早春の植物①

2017年3月11日(土)
早春の植物① 撮影日:2017/03/11 場所:北茨城市

 今日,紹介するのは2017年3月11日に勿来の関や北茨城市で見られた植物です。

サンシュユ
①サンシュユ(ミズキ科)
落葉小高木で普通3mになります。
早春に,マンサクが咲く頃サンシュユも咲きます。
葉が展開する前に小さな花が多数開花するので木全体が黄色に見えます。


ロウバイ
②ロウバイ(ロウバイ科)
ロウ細工のような花を咲かせるのでロウバイと呼ばれます。
中国原産の落葉低木です。
早春に香り高い花を咲かせます。


シナマンサク
③シナマンサク(マンサク科)
この植物も中国原産の落葉小高木です。
マンサクと違って写真の様に開花時期にも葉が残っています。
花は香りが高いというので鼻を近付けるとほのかな香がありました。
ロウバイの香の方が強いです。


アオキ
④アオキ(旧:アオキ科)
雌株雄株にわかれる植物です。
実がなっているので,この株は雌株です。
3月下旬から4月になると紫褐色の小さな花が咲き出します。


オオイヌノフグリ
⑤オオイヌノフグリ(ゴマノハグサ科)
真上からより斜め横から写した方が花の作りがよく分かります。
真ん中の雌しべを挟むように2本の雄しべが左右に並んでいます。
花弁に走る青い線がオオイヌノフグリを引き立てています。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 早春の植物①

8月に見られる花②

2016年8月6日(土)
8月に見られる花② 撮影日:2016/08/02~08/06 場所:勿来の関・北茨城市

 今日,紹介するのは勿来の関を歩いていて普通に見られる花と庭に植えられていた花です。

ヤマユリ
①ヤマユリ
7月下旬から咲き始め,現在真っ盛りの花です。花が美しいだけでなくよい香がします。
香は開花してから直ぐではなく葯が開いてからの方が強くなります。
注意した方がよいのは,花粉が衣類に付くと容易に落ちなくなることです。
勿来の関では普通に見られますが,近畿以南には分布していないそうです。


オニユリ
②オニユリ
現在盛りを過ぎて花が散り始めました。
コオニユリと似ていますが葉の付け根を見れば簡単に区別がつきます。
オニユリ ・・・むかご(赤矢印)がついています。
コオニユリ・・・むかごがついていません。
オニユリは種子が出来ず,むかごで増えます。


コオニユリ
③コオニユリ
葉の付け根をご覧下さい。むかごが見られません。
種子が出来て増えていきます。


コバキボウシ
④コバキボウシ
これを大きくしたものが白い花を咲かせるオオバキボウシです。
愛知県以西には,この植物に似たミズギボウシが分布しています。


セイヨウノコギリソウ
⑤セイヨウノコギリソウ
ある人の庭に咲いていたものを写させて頂きました。
ノコギリソウににていますが,葉の切れ込みが複雑な方がセイヨウノコギリソウです。


ベニバナボロギク
⑥ベニバナボロギク
アフリカ原産のキク科植物です。
花の先はレンガ色になっています。それを紅と見なしてベニバナボロギクと名付けたのでしょう。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 8月に見られる花②

8月に見られる花①

2016年7月24日(日)
8月に見られる花① 撮影日:2016/08/02~08/04 場所:勿来の関・北茨城市

 今日,紹介するのは植えられた樹木や花と勿来の関を歩いていて普通に見られる花です。

サルスベリ
①サルスベリ
花の色には白、桃色、紅、紅紫などがありますが,私が好きなのは桃色です。
幹は樹皮がはがれると,すべすべでサルも滑って落ちるからというのが名前の由来になっています。漢字では「百日紅」という漢字を当てますが、これは開花期間が長いからです。


ノウゼンカズラ
②ノウゼンカズラ
赤橙色の遠くからでも目立つ花を咲かせます。蔓性の植物なので語尾にカズラがつきます。
南国風の明るい感じの花です。


カワラナデシコ
③カワラナデシコ
桃色の可愛らしい花を咲かせます。河原というより野山の道端に見られます。


ナツズイセン
④ナツズイセン
葉がスイセンに似ていて夏に花が咲くのでナツズイセンと呼ばれます。昔,中国から渡来した多年草です。
手前に見えるのはミョウガの葉です。


キンミズヒキ
⑤キンミズヒキ
今,勿来の関では普通に見られる草花です。細長い黄色の花序を上から見ると赤い(下から見ると白い)花をつけるミズヒキにたとえたものです。


