ヒメクロホウジャク

2016年10月15日(土)
ヒメクロホウジャク 撮影日:2016/10/15 場所:勿来の関

 スズメガ科ホウジャク亜科のヒメクロホウジャクを紹介します。
 道端にナンブアザミの花が横向きに咲いています。
 その花にハチのようなブーンという羽音を立てながら近付く昆虫が居ます。

ヒメクロホウジャク
腹端が黒くその中に矢印で示したような白点や白筋があるヒメクロホウジャク
翅が移っていて止まっているように見えますが空中でホバリングしています。
ホウジャクとは漢字で蜂雀と書きます。ハチのような羽音を立てながら飛ぶからでしょうか。

 花の前で羽ばたきながら空中に止まります。口吻を伸ばして花の蜜を吸います。
 吸い終わると隣の花に移ります。
 忙しく動き回るのでピントがなかなか合いません。
 フラッシュを焚いて写してもぶれてしまいます。
 今日(2016年10月15日)は,晴天で明るいため絶好の機会です。
 お昼頃,花の前で待っているとブーンと音を立てて近付くものが居ます。
 待ちに待っていたヒメクロホウジャクの登場です。
 数多く写せばピントが合ったものが撮れると思い何枚も写しました。

ヒメクロホウジャク
止まっているように見えますが空中でホバリングしながらナンブアザミの蜜を吸うヒメクロホウジャク。
口先からストローのような長い口吻が伸びています。

 次のような特徴があります。
 ①腹端が黒くなっています。
 ②桃矢印で示した白点が左右に一つずつあります。
 ③黄矢印で示した白い筋があります。
 ④赤矢印で示したように頭部腹側から胸部腹側まで白くなっています。

ヒメクロホウジャク
横から見ると口先から胸部腹側まで白くなっているヒメクロホウジャク。
ぶれ防止にフラッシュを焚いたため瞳がどの写真も白く写っています。


 科名 スズメガ科ホウジャク亜科
 和名 ヒメクロホウジャク
 大きさ 開張40㎜
 分布  北海道,本州,四国,九州,対馬,種子島,屋久島,奄美大島,徳之島,石垣島
 出現月  5,7~10月
 食餌動植物 幼虫はアカネ,ヘクソカズラ,アケビの葉を食べます。成虫は花の蜜です。
 特徴 昼行性でホバリングしながら花の蜜を吸います。

黒帯の 中の白点 白い帯


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ヒメクロホウジャク

ホシヒメホウジャク

2016年10月11日(火)
ホシヒメホウジャク 撮影日:2016/10/11,2015/10/18 場所:勿来の関

 スズメガ科ホウジャク亜科のホシヒメホウジャクを紹介します。
 灯火に飛来したものが,梁(はり)にぶら下がっています。この日の飛来数は多く5匹もいました。写真を撮るには離れすぎているので,ビニル袋に入れて持ち帰り家で写すことにしました。

ホシヒメホウジャク
ビニル袋から出した途端,細かく羽ばたき始めたホシヒメホウジャク。そのため後翅の出っ張り2つが見えなくなっています。
 袋から出し紙の上に乗せた途端,羽ばたき運動を始めました。写真を撮りながら様子を見ていました。やがて飛び上がり明るい窓ガラスの方に進んで行きました。

ホシヒメホウジャク
やがてこんな格好で窓枠に止まったホシヒメホウジャク
右側の後翅がずれたため黄橙色の紋が見えています。
しかし,2つの出っ張りは前翅に隠れてしまいました。

 次のような特徴があます。
 ①止まっているときは赤矢印で示した後翅が見えます。
   (フタコブラクダのように2つ出ています。)
 ②桃矢印で示した所には黒紋が有り白筋が見えます。
 ③胸部背に半円状の紋が有ります。
   (その紋の中央を黒い帯状のものが頭部から突き通っています。)
 ④後翅には三角形の黄橙紋が有ります。
 ⑤腹端を上げて止まる習性があります。

