8月に見られた蛾⑩

2017年8月20日(日)
8月に見られた蛾⑩ 撮影日:2017/08/08~08/17 場所:勿来の関

 今日,紹介する蛾は勿来の関の灯火へ8月8日~8月17日に飛来した蛾です。

モンシロドクガ
①モンシロドクガ(ドクガ科)
白い地に黒い紋がある蛾です。
横から見ると赤矢印で示した様に毛が沢山生えているのが分かります。
ドクガ科で毒針毛を持つものは,この様な毛が見られます。
近寄らないことが一番よいですが,万一触れた場合は掻かずに水洗いをして下さい。


ドクガ
②ドクガ(ドクガ科)
卵から成虫まで一生の全てを毒針毛で武装しているのはモンシロドクガと同じです。
横から見ると赤矢印で示した様に毛が生えているのが分かります。
蛾に触れると10日間痒みが続くそうです。
毒針毛は目に見えないほど小さく風で飛ばされます。
近寄らないことが一番です。
ドクガ科については<次を見て下さい>。


クロモンウスチャヒメシャク
③クロモンウスチャヒメシャク(シャクガ科ヒメシャク亜科)
この蛾は後翅に白紋があります。
似た蛾にシロモンウスチャヒメシャクが居ますが,後翅にある紋は褐色です。
紋の色が白のときはクロといい,黒(あるいは褐色)のときはシロといい混同してしまいます。
同定のポイントは青矢印で示した外横線線がこの写真の様に点が並ぶときはクロモンウスチャヒメシャクです。
勿来の関ではクロモンウスチャヒメシャクは,ほとんど見ない蛾です。


テンモンシマコヤガ
④テンモンシマコヤガ(ヤガ科コヤガ亜)
頭部が橙色をした小さな蛾です。
内横線も外横線も前縁近くで急に約直角ほど曲がります。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 8月に見られた蛾⑩

8月に見られた蛾⑨

2017年8月19日(土)
8月に見られた蛾⑨ 撮影日:2017/08/16 場所:勿来の関

 今日,紹介する蛾は勿来の関の灯火へ8月16日に飛来した蛾です。

カシワマイマイ♀
①カシワマイマイ(ドクガ科)
ふと,前方のサクラを見ると幹に薄褐色の葉がついているように見えます。
何だろうと思いながら近づくと前翅長がなんと50㎜もある蛾でした。
写真には白く写っていますが,実際は少し薄褐色を帯びていました。
足や胸部に赤い部分があるのが印象に残っています。
裏側はどんな色をしているかと思い覗きました。
すると,雄(青矢印)が雌にしがみついて交尾中でした。
だから私が写真を撮るのに近付いてもじっとして動かなかったのです。

交尾中のカシワマイマイ
交尾中のカシワマイマイ。雄は雌の腹にしがみついています。

トサカフトメイガ
②トサカフトメイガ(メイガ科フトメイガ亜科)
触角を背負っているのでメイガ科・ツトガ科と分かります。
胸部を囲むように内横線が円弧を描いています。


サラサエダシャク
③サラサエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)
この蛾は翅を閉じて止まる習性があるのでほとんど表は見られません。
前翅翅頂付近に半月形の白紋があります。


アトグロアミメエダシャク
④アトグロアミメエダシャク♂(シャクガ科エダシャク亜科)
雄の触角は櫛歯状で雌は糸状なので写真の蛾は♂です。
外縁沿いの焦茶紋が無ければ網目模様の綺麗な蛾に見えます。
後ろの方が黒くなっているのでアトグロアミメエダシャクと呼ばれるのでしょう。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 8月に見られた蛾⑨

8月に見られた蛾⑧

2017年8月18日(金)
8月に見られた蛾⑧ 撮影日:2017/08/18 場所:勿来の関

 今日,紹介する蛾は勿来の関の灯火へ8月18日に飛来した蛾です。

ウスアオキノコヨトウ
①ウスアオキノコヨトウ(ヤガ科キノコヨトウ亜科)
内横線が二重になっていて,翅は少し緑色を帯びています。
胸部背にインディアンハットの様なものが見られます。


