FC2ブログ

スッポンダケ

2019年10月20日(日)
スッポンダケ 撮影日:2018/10/16,10/20 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で10月5日に観察した蛾です。
十月に入ると出現する昆虫がめっきり減りました。
そこで,掲載する昆虫が少しでも,毎日続けることが大事と思い掲載数にこだわらずに続けていきますのでご了承下さい。
また,今年のものに限らず去年や以前に出現したものも入れていこうと思います。

初めて去年観察してから気になっていたキノコです。
今日か明日かと毎日観察していました。
途中台風で観察できない日がありましたが,10月16日になってやっと姿を現してくれました。
スッポンダケ
①キノコのてっぺんには,円い穴が開いたものが見えるスッポンダケ
赤矢印で示したものは,何かの鼻によく似ています。
そうです。スッポンの鼻です。
スッポンの鼻の穴は二つですが,スッポンダケのはひとつです。


スッポンダケ
②手ぬぐいを被ったような感じのスッポンダケ
<スッポンの鼻の様子はこちらのサイトをご覧下さい。>
スッポンの頭部に似たキノコなのでスッポンダケと名付けられたのでしょう。


スッポンダケ
③伸びすぎて支えきれずに倒れたスッポンダケ
スッポンダケを見ながら立っていると酸っぱい匂いが漂ってきました。
丁度風下に私が立って見ていたので匂いを嗅ぐことが出来たのです。


スッポンダケ
④飛来したハエに胞子が食べられるスッポンダケ
スッポンダケが匂いを出しているのは昆虫を呼ぶためだと考えたのでしばらく腰を下ろして待っていました。
すると飛んできたのは,ハエ(赤矢印)の仲間でした。


スッポンダケ
⑤飛来したハエに胞子が食べられるスッポンダケ
ハエ(赤矢印)は茎のような白い部分よりも黒褐色の部分に多く止まります。
そこは粘々していて胞子も有ります。
このように胞子を提供すると同時に,体に付いた胞子を彼方此方にばらまいてもらっているのです。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
スポンサーサイト



勿来の関周辺の植物 ヤマノイモ科

2019年10月11日(金)
勿来の関周辺の植物 ヤマノイモ科 撮影日:2019/10/10 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で10月10日と7月29日~8月9日に観察したヤマノイモです。
ヤマハギの写真を撮る前にヤマノイモが目に留まりました。

ヤマノイモ実花
①ヤマノイモ雌株(ヤマノイモ科)
ヤマノイモの葉(赤矢印)はハートの形を長くした感じなので直ぐに分かります。
ヤマノイモのつるを探していると以下の様なものが見つかりました。
A花  ・・・灰矢印(花びらは白いです。)
B実  ・・・黄矢印(3つの翼があります。中には扁平で褐色の実が入っています。)
Cムカゴ・・・桃矢印(葉の付け根にできる円みのあるもの。これがこぼれて芽を出します。)
D葉  ・・・赤矢印


ヤマノイモ雌株
②ヤマノイモ雌株 7月29日
ところで,ヤマノイモは雌雄異株で実を付ける雌株と花粉を作る雄株が別々に育ちます。
葉だけを付けている時期はどちらか分かりませんが,花を付けると区別がつきます。
雌花(赤矢印)は垂れ下がるからです。


ヤマノイモ雄株
③ヤマノイモ雄株 8月9日
雄花は雌花と違って花序が立ち上がります。
花びらは6個ありますが,あまり開かないので大きさはほとんど変わりません。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

勿来の関周辺の植物 マメ科

2019年10月10日(木)
勿来の関周辺の植物 マメ科 撮影日:2019/10/10 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で10月10日に観察したヤマハギです。

ヤマハギ
ヤマハギ

①ヤマハギ(マメ科)
9月頃になると道端に紅紫色の小さい花が目立つようになります。
葉と花序の様子からヤマハギと同定出来ます。

同定ポイントは花序(赤矢印)の長さにあります。
花序とは花が付いている柄のような部分で茎から花の付いている所(赤矢印)までをいいます。
一方,茎から葉が付いている部分までを葉柄(黄矢印)といいます。

写真のように花序(赤矢印)が葉柄(黄矢印)よりも長いものをヤマハギといいます。
花が葉よりも山のように飛び出して高くなっているからヤマハギと覚えると忘れないでしょう。

