科ノメイガ亜科)
触角を背にしているのでツトガ科・メイガ科と分かります。
さらに,黄色い地に黄色の筋模様ときたら相場はツトガ科に決まりです。
似た種が3種類居るので注意が必要です。
緑矢印の所で叉に成った筋があるのでマタスジノメイガと名付けられたのでしょう。


クワゴマダラヒトリ
②クワゴマダラヒトリ♂(ヒトリガ科ヒトリガ亜科)
雄と雌では翅色が違う種です。
雄は黒ずんでいますが,雌は白っぽくてシロヒトリと間違えそうです。
でも,胸部に橙色の筋があるので見分けがつきます。
幼虫は幾つかの種類の植物の葉を食べますが,蚕(かいこ)が食べるクワの葉を食べるのでクワゴマダラヒトリと名付けられたのでしょう。


シロスジアオヨトウ
③シロスジアオヨトウ(ヤガ科キリガ亜科)
翅中央に白っぽく見える(実際は黄色)筋があるのでシロスジアオヨトウと名付けられたのでしょう。
この個体は擦れていて緑を帯びていませんが,新鮮なものは緑を帯びています。
黄色い筋の前縁側に環状紋や腎状紋があるのでヨトウガの仲間と分かります。
この蛾はあまり見かけることはありません。
それは,どうも食草と関係しているように思われます。
幼虫はイヌタデやギシギシなどの葉を食べますが,丈が低くて昆虫には見つけづらいと思われます。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

9月に見られた蛾④

2019年9月13日(金)
9月に見られた蛾④ 撮影日:2019/09/02 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で9月2日に観察した蛾です。
9月からは掲載したばかりのものでも載せていきます。
出現する種が少なくなって記事が書けなくなるからです。

タテスジシャチホコ
①タテスジシャチホコ(シャチホコガ科)
初めて見る蛾が灯火の枠に止まっています。
ヤガ科と思いましたが外縁から腹端が覗いているのでシャチホコガ科を探しました。
ナカスジシャチホコと配色が逆に成っているだけで似た感じがします。
ただ胸部背にロート状の毛の広がりが見られます。


フチベニヒメシャク
②フチベニヒメシャク(シャクガ科ヒメシャク亜科)
前翅長が7㎜以上10㎜以下の小さな蛾です。
内横線が明るい紅色で外横線はそれより少し暗い感じがします。
外横線の外側は暗紅色を帯びています。
それでフチベニと名付けられたのでしょう。


モンクロギンシャチホコ
③モンクロギンシャチホコ(シャチホコガ科)
壁に見たことがない紋様の蛾が止まっています。
外縁から覗いている腹端を見てシャチホコガ科と分かりました。
灰色を帯びた所を銀色に見立てて名前にギンと付けたのでしょう。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

9月に見られた蛾③

2019年9月12日(木)
9月に見られた蛾③ 撮影日:2019/09/01,09/02 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で9月1日と2日に観察した蛾です。
9月からは掲載したばかりのものでも載せていきます。
出現する種が少なくなって記事が書けなくなるからです。

マダラエグリバ
①マダラエグリバ(ヤガ科エグリバ亜科)
背を見ると凸凹していて抉られた感じがします。
前翅の胸部付近を見ると大小様々な形の紋があります。
外縁付近にも見られるので,マダラと名付けられたのでしょう。


ミツモンキンウワバ
②ミツモンキンウワバ(ヤガ科キンウワバ亜科)
この仲間は似ている種が居て同定するのに苦労します。
今回,イチジクキンウワバと思っていました。
けれども,見ているうちにミツモンキンウワバだと分かりました。
それは,赤矢印で示した外横線が頭の方へ大きく出張っているからです。


モントガリバ
③モントガリバ(カギバガ科トガリバガ亜科)
この蛾を初めて見た方は何の仲間か見当がつかなかったと思います。
普通この仲間は,赤矢印をつけた線が翅頂から出ます。
ところが,この種は少し腹端の方へずれています。
多くの種の中では,この程度の差は許されるのでしょう。
初めての出会いでは,桃色の紋の美しさにしばし見とれていました。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

