FC2ブログ

シロフフユエダシャク

2014年3月4日(火)
シロフフユエダシャク
シロフフユエダシャク
今年勿来の関で見つけたものは褐色味があるシロフフユエダシャク雄でした。 撮影日:2014/03/04 場所:勿来の関

シロフフユエダシャク
内横線・中央線・外横線が揃っていて外横線中央線外側に円形褐色紋があるシロフフユエダシャク。 撮影日:2014/03/04 場所:勿来の関

シロフフユエダシャク
去年初めて見つけたものは褐色味が無いシロフフユエダシャク雄でした。 撮影日:2013/03/17 場所:平潟

シャクガ科エダシャク亜科のシロフフユエダシャクを紹介します。
 3月に入っても,今年は厳しい寒さが続きます。
 でも,昆虫の世界では少しずつ変化が現れてきました。
 次のような蛾が見られるようになってきたからです。
 ①シモフリトゲエダシャク・・・2/19
 ②オカモトトゲエダシャク・・・2/28
 ③クロモンキリバエダシャク・・2/28
 ④シロフフユエダシャク ・・・3/4
 ⑤シロテンエダシャク  ・・・3/4

 不思議なことに,これらは皆エダシャク亜科に属する蛾です。おそらく,これらは寒さに強い蛾と思われます。高い所に止まっていて写せないので,ススキで蛾に触り下に落下させると床につく前に羽ばたくからです。外の蛾は羽ばたく前に床についてしまいます。

 このシロフフユエダシャクは個体差が大きくなかなかそっくりの画像が無くて同定に戸惑ってしまいます。内横線や外横線があっても中央線が無かったり,外横線中央外側にある褐色の円形紋が無かったりするシロフフユエダシャクがいるからです。勿来の関周辺にはシロフフユエダシャクは少なく,私は未だ2回しか見ていません。

 シロフフユエダシャクは「冬尺蛾」の1種類で雌の前翅長は2~3mmと短く飛べません。ですから,移動は足を使っています。


 科名 シャクガ科エダシャク亜科
 和名 シロフフユエダシャク
 大きさ ♂前翅長17mm ♀前翅長2~3mm(飛べない)
 食餌植物 幼虫はクリ、コナラ、ミズナラ、クヌギ、カシワ、アベマキの葉を食べます。
 特徴 勿来の関では3月上旬に観察されます。
    「冬尺蛾」の1種類。
    2月から3月の梅の花の咲くちょっと前に出てくるようです。

同定は 個体差大で 難しい


●2つの文字色ランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回、 バナーをclickして下さ~い。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : シロフフユエダシャク

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
RSSリンクの表示
月齢カレンダー
月齢を見て蛾の飛来数を予測しています。
月齢による蛾の飛来数予測