FC2ブログ

勿来の関周辺の昆虫 カミキリムシ科

2019年10月15日(火)
勿来の関周辺の昆虫 カミキリムシ科 撮影日:2019/08/06,8/15 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で8月6日と15日に観察したウスバカミキリです。

ウスバカミキリ♀
①ウスバカミキリ♀(甲虫目カミキリムシ科)
日本では,シロスジカミキリやミヤマカミキリと並んで大きいカミキリムシです。
翅が透けて見えるような感じなのでウスバカミキリと呼ばれています。
夜間,灯火に飛来したウスバカミキリを写すと赤矢印のようなものが見えました。
「これは何?」と思って,調べると産卵管であることが分かりました。
すると,写真のカミキリムシは雌であることが分かりました。


ウスバカミキリ♀
②ウスバカミキリ♀
腹端から出ている棒状のもの(赤矢印)を脇から写しました。
前方を向いたペンチの刃のような大顎に挟まれないようにしないと大変です。


ウスバカミキリ♂
③ウスバカミキリ♂
腹端から棒状の産卵管が出ていません。
このことから,この写真のウスバカミキリは雄だと分かります。


ウスバカミキリ♂
④ウスバカミキリ♂
雌の触角と比べると表面が滑らかでなく,小さな突起物が無数あります。
さらに,体の割に太くて不格好に見えます。
朽木を食べるので害虫扱いはしていません。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
スポンサーサイト



勿来の関周辺の昆虫 カミキリムシ科

2019年10月14日(月)
勿来の関周辺の昆虫 カミキリムシ科 撮影日:2019/08/10 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で8月10日に観察したノコギリカミキリです。

ノコギリカミキリ
①ノコギリカミキリ(甲虫目カミキリムシ科)
体全体が真っ黒なカミキリムシです。
胸部には赤矢印で示している様に6個の刺が見られます。
上から写した画像からはノコギリカミキリの名のいわれは理解できません。


ノコギリカミキリ
②ノコギリカミキリ
前足の脛節の上面は溝のように凹みが見られます。
よく灯火に飛来します。
活発に動くため撮影は動かずに止まっているものを選びました。
幼虫は針葉樹・各種広葉樹等の朽木を食べるため害虫には成っていません。


ノコギリカミキリ
③ノコギリカミキリ
正面から撮影した写真です。
鋸の歯のようなぎざぎざした触角が名前の由来になっています。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

勿来の関周辺の昆虫 カミキリムシ科

2019年10月11日(土)
勿来の関周辺の昆虫 カミキリムシ科 撮影日:2019/08/14 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で8月14日に観察したゴマダラカミキリです。
元気よく動き回るのでビニル袋に入れて置きました。
気が付いたときは息が絶えていましたが形を整えて写しました。

ゴマダラカミキリ
①ゴマダラカミキリ(コウチュウ目カミキリムシ科フトカミキリ亜科)
体長が25~35㎜で黒い地に白紋があるカミキリムシです。
うっかり胸部を掴むと赤矢印が指しているように尖った刺があるので痛い思いをします。
さらに,キイキイと音を出すので驚いてしまいます。
驚いて手を離した隙に逃げようとしているのです。
触角は体長の2倍近い長さです。


ゴマダラカミキリ
②ゴマダラカミキリ
赤矢印が指しているのは複眼です。
複眼は触角の付け根を囲むように広がっています。


ゴマダラカミキリ
③ゴマダラカミキリ
腹部は青味を帯びています。
足にも青味を帯びた部分があります。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

勿来の関周辺で見られたカミキリムシ⑥

2019年8月11日(日)
勿来の関周辺で見られたカミキリムシ⑥ 撮影日:2019/08/07.08/08 撮影場所:勿来の関・北茨城

今日,紹介するのは北茨城で8月7日,勿来の関で8月8日に観察したカミキリムシです。

トラフカミキリ
①トラフカミキリ(カミキリムシ科カミキリムシ亜科)
体長17~26㎜ほどのカミキリムシです。
オオスズメバチにそっくりと評判の昆虫です。
確かに黒と黄の縞模様を見るとどきっとしますが腹部の縞模様が斜めになっているのでススメバチでないことが直ぐ判明します。
スズメバチの縞模様は輪状になっているからです。


トラフカミキリ
②トラフカミキリ
でも擬態の要所は心得ていて,短い触角に成っていて色彩も似ています。
頭部が黄色で胸部のほとんどが黒くなっている点などはよく本物を真似していると感じます。


トラフカミキリ
③トラフカミキリ
分布は北海道,奥尻島,本州,佐渡,四国,九州,対馬,種子島,奄美大島,沖縄,宮古島です。
餌はクワ,ヤマグワ,リンゴなどの木の樹皮や葉です。


アカハナカミキリ
④アカハナカミキリ(カミキリムシ科ハナカミキリ亜科)
ほっそりした体に赤茶色の上翅を見れば直ぐアカハナカミキリと分かってしまうほど普通に見かける種です。


アカハナカミキリ
⑤アカハナカミキリ
体長は12~22㎜程度で,7~9月頃見かけます。


アカハナカミキリ
⑥アカハナカミキリ
分布は北海道,本州,四国,九州,沖縄です。
幼虫は,マツ・ハンノキ・クヌギなどの枯木や伐採木を食べます。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

勿来の関周辺で見られたカミキリムシ⑤

2019年8月10日(土)
勿来の関周辺で見られたカミキリムシ⑤ 撮影日:2019/08/02.08/03,08/08 撮影場所:勿来の関

今日,紹介するのは勿来の関で8月2日,8月3日,8月8日に観察したカミキリムシです。
後1日間くらい主に北茨城と勿来の関で見られたカミキリムシを紹介します。
これらのカミキリムシは家周辺および灯火に飛来したものです。

クワカミキリ
①クワカミキリ(カミキリムシ科フトカミキリ亜科)
毎年1回は観察しているカミキリムシです。
分布は本州,四国,九州等となっていますが,「こんちゅう探偵団」によると北海道でも観察記録があります。


クワカミキリ
②クワカミキリ
体長32~45㎜の大きなカミキリムシです。
出現期は5~8月です。


クワカミキリ
③クワカミキリ
上翅には緑矢印で示した所に黒い顆粒があって同定ポイントになっています。
黄矢印で示したものは目です。
藍矢印で示したものはペンチのような力強そうな大あごです。
赤矢印で示しているのは胸部にある刺です。


アオスジカミキリ
④アオスジカミキリ(カミキリムシ科カミキリ亜科)
今年,初めて観察したカミキリムシです。
こんなハイカラなカミキリムシが居るなんて初めて知りました。


アオスジカミキリ
⑤アオスジカミキリ
腿節が太くて格好よく見えます。


アオスジカミキリ
⑥アオスジカミキリ
胸部背に見られる緑色の横筋はエメラルドグリーンの様で見とれてしまいます。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
RSSリンクの表示
月齢カレンダー
月齢を見て蛾の飛来数を予測しています。
月齢による蛾の飛来数予測