fc2ブログ

エサキモンキツノカメムシ ハート紋カメムシ

《人気ブログランキングへ》エサキモンキツノカメムシ ハート紋カメムシ 
エサキモンキツノカメムシ
丸みのある奇麗なハート紋のあるエサキモンキツノカメムシ。こんな奇麗な紋は珍しいです。 撮影日:2013/10/28 場所:勿来の関

エサキモンキツノカメムシ
普通はこの程度に少し凹んだくらいのハート紋のエサキモンキツノカメムシ。 撮影日:2011/09/18 場所:勿来の関

エサキモンキツノカメムシ
足は黄と黄緑の斑になっているエサキモンキツノカメムシ 撮影日:2013/10/29 場所:勿来の関

エサキモンキツノカメムシ
胸部が左右に大きく出張った所が角のように尖っているのでツノカメムシ科に属するエサキモンキツノカメムシ。 撮影日:2010/09/29 場所:勿来の関

 ツノカメムシ科のエサキモンキツノカメムシを紹介します。
 背にハート紋がある昆虫でカメムシの仲間です。漢字では「江崎紋黄角亀虫」と書けます。紋黄とは背にあるハート形の紋が次第に黄色くなることからだと思います。胸部が左右に尖っていて角のようなので角亀虫です。エサキモンキツノカメムシのように,ここが尖っているカメムシの仲間はツノカメムシ科に属します。
 私はエサキモンを二股に分かれる枝先紋と思っていましたら,命名者の長谷川さんが昆虫学者の江崎悌三博士に敬意を表してつけられた名前のようです。
 エサキモンキツノカメムシの雌は卵を生み放しにせず,孵化した幼虫が2齢になるまで子を守り育てるカメムシとして有名です。これについて詳しく観察したブログがあります。<こちら>http://homepage2.nifty.com/tnt-lab/nat/esaki/esaki.htm
 ハート紋の色は脱皮したばかりの頃は白く,だんだん黄色くなっていくようです。というのは,エサキモンキツノカメムシをビニル袋に入れたままにしていたら,やがてハート紋が濃い黄色になっていたからです。

 科名 ツノカメムシ科
 和名 エサキモンキツノカメムシ
 大きさ 体長11~14mm
 食餌植物 幼虫は主にミズキ,ハゼノキに寄生する。 
 特徴 雌は卵を生みっぱなしにせず孵化後2日まで子育てをする習性がある。
    背にある紋はだんだん黄色くなる。
    成虫で越冬し、7月に新成虫が発生

背の紋に 違わず深い 親の愛


スポンサーサイト



テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : エサキモンキツノカメムシ

クリック応援お願いします。
ブログカウンター
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真