ムクゲ
⑥ムクゲ
花は白・桃色・青紫で一重から八重まであり夏から秋まで長い間咲きます。1日でしぼみます。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 8月に見られる花①

7月に見られる花①

2016年7月24日(日)
7月に見られる花① 撮影日:2016/07/02~07/20 場所:勿来の関

 今日,紹介するのは勿来の関の道路を歩いていて普通に見られる花です。

シモツケ
①シモツケ
下野(しもつけ)産のものが古くから栽培されていたことから,シモツケと名付けられました。
勿来の関には小さな株が一つだけあります。これは木本です。草本にもこの花に似たものがあります。それは草なのでシモツケソウといいます。


ヘクソカズラ
②ヘクソカズラ
小さくて紅を帯びた花で可愛らしい花です。しかし,この植物に付いている名は何とヘクソカズラです。葉を揉むと名のような匂いがするからです。
それでは可哀想なのでサオトメカズラと名を付けた方もおります。


リョウブ
③リョウブ
実際は真っ白い花です。写真では薄黄色に写っていますが,曇りの日に写したからでしょう。
リョウブの花が咲き出すと辺りには良い匂いが漂います。
葉は食べられるので飢饉に備えて昔は,植えられたようです。


ヌマトラノオ
④ヌマトラノオ
オカトラノオに似た花です。オカトラノオの花穂は横に垂れ下がります。しかし,ヌマトラノオの花は真っ直ぐ上を向いています。


ウツボグサ
⑤ウツボグサ
昔,武士が弓矢の矢を入れるために使った道具に花穂が似ていることから名付けられました。


アカメガシワの雄株
⑥アカメガシワの雄株
アカメガシワは雄株と雌株に分かれています。こちらは雄株で現在雄花が咲いています。雄花の方が華やかに見えます。


アカメガシワの雌株
⑦アカメガシワの雌株
こちらの花は雌花ですので,やがて実が実ります。私には上手そうに見えませんが鳥たちは食べています。


タカトウダイ
⑧タカトウダイ
昔,灯火の台に姿が似ていることから名前がトウダイグサ(灯台草)と付いていますが背が高くなるのでタカトウダイと名付けられました。花が咲いている期間は甘い香りが回りに漂います。
茎や葉を切ったり傷つけたりすると白い汁が出ます。これがトウダイグサ科の特徴です。


テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 7月に見られる花①

6月に見られる花③

2016年6月24日(金)
6月に見られる花③ 撮影日:2016/06/11~06/24 場所:勿来の関

 今日,紹介するのも身近に見られる花です。

コマツナギ
①コマツナギ
マメ科の植物でピンク色の可愛い花が沢山咲きます。コマとは馬のことです。馬はマメ科の植物が大好きで食べるのに夢中になり足を止めて動かなくなるのでコマツナギと名付けられたと私は思っています。馬をつなぎ止めるのにこの木に繋いだからと図鑑には説明してありますがそれ程コマツナギは丈夫ではありません。


ニワゼキショウ
②ニワゼキショウ
白花と紫花が有ります。最近は白花の方が綺麗に見えてきました。
少し小さな花をつけるオオニワゼキショウが一緒に咲いていていると区別がつかなくなりますが,最近私はようやく区別がつけられるようになりました。


ドクダミ
③ドクダミ
葉を揉むと独特の臭いがします。十人に一人は良い匂いと感じるそうです。
最近,私は嫌な臭いから,きつい臭いかなと感じるようになってきました。


ノアザミ
④ノアザミ
初夏から夏の間咲くのがこのノアザミです。秋に咲くのがノハラアザミです。
両者を区別するのには,水色矢印の所を触れば分かります。
ねばねばする方がノアザミです。
ノハラアザミの方はねばねばしません。
見ただけでも分かります。水色矢印の部分に反り返った総苞(葉のような細長いもの)が無ければノアザミです。


ウメモドキ
⑤ウメモドキ
秋になると赤い実がなる植物です。しかし,雄株と雌株に分かれているので,雌株だけしか実はつけません。
この写真のウメモドキは花に黄色の花粉が見えるので雄株です。花をつけている間は雄株の方が桃色の花なので綺麗です。


オオバギボウシ
⑥オオバギボウシ
幾筋もの葉脈が同じ間隔で並ぶ模様が素敵に見えます。山菜として親しまれています。
有毒なコバキボウシの葉が似ているため誤って採集して中毒する事件が毎年起きています。
ハナアブの仲間が花を一つずつもぐっては,蜜を吸っていました。


オオバギボウシ
下から見上げるようにして写した方が感じが出るオオバギボウシ。


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 6月に見られる花③

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測