図鑑でマルバハキの説明に葉の先は凹むとありますが,写真で分かるようにヤマハギの先も凹ん(灰矢印)でいます。
だから,葉の形で区別するよりも花序の長さで同定した方が確実だと思います。

勿来の関で見られるハギの多くはヤマハギで,マルバハキはほんの少しだけです。


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

春の風景⑤(植物編)

2019年4月27日(土)
春の風景⑤(植物編) 撮影日:2019/04/27 撮影場所:勿来の関

今日,紹介するのは勿来の関で4月27日に観察した植物です。

サトザクラ
①サトザクラ(バラ科)
自然交雑種や人工交配種中から選抜育成された園芸品種をサトザクラと呼んでいます。
ですから,このような八重のボタンサクラはサトザクラで処理されてしまいます。


ギョイコウ
②ギョイコウ(バラ科)
開花して間もない頃は,花全体が緑色でした。
ところが,時間の経過と共に中心部が紅を帯びます。
花弁にも赤い筋が目立ってきます。
緑色が濃かった花弁は,次第に薄くなって白っぽくなります。


ドウダンツツジ
③ドウダンツツジ(ツツジ科)
花も葉も楽しめる植物です。
春は小さな白い鈴を沢山ぶら下げてくれます。
秋になると葉を真っ赤に染めて目を楽しませてくれます。


オオモミジ
④オオモミジ(カエデ科)
ガードレール沿いに歩いていると大きな葉のオオモミジが目に留まりました。
下から覗くと紅色の萼や黄色い葯(黄矢印)が垂れ下がっています。


イロハモミジ
⑤イロハモミジ(カエデ科)
更に少し歩くと,葉が小さいイロハモミジが有りました。
こちらは赤い花(青矢印)が沢山ぶら下がり見応えがあります。
勿来の関周辺では,ゴールデンウイークの頃がカエデ類の花盛りとなっていたことに気づくことが出来ました。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

春の風景④(植物編)

2019年4月26日(金)
春の風景④(植物編) 撮影日:2019/04/24 撮影場所:勿来の関

今日,紹介するのは勿来の関で4月24日に観察した植物です。

ギョイコウ
①ギョイコウ(バラ科)
勿来の関には,カワズザクラ・ソメイヨシノ・ヤマザクラ・ボタンザクラ・オオシマザクラ等の桜があります。
去年,他のサクラが散り終わったのに1本だけ咲いているサクラがあるのに気がつきました。
近づいて花の色を見て驚きました。
何と緑色をしているではありませんか。
花弁の色は淡緑色や緑色から中心部がかなり赤いものまで色取り取りです。
ネットや図鑑で調べている内にギョイコウあるいはウコンザクラと分かりました。
淡黄色というより淡い緑色の花弁なのでギョイコウとしました。


ムラサキサギゴケ
②ムラサキサギゴケ(ゴマノハグサ科)
似ている種にトキワハゼがあります。
軍配のように左右に張り出た花弁の色が紫色ならムラサキサギゴケです。
しかし,光が当たると白っぽく見え迷ってしまいます。
そこで,決め手を探しました。
それは,赤矢印で示した所に有りました。
橙色の斑紋(赤矢印)が沢山あるものがムラサキサギゴケです。
2~3個くらいしかないものがトキワハゼです。


ヒメスミレ
③ヒメスミレ(スミレ科)
日当たりの良い芝生やアスファルトの割れ目でよく見かけるスミレです。
花が咲いている春の期間,葉(2つの赤矢印)は小さいです。
ところが,夏には別種かと思うほど葉は大きくなります。


カラスノエンドウ
④カラスノエンドウ(マメ科)
カラスノエンドウ
④カラスノエンドウ(マメ科)
ハート形の旗弁には紅色の筋が走っていて目に留まります。
前方へ突き出ている紅色の翼弁は鮮やかで綺麗です。


アオキ
⑤アオキ(アオキ科)
4月下旬頃,アオキは花と実が同時に見られる時期です。
雌株には赤い実が実ります。
4枚の紫褐色の花弁中央に見える緑色のものが雌しべです。
雄株の方は紫褐色の4枚の花弁中央に4つの黄色い葯が見られます。
葉などを取って置くと黒くなる性質があります。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
RSSリンクの表示
月齢カレンダー
月齢を見て蛾の飛来数を予測しています。
月齢による蛾の飛来数予測