クロフケンモン
②クロフケンモン(ヤガ科ケンモンヤガ亜科)
暗い所で撮影すると黒く写ってしまいます。
黒ずんだ横帯の下側には腎状紋,上側には眼状紋が見られます。


シロヒトモンノメイガ
③シロヒトモンノメイガ(ツトガ科ノメイガ亜科)
白い服を着た人が手をつないでいるように見えます。
止まるときに触角を背負う習性があるツトガ科にあって,前方へ伸ばしたまま止まります。


オスグロトモエ♀
④オスグロトモエ♀(ヤガ科シタバガ亜科)
似た蛾にハグルマトモエが居て同定が難しいです。
しかし,春型のオスグロトモエを見つけているのでオスグロトモエとしました。
この蛾を肉眼で見ると薄褐色に見えますが,写真を撮ると少し緑色を帯びて写ります。
表を写し終えたとき裏側が赤かったことを思い出しました。
それで,最後に裏側を写しました。


オスグロトモエ♀
翅の裏は赤橙色をしています。


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 8月に見られた蛾⑧

8月に見られた蛾⑦

2017年8月17日(木)
8月に見られた蛾⑦ 撮影日:2017/08/11~08/12 場所:勿来の関

 今日,紹介する蛾は勿来の関の灯火へ8月11日から8月12日に飛来した蛾です。

ヘリジロヨツメアオシャク
①ヘリジロヨツメアオシャク(シャクガ科アオシャク亜科)
地が鮮やかな緑色をしているので羽化したばかりだと思われます。
アオシャク亜科の蛾は時間の経過と共に緑色が褪せていくからです。
前翅にも後翅にも小さい黒点が一つずつあります。
それを目に見立ててヨツメと呼んでいるのでしょう。


キシタミドリヤガ
②キシタミドリヤガ(ヤガ科モンヤガ亜科)
実際には白い紋が目立つ蛾です。
最初,この蛾は白い白紋が1つだけしか見えませんでした。
それは,左右の前翅を重ねていたからです。
私が,驚いて飛び去らないように,そっと後縁を押したら前翅を少し開いてくれました。


ハガタベニコケガ
③ハガタベニコケガ(ヒトリガ科コケガ亜科)
燃えるような色の地に黒い筋模様があるので目に留まります。
地衣類を食べる蛾にはこの様に鮮やかなものが外にも居ます。


ナカスジシャチホコ
④ナカスジシャチホコ(シャチホコガ科)
外縁から腹端が覗いているのでシャチホコガ科と分かります。
九州~沖縄には分布せず,四国ではなかなか見られない種なので寒い地方の蛾だと思われます。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 8月に見られた蛾⑦

8月に見られた蛾⑥

2017年8月16日(水)
8月に見られた蛾⑥ 撮影日:2017/08/08~08/09 場所:勿来の関

 今日,紹介する蛾は勿来の関の灯火へ8月8日から8月9日に飛来した蛾です。

リンゴドクガ
①リンゴドクガ(ドクガ科)
毛深い前足を前方へ伸ばし腹端が外縁から覗いていたらドクガ科・シャチホコガ科です。
この写真の蛾は雄です。内横線と外横線の間が焦茶色になっています。
雌は白い地に内横線と外横線があるだけだからです。


キボシアツバ
②キボシアツバ(ヤガ科カギアツバ亜科)
洒落た蛾で頭部と腎状紋が橙色です。
内横線も外横線も前縁近くで急に頭の方へ曲がります。


クロスジキノメイガ
③クロスジキノメイガ(ツトガ科ノメイガ亜科)
触角を背負っていて黄色い地のものはツトガ科の蛾です。
体操の選手のように斜め倒立の状態で止まります。
縁毛は白と焦茶の斑になっています。


ウコンカギバ
④ウコンカギバ(カギバガ科カギバガ亜科)
似ている蛾にヒメウコンカギバが居ます。
外見では区別がつかないとあります。
そこで,食餌植物の分布を考えました。
ウコンカギバの食餌植物・・・シラカシ,アラカシ,アカガシ,コナラ,クヌギ,スダジイ
ヒメウコンカギバの食餌植物・・・スダジイ
勿来の関にはスダジイは,ほとんど分布していません。
しかし,コナラは沢山分布しています。
ということで,ウコンカギバの可能性が大きいのでウコンカギバとしました。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 8月に見られた蛾⑥

