FC2ブログ

ウスモンツツヒゲナガゾウムシ

2020年2月28日(金)
ウスモンツツヒゲナガゾウムシ 撮影日:2016/07/05 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2016年7月5日に観察したウスモンツツヒゲナガゾウムシです。

ウスモンツツヒゲナガゾウムシ
①ウスモンツツヒゲナガゾウムシ(コウチュウ目ヒゲナガゾウムシ科)
目は出目金のように突き出ています。
背にはハート型の白い紋があります。
この紋の後方に黒い横帯があります。
翅端には一対の黒紋があります。


ウスモンツツヒゲナガゾウムシ
②ウスモンツツヒゲナガゾウムシ
触角を見るとこの昆虫は♀だと分かります。
その理由は触角の第4節に膨らみが無いからです。
その膨らみは円盤投げに使う物の様な形をしています。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
スポンサーサイト



オトシブミ

2020年2月27日(木)
オトシブミ 撮影日:2018/06/17 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2018年6月17日に観察したオトシブミです。

オトシブミ科
①オトシブミ♀(オトシブミ科オトシブミ亜科)
歩道の頭上にある葉を見ていたら橙色の昆虫が見つかりました。
一見アシナガオトシブミに似ているので注意が必要です。


オトシブミ科
②オトシブミ♀
違いは幾つかありますが第1に頭部(赤矢印)と胸部の境にくびれが見られます。
第2に胸部と腹部の境に襟巻き状の筋(黄矢印)が見られます。


オトシブミ科
③オトシブミ♀
体長が8~9.5㎜と小さい昆虫です。
♀と♂では体形が少し違います。
それは♂が頭部と胸部が長くろくろ首のように見ます。
クリ,コナラ,ミズナラ,ケヤマハンノキ等の樹上で見られます。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

イチモンジカメノコハムシ

2020年2月26日(水)
イチモンジカメノコハムシ 撮影日:2016/05/03 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2016年5月3日に観察したイチモンジカメノコハムシです。

イチモンジカメノコハムシ
①イチモンジカメノコハムシ(ハムシ科カメノコハムシ亜科)
似た種が居て同定にてこずりました。
同定は赤矢印が指している黒紋がポイントになります。


イチモンジカメノコハムシ
②イチモンジカメノコハムシ
赤矢印は黒紋を指しています。
この黒紋があるのはイチモンジカメノコハムシとヒメカメノコハムシです。
幼虫が食べるムラサキシキブやヤブムラサキは勿来の関に普通に分布しています。
それらを食べるのはイチモンジカメノコハムシです。
ところが,ヒメカメノコハムシの幼虫が食べるイヌビユやイノコズチも分布しているので同定に苦労しました。


イチモンジカメノコハムシ
③イチモンジカメノコハムシ
写真をよく見ているうちに緑矢印が指している黒紋に気が付きました。
この紋があるのはイチモンジカメノコハムシなのでやっと同定することができました。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

ウスモンオトシブミ

2020年2月25日(月)
ウスモンオトシブミ 撮影日:2018/06/25,2017/06/14 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2018年6月25日と2017年6月14日に観察したウスモンオトシブミです。

ウスモンオトシブミ
①ウスモンオトシブミ(オトシブミ科)
キブシの木の下に葉巻のように巻いた揺籃が転がっています。
次の日,揺籃の数を数えたら増えています。
少しずつ増えてその数は十個以上になりました。
どんな昆虫がこの揺籃を作ったのか興味を持ちました。


ウスモンオトシブミ
②ウスモンオトシブミ
道端のそれほど大きくないキブシの葉の表面を探していると小さな昆虫が見つかりました。
写真を見ると胸部や腹部の周縁が黒くなっています。
これがウスモンオトシブミの特徴です。
更に後ろ足の腿節が黒いことも同定ポイントになっています。


ウスモンオトシブミ
③ウスモンオトシブミ  見る角度によって色が違って見えます。
似た昆虫にウスアカオトシブミが居るので注意が必要です。
でも,ウスアカオトシブミは周縁が黒くなりますがウスアカオトシブミは黒くならないので区別がつきます。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

ハラグロカミキリモドキ

2020年2月6日(木)
ハラグロカミキリモドキ 撮影日:2017/07/22 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2017年7月22日に観察したハラグロカミキリモドキです。

ハラグロカミキリモドキ
①ハラグロカミキリモドキ(カミキリモドキ科)
ジョウカイボンの中間に似た昆虫が灯火近くに止まっています。
しかし,触角の様子が違っています。
赤矢印の所から先が湾曲しているのです。
何かの事故で折れたのかなと思いました。
でも,左右対称に曲がっているので事故では無いと考え直しました。


ハラグロカミキリモドキ
②ハラグロカミキリモドキ
ネットでカミキリモドキ科を探しているうちに偶然ハラグロカミキリモドキを見つけることが出来ました。
主な特徴は次の通りです。
・頭部,胸部が橙色です。
・足が黒いです。
・♂の触角は先の方が湾曲していて,♀は曲がっていません。


ハラグロカミキリモドキ
③雌と思われるハラグロカミキリモドキ


科名 カミキリモドキ科
和名 ハラグロカミキリモドキ
前翅長 
出現月 
分布  北海道,本州(近畿以北)
食餌動植物 
特徴 

あら変だ 触角途中で 曲がってる


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
RSSリンクの表示
月齢カレンダー
月齢を見て蛾の飛来数を予測しています。
月齢による蛾の飛来数予測