FC2ブログ

コナラシギゾウムシ

2019年11月12日(火)
コナラシギゾウムシ 撮影日:2019/09/11 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で9月11日に観察したコナラシギゾウムシです。

コナラの実
①穴が開いたコナラの葉付き枝付きの実(8月下旬頃)
コナラの実が葉の付いた枝とともに路上の上に落ちる頃灯火に飛来するようです。
落ちたコナラの実を見るとこく斗(椀の様な物)に穴(茶褐色の小さな点)が開いています。
穴の場所は赤矢印の両端で黒く見える所です。
こんなことをした昆虫はハイイロチョッキリです。

しかし,写真の様な葉付き枝付きのコナラの実の他にコナラの実だけも落ちています。
それのこく斗を観察するとやはり穴が開いています。
こんなことをした昆虫はコナラシギゾウムシです。


コナラシギゾウムシ
②コナラシギゾウムシ( ゾウムシ科シギゾウムシ亜科)
灯火に飛来して近くの壁を徘徊していました。
体長5.5~10㎜(吻は含みません。)の小さな昆虫です。
目がまんまるで可愛いです。


コナラシギゾウムシ
③コナラシギゾウムシ
ゾウのように長く伸びた物(赤矢印)は吻といいます。
鳥の鴫(シギ)に似て嘴(くちばし)が長いので名前にシギと名付けられたのでしょう。
この吻を使ってドングリに穴を開けるようです。
緑矢印が指しているのは触角です。
使わないときは途中で曲げてM字形にしています。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
スポンサーサイト



コナラシギゾウムシ

2017年9月5日(火)
コナラシギゾウムシ 撮影日:201709/01 場所:勿来の関

甲虫目ゾウムシ科のコナラシギゾウムシを紹介します。
灯火の近くに吻が長いハイイロチョッキリに似た昆虫が止まっています。
嘴の長い鴫(シギ)に似て吻が長いのでシギゾウムシと名付けられました。
この仲間はまんまるで大きな目が並んでいます。

コナラシギゾウムシ
胸部背には薄褐色の3本筋があるコナラシギゾウムシ
似た種類がいて同定は難しく,迷いましたが次の様なことからコナラシギゾウムシと判断しました。
①触角が吻から出ている位置(青矢印)は真ん中よりも頭部に近い。
②胸部に薄褐色の3本筋がある。
③体色が茶褐色。

コナラシギゾウムシ
触角の付け根(青矢印)が半分よりも頭部へ寄っているコナラシギゾウムシ。
触角が直角(赤矢印)に曲がっています。

このコナラシギゾウムシはハイイロチョッキリとは違った習性を持っています。
ハイイロチョッキリは卵を産んだ後,最後の写真の様に小枝を切り落とします。
ところが,コナラシギゾウムシは実が小さい内に卵を産みそのままにします。
その時,開けた穴は生長と共に小さくなりやがて消えます。

ハイイロチョッキリ♀
触角は途中で折れ曲がらないハイイロチョッキリ♀。胸部に刺が無いので雌です。
ハイイロチョッキリの小枝落としは,8月23日から始まりました。
9月5日にもなると,それらを踏まずに歩くのが難しいほど落ちています。
ハイイロチョッキリに関する<記事はこちら>です。

ハイイロチョッキリの落とし枝
ハイイロチョッキリの落とし枝。
空色で示した所はハイイロチョッキリが穴を開けた部分です。焦茶色になっているのでわかります。
小枝の切り口が直角で滑らかなことから不思議に思い調べているうちにハイイロチョッキリの仕業だと分かりました。


科名 甲虫目ゾウムシ科
和名 コナラシギゾウムシ
大きさ 体長5.5~10㎜
分布  北海道,本州,四国,九州
出現月 5~10月
食餌動植物 幼虫はコナラの実を食べます。
特徴 ハイイロチョッキリのように実の付いた枝を落としません。

手掛かりは 触角が折れ 胸に筋


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : コナラシギゾウムシ

ツツゾウムシ

2017年7月28日(金)
ツツゾウムシ 撮影日:2017/07/28 場所:勿来の関

 甲虫目ホソカミキリムシ科のホソカミキリを紹介します。
 ベンチに座わると前方でゆっくり動く昆虫が居ます。

ツツゾウムシ
逃げ回るツツゾウムシに息を吹きかけながら動きを止めて撮影しました。
 近付いて撮った写真を見ると,太い吻から出た触角が途中で曲がっています。
 それで,ゾウムシの仲間だと分かりました。

ツツゾウムシ
太めの吻の途中から出る触角は途中で曲がるツツゾウムシ
 初めて見るゾウムシを角度を変えながら何枚も写しました。
 じっとしていないゾウムシの動きを止めるため何度も息を吹きかけながら撮影しました。
 今,思うと不思議なことがあります。
 それは,一度も死んだふりをしなかったことです。
 動きがぎこちなかったことを思い出しながら写真を見ました。
 爪などがありません。鳥に襲われて失ったものと思われます。
 そんなことに遭うと死んだふりはしなくなるのでしょうか。