9月に見られた蛾②

2019年9月11日(水)
9月に見られた蛾② 撮影日:2019/09/01 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で9月1日に観察した蛾です。
9月からは掲載したばかりのものでも載せていきます。
出現する種が少なくなって記事が書けなくなるからです。

アカキリバ
①アカキリバ(ヤガ科エグリバ亜科)
開張約38㎜の中くらいの蛾です。
勿来の関周辺で,幼虫の食草はクサイチゴ,カジイチゴ,クヌギがあげられますが分布が限られています。
だから,観察する機会が少ないのでしょう。
外縁が内側の方へ切られたように凹んでいます。
それで名前の最後にキリバと付くのでしょう。


トビイロシマメイガ
②トビイロシマメイガ(メイガ科シマメイガ亜科)
触角を背にしているのでメイガ科・ツトガ科と分かります。
更に小豆色と黄色と白色ときたら相場はメイガ科で決まりです。
前翅長が5~10㎜の小さな蛾ですが,後翅の紅色が鮮やかな種です。
前翅を閉じたときには後翅の紅色が見られず別な種かなと思うほど地味な蛾に見えます。


ヒロバチビトガリアツバ
③ヒロバチビトガリアツバ(ヤガ科ムラサキアツバ亜科)
前方へ突き出た下唇鬚(かしんひげ)からアツバの仲間と分かります。
前翅長12㎜程度の小さい種です。
その割に,下唇鬚(かしんひげ)が長くて目立っています。
薄褐色の地に小黒点が目立ちますが,「ハ」の字に暗色(赤矢印)の筋があります。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

9月に見られた蛾①

2019年9月10日(火)
9月に見られた蛾① 撮影日:2019/09/01 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で9月1日に観察した蛾です。
9月からは掲載したばかりのものでも載せていきます。
出現する種が少なくなって記事が書けなくなるからです。

タケカレハ
①タケカレハ(カレハガ科)
毎年8月下旬から9月上旬になると出現する蛾です。
前翅中央付近に大小一対の白紋があります。
赤矢印で示したものは後翅です。
カレハガ科・シャチホコガ科はこの様に後翅を出して止まるものが居ます。


ヨツモンマエジロアオシャク
②ヨツモンマエジロアオシャク(シャクガ科アオシャク亜科)
赤矢印が指しているのは前縁です。
この部分が白いのでマエジロの名があります。
前翅と後翅の外縁にレース状の縁取りがあって一段と綺麗に見えます。


オオウスベニトガリメイガ
③オオウスベニトガリメイガ(メイガ科シマメイガ亜科)
犬が待ての姿勢を取っているような格好で止まっています。
さらに,腹端を上に上げています。
小豆色や紅色の地に白紋がありますが,こんな組み合わせの蛾はメイガ科と相場が決まっています。


オオウスベニトガリメイガ
④オオウスベニトガリメイガ
真正面から写すと全体の姿を捉えにくくなるので,一枚だけで情報を伝えるときは少し横から写す方が良いと思います。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

8月に見られた蛾(29)

2019年9月9日(月)
8月に見られた蛾(29) 撮影日:2019/08/31 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で8月31日に観察した蛾です。

ベニヒメシャク
①ベニヒメシャク(シャクガ科ヒメシャク亜科)
開張が11~15㎜の小さな蛾です。
この蛾は年に2回,6月頃と9月頃出現します。
紅を帯びた翅に,黄の外縁と縁毛が目を惹きつけます。
更に黒い亜外縁線が全体を引き立てています。


クロモンドクガ
②クロモンドクガ♀(ドクガ科)
ゴマフリドクガに似ていて毒針毛を持つ毒蛾と混同しがちです。
この毒針毛を持たないクロモンドクガは害が無いそうです。
そうはいっても黄色の地と小黒点の組み合わせは毒針毛を持つ毒蛾を思い出させます。
このクロモンドクガは♀だと分かります。
無数の小黒点が外縁に到達していないからです。
灯火に飛来するのは圧倒的に雄が多いのに,クロモンドクガは雌ばかりが飛来してきます。