8月に見られた蛾⑤

2017年8月15日(火)
8月に見られた蛾⑤ 撮影日:2017/08/05~08/08 場所:勿来の関

 今日,紹介する蛾は勿来の関の灯火へ8月5日から8月8日に飛来した蛾です。

ベニモントガリホソガ
①ベニモントガリホソガ(カザリバガ科)
前翅長が7㎜程度の小さい蛾ですが,奇麗な蛾です。
カザリバガ科に属する蛾には,この様に美しい蛾が多いです,


キスジツマキリヨトウ
②キスジツマキリヨトウ(ヤガ科ツマキリヨトウ亜科)
ツマキリヨトウ亜科には似ている種がいてとてには注意が必要です。
実際に,私はこの蛾をムラサキツマキリヨトウだと思っていました。
この蛾の幼虫はシダ植物を食べます。


アトモンヒロズコガ
③アトモンヒロズコガ(ヒロズコガ科)
開張が14~22㎜と幅があるので,小さいものから大きいものまで居ます。
この写真の蛾は大きい方です。
後縁に黒い紋があるので,アトモンヒロズコガと呼ばれるのでしょう。


トビイロトラガ
④トビイロトラガヤガ科(トラガ亜科)
似ている蛾にベニモントラガが居るので注意が必要です。
後翅は黄色なので前翅を開くと綺麗です。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 8月に見られた蛾⑤

8月に見られた蛾④

2017年8月14日(月)
8月に見られた蛾④ 撮影日:2017/08/05,08/06 場所:勿来の関

 今日,紹介する蛾は勿来の関の灯火へ8月5日と8月6日に飛来した蛾です。

シロモンアオヒメシャク
①シロモンアオヒメシャク(シャクガ科ヒメシャク亜科)
一見,アオシャク亜科の蛾にみえます。
しかし,青いもの全てアオシャク亜科ならずで,ヒメシャク亜科の蛾です。
資料が少ない蛾で32件しかありません。


モンムラサキクチバ
②モンムラサキクチバ(ヤガ科シタバガ亜科)
逃げ足が速い蛾で近付きすぎたり少し動いたりすると直ぐ飛び去ってしまいます。
幼虫はフジ,ネムノキの葉を食べます。


ルリモンシャチホコ
③ルリモンシャチホコ(シャチホコガ科)
外縁から腹端が覗いているのでシャチホコガ科と分かります。
似ている蛾にナカキシャチホコが居るので同定には注意が必要です。
前翅中央より上の所が白くなっていて,外横線の白い縁取りが同定ポイントです。


オオシロモンノメイガ
④オオシロモンノメイガ(ツトガ科ノメイガ亜科)
触角を背負っているので,ツトガ科・メイガ科と分かります。
白くて大きな紋が前後翅に2つ以上あります。
幼虫は何を食べるか分かっていませんが,成虫は。クヌギなどの樹液,花の蜜です。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 8月に見られた蛾④

8月に見られた蛾③

2017年8月13日(日)
8月に見られた蛾③ 撮影日:2017/08/03 場所:勿来の関

 今日,紹介する蛾は勿来の関の灯火へ8月3日に飛来した蛾です。

アトキスジクルマコヤガ
①アトキスジクルマコヤガ(ヤガ科コヤガ亜科)
筋模様が白く見えるのに何故,キスジというのかよく分かりませんでした。
よく観察すると,前翅前縁の筋も入れて薄褐色に見えます。


ギンモンシャチホコ
②ギンモンシャチホコ(シャチホコガ科)
この蛾と似ているウスイロギンモンシャチホコとよく私は混同してしまいます。
葉脈の様な筋があるので落ち葉に擬態していると思われます。
白紋は虫食い痕を示しているのでしょうか。


チビスカシノメイガ
③チビスカシノメイガ(ツトガ科ノメイガ亜科)
触角を背負っているのでツトガ科・メイガ科です。
似ている蛾にスカシノメイガやクワノメイガが居ますので注意が必要です。
後翅の焦茶色の横筋が前翅の位置より大きくずれているので区別がつきます。


