FC2ブログ

ハイイロヤハズカミキリ

2020年2月23日(日)
ハイイロヤハズカミキリ 撮影日:2018/05/16 撮影場所:北茨城

今日紹介するのは勿来の関で2018年5月16日に観察したハイイロヤハズカミキリです。

ハイイロヤハズカミキリ
①ハイイロヤハズカミキリ(カミキリムシ科フトカミキリ亜科)
長い触角と触角根元を囲むような複眼からカミキリムシと分かります。
このカミキリムシの特徴は何といっても翅端の形状にあります。


ハイイロヤハズカミキリ
②ハイイロヤハズカミキリ
赤矢印が指している翅端は凹んでいて矢筈(やはず)と似た形状になっています。
この形状が名前の由来です。


ハイイロヤハズカミキリ
③ハイイロヤハズカミキリ
分布は北海道を除く全国に広がっています。
タケ類に集まるカミキリムシで,幼虫も成虫もタケ類を食べます。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
スポンサーサイト



ヘリグロベニカミキリ

2020年2月22日(土)
ヘリグロベニカミキリ 撮影日:2018/05/15 撮影場所:北茨城

今日紹介するのは勿来の関で2018年5月15日に観察したヘリグロベニカミキリです。

ヘリグロベニカミキリ
①ヘリグロベニカミキリ(カミキリムシ科)
洗濯しようとたらいを出して置くと見たことが無いカミキリムシが止まっていました。
ネットで調べるとヘリグロベニカミキリと分かりました。
胸部に黒い毛が生えていることもあって縁が黒く見えます。
これが名前の由来になっていると思われます。


ヘリグロベニカミキリ
②ヘリグロベニカミキリ
主な特徴は次の通りです。
・胸部には黒点が5個有ります。
・上翅後半に黒点が1対有ります。
・胸部に黒い毛が生えています。
・胸部脇に刺状突起(赤矢印)が見られます。


ヘリグロベニカミキリ
③ヘリグロベニカミキリ
沖縄を除く日本に分布しています。
幼虫はカエデ類,タケ類の中で育ちノリウツギ,カエデ,ガクアジサイ等の花に集まります。


科名 カミキリムシ科
和名 ヘリグロベニカミキリ
体長 12~20㎜
出現月 4~6月
分布  北海道,本州,四国,九州
食餌動植物 幼虫はカエデ類,タケ類を食べます。
特徴 黒点が胸部に5個,上翅に1対あります。

胸に5個 上翅に2つ 黒い点



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

勿来の関周辺の昆虫 カミキリムシ科

2019年10月15日(火)
勿来の関周辺の昆虫 カミキリムシ科 撮影日:2019/08/06,8/15 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で8月6日と15日に観察したウスバカミキリです。

ウスバカミキリ♀
①ウスバカミキリ♀(甲虫目カミキリムシ科)
日本では,シロスジカミキリやミヤマカミキリと並んで大きいカミキリムシです。
翅が透けて見えるような感じなのでウスバカミキリと呼ばれています。
夜間,灯火に飛来したウスバカミキリを写すと赤矢印のようなものが見えました。
「これは何?」と思って,調べると産卵管であることが分かりました。
すると,写真のカミキリムシは雌であることが分かりました。


ウスバカミキリ♀
②ウスバカミキリ♀
腹端から出ている棒状のもの(赤矢印)を脇から写しました。
前方を向いたペンチの刃のような大顎に挟まれないようにしないと大変です。


ウスバカミキリ♂
③ウスバカミキリ♂
腹端から棒状の産卵管が出ていません。
このことから,この写真のウスバカミキリは雄だと分かります。


ウスバカミキリ♂
④ウスバカミキリ♂
雌の触角と比べると表面が滑らかでなく,小さな突起物が無数あります。
さらに,体の割に太くて不格好に見えます。
朽木を食べるので害虫扱いはしていません。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

勿来の関周辺の昆虫 カミキリムシ科

2019年10月14日(月)
勿来の関周辺の昆虫 カミキリムシ科 撮影日:2019/08/10 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で8月10日に観察したノコギリカミキリです。

ノコギリカミキリ
①ノコギリカミキリ(甲虫目カミキリムシ科)
体全体が真っ黒なカミキリムシです。
胸部には赤矢印で示している様に6個の刺が見られます。
上から写した画像からはノコギリカミキリの名のいわれは理解できません。


ノコギリカミキリ
②ノコギリカミキリ
前足の脛節の上面は溝のように凹みが見られます。
よく灯火に飛来します。
活発に動くため撮影は動かずに止まっているものを選びました。
幼虫は針葉樹・各種広葉樹等の朽木を食べるため害虫には成っていません。


ノコギリカミキリ
③ノコギリカミキリ
正面から撮影した写真です。
鋸の歯のようなぎざぎざした触角が名前の由来になっています。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

勿来の関周辺の昆虫 カミキリムシ科

2019年10月11日(土)
勿来の関周辺の昆虫 カミキリムシ科 撮影日:2019/08/14 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で8月14日に観察したゴマダラカミキリです。
元気よく動き回るのでビニル袋に入れて置きました。
気が付いたときは息が絶えていましたが形を整えて写しました。

ゴマダラカミキリ
①ゴマダラカミキリ(コウチュウ目カミキリムシ科フトカミキリ亜科)
体長が25~35㎜で黒い地に白紋があるカミキリムシです。
うっかり胸部を掴むと赤矢印が指しているように尖った刺があるので痛い思いをします。
さらに,キイキイと音を出すので驚いてしまいます。
驚いて手を離した隙に逃げようとしているのです。
触角は体長の2倍近い長さです。


ゴマダラカミキリ
②ゴマダラカミキリ
赤矢印が指しているのは複眼です。
複眼は触角の付け根を囲むように広がっています。


ゴマダラカミキリ
③ゴマダラカミキリ
腹部は青味を帯びています。
足にも青味を帯びた部分があります。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
RSSリンクの表示
月齢カレンダー
月齢を見て蛾の飛来数を予測しています。
月齢による蛾の飛来数予測