FC2ブログ

アキアカネ

《人気ブログランキングへ》アキアカネ
アキアカネ
腹端から出ている2本の突起物が離れていないので雄のアキアカネと分かります。 撮影日:2008/10/19 場所:北茨城市冨士ヶ丘

アキアカネ
腹端から出ている2本の突起が離れているので雌のアキアカネです。腹端ほど次第に細くなるのが雌の特徴です。 撮影日:2008/10/18 場所:北茨城市冨士ヶ丘

アキアカネ
交尾中のアキアカネ。寒い青森県では赤くなるのが早いのでしょうか。 撮影日:2000/09/19 場所:青森県弘前市

アキアカネ
未熟なアキアカネはこのように黄褐色をしています。どの写真もそうですがクリックすると大きくなります。水色の部分の黒条の先端が尖っているのが分かります。アキアカネとナツアカネの区別はこの部分を見るのが1番です。 撮影日:2010/07/15 場所:北茨城市下小津田休耕田

 トンボ科のアキアカネを紹介します。
 昨日紹介しましたナツアカネと似ているトンボがアキアカネです。未成熟のときは最後の写真のように両者は黄褐色です。この時期には水色矢印↓で示した部分で見分けるのが一番確実です。この写真のように先端が尖っていればアキアカネです。 一方,ナツアカネの方は先端が直角に切られたように平になっています。

 最初の写真は,成熟したアキアカネの雄です。そう判断できるのは次の通りです。  ①10月中旬になっても胸の部分が赤くないからアキアカネです。
  ②腹部が一旦細くなりまた太くなって細くなっています。
  ③腹端から2本の突起物が出ています。

 2枚目の写真はアキアカネの雌です。そう判断できるのは次の通りです。
  ①10月中旬になっても胸の部分が赤くないからアキアカネです。
  ②腹部が腹端に進むつれて次第に細くなっています。
  ③腹端から出ている2本の突起物が離れています。

 3枚目の写真は交尾中のアキアカネです。

 羽化したてのアキアカネは休耕田で観察できます。

 昨日,紹介した外に両者の違いを詳しく説明しているのは次のサイト「類似 アキアカネとナツアカネ : 蝶鳥ウォッチング」<記事はこちら>です。

 科名 トンボ科
 和名 アキアカネ
 大きさ 体長33~46mm 腹長26mm
 特徴 胸の黒条の先端が尖ります。
    成熟しても顔・胸は赤くなりません。
    休耕田等で生育する。
    6~11月に観察されます。

腹だけが 赤い蜻蛉が アキアカネ

胸の線 先が尖るぞ アキアカネ

羽化したて 田んぼの周り 飛び回る やがて山行く 暑さを避けて


スポンサーサイト



テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : アキアカネ

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
RSSリンクの表示
月齢カレンダー
月齢を見て蛾の飛来数を予測しています。
月齢による蛾の飛来数予測