コナフキエダシャク
③コナフキエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)
出現する時季によって紋様が違います。
夏の頃,出現するものの紋様は赤矢印で示したように内横線と外横線が焦茶色になっています。
ところが,春の頃出現するものの紋様は線状ではなく面状になっています。
詰まり,内横線と外横線で挟まれた所が焦茶色になっているのです。
<春の頃の紋様はこちらです。>



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

8月に見られた蛾(28)

2019年9月8日(日)
8月に見られた蛾(28) 撮影日:2019/08/30,08/31 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で8月30日と31日に観察した蛾です。

コスジシロエダシャク
①コスジシロエダシャク♂(シャクガ科エダシャク亜科)
赤矢印が指している後縁の縁毛が長いことがこの種の特徴です。
付け値に近いほど長く成っています。
外縁の白い縁毛とは違って橙色を帯びています。
この様に後縁の縁毛が橙色なら♂だと分かります。
前翅後翅に小黒点がありますが,無い個体もあります。


ヒメスジホソメイガ
②ヒメスジホソメイガ(メイガ科マダラメイガ亜科)
触角を背にして止まっています。
ですから,メイガ科・ツトガ科と分かります。
似た種が居て同定には注意が必要です。
赤矢印は1本の翅脈から3本の細い脈が分かれている様子です。
緑矢印の下に少し太い横線があります。
その横線から僅かに離れた所から別の脈が出ています。
下唇鬚(かしんひげ)は頭部から離れずに上へ突き出ています。
以上のような特徴からヒメスジホソメイガと同定しました。


アカアシアオシャク
③アカアシアオシャク(シャクガ科アオシャク亜科)
翅色が緑色をしているから直ぐアオシャク亜科と分かります。
腹部背と縁毛に(三つまとまって)小茶点があります。
これらが同定ポイントにになっています。
前翅長10㎜程度の小さな蛾です。
食草はシロツメクサやクワです。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

8月に見られた蛾(27)

2019年9月7日(土)
8月に見られた蛾(27) 撮影日:2019/08/29,08/30 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で8月29日と30日に観察した蛾です。

ニセアカマエアツバ
①ニセアカマエアツバ♂(ヤガ科クルマアツバ亜科)
緑矢印で示した下唇鬚(かしんひげ)が後方へ反り返っています。
だから,クルマアツバ亜科と分かります。
Aさらに,それは「ハの字」に広がり厚みがあります。
Bその上,触角には瘤が見られます。
AもBもニセアカマエアツバの♂であることを物語っています。


オオアオシャチホコ
②オオアオシャチホコ(シャチホコガ科)
後翅が幅広いので前翅からはみ出しています。(緑矢印)
さらに,太い腹端が外縁から覗いています。
これらからシャチホコガ科かカレハガ科と分かります。
胸部背が毛深いのでシャチホコガ科と予想が立ちます。
緑矢印と赤矢印の所が外縁と平行に緑を帯びています。
これがオオアオシャチホコの特徴です。


モンシロクロノメイガ
③モンシロクロノメイガ(ツトガ科ノメイガ亜科)
触角を背にして止まっています。
だから,ツトガ科・メイガ科と分かります。
でも,黒地に白紋様ときたらツトガ科ノメイガ亜科で決まりです。
赤矢印で示した紋様が太く蛇行しているのでモンシロクロノメイガと分かります。
黒地に白い縁毛が目立って綺麗に見えます。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

8月に見られた蛾(26)

2019年9月6日(金)
8月に見られた蛾(26) 撮影日:2019/08/28,08/29 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で8月28日と29日に観察した蛾です。

ルリモンシャチホコ
①ルリモンシャチホコ(シャチホコガ科)
ピントが合わずぼけた写真になってしまいました。
目とディスプレイの距離を変えて見て下さい。
赤矢印が指しているのは後翅です。
後翅の幅が広いためかはみ出ていると思われます。
太い腹端が覗いているので,シャチホコガ科と分かります。


