FC2ブログ

ヒメアカタテハ

2014年4月6日(日)
ヒメアカタテハ   撮影日:2010/09/20 場所:茨城県東海村
ヒメアカタテハ
ヒャクニチソウの花と同じくらい鮮やかなチョウを撮りましたが,似ていてなかなか名前が分からなかったヒメアカタテハ

ヒメアカタテハ
見分けるポイントは青矢印の間の大小4個の白紋にあったヒメアカタテハ

ヒメアカタテハ
タテハチョウ科はこのヒメアカタテハのように4本足で体を支えます。退化した前足は折りたたんでいると思われます。
タテハチョウ科の特徴としてもう一つ,触角の先端が白いです。


 タテハチョウ科のヒメアカタテハを紹介します。
 東海村に用があって出かけたときです。JAのスーパーの花壇にヒャクニチソウが奇麗に咲いていました。その花に見たことがない奇麗なチョウが集まっていました。近づいて見ると花の蜜を吸っています。この奇麗なチョウを写そうと車からカメラを取り出しました。大きく写そうと近づけば逃げられてしまい思うように写せませんでしたがやっと3枚ほど普通に見られる作品ができました。

 名前調べではアカタテハと似ていてどこが違うのか,なかなか分からず苦労しました。やっと翅頂付近の紋様が違うことに気付きました。2枚目の写真のように,青矢印で示された2つの大きい白紋の間に2つの小さい白紋が並んでいる方がヒメアカタテハなのです。

 最後の写真を見ると,驚くことに足の数が4本です。しかも,太くてがっちりした足のようです。この足の数については,オオウラギンスジヒョウモンの記事とヒオドシチョウ<こちらこちら>の所で詳しく触れてありますので見て下さい。

 タテハチョウ科のチョウは体を支える足の数が4本であることと,もう一つ,触角の先端が白いという特徴を持っています。


 科名 タテハチョウ科
 和名 ヒメアカタテハ
 大きさ 前翅長25~33mm
 食餌植物 食餌植物はキク科のハハコグサ、ヨモギ、ゴボウなどです。
 特徴 タテハチョウ科に共通していて前足は退化し4本足です。
     タテハチョウ科に共通していて触角の先端が白いです。

蜜吸いに ヒメアカタテハ 花にくる

タテハチョウ 触角の先 白いなり



●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回、 バナーをclickして下さ~い。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ヒメアカタテハ

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
RSSリンクの表示
月齢カレンダー
月齢を見て蛾の飛来数を予測しています。
月齢による蛾の飛来数予測