キノカワハゴロモ

2017年12月10日(日)
キノカワハゴロモ 撮影日:2011/09/22,2017/09/01 場所:勿来の関

カメムシ目アオバハゴロモ科のキノカワハゴロモを紹介します。
柱に似通った色の昆虫が止まっています。
色が似ていて見過ごしてしまうところでした。

キノカワハゴロモ
白っぽいところがコケのように見えるキノカワハゴロモ
行司が持っている軍配に似た形をしています。
翅を立てずに平べったくして止まります。
翅の表面が何か堅い感じがするので蛾とは違うと感じました。

キノカワハゴロモ
翅の表面が凸凹していて樹皮のように見えるキノカワハゴロモ
しばらく何の仲間か分からずにいました。
セミやカメムシの仲間かもと思い苦労して名前を調べ出しました。
翅の所々が白っぽくてコケのようです。
表面が平らでは無く凸凹しているので木の幹に似ています。
木の皮に似ているので,キノカワハゴロモと名付けたのでしょう。

キノカワハゴロモ
木目の無いところだったら気が付きにくいキノカワハゴロモ。

科名 カメムシ目アオバハゴロモ科
和名 キノカワハゴロモ
大きさ 体長 12㎜
分布  本州,四国,九州,南西諸島
出現月 10月
食餌動植物 幼虫も成虫も木の汁を食べます。
特徴 

木の皮に 似せて木に化け 止まりたる


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : キノカワハゴロモ

アカサシガメ

2016年12月25日(日)
アカサシガメ 撮影日:2016/08/31 場所:北茨城

 カメムシ目サシガメ科のアカサシガメを紹介します。
 赤い色のカメムシが葉の上に居ます。

アカサシガメ
頭や胸や上翅は紅色だが,足・触角・目・左右の目を結ぶ横線は黒いアカサシガメ
 これまで,アカサシガメを見たのは2回です。
 2回とも葉の上に居ました。

アカサシガメ
鮮やかな紅色のアカサシガメ。
 アカサシガメには次のような特徴があります。
 ①頭・胸・上翅が赤いです。
 ②足が黒いです。
 ③触角の元の方は黒く先端の方は白っぽいです。
 ④左右の目を結ぶ黒い横線があります。

アカサシガメ
触角の先の部分は白っぽいアカサシガメ。

 科名 カメムシ目サシガメ科
 和名 アカサシガメ
 大きさ 開張 14~17㎜
 分布  本州,四国,九州,対馬
 出現月 5~8月
 食餌動植物 幼虫も成虫も昆虫を捕らえて体液を吸います。
 特徴 草むらや低木上で見られます。

黒い足 紅い体と 頭胸


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : アカサシガメ

アカスジキンカメムシ

2016年5月21日(土)
アカスジキンカメムシ 撮影日:,2016/05/21,05/18,05/05 場所:勿来の関

 カメムシ目キンカメムシ科のアカスジキンカメムシを紹介します。
 今日(2016年5月21日),勿来の関散歩コースを歩いていると,アカスジキンカメムシの成虫に2回会いました。丁度今頃が,羽化の時期なのでしょう。

アカスジキンカメムシ
カメムシの中でも一番の美しさを誇るアカスジキンカメムシ。カメラを近付けても動かずずっとこの姿勢で止まっていました。
 5月に入るとまず,5齢幼虫(3枚目・4枚目の写真)が目につくようになりました。この姿で越冬するそうです。この白い筋模様が笑い顔や仮面に見えて何時見ても飽きません。

アカスジキンカメムシ
勿来の関では5月中頃から羽化が始まるアカスジキンカメムシ。こちらは私に気付くと直ぐ逃げ出しました。
 一方,成虫は金緑色の地に赤い筋があるので目立ちます。金緑色の隙間を黒い色で埋めているので締まった感じになり綺麗に見えます。
 勿来の関周辺では,このアカスジキンカメムシがカメムシの仲間で,一番の美しさを誇っています。

アカスジキンカメムシ5齢幼虫
幼虫の頭が上になっているときは笑い顔に見えるアカスジキンカメムシ5齢幼虫。
カメムシに興味を持った頃,この画像と同じ昆虫を探したことがあります。なかなか見つかりませんでした。幼虫だったからです。

