FC2ブログ

秋に見られた植物⑩

2018年11月15日(木)
秋に見られた植物⑩ 撮影日:2018/10/31,11/15 撮影場所:北茨城

今日,紹介するのは北茨城で観察したハナイソギクとイソギクです。

ハナイソギク
①ハナイソギク(キク科) 花壇の一部を拡大して写す。2018年10月31日撮影
私はこの花を見てイソギクだと思ってしまいました。
それは黄矢印で示したように葉の裏が白かったためです。


ハナイソギク
②ハナイソギク(キク科) すこし離れて写す。2018年10月31日撮影
ところが,図鑑で調べると,イソギクには花びらが無いことが分かりました。
図鑑に因りますと,イソギクが栽培品のキクと交配した雑種だそうです。
タンポポと同じく周囲の花だけが花びらのある花です。


ハナイソギク
③ハナイソギク(キク科) ほとんどの花が開花していました。2018年11月15日撮影
満開に近い状態でした。
辺りにはキクの香がたちこもって居て昆虫たちが飛び回っていました。


イソギク
④イソギク(キク科) 花びらが1枚もありません。 2018年11月15日撮影
花の外側に1枚も花びらが無いことにお気づきでしょう。
このように花びらが無いので,ハナイソギクと区別がつきます。
葉の縁が白くなっていることにお気づきでしょうか。
これは葉の裏に白い毛が生えているためです。
千葉県の犬吠埼から静岡県の御前崎までの太平洋沿岸に分布しています。
古くから栽培されて,今では広く分布しています。




自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 秋に見られた植物⑩

秋に見られた植物⑨

2018年11月3日(土)
秋に見られた植物⑨  撮影日:2018/10/26,11/03 撮影場所:勿来の関・北茨城

今日,紹介するのは10月26日と11月3日に勿来の関・北茨城で観察した植物です。

ミヤマシキミ
①ミヤマシキミ(ミカン科の常緑低木)
勿来の関は海岸に近く山奥ではありません。
それにも関わらずミヤマシキミが分布しています。
勿来の関のものは,雄株なので実を付けません。
長年雌株を探してきましたが,やっと海に近い北茨城で見つけました。
このミヤマシキミはツワブキ咲く北茨城の海岸近くにありました。


ムラサキシキブ
②ムラサキシキブ(シソ科の落葉低木)
ヤブムラサキと違って実には萼(がく)にあたる部分が付いていません。
全体に微毛が生え毛深いヤブムラサキと異なり,葉に触ってもふわふわ感がありません。


ツルリンドウ
③ツルリンドウ(リンドウ科の多年草つる植物)
夏の頃,淡紫色の花を咲かせます。
秋になると赤くて丸い実を付けます。
リンゴを小さくしたような感じで可愛い実です。
実の先に付いているのは,花柱です。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 秋に見られた植物⑨

秋に見られた植物⑧

2018年11月1日(木)
秋に見られた植物⑧  撮影日:2018/10/30,10/31 撮影場所:勿来の関・北茨城

今日,紹介するのは10月30日と31日に勿来の関・北茨城で観察した植物です。

カクレミノ
①カクレミノ(ウコギ科の常緑亜高木)
樹皮は灰白色なのでハイカラにみえます。
葉は3つに裂けるものから全然裂けないものまであります。
最初の頃,実は緑色ですが次第に紫黒色に変化していきます。
北茨城では街路樹として植えていますが,日当たりの良い所の木は沢山実を付けています。


センブリ
②センブリ(リンドウ科)
花びらには紫色の筋が入っていて美しさを強調しています。
何よりも驚くのは花びらの根本付近に縮れた長い毛があることです。
これは体が小さくて花粉を運んでくれないアリたちに蜜を只で飲まれるのを防止しているからと思っています。
センブリと呼ばれるのは「千回煮出しても、まだ苦味が残っている」ことに因ります。