コトビモンシャチホコ
②コトビモンシャチホコ(シャチホコガ科)
外縁から太い腹端が覗いているのでシャチホコガ科と分かります。
赤矢印で示した位置に猫の目紋(私が命名)があるので同定に役立っています。
勿来の関には幼虫が餌としているコナラが沢山分布しています。
だから,複数回観察しています。


スジキリヨトウ
③スジキリヨトウ(ヤガ科キリガ亜科)
この蛾を初めて見たとき,なかなか同定出来ませんでした。
しかし,今では目印を見つけたので素早く同定が出来ます。
その目印は赤矢印の所にあります。
赤矢印の両端に斜めに走る2本の白い線(外縁側の方はよく見えません。)があります。
それらの白い線を切るように水平の線が1本あります。
このように筋を切る線があるので,スジキリヨトウと名付けたのでしょう。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

8月に見られた蛾(25)

2019年9月5日(木)
8月に見られた蛾(25) 撮影日:2019/08/27,08/28 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で8月27日と28日に観察した蛾です。

サザナミアツバ
①サザナミアツバ(ヤガ科アツバ亜科)
突き出た下唇鬚(かしんひげ)からアツバ亜科と分かります。
今回でこの蛾を観察したのは3回です。
勿来の関に普通に分布しているハギを幼虫は食べます。
だから,観察回数が少ない理由が分かりません。
前翅後縁の中頃から翅頂へ向かう線の外側には平行な線が3本くらい並んでいます。
これらの線をさざ波に見立ててサザナミアツバと名付けたのでしょう。


フタオビコヤガ
②フタオビコヤガ(ヤガ科スジコヤガ亜科)
黄色の地に2本の筋模様があります。
これらのすじを帯に見立ててフタオビコヤガと名付けたのでしょう。
開張16~21㎜で小さい蛾です。
小さい蛾で翅がなんとなく厚い感じがするものはコヤガ亜科を探すと早く見つかります。
幼虫はイネの害虫です。


conv3014.jpg
③ヒメエビイロアツバ(ヤガ科ムラサキアツバ亜科)
ぱっと見て下唇鬚(かしんひげ)が黒くクロハナコヤガの仲間だと思い込んでしまいました。
ところが,いくら丁寧に探しても見つかりません。
諦めかけた頃,「前方へ突き出た下唇鬚(かしんひげ)からアツバ亜科だ。」と気づきました。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

8月に見られた蛾(24)

2019年9月4日(水)
8月に見られた蛾(24) 撮影日:2019/08/26,08/27 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で8月26日と27日に観察した蛾です。

キシタバ
①キシタバ(ヤガ科シタバガ亜科)
シタバガ亜科カトカラ属にはある決まった二つの紋様が見られます。
これらを覚えていると同定が楽になります。
それらを二つの矢印で示しました。
一つ目は,赤矢印で示した目の紋様です。
二つ目は,緑矢印で示したV字谷紋様です。


キボシアツバ
②キボシアツバ(ヤガ科カギアツバ亜科)
前方へ出た下唇鬚(かしんひげ)からアツバの仲間と分かります。
普段上から写すと頭部の部分が隠れてしまいます。
今回は運良く下向きでしたので頭部を上手く写せました。
前翅中頃にある紋と頭部が橙色でなかなか洒落た蛾です。


アトキハマキ
③アトキハマキ♀(ハマキガ科) 翅頂付近(赤矢印)が外へ張り出し,円みがあります。
釣り鐘型の形からハマキガ科と分かります。
似た紋様の種が居て同定が難しく注意が必要です。
このアトキハマキは♀と♂では紋様が違うので見ただけで雌雄が分かります。
♀・・・網目模様があります。
♂・・・網目模様がありません。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

8月に見られた蛾(23)

2019年9月3日(火)
8月に見られた蛾(23) 撮影日:2019/08/26,08/27 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で8月26日と27日に観察した蛾です。

