リンゴカレハ

2016年9月8日(木)
リンゴカレハ 撮影日:2016/09/07 場所:勿来の関

 カレハガ科のリンゴカレハを紹介します。
 天井を見上げますと薄茶色の蛾が止まっています。

リンゴカレハ
天井に止まっていたのを下に下ろすと羽ばたきを始めたリンゴカレハ
ぶれないようにフラッシュを焚