キッコウハグマ
③キッコウハグマ(キク科モミジハグマ属の多年草)
五角形の葉を亀の甲羅に見立てて名付けられました。
この花は3個の小花から出来ています。
というのは,3本の「しべ」(この中に雄しべ・雌しべが入っています)が見えるからです。
白い花びらは15枚ありますが,1個の花は5枚の花びらで出来ています。
花びらの先がくるっと丸まり,「しべ」の先が桃色のキッコウハグマの花が大好きです。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 秋に見られた植物⑧

秋に見られた植物⑦

2018年10月31日(水)
秋に見られた植物⑦  撮影日:2018/10/29 撮影場所:北茨城

今日,紹介するのは10月29日に北茨城で観察した植物です。

ソテツ雌株
①ソテツ雌株(ソテツ科の常緑低木)  種子(赤矢印)が見えているので雌株です。
自生地が九州南部にある南方系の植物です。
しかし,そこより寒い北茨城でもすくすく育つ丈夫な植物です。
ソテツは雌雄別株なので近くに雌株も雄株も無ければ種子は出来ません。
幸いにも,この写真を取った所には,どちらもあったので両者の違いが分かりました。
赤矢印で示したものは,ソテツの種子です。
丁度クリの実に似ています。
残念ながら有毒でこのままでは食べられません。


ソテツ雄株
②ソテツ雄株(ソテツ科の常緑低木)  雄花(黄矢印)が立ち上がっています。
こちらは雄株です。
黄矢印で示したものは雄花です。
雄花も雌花も幹の先端に付きます。
ソテツを漢字で表記すると蘇鉄と書きます。
これは,弱ったソテツに鉄釘を打ち込むと蘇(よみがえ)るという言い伝えからです。


キチジョウソウ
③キチジョウソウ(キジカクシ科の常緑多年草)
名前を漢字で表すと吉祥草となります。
花が咲くと縁起が良いといわれ,縁起を担いで庭に植えられます。
紅色の花茎に白い花を付けるので,それだけでも縁起が良さそうな気がしてきます。
地下茎でどんどん増え毎年花を咲かせます。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 秋に見られた植物⑦

秋に見られた植物⑥

2018年10月30日(火)
秋に見られた植物⑥  撮影日:2018/10/29 撮影場所:北茨城

今日,紹介するのは10月29日に北茨城で観察した植物です。

アメリカセンダングサ
①アメリカセンダングサ(キク科センダングサ属の1年草)
センダングサの仲間の実は,先端に下向きの刺があって,服やズボンに引っかかります。
道端に生育しているので,注意して歩かないとセンダングサの実が付き落とすのに苦労します。
勿来の関や北茨城周辺で普通に見られるセンダングサの仲間はコセンダングサです。
十月下旬までコセンダングサとアメリカセンダングサの違いが分かりませんでした。
でも,今日からは両者の違いが分かりましたので,ちらっと見ただけで名前がいえます。
A茎の色
 アメリカセンダングサ・・・暗紫色(赤矢印)
 コセンダングサ    ・・・緑
B頭花
 アメリカセンダングサ・・・花の周りに葉のような総苞片(紺矢印)があります。
 コセンダングサ    ・・・総苞片は小さくて目立ちません。


メキシカンセージ
②メキシカンセージ(シソ科サルビア属の多年草)
サルビアの花に似たものが植えられています。
「サルビア仲間」で検索すると似た画像が表示され以外と速く見つかりました。
別名アメジストセージ・メキシカンブッシュセージの名があります。
原産国はメキシコや中央アメリカです。


キバナアキギリ
③キバナアキギリ(シソ科)
山の方へ行かないと見られないだろうと思っていたら,海沿いの平潟で見つけ驚きました。
どんな花かというと赤いサルビアを黄色くした感じのものです。
花弁の外に長く突き出たものは花柱です。
花の正面にある2個の赤紫色のものは不完全な葯で,完全なものは上にあって見えません。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 秋に見られた植物⑥

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測