FC2ブログ

ウスマエグロハネナガウンカ

2018年12月13日(木)
ウスマエグロハネナガウンカ 撮影日:2018/11/05 撮影場所:勿来の関

今日,紹介するのは勿来の関と北茨城で観察したウスマエグロハネナガウンカです。

ウスマエグロハネナガウンカ
①ウスマエグロハネナガウンカ(カメムシ目ハネナガウンカ科)  正面から撮影
グライダーのような格好の翅が長い昆虫です。
生まれて初めて見る昆虫です。


ウスマエグロハネナガウンカ
②ウスマエグロハネナガウンカ  斜め上前方から撮影
似ているものにアカハネナガウンカやアヤヘリハネナガウンカ・シリアカハネナガウンカがいます。
似ていても,頭部・胸部・腹部の色で区別がつくので同定は楽です。


ウスマエグロハネナガウンカ
③ウスマエグロハネナガウンカ  斜め上前方から撮影
頭部と胸部の色が薄橙色なので簡単にウスマエグロハネナガウンカと分かりました。
この仲間は目の様子が愛嬌があって可愛いです。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
スポンサーサイト

オオホシカメムシ・ヒメホシカメムシ

2018年12月12日(水)
オオホシカメムシ・ヒメホシカメムシ 撮影日:2018/10/20,10/28 撮影場所:勿来の関,北茨城

今日,紹介するのは勿来の関と北茨城で観察したオオホシカメムシ・ヒメホシカメムシです。
これらの両者は似ていてなかなか同定出来ませんでした。

オオホシカメムシ
①オオホシカメムシ(カメムシ目オオホシカメムシ科) 中央にある一対の円い紋が特徴です。
似た紋様のヒメホシカメムシとどこが違うのか探している内にやっと違いに気づくことが出来ました。
それは,二枚目の写真に緑矢印で示した楕円形紋の有無です。
この写真のように楕円形が無ければオオホシカメムシです。
しかし,個体差があって紛らわしいものがいるようです。
一番良いのは大きさも測ることです。
このカメムシを写しながら,今まで会ったヒメホシカメムシより大きいと感じました。
頭頂から腹端まで15㎜以上有ったらオオホシカメムシです。


ヒメホシカメムシ
②ヒメホシカメムシ(カメムシ目オオホシカメムシ科)  二対の円い紋が特徴です。
このカメムシには2対の楕円形紋が有ります。
この見方で同定するとほとんど間違わずに同定出来ました。
これら2種類のカメムシは,どちらもアカメガシワに飛来します。
来年は体長を測ったり,多くの個体の写真を撮ったりして同定しようと考えています。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

ツヤアオカメムシ

2018年12月9日(日)
1891 ツヤアオカメムシ 撮影日:2018/10/12 撮影場所:勿来の関

今日,紹介するのは勿来の関で観察したツヤアオカメムシです。

ツヤアオカメムシ
ツヤアオカメムシ(カメムシ科)
似た昆虫にアオクサカメムシが居るので注意が必要です。
艶があって光っているのがツヤアオカメムシです。
一度見比べるとどちらがツヤアオカメムシかはっきりします。

でも,ツヤアオカメムシの小楯板の下方にある白い縁取りの両端に黒点(赤矢印)があるので区別がつきます。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

ヒメツユムシ

2018年12月8日(土)
1890 ヒメツユムシ 撮影日:2018/12/02 撮影場所:勿来の関

今日,紹介するのは勿来の関で観察したヒメツユムシです。

ヒメツユムシ
①ヒメツユムシ(バッタ目ササキリモドキ科:別名コガタササキリモドキ)
体長(頭頂から腹端)が10mm程度の小さい昆虫です。
そのため,バッタの仲間の幼虫だと思い込んでしまいました。
頭部や胸部の縁を囲むような白い線上に目があるのを手掛かりに探しました。


ヒメツユムシ
②ヒメツユムシ(バッタ目ササキリモドキ科:別名コガタササキリモドキ)
翅には,白くて短い線が沢山あります。
前足を見ると刺が生えています。
この事から,昆虫を食べるのだろうと予想しました。
調べた結果,小さい昆虫を食べるとありました。


ヒメツユムシ
③ヒメツユムシ(バッタ目ササキリモドキ科:別名コガタササキリモドキ)
触角が大変長く頭頂から翅端の倍近くあります。
別名コガタササキリモドキというようにツユムシの仲間ではなくササキリモドキの仲間です。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

クビキリギス

2018年11月13日(火)
クビキリギス  撮影日:2018/09/29 撮影場所:勿来の関

今日,紹介するのは勿来の関で観察したクビキリギスです。

クビキリギス
クビキリギス(バッタ目キリギリス科)
灯火には,いろいろなバッタの仲間が飛来します。
灯火近くには,目から腹端の方へ走る白い筋(緑矢印)があるものが止まっています。
この白い筋の有無で性別が分かります。
白い筋があれば雄です。

横から取った写真で口が赤いことが分かりました。
念のためにもう少し低い位置から撮ると口が赤い(赤矢印)ことが,はっきりと分かりました。
この結果,クビキリギスだと分かりました。


クビキリギス
②脛節に刺があるクビキリギス
足を拡大すると脛節に短い刺が生えていることが分かりました。
肉食性のハヤシノウマオイは長い刺が生えています。
食性を調べると,植物食傾向が強いが昆虫類も食べることが分かりました。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : クビキリギス

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測