ベニシマコヤガ
④ベニシマコヤガ(ヤガ科コヤガ亜科)
小さい蛾ですが,洒落ていて好きな蛾の一つです。
外縁と縁毛の境に白い破線があり,頭部には白い触角が鉢巻きのように見えるからです。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 8月に見られた蛾③

8月に見られた蛾②

2017年8月12日(土)
8月に見られた蛾② 撮影日:2017/08/01~08/03 場所:勿来の関

 今日,紹介する蛾は勿来の関の灯火に8月1日から8月3日に飛来した蛾です。

キスジコヤガ
①キスジコヤガ(ヤガ科コヤガ亜科)
前翅長約10㎜程度の小さな蛾です。
後翅の紅色紋と黄色い筋で人の顔に見えます。
髭を生やした赤鬼のようです。


リンゴツマキリアツバ
②リンゴツマキリアツバ(ヤガ科ツマキリアツバ亜科)
前翅が谷折りのように折れているので,全体のどこかが必ずぼけてしまいます。
前翅前縁中頃にある白紋が同定のポイントになりますが,似た種が5つもあるので注意が必要です。


ソトモンツトガ
③ソトモンツトガ(ツトガ科ツトガ亜科)
触角を背負っていますのでツトガ科・メイガ科の仲間です。
前翅にある黄色い筋模様がミズメイガ亜科を思わせますがツトガ亜科です。
前翅外縁にある黑丸が同定ポイントです。
黒くて短い筋模様がアクセントになっていて綺麗な蛾です。


ホソスジナミシャク
④ホソスジナミシャク(シャクガ科ナミシャク亜科)
前翅長が10㎜程度の小さな蛾です。
写真を見ると筋模様が綺麗なので驚きます。
外側にある4本の筋が波打っているのでナミシャク亜科と覚えれば同定が楽です。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 8月に見られた蛾②

ヒメスジホソメイガ

2017年8月11日(木)
1642 ヒメスジホソメイガ 撮影日:2011/08/27,201708/09 場所:勿来駅西公園,勿来の関

メイガ科マダラメイガ亜科のヒメスジホソメイガを紹介します。
淡い桃色をした細長い蛾が壁に止まっています。

ヒメスジホソメイガ
この蛾は横から写しておくと同定するのに役に立つヒメスジホソメイガ
赤矢印と青矢印で示された白い箒の形が同定ポイントです。

触角を背負っているのでメイガ科・ツトガ科だと分かります。
箒(ほうき)の形をした白筋が前翅に二組(赤矢印と青矢印)ずつあります。
赤矢印で示した方が太い筋ではっきりしています。
胸部背にU字形の隆起(緑矢印)が見られます。

ヒメスジホソメイガ
上から写した写真ですと青矢印のものしか見えないヒメスジホソメイガ
ウスアカスジマダラメイガ・オオマエジロホソメイガ・マエジロホソメイガにに似いて同定は難しいです。
資料が少なく全部で13件しかありません。

ヒメスジホソメイガ
胸部背には緑矢印で示したU字形の隆起が見られるヒメスジホソメイガ。

科名 メイガ科マダラメイガ亜科
和名 ヒメスジホソメイガ
大きさ 前翅長7~8㎜
分布  詳しく分かっていません。
出現月 詳しく分かっていません。
食餌動植物 幼虫は何を食べるか分かっていません。
特徴 

淡い地に 白筋箒 二組が


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ヒメスジホソメイガ

シロモンノメイガ

2017年8月10日(木)
シロモンノメイガ 撮影日:2011/08/27,201708/09 場所:勿来駅西公園,勿来の関

ツトガ科ノメイガ亜科のシロモンノメイガを紹介します。
黒地に水玉模様をあしらった小さな蛾が天井近くに止まっています。
2度しか出会ってない珍しい蛾です。

シロモンノメイガ
葉の裏に止まっていたところを写したシロモンノメイガ
触角を背負っているのでツトガ科・メイガ科と分かります。

写真では上手く撮れないのでビニル袋に入れて持ち帰ることにしました。
網でつかまえた後,ビニル袋へ逃げられないように慎重に入れました。
窓に止まらせて写すことにしました。
しかし,元々黒い地が,逆光で益々黒くなるだけで面白みがありません。