ホシヒメホウジャク
普通に止まるとこの様に後翅の2つの出っ張りが見られるホシヒメホウジャク。
腹部がとてもふくれているので雌と思われます。


 科名 スズメガ科ホウジャク亜科
 和名 ホシヒメホウジャク
 大きさ 開張 35~40㎜,前翅長17㎜
 分布  北海道,本州,四国,九州,対馬,種子島,屋久島
      (四国産蛾類図鑑に掲載されているので四国を入れました。)
 出現月  6~7,8~10月
 食餌動植物 幼虫はヘクソカズラの葉を食べます。
 特徴 幼虫には紫色型、橙色型、緑色型、緑色無紋型の4種類があります。
     昼行性で、花の蜜を吸います。

ポイントは 胸部背にある 半月紋


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ホシヒメホウジャク

クチバスズメ

2016年7月5日(火)
クチバスズメ 撮影日:2016/07/04,2014/07/10 場所:勿来の関

 スズメガ科ウチスズメ亜科のクチバスズメを紹介します。
 スズメガ科の仲間はモモスズメ以外はあまり見られる蛾ではありません。
 しかし,今年(2016年),クチバスズメは7/1と7/4に違った所で二度見ることが出来ました。それらは灯火に飛来したものです。

クチバスズメ
暗い所に居たので明るい所へ移動してもらったクチバスズメ。前翅が55㎜でした。
 Mushi Naviさんによるとライトトラップを設置したときに2回とも午前2時頃の飛来だったそうです。
 スズメガ科の仲間の止まり方は,足を引っ掛けてぶら下がるか,地面に降りているかのどちらかです。
 頭を下にして止まることはありません。体が重くて支えることが出来ないからでしょう。

クチバスズメ
何枚も写していたら滑って落下したクチバスズメ。
 クチバスズメは全身が薄褐色で落ち着いた色調の蛾です。
 黒紋は前翅に2箇所と後翅にもあります。
 ①前翅後角近くには円紋が,あります。
 ②後翅後角付近にも黒い円紋があります。
 ③中央より前縁に寄った所には,筋状の紋があります。
 もう一つ目立つ特徴は頭部から腹端まで焦茶色の筋がはしっています。

クチバスズメ
薄褐色の色調の地色に焦茶色の筋模様で調和がとれているクチバスズメ。

 科名 スズメガ科ウチスズメ亜科
 和名 クチバスズメ
 大きさ 開張 95~115㎜
 分 布 北海道,本州,四国,九州,対馬,種子島,屋久島,沖縄
 出現月(羽化する月) 6~8月
 食餌動植物 幼虫はクリ,クヌギ,コナラ,シラカシ,アラカシ,ツブラジイウラジロガシ,オオバボダイジュ,シナノキ,ビワの葉を食べます。 
 特徴 

素敵だな 薄褐色の 色調が


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : クチバスズメ

コウチスズメ

2016年5月27日(金)
コウチスズメ 撮影日:2016/05/27 場所:勿来の関

 スズメガ科のコウチスズメを紹介します。
 今まであったことが無いようなスズメガ科の仲間が外灯に前足を引っ掛けてぶら下がっています。
 フラッシュを焚いて撮ってみると外縁の近くに白筋があります。写しずらい場所に居たことと未見の蛾かもしれないと思い袋に入れて持ち帰りました。袋が揺れたときにコウチスズメは羽ばたきました。そのときに見せた後翅の紅色が綺麗でした。

コウチスズメ
ビニル袋が目障りだったので移動してもらったコウチスズメ
 このスズメガ科の蛾は2枚目の写真のように後翅(桃矢印)が前翅より上に飛び出ています。こんな風に後翅が出ているものは,ホシヒメホウジャクの仲間しか記憶にありません。でも,その仲間でないことは直ぐ分かりました。
 スズメガ科の仲間だと確信を持って探していましたが見つかりません。その確信が揺らぎだした頃,やっと似た画像を見つけ同定することが出来ました。

