FC2ブログ

ミヤマカミキリ

2020年8月28日(金)
2449 ミヤマカミキリ 撮影日2020/08/28 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2020年8月28日に観察したミヤマカミキリです。

ミヤマカミキリ
①ミヤマカミキリ(カミキリムシ科)
灯火近くの壁には大きなカミキリムシが止まっています。
灯火には蛾の他にチョウ・甲虫類等が飛来します。
触角が体長(口から腹端)の1.5倍もあり長いです。


ミヤマカミキリ
②ミヤマカミキリ
緑矢印が指している部分にはペンチのような鋭い歯があります。
だから私はこのような大きなカミキリムシは捕まえるのがこわいです。
ミヤマと名が付いていますが里に近い場所でも見られます。


ミヤマカミキリ
③ミヤマカミキリ
クワカミキリと似ていて同定でてこずります。
しかし同定ポイントがあるので安心です。
それは赤矢印が指している胸部に横しわがあるからです。
青矢印が指しているのは複眼です。
触角を取り囲んでいるように見えます。
眼鏡を掛けているようで滑稽です。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

スポンサーサイト



アオスジカミキリ

2020年7月5日(日)
アオスジカミキリ 撮影日2020/07/02 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2020年7月2日に観察したアオスジカミキリです。

アオスジカミキリ
①アオスジカミキリ(カミキリムシ科カミキリ亜科)  体長より長い触角を持っています。
灯火近くの壁を見ると細長い体の昆虫が居ます。
棒を使って下に降りてもらいました。
すると触角が長いのでカミキリムシの仲間だと分かりました。


アオスジカミキリ
②アオスジカミキリ
胸部や上翅には金属緑色の筋が輝いていて目を惹きつけます。
光の当たり具合が良い所は眩しく光って綺麗です。
黄矢印が指しているのは複眼の一部です。
顔に大きな複眼があり触角を取り囲むようにして頭部上まで達しています。
この複眼のおかげて敵がどの方向から近づいて来るか分かってしまいます。


アオスジカミキリ
③アオ/スジカミキリ
去年の8月3日が最初の観察でした。
今年より一月早い観察です。
少し離れた所にこの昆虫が餌としているネムノキがあるので灯火に飛来したのでしょう。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

ハイイロヤハズカミキリ

2020年2月23日(日)
ハイイロヤハズカミキリ 撮影日:2018/05/16 撮影場所:北茨城

今日紹介するのは勿来の関で2018年5月16日に観察したハイイロヤハズカミキリです。

ハイイロヤハズカミキリ
①ハイイロヤハズカミキリ(カミキリムシ科フトカミキリ亜科)
長い触角と触角根元を囲むような複眼からカミキリムシと分かります。
このカミキリムシの特徴は何といっても翅端の形状にあります。


ハイイロヤハズカミキリ
②ハイイロヤハズカミキリ
赤矢印が指している翅端は凹んでいて矢筈(やはず)と似た形状になっています。
この形状が名前の由来です。


ハイイロヤハズカミキリ
③ハイイロヤハズカミキリ
分布は北海道を除く全国に広がっています。
タケ類に集まるカミキリムシで,幼虫も成虫もタケ類を食べます。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

ヘリグロベニカミキリ

2020年2月22日(土)
ヘリグロベニカミキリ 撮影日:2018/05/15 撮影場所:北茨城

今日紹介するのは勿来の関で2018年5月15日に観察したヘリグロベニカミキリです。

ヘリグロベニカミキリ
①ヘリグロベニカミキリ(カミキリムシ科)
洗濯しようとたらいを出して置くと見たことが無いカミキリムシが止まっていました。
ネットで調べるとヘリグロベニカミキリと分かりました。
胸部に黒い毛が生えていることもあって縁が黒く見えます。
これが名前の由来になっていると思われます。


ヘリグロベニカミキリ
②ヘリグロベニカミキリ
主な特徴は次の通りです。
・胸部には黒点が5個有ります。
・上翅後半に黒点が1対有ります。
・胸部に黒い毛が生えています。
・胸部脇に刺状突起(赤矢印)が見られます。


ヘリグロベニカミキリ
③ヘリグロベニカミキリ
沖縄を除く日本に分布しています。
幼虫はカエデ類,タケ類の中で育ちノリウツギ,カエデ,ガクアジサイ等の花に集まります。


科名 カミキリムシ科
和名 ヘリグロベニカミキリ
体長 12~20㎜
出現月 4~6月
分布  北海道,本州,四国,九州
食餌動植物 幼虫はカエデ類,タケ類を食べます。
特徴 黒点が胸部に5個,上翅に1対あります。

胸に5個 上翅に2つ 黒い点



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

勿来の関周辺の昆虫 カミキリムシ科

2019年10月15日(火)
勿来の関周辺の昆虫 カミキリムシ科 撮影日:2019/08/06,8/15 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で8月6日と15日に観察したウスバカミキリです。

ウスバカミキリ♀
①ウスバカミキリ♀(甲虫目カミキリムシ科)
日本では,シロスジカミキリやミヤマカミキリと並んで大きいカミキリムシです。
翅が透けて見えるような感じなのでウスバカミキリと呼ばれています。
夜間,灯火に飛来したウスバカミキリを写すと赤矢印のようなものが見えました。
「これは何?」と思って,調べると産卵管であることが分かりました。
すると,写真のカミキリムシは雌であることが分かりました。


ウスバカミキリ♀
②ウスバカミキリ♀
腹端から出ている棒状のもの(赤矢印)を脇から写しました。
前方を向いたペンチの刃のような大顎に挟まれないようにしないと大変です。


ウスバカミキリ♂
③ウスバカミキリ♂
腹端から棒状の産卵管が出ていません。
このことから,この写真のウスバカミキリは雄だと分かります。


ウスバカミキリ♂
④ウスバカミキリ♂
雌の触角と比べると表面が滑らかでなく,小さな突起物が無数あります。
さらに,体の割に太くて不格好に見えます。
朽木を食べるので害虫扱いはしていません。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
RSSリンクの表示
月齢カレンダー
月齢を見て蛾の飛来数を予測しています。
月齢による蛾の飛来数予測