ツツゾウムシ
天敵に襲われ爪などが無いツツゾウムシ。

 科名 甲虫目ゾウムシ科
 和名 ツツゾウムシ
 大きさ 体長6~12㎜
 分布  北海道,本州,四国,九州,対馬
 出現月 4~9月
 食餌動植物 幼虫はクヌギ,コナラを食べます。
 特徴 コゲチャツツゾウムシに似ています。

 ひげ曲がる 仲間が分かり ほっとする 


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ツツゾウムシ

ホソカミキリ

2017年7月25日(火)
 ホソカミキリ 撮影日:2017/07/24 場所:勿来の関

 甲虫目ホソカミキリムシ科のホソカミキリを紹介します。
 カミキリムシに似た細長い昆虫が灯火に止まっています。
 よく写そうと思い棒で下に下ろしました。
 すると下に落ちる途中で脇の壁に飛び移りました。

ホソカミキリ
触角が体長より長いホソカミキリ
 カメラを近付けるとせわしく動いて写せません。
 その内,飛び立つ仕草をみせましたので,私は帽子でつかまえようと構えました。
 飛び立つ度に帽子でつかまえ壁に止まらせました。
 そのなことを繰り返していると床に下りて動かなくなりました。

ホソカミキリ
胸部脇には刺があるホソカミキリ。
 写真を撮りながら端の方ほど上翅が狭くなっていることに気付きました。
 それをヒントにカミキリムシ科で調べましたがなかなか見つかりません。
 私が写した画像と色が違うので見つけるまで時間がかかりました。

ホソカミキリ
上翅は端ほど幅が狭くなるホソカミキリ。
 カミキリモドキ科があるのは知っていました。
 しかし,ホソカミキリムシ科があるなんて今日初めて知りました。
 ホソカミキリの特徴は次の通りです。
 ①上翅は端の方ほど幅が狭いです。
 ②複眼(緑矢印)の幅は何処も同じなようです。
 ③胸部脇には刺(赤矢印)があります。
 ④触角の第1節は太いです。
 ⑤触角は体長より長いです。

ホソカミキリ
複眼は何処も同じ幅のように見えるホソカミキリ。

 科名 甲虫目ホソカミキリムシ科
 和名 ホソカミキリ
 大きさ 体長19~30㎜
 分布  北海道,本州,四国,九州,対馬
 出現月 6~9月
 食餌動植物 幼虫は広葉樹やマツ類の倒木の材を食べます。
 特徴 

 端なほど 狭くなってる 上翅の幅が


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ホソカミキリ

カトウカミキリモドキとアオカミキリモドキ

2017年7月21日(金)
カトウカミキリモドキとアオカミキリモドキ 撮影日:2017/07/11,07/19,2016/06/22,2014/06/01 場所:勿来の関

 甲虫目カミキリモドキ科のカトウカミキリモドキを紹介します。
 細長いカミキリムシに似た昆虫が壁に止まっています。
 似てはいますが,頭部の様子がどこか違うように見えます。
 上翅は金属光沢のある青緑色,頭部・胸部・脚は橙色の美しい昆虫です。

カトウカミキリモドキ
カミキリムシに似ているが頭部の様子が何となく違うカトウカミキリモドキ。
 ウェブ図鑑を調べると似た2つの種類が居て長い間,同定が出来ずに居ました。
 しかし,「東京23区内の虫 2」,「一寸の虫にも五分の魂」の記事を読んで違いがやっと分かりました。
 そこで,以前の写真を探すと運良く2種類のカミキリモドキ科の昆虫を見つけました。

カトウカミキリモドキ
上翅の青緑色が金属光沢に輝いて美しいカトウカミキリモドキ。
 両者の違いは足の色にあります。次の通りです。
 ①カトウカミキリモドキ
  根元から足の先まで橙色です。

カトウカミキリモドキ
全ての足が橙色だったカトウカミキリモドキ。
 ②アオカミキリモドキ
  腿節が橙色で,脛節(赤矢印)から先は黒いです。

アオカミキリモドキ
脛節(赤矢印)より先が黒かったアオカミキリモドキ。

 科名 甲虫目カミキリモドキ科
 和名 カトウカミキリモドキ
 大きさ 体長 10~15㎜程度
 分布  本州,四国,九州
 出現月 6~8月
 食餌動植物 幼虫は何を食べるか分かっていません。
 特徴 体液にはカンタリジンが含まれており,肌に付くと火傷に似た炎症を起こすので掴んだり潰したりしない方がいいです。

似ているが 足が橙 カトウなり


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : カトウカミキリモドキとアオカミキリモドキ

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
RSSリンクの表示
月齢カレンダー
月齢を見て蛾の飛来数を予測しています。
月齢による蛾の飛来数予測