コウチスズメ
後翅を前翅より上に上げて止まっていることは少ないのでなかなかコウチスズメにたどり着けなかったのです。
 なかなか見つからなかった訳は,二つあります。
 ①一つ目は色に惑わされたからです。
  コウチスズメは明るい所では茶褐色に,暗い所では焦茶色に写る傾向があるからです。
 ②二つ目は前翅よりも上に飛び出した後翅に気を取られすぎたからです。
  個体差・地域差があって,後翅を下げているコウチスズメの写真の方が多くあったからです。

コウチスズメ
刺激しないようにと袋を鋏で切って写しやすいようにしたコウチスズメ。スズメガ科の仲間は止まっているときは腹部を反らしています。
 後翅の紅色を写したかったので,羽ばたき運動をさせることにしました。袋に入れられているときの様子から,直ぐには飛び回れず若干の羽ばたき運動が必要だと感じだからです。
 袋を鋏で切り開きました。まだ,コウチスズメは足の爪をビニル袋に引っ掛けたままぶら下がっています。
 ビニル袋から窓枠に移動させるために鉛筆の先を使いました。すると,触角を左右に伸ばして止まりました。この敏感な器官である触角を刺激すれば,羽ばたき運動をするのでそっと触りました。
 すると,たちまち羽ばたき始めました。予め電源を入れフラッシュを焚けるようにして置いたデジカメのシャッターを何度か押して最後の写真を撮りました。

コウチスズメ
ぶれないようにフラッシュを焚いて写したコウチスズメ。紅色の後翅が綺麗です。

 科名 スズメガ科
 和名 コウチスズメ
 大きさ 開張46~60㎜
 分布  本州,四国,九州
 出現月(羽化する月) 6~7月
 食餌動植物 幼虫はサラサドウダン,ドウダンツツジ,スノキの葉を食べます。
 特徴 未明に灯火に飛来するそうです。

止まるとき 後翅の位置に ばらつきが


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : コウチスズメ

ベニスズメ

2016年2月15日(月)
ベニスズメ 撮影日:2011/08/02,06/15 場所:勿来の関

 スズメガ科ホウジャク亜科のベニスズメを紹介します。

 先日紹介しました蛾よりもこちらをモモスズメと名付けたいほど桃色に近い色をしています。初めて見つけたとき,こんな綺麗な色の蛾が居るなんてとても信じられない気持ちでした。
ベニスズメ
灯火にしがみついていたベニスズメを写しやすい場所に移動しようとしたら下に落ちてしまいました。
 勿来の関で見たベニスズメの幼虫はアカバナの葉を食べていました。オオマツヨイグサも同じアカバナ科の植物なので食餌植物にしているのでしょう。

ベニスズメ
灯火に飛来し高い所に止まっていたので網でとらえたベニスズメ。表より裏の方が色鮮やかであることが分かります。
 オオマツヨイグサやツリフネソウの花の蜜は花の奥にありますから,ベニスズメの口はきっとそれに合わせて長いものと思われます。

ベニスズメ
網をあけても逃げようとせず,ずっと網にしがみついていたベニスズメ。

 科名 スズメガ科ホウジャク亜科
 和名 ベニスズメ
 大きさ 開張 55~65㎜
 分布 北海道,本州,四国,九州,対馬,沖縄
 出現月(羽化する月) 4~9月
 食餌動植物 幼虫はオオマツヨイグサ、ツキミソウ、フクシャ、ゴデジャ、ヤナギラン、ツリフネソウホウセンカ、キツリフネ、ミソハギ、エゾミソハギ、カワラマツバ、ブドウ、スカシタゴボウ、シロツメクサの葉を食べます。
 特徴 樹液や灯火に飛来します。

ベニスズメ 胸腹の紅 綺麗なり


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ベニスズメ

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測