アカスジキンカメムシ5齢幼虫
幼虫の頭が下になると仮面を被った人の顔に見えてくるアカスジキンカメムシ5齢幼虫。

 科名 カメムシ目キンカメムシ科
 和名 アカスジキンカメムシ
 大きさ 体長17~20㎜
 分布  本州,四国,九州
 出現 6~8月
 食餌動植物 幼虫はキブシ,ヤシャブシ,ハンノキ,スギ,ヒノキ,サワラ,シキミ,フジ,ニガキ,カラスザンショウ,ミズキなどの広葉樹の葉や果実の汁を食べます。成虫も同じです。
 特徴 5齢幼虫で越冬し翌春羽化します。

赤と青 金に輝く 美しさ


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : アカスジキンカメムシ

アカスジカメムシ

2016年5月18日(水)
アカスジカメムシ 撮影日:2014/05/28 場所:勿来の関

 カメムシ目カメムシ科のアカスジカメムシを紹介します。
 住宅地から離れた山間の家に行きました。手入れされている庭木や花が多く見られる所です。勿来の関でも,もっと多くの草花があったら沢山の昆虫が見られるのにと残念に思いました。

アカスジカメムシ
近付いても分からないほど夢中で花の蜜を吸うアカスジカメムシ
 ふと,マーガレットの花を見ますと洒落たカメムシが止まっています。近寄っても動きません。どうやら蜜を吸うのに夢中なようです。

アカスジカメムシ
キク科のマーガレットの花も小さな花が集まっているので沢山吸えるアカスジカメムシ
 以前には,海岸に生育しているセリ科のマルバトウキの花に集まっているのを見ています。セリ科の花は小さな花が沢山集まっています。蜜は少しでも,沢山集まっているから,アカスジカメムシにとっては十分なのでしょう。どうやらキク科のマーガレットの花でも蜜が吸えればいいようです。
 黒い地に5本の赤い縦筋があって素敵なカメムシのひとつです。黒地に赤という警戒色のあるこのアカスジカメムシは悪臭を放つことは無いようです。敵の方で警戒して襲われることがないからでしょう。

アカスジカメムシ
赤と黒のツートンカラーがよく似合うアカスジカメムシ。

 科名 カメムシ目カメムシ科
 和名 アカスジカメムシ
 大きさ 体長10~12㎜
 分布  北海道,本州,四国,九州,沖縄
 出現 6~8月
 食餌動植物 成虫はセリ,ヤブジラミ,シシウド,ニンジン等の花の蜜や種子の汁を食べます。幼虫も同じです。
 特徴 

蜜吸いは セリ科の花に 集います


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : アカスジカメムシ

アカヘリサシガメ

《人気ブログランキングへ》アカヘリサシガメ
アカヘリサシガメ
体液を吸う口は体の下に折り曲げているアカヘリサシガメ。 撮影日:2006/06/10 場所:北茨城市関南

アカヘリサシガメ
胸と腹の縁が赤いアカヘリサシガメ。 撮影日:2006/06/10 場所:北茨城市関南

アカヘリサシガメ
小さい昆虫をとらえてその体液を吸うアカヘリサシガメ。 撮影日:2010/07/06 場所:北茨城市関南

 サシガメ科のアカヘリサシガメを紹介します。
 ヨコヅナサシガメの白黒の紋様を赤白に変えたようなアカヘリサシガメです。ただ違うところはアカヘリサシガメには胸の縁にも赤い紋様があります。
 この特徴を上手くとらえてアカヘリサシガメと命名したと思われます。サシガメ科の仲間は小さい昆虫をとらえてその体液を吸います。体液を吸う口は体の下に折り曲げています。

 科名 サシガメ科
 和名 アカヘリサシガメ
 体長 12~15mm
 食餌動植物 ガやチョウの幼虫や,ハムシなどの体液
 特徴 5~8月に観察される。
    胸と腹の縁が赤い

アカヘリは 縁が赤いぞ 胸と腹


テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : アカヘリサシガメ

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測