FC2ブログ

イロハモミジ

2015年4月6日(月)
イロハモミジ  撮影日:2006/05/03,2000/04/23 場所:勿来の関

 カエデ科のイロハモミジを紹介します。
 カエデの写真を撮るまで私は,カエデに花が咲くとは思ってもみませんでした。
 勿来の関で丁度,カエデの開花時期に通りました。そのとき,赤い花が緑の葉に映えて奇麗だったのでこれらの写真を撮ったのです。
 赤い花も素敵ですが,葉柄の付け根から出ている赤い細長い葉のようなものも鮮やかで緑に映えて奇麗です。
イロハカエデ
葉の切れ込みが深いのでヤマモミジかもしれません。
 ある年の秋,福島県の四時川渓谷で無数のカエデの実が風で飛ばされ,くるくる回転しながら散っていく光景に出会いました。大勢の踊り子が踊っているようで,暫く見とれてしまいました。

イロハカエデ
葉柄の付け根から出る細長くて赤いものが緑に映えるイロハモミジ
 イロハモミジといってもイロハカエデでといっても同じ植物を指しています。
秋に葉が赤くなることからモミジ(紅葉)といいます。葉の形がカエルの手に似ていることからカエデとも言われます。
 葉がいくつに裂けているか数えるとき,昔はイロハニホヘトと数えたのでイロハカエデとなりました。

イロハカエデ
イロハモミジ=イロハカエデ。呼び方が違うだけで同じものを指しています。
 実はこれらのカエデは,イロハモミジ・オオモミジ・ヤマモミジのいずれかですが,不勉強で同定できずにいます。

イロハカエデ
映えるように背景を暗くして写したイロハモミジ。

赤い花 緑に映えて 美しや

科名 カエデ科
分布 本州(福島県以南),四国,九州
高さ 15m
花期 4~5月
特徴 果実はほぼ水平に開きます。半分から折れてくるくる回転しながら落ちます。


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回、 バナーをclickして下さ~い。

スポンサーサイト



テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : イロハモミジ

クロテンヨトウの下唇鬚(かしんひげ)

2015年4月6日(月)
クロテンヨトウの下唇鬚(かしんひげ)   撮影日:2015/04/06 場所:勿来の関 

 昨日,クロテンヨトウを写した写真のなかで理解できないものが写っていましたが,これには触れずにブログをまとめました。それは横から狙った写真に写っていました。天狗の鼻のような棒状(黄矢印)のもので,下唇鬚(かしんひげ)は2本あるのですが,1本しか写っていなかったからです。
クロテンヨトウ
真横から写すと1本の下唇鬚(かしんひげ)が,顔に突き刺さっているように見えるクロテンヨトウ。
 私はそれを下唇鬚(かしんひげ)だと思いました。でも,確かめてから投稿した方が良いと考え今日までまっていました。早速今日,勿来の関でクロテンヨトウを探し出しました。

クロテンヨトウ
もう少し上から写すと辛うじて下唇鬚(かしんひげ)が2本であることが分かるクロテンヨトウ。
 下唇鬚(かしんひげ)を分かり易く写すには横から狙った方が良いので,真横から,少し斜め上から,45度斜め上からというように角度を変えて写しました。
 その結果,クロテンヨトウの下唇鬚(かしんひげ)も,一対ついていることが分かりました。真横から写したので1本しか写っていなかったのです。

クロテンヨトウ
45度斜め上からだと下唇鬚(かしんひげ)が2本対になっているのが分かるクロテンヨトウ。

下唇鬚(かしんひげ) クロテンヨトウも 2本あり


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回、 バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : クロテンヨトウの下唇鬚(かしんひげ)

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
RSSリンクの表示
月齢カレンダー
月齢を見て蛾の飛来数を予測しています。
月齢による蛾の飛来数予測