FC2ブログ

ムカシヤンマ

2019年12月31日(火)
ムカシヤンマ 撮影日:2017/05/21,2015/05/22 撮影場所:勿来の関

この一年,当ブログを見ていただき有り難うございます。

今日紹介するのは勿来の関で2017年5月21日と2015年5月22日に観察したムカシヤンマです。

ムカシヤンマ
①ムカシヤンマ(トンボ目ムカシヤンマ科)
体が大きいのでオニヤンマかなと思ってしまいます。
胸部背に方形の黄金紋があります。
更に,緑を帯びた複眼を持つオニヤンマと比べてこちらは黒ずんでいます。
腹部にある黄紋はオニヤンマより複雑です。
ということで,オニヤンマとは違う種だと分かります。


ムカシヤンマ
②ムカシヤンマ
原始的な特性を持つのでムカシヤンマと名付けられました。
幼虫(ヤゴ)の生態は変わっています。
水中で生活しないで水がしたたり落ちるゴケが生えているところに穴を掘って住みます。
水に入らずコケの中のトンネルで半水性の生活を過ごします。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
スポンサーサイト



キカマキリモドキ

2019年12月26日(木)
キカマキリモドキ 撮影日:2019/07/12 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2019年7月12日に観察したキカマキリモドキです。

キカマキリモドキ
①キカマキリモドキ(アミメカゲロウ目カマキリモドキ科)
灯火近くの壁に黄色を帯びた昆虫が止まっています。
頭部はカマキリに似ています。
腹部は黄色と黒の縞模様でハチに似ています。


キカマキリモドキ
②キカマキリモドキ
前に見たことがあるので見覚えがあります。
「確かカマキリモドキ科だった。」と思い調べ始めました。
似ているものが二種いるので,てこずりました。
両者を見比べているうちに違いが分かりました。
キカマキリモドキ ・・・胸部(赤矢印)が黄色です。
ヒメカマキリモドキ・・・胸部が褐色です。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

アオマツムシ

2019年12月24日(火)
アオマツムシ 撮影日:2019/10/03,09/30 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2019年9月30日と10月3日に観察したアオマツムシです。

アオマツムシ
①アオマツムシ♂(バッタ目マツムシ科)
緑色をしているのでバッタの仲間と予想がつきます。
林縁の樹上で生活します。
中国から入ってきた帰化昆虫です。
♂と♀では羽根の模様に違いが見られます。
このように模様があるのが♂です。
♂はフィリリリリリと、かん高くよく響く声で鳴きます。


アオマツムシ
②アオマツムシ♀
♀は♂と違って模様が無く緑一色です。
♀も♂も触角が長く体長の1.5倍くらいあります。
8~11月頃見られます。
本州,四国,九州に分布しています。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

ツノトンボ

2019年12月23日(月)
ツノトンボ 撮影日:2019/08/15,2018/07/27 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2019年8月20日と2018年7月27日に観察したツノトンボです。

ツノトンボ
①ツノトンボ♀(脈翅目ツノトンボ科)
トンボに似たような昆虫が灯火に止まっています。
灯火に飛来して外枠に止まっていたものを窓の近くに移動して写しました。
しかし,トンボとは違って先が膨らんだ長い触角があります。
この長い触角をツノに見立ててツノトンボと名付けたのでしょう。
腹端には付属物が無いので♀です。
♀は頭から腹端まで背が薄黄色です。
トンボと違い下方に翅を畳みます。


ツノトンボ
②ツノトンボ♂
腹端に付属物(赤矢印)があるので♂と分かります。
♂は♀の背と違い腹部背が赤味(緑矢印)を帯びています。
触角は付け根から途中まで円く膨らんでいてその後,真っ直ぐに伸びています。
幼虫は根ぎわや石の下に潜み小昆虫を捕らえて食べます。

勿来の関では腹部が黒ずんだオオツノトンボも見られます。
<その画像はこちらです。>


科名 脈翅目ツノトンボ科
和名 ツノトンボ
開張 63~75㎜
出現月 5~9月
分布  本州,四国,九州
食餌動植物 幼虫は小昆虫を食べます。
特徴 

似ているが トンボと違う ツノがある


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

勿来の関で見られた昆虫

2019年12月22日(日)
勿来の関で見られた昆虫 撮影日:2019/08/20,10/27 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2019年8月20日と10月27日に観察したカメムシの中間です。

マツヘリカメムシ
①マツヘリカメムシ(カメムシ目ヘリカメムシ科ヘリカメムシ亜科)
北米からの来た昆虫でマツ類の汁を吸うマツの害虫です。
今では東京から関東地方をこえ東北南部まで広がっています。
上翅の中央に白い筋模様があります。
さらに,後ろ足の節が膨れているのが目立ちます。


チャバネアオカメムシ
②チャバネアオカメムシ(カメムシ目カメムシ科カメムシ亜科)
体長11㎜程の小さいカメムシです。
サクラやクワの実の汁を吸ったり,カキ・ナシなど果樹園の果実を食害するので嫌われます。
灯火に飛来したものを写しました。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
RSSリンクの表示
月齢カレンダー
月齢を見て蛾の飛来数を予測しています。
月齢による蛾の飛来数予測