シロモンノメイガ
窓に止まっていたが次の日は天井に止まっていたシロモンノメイガ
触角は背負わず前方へ出しています。

窓に止まっている蛾をそのままにして,翌日部屋を見ました。
窓には止まっていません。
窓ガラスやカーテンの近くを探している内に天井に止まっていることに気が付きました。
午前中撮影後,放っていたら午後,床の上に降りているように見えました。
しかし,それは仰向けに息絶えた姿でした。
シロモンノメイガさん御免なさい。

シロモンノメイガ
午後になったら仰向けで息絶えていたシロモンノメイガ。
翅の紋様は表も裏もあまり変わらない蛾です。腹部裏面の白い縞模様は太くはっきりしています。


科名 ツトガ科ノメイガ亜科
和名 シロモンノメイガ
大きさ 開張 18~21㎜
分布  北海道,本州,四国,九州,対馬,種子島,屋久島,トカラ列島,奄美大島,沖縄
出現月 5~6,8~9月
食餌動植物 幼虫は何を食べるか分かっていません。成虫は花の蜜です。
特徴 

黒い地に 白紋くっきり ついている


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : シロモンノメイガ

ハイイロエグリツトガ

2017年8月9日(水)
ハイイロエグリツトガ 撮影日:2017/05/24,2012/06/17 場所:勿来の関

ツトガ科ツトガ亜科のハイイロエグリツトガを紹介します。
黒ずんだ小さな蛾が壁に止まっています。

ハイイロエグリツトガ
翅頂近くに黄色い紋とその中に白紋があるハイイロエグリツトガ
翅頂付近にある黄色い紋(赤矢印)と白紋を手掛かりに名前を探しました。
クロエグリツトガに似ていて困りましたが,前翅前縁中頃に黄色い紋があるかどうかで区別がつくことに気が付きました。

ハイイロエグリツトガ
前翅前縁中頃にも黄色い紋があるハイイロエグリツトガ
両者の違いは次の通りです。
①前翅前縁中頃に黄色い紋(青矢印)がある。・・・ハイイロエグリツトガ
②前翅前縁中頃に黄色い紋が無い。   ・・・クロエグリツトガ
この蛾は33件と資料が少ないです。

ハイイロエグリツトガ
翅色は個体差があり黒ずんだものと灰色を帯びたものがあるハイイロエグリツトガ。

科名 ツトガ科ツトガ亜科
和名 ハイイロエグリツトガ
大きさ 前翅長 10㎜
分布  本州,四国,九州,屋久島
出現月 6,8月
食餌動植物 幼虫は何を食べるか分かっていません。
特徴 

黄色紋 中に白紋 ついている


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ハイイロエグリツトガ

スジモンコヤガ

2017年8月8日(火)
スジモンコヤガ 撮影日:2017/08/08 場所:勿来の関

ヤガ科スジコヤガ亜科のスジモンコヤガを紹介します。
昨夜は台風五号の影響で雨が断続的に降りました。
灯火の近くに避難している蛾が居るかも知れないと思いながら勿来の関へ行きました。
すると,筋模様が目立つ前翅長10㎜程度の蛾が止まっています。
初めて見る蛾です。
撮影しづらい所に止まっていますが,角度を変えながら撮り続けました。

スジモンコヤガ
名前通り筋模様が目立つスジモンコヤガ
このスジモンコヤガには,ナースキャップというかインディアンハットというかそれらに似たもの(青矢印)が頭部にあります。
でも,見られないものも居ます。
何か立てたり倒したり出来るような気がします。

スジモンコヤガ
L字紋(緑矢印)と翅頂からL字紋までの濃薄褐色の筋が目立つスジモンコヤガ。
名前通りに筋模様が目立つ蛾です。
①L字紋があります。
②翅頂からL字紋の間にある筋は薄褐色が濃くなっています。
③その内側にある筋は焦茶色になっています。
④前翅前縁中央には焦茶色の三角紋があります。
スジモンコヤガの資料は38件と少ないです。

スジモンコヤガ
濃薄褐色の筋の内側と三角紋が焦茶色になっているスジモンコヤガ。

科名 ヤガ科スジコヤガ亜科
和名 スジモンコヤガ
大きさ 開張 21㎜
分布  本州,四国,九州,対馬,屋久島
出現月 5~9月
食餌動植物 幼虫はクズ,ツルマメ,ヤブマメの葉を食べます。
特徴 

L字紋 三角紋と 並んでる


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : スジモンコヤガ

ギンシャチホコ

2017年8月7日(月)
ギンシャチホコ 撮影日:2017/07/29,07/31 場所:勿来の関

シャチホコガ科のギンシャチホコを紹介します。
灯火には灰色を帯びた見慣れない蛾が止まっています。

ギンシャチホコ♀
真上から見たギンシャチホコ♀。右の触角が折れているのが分かります。
運悪く灯火の明かりで上手く写すことが出来ません。
やむを得ずビニル袋に入れ連れ帰ることにしました。
シャチホコガ科はじっと止まっていることが多いので,入れられてもじっとしていると思いました。
ところが,さに非ずしばらく羽ばたいていました。
そのためなのでしょう。
右の触角が折れてしまいました。

ギンシャチホコ♀
前翅後縁沿いに黒い筋が見えるギンシャチホコ♀。縁毛が無いので擦れた個体だと分かります。
最初の写真を見ると,外縁から腹端が出ています。
この事から,シャチホコガ科と予想がつきます。
胸部背から前翅後縁の中頃まで黒い筋が走っています。
写真を撮った後,2日後袋を見ますと淡い灰色の小さな粒が袋の表面についていました。
表面には土星の円い輪のような模様がありました。
このギンシャチホコは雌だったのです。

ギンシャチホコの卵
土星のような輪が見られるギンシャチホコの卵。黒くて短い毛のようなものは蛾の鱗粉と思われます。
卵はビニルにはりついています。薄黒いものは影です。ビニルが下の紙より僅かに離れているので浮いているように見えます。


科名 シャチホコガ科
和名 ギンシャチホコ
大きさ 開張 45~49㎜
分布  北海道,本州,四国,九州,対馬
出現月 5,7月
食餌動植物 幼虫はクリ,クヌギ,コナラ,カシなどの葉を食べます。
特徴 

ギンシャチは 後縁沿いに 黒い筋


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ギンシャチホコ

カバマダラヨトウ

2017年8月6日(日)
カバマダラヨトウ 撮影日:2017/08/01,2011/07/30 場所:勿来の関

ヤガ科ヨトウガ亜科のカバマダラヨトウを紹介します。
窓枠の隅に黒っぽく見える蛾が止まっています。

カバマダラヨトウ
胸部背から後角まで縦に3箇所が斑が目立つカバマダラヨトウ
ところが画像を見ると,所々に薄褐色の斑模様(赤矢印)があります。
胸部背から後角近くまで縦に3箇所もあります。

カバマダラヨトウ
頭を上にして見たとき腎状紋の下(緑矢印)の薄褐色が目立つカバマダラヨトウ
更には,翅頂近くとその斜め隣(赤矢印)にも薄褐色の紋があります。
腎状紋の下側(頭を上にしてみたとき)に薄褐色の筋が濃くあらわれます。
カバマダラヨトウの資料が83件と少ないのはメダケだけを食べるからでしょうか。

カバマダラヨトウ
縁毛がほとんど無く擦れた個体と思われるカバマダラヨトウ。

科名 ヤガ科ヨトウガ亜科
和名 カバマダラヨトウ
大きさ 前翅長 15~16㎜
分布  本州,四国,九州
出現月 7~8月
食餌動植物 幼虫はメダケの葉を食べます。
特徴 

カバマダラ 斑模様が 彼方此方に


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : カバマダラヨトウ

8月に見られた蛾①

2017年8月5日(土)
8月に見られた蛾① 撮影日:2017/08/03,08/04 場所:勿来の関

 今日,紹介する蛾は勿来の関の灯火に8月3日から8月4日に飛来した蛾です。

ヒメカギバアオシャク
①ヒメカギバアオシャク(シャクガ科アオシャク亜科)
緑色の濃淡のある筋模様が美しい蛾です。
羽化後時間が経つにつれ翅の緑色は薄れてしまいます。


ウスオビトガリメイガ
②ウスオビトガリメイガ(メイガ科シマメイガ亜科)
白い内横線がある蛾です。
この内横線を境に内側と外側で色ががらっと変わる蛾です。


カシワマイマイ
③カシワマイマイ(ドクガ科)
実物はもっと濃淡が,はっきりしていて見た瞬間どぎっとします。
ドクガといっても毒針毛が無いので安心です。


シロマダラノメイガ
④シロマダラノメイガ(ツトガ科ノメイガ亜科)
スカシノメイガ,チビスカシノメイガ,クワノメイガに似たような紋様が見られます。
食餌植物はガガイモ,キョウチクトウなどです。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 8月に見られた蛾①

ナカジロフトメイガ

2017年8月4日(金)
ナカジロフトメイガ 撮影日:2017/07/31,2015/07/21 場所:勿来の関

メイガ科フトメイガ亜科のナカジロフトメイガを紹介します。
頭を上にしたとき,中央に白い横帯がある蛾が止まっています。

ナカジロフトメイガ
斜め横から撮ったら反り返った下唇鬚(かしんひげ)が上手く撮れたナカジロフトメイガ
最初の写真では立派なキバが見えるのでキバガの仲間かと思ってしまいます。
しかし,触角を背負っていますので,メイガ科・ツトガ科だと分かります。

ナカジロフトメイガ
フトメイガ亜科の蛾は個体差がある仲間です。写真の蛾は外横線外側が赤味を帯びているナカジロフトメイガ
一見,ナカアオフトメイガに似ていますが,区別は簡単です。
前翅前縁に赤矢印や青矢印で示した様な紋がナカジロフトメイガにはあるからです。

ナカジロフトメイガ
赤矢印や青矢印で示した紋様が同定ポイントとなるナカジロフトメイガ。

科名 メイガ科フトメイガ亜科
和名 ナカジロフトメイガ
大きさ 前翅長 28㎜
分布  本州,四国,九州,対馬,屋久島
出現月 5~8月
食餌動植物 幼虫は何を食べるか分かっていません。
特徴 

メイガでも 反り返るキバ 持っている


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ナカジロフトメイガ

シロオビカマヒメハマキ

2017年8月3日(木)
シロオビカマヒメハマキ 撮影日:2017/08/03 場所:勿来の関

ハマキガ科ヒメハマキガ亜科のシロオビカマヒメハマキを紹介します。
小さい蛾が窓ガラスに止まっています。
逆光で上手く撮れないだろうと思いながらシャッターを押しました。
それは,2017/07/30の朝でした。
案の定,奇麗に撮れませんでしたが,同定することが出来ました。

シロオビカマヒメハマキ
褐色のマフラーをしているようなシロオビカマヒメハマキ
胸部背には土偶のような紋があります。

「四国産蛾類図鑑」に掲載されていたからです。
それによると,シロオビカマヒメハマキを土佐町横瀬山で2008.3.29 に撮影しています。
しかし,「ブログ 高知の自然 2」に最初に出てくるのが「土佐清水市ライトトラップの2015.10.15」です。
だから,しばらく名前が不明でしたが,2015年10月頃名前が分かったことを物語っています。

シロオビカマヒメハマキ
円らな瞳が可愛いシロオビカマヒメハマキ。
それから,4日後の朝に,また,同じ種類の蛾に再会しました。
今度は運が良いことに,壁に止まっています。
赤矢印で示したヒメハマキ模様(白い筋模様)があるのでヒメハマキガ亜科と分かります。
胸部を取り囲む様な薄褐色の紋も同定ポイントです。
この蛾に関する資料は大変少なくたった12件しかありません。

シロオビカマヒメハマキ
初めて見る蛾でしたが,ヒメハマキ模様(赤矢印から赤矢印の間にある白い筋)で仲間が分かったシロオビカマヒメハマキ。

科名 ハマキガ科ヒメハマキガ亜科
和名 シロオビカマヒメハマキ
大きさ 前翅長 6.5㎜ 体長7.5㎜
分布  現在分かっているのは本州,四国です。
出現月 分かっていません。
食餌動植物 幼虫は何を食べるか分かっていません。
特徴 

褐色の マフラー巻いた ヒメハマキ


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : シロオビカマヒメハマキ

アカウラカギバ

2017年8月2日(水)
アカウラカギバ 撮影日:2017/07/28,08/02 場所:勿来の関

カギバガ科のアカウラカギバを紹介します。
一見してカギバガと分かる蛾が壁に止まっています。
でも,普通,見掛けているカギバガ科と少し違う気がしました。
まず,大きさが左右に長いと感じました。
写しながら,今まで1度も見たことが無い蛾だと思えてきました。
ネットで探すとアカウラカギバであることが分かりました。
名前を知ってから,もしかして翅裏が赤いのではと思いました。

アカウラカギバ
普通のカギバよりも左右に長いアカウラカギバ
桃矢印から鉤(かぎ)状に曲がっているのでカギバガ科と分かります。

そこまで考えずに表を写しただけで,全てを写した気になっていました。
翌朝,今日もいるかも知れないと期待しながら見回しましたが,居ません。
ところが,5日後また姿を現してくれました。
ビニル袋に入れて持ち帰ることにしました。
途中で会ったご婦人が,ビニル袋を覗き込んで,
「葉っぱかと思ったら蛾なんですか。」と仰った後で裏を見るなり
「わあ。見事な赤ですね。」と目を丸くしました。

アカウラカギバ
窓の近くで袋を開けると窓ガラスに止まったアカウラカギバ。
前翅よりも後翅の方が橙色が濃くなっています。胸部と足の裏側だけは黄色くなっています。

窓ガラスの近くで袋を開けるとガラスに止まってくれました。
窓の外から翅裏の様子を撮りました。
次に前方から写しました。
赤いと言うよりも顔・足・腹が橙色であることが分かりました。
この蛾の資料は116件と少ないです。
それは,ユズリハを縁起を担いで植える人間との関わりで分布が限られてしまうからでしょう。

アカウラカギバ
顔と足の表側の橙色が見えるアカウラカギバ。

科名 カギバガ科科
和名 アカウラカギバ
大きさ 開張 37~48㎜
分布  北海道,本州,四国,九州,対馬,種子島,屋久島,奄美大島,沖縄
出現月 5~10月
食餌動植物 幼虫はユズリハの葉を食べます。
特徴 

裏の赤 特に濃いのは 顔と足



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : アカウラカギバ

エゾシモフリスズメ

2017年8月1日(火)
エゾシモフリスズメ 撮影日:2017/08/01 場所:勿来の関

スズメガ科のエゾシモフリスズメを紹介します。
灯火近くの柱に大きな蛾が止まっています。
ジェット戦闘機の様な格好からスズメガ科の仲間だと分かりました。

エゾシモフリスズメ
大きな蛾で前翅長が55㎜くらいあったエゾシモフリスズメ
灰褐色の地に黒い縦筋が目立つ蛾はあまり居ませんので直ぐ2つに絞ることが出来ました。
それはエゾシモフリスズメとシモフリスズメの2つです。
同定のポイントは翅中央の黒い縦筋にありました。
エゾシモフリスズメの特徴
2本の黒い縦筋の内,外側のもの(赤矢印)が太くて長く明瞭な線になっています。
一方,シモフリスズメの方はどちらの縦筋も太さがほぼ同じです。

エゾシモフリスズメ
シモフリスズメと似ているエゾシモフリスズメ。
このエゾシモフリスズメは,今まで1度も見たことが無かった蛾です。
その原因として考えられるのは餌としているホオノキの分布が少ないからです。
大きなホオノキですが,1本しか無いからだと思っています。

エゾシモフリスズメ
2本の黒い縦筋(桃矢印と赤矢印)の内,外側の黒い筋(赤矢印)が太くて長いエゾシモフリスズメ。
フラッシュを焚いて写したため色が濃くなっています。


科名 スズメガ科
和名 エゾシモフリスズメ
大きさ 開張 100~120㎜
分布  北海道,本州,四国,九州,対馬
出現月 6,7~8月
食餌動植物 幼虫はホオノキの葉を食べます。
特徴 シモフリスズメに似ています。

黒筋は 片方だけが 太くなり


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : エゾシモフリスズメ

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測