スギドクガ
①スギドクガ(ドクガ科)
毛深い毛を前方へ出しているのでドクガ科の可能性が大きいとにらんで探しました。
そのとき同定ポイントにしたのは,赤矢印で示した紋です。
丁度食ベ物のバナナに似ているのでバナナ紋と呼んでいます。
地色が灰色でバナナ紋を持つ蛾はスギドクガでした。


ゴマフボクトウ
②ゴマフボクトウ(ボクトウガ科)
白地に沢山の黒点が並んでいます。
この黒点は見る角度によって,青緑を帯びて見えます。


ゴマフボクトウ
③ゴマフボクトウ
外縁から腹端が覗いていますがシャチホコガ科ではありません。
足が毛深くなく黒いからです。
幼虫は葉を食べずにいろいろな広葉樹の幹に穿孔して食害します。


テンヅマナミシャク
④テンヅマナミシャク(シャクガ科ナミシャク亜科)
赤矢印で示した外横線に「U字形」が並んでいるのでナミシャク亜科と分かります。
外縁に沿って小白点が並んでいるのでテンヅマナミシャクと名付けられたのでしょう。
この画像では小白点がはっきりしませんが,
<小白点のはっきりした画像はこちらです。>


8月に見られた蛾(22)

2019年9月2日(月)
8月に見られた蛾(22) 撮影日:2019/08/25,08/26 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で8月25日と26日に観察した蛾です。

クロオビリンガ
①クロオビリンガ(コブガ科リンガ亜科)
初めて見る方には何の仲間か見当が付かないことと思います。
もう,最後の手段で覚えるほかありません。
似ている種にアカオビリンガが居るので注意が必要です。
でも,見分け方があるので大丈夫です。
それは,赤矢印で示した所に小黒点が並んでいればクロオビリンガだからです。


オオシロモンノメイガ
②オオシロモンノメイガ(ツトガ科ノメイガ亜科)
触角を背負っているので,ツトガ科・メイガ科と分かります。
でも,淡い焦茶色の地に白紋があれば相場はツトガ科に決まりです。
前翅には焦茶色で縁取られた紋が2つあります。
更に後縁近くには三日月紋があるので同定ポイントになっています。


ヨモギオオホソハマキ
③ヨモギオオホソハマキ(ハマキガ科ハマキガ亜科)
開張22-30㎜の大きくない蛾です。
幼虫はヨモギ類の茎を食べます。


conv3000.jpg
④ヨモギオオホソハマキ
止まったときの姿勢を見ると後角が一番高く2つの辺で頂点を作っている感じです。
小さいながら前に突き出た下唇鬚(かしんひげ)や焦茶色の外縁・鶏冠状の胸部等を手掛かりに探しました。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

8月に見られた蛾(21)

2019年9月1日(日)
8月に見られた蛾(21) 撮影日:2019/08/25 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で8月25日に観察した蛾です。

クロフタオ
①クロフタオ(ツバメガ科)
9年間観察を続けて来ましたが,未だ見たことがありませんでした。
何の仲間かと見ているうちに赤矢印が指している尾状突起に気が付きました。
尾状突起を持つ代表といえばツバメガ科です。
予想が的中しツバメガ科からクロフタオを見つけることが出来ました。


ツマグロナミシャク
②ツマグロナミシャク(シャクガ科ナミシャク亜科)
赤矢印が指している外横線に「U字形」が並んでいます。
このことから,ナミシャク亜科の蛾だと分かります。
外横線の外側は白くなっていますが,翅頂付近は黒ずんでいます。
それでツマグロナミシャクと名付けたのでしょう。


フドウドクガ
③フドウドクガ(ドクガ科)
毎年見掛ける蛾ではありませんが二年から三年おきに一度は見られる蛾です。
幼虫はブドウ,ノブドウ,ツタ,タマアジサイ等を食べます。


フドウドクガ
④フドウドクガ
毛深い足を前方へ出し発達した触角を左右に伸ばしていればドクガ科の可能性が大きいです。
正面から写した写真から触角は両櫛歯状だと分かります。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
RSSリンクの表示
月齢カレンダー
月齢を見て蛾の飛来数を予測しています。
月齢による蛾の飛来数予測