FC2ブログ

シロヘリカメムシ

2018年12月18日(火)
シロヘリカメムシ 撮影日:2018/05/05 撮影場所:勿来の関

今日,紹介するのは勿来の関で観察したシロヘリカメムシです。

シロヘリカメムシ
①シロヘリカメムシ(カメムシ目カメムシ科)
道路橋を歩いていると,見たことが無いカメムシが葉の上に止まっています。
前翅の縁が薄黄色になっているのは生まれて初めて見るカメムシです。
一見この縁取りは白っぽく見えるので,シロヘリカメムシと呼ばれるのでしょう。

シロヘリカメムシ
②シロヘリカメムシ
ネザサ,ミヤザサなどのササ類の汁を吸います。


科名 カメムシ科
和名 シロヘリカメムシ
前翅長 14㎜前後
出現月 5~7月
分布  北海道,本州,四国,九州
食餌動植物 幼虫も成虫もネザサ,ミヤザサなどのササ類の汁です。
特徴 前翅に薄黄色の縁取りがあるカメムシです。

珍しや 縁取りがある 薄黄色


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
スポンサーサイト

アオモンツノカメムシ

2018年12月16日(日)
アオモンツノカメムシ 撮影日:2018/11/15 撮影場所:勿来の関

今日,紹介するのは勿来の関で観察したアオモンツノカメムシです。

アオモンツノカメムシ
①アオモンツノカメムシ(カメムシ目ツノカメムシ科)
灯火近くの柱に未だ観察したことの無いカメムシが止まっています。
背にある褐色紋は,X字型に見えます。
前翅前縁中央が緑色になっています。
胸部左右に小さく突き出たものが有ります。
これを角に見立ててアオモンツノカメムシと名付けたのでしょう。
ヤツデ・キヅタの実やウドの花などに集まります。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

モンキツノカメムシ

2018年12月15日(土)
1897 モンキツノカメムシ 撮影日:2018/11/25,2005/10/29 撮影場所:勿来の関

今日,紹介するのは勿来の関で観察したモンキツノカメムシです。

モンキツノカメムシ
①モンキツノカメムシ(カメムシ目ツノカメムシ科)  灯火に飛来した個体です。
毎年背に薄褐色をしたハート紋やそれに似た紋があるカメムシが観察されます。
どちらの紋も,黄色を帯びています。
赤矢印の所に凹みが有るか無いかの違いで分けることが出来ます。


エサキモンキツノカメムシ
②エサキモンキツノカメムシ(カメムシ目ツノカメムシ科)
背にハート紋が有ります。
胸部の左右に角のような尖ったものが有るのでツノカメムシと名前の後半に付いています。
両者はミズキの樹上で見られ雌は産んだ卵を守る習性があります。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

ウスマエグロハネナガウンカ

2018年12月13日(木)
ウスマエグロハネナガウンカ 撮影日:2018/11/05 撮影場所:勿来の関

今日,紹介するのは勿来の関と北茨城で観察したウスマエグロハネナガウンカです。

ウスマエグロハネナガウンカ
①ウスマエグロハネナガウンカ(カメムシ目ハネナガウンカ科)  正面から撮影
グライダーのような格好の翅が長い昆虫です。
生まれて初めて見る昆虫です。


ウスマエグロハネナガウンカ
②ウスマエグロハネナガウンカ  斜め上前方から撮影
似ているものにアカハネナガウンカやアヤヘリハネナガウンカ・シリアカハネナガウンカがいます。
似ていても,頭部・胸部・腹部の色で区別がつくので同定は楽です。


ウスマエグロハネナガウンカ
③ウスマエグロハネナガウンカ  斜め上前方から撮影
頭部と胸部の色が薄橙色なので簡単にウスマエグロハネナガウンカと分かりました。
この仲間は目の様子が愛嬌があって可愛いです。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

オオホシカメムシ・ヒメホシカメムシ

2018年12月12日(水)
オオホシカメムシ・ヒメホシカメムシ 撮影日:2018/10/20,10/28 撮影場所:勿来の関,北茨城

今日,紹介するのは勿来の関と北茨城で観察したオオホシカメムシ・ヒメホシカメムシです。
これらの両者は似ていてなかなか同定出来ませんでした。

オオホシカメムシ
①オオホシカメムシ(カメムシ目オオホシカメムシ科) 中央にある一対の円い紋が特徴です。
似た紋様のヒメホシカメムシとどこが違うのか探している内にやっと違いに気づくことが出来ました。
それは,二枚目の写真に緑矢印で示した楕円形紋の有無です。
この写真のように楕円形が無ければオオホシカメムシです。
しかし,個体差があって紛らわしいものがいるようです。
一番良いのは大きさも測ることです。
このカメムシを写しながら,今まで会ったヒメホシカメムシより大きいと感じました。
頭頂から腹端まで15㎜以上有ったらオオホシカメムシです。


ヒメホシカメムシ
②ヒメホシカメムシ(カメムシ目オオホシカメムシ科)  二対の円い紋が特徴です。
このカメムシには2対の楕円形紋が有ります。
この見方で同定するとほとんど間違わずに同定出来ました。
これら2種類のカメムシは,どちらもアカメガシワに飛来します。
来年は体長を測ったり,多くの個体の写真を撮ったりして同定しようと考えています。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
RSSリンクの表示
月齢カレンダー
月齢を見て蛾の飛来数を予測しています。
月齢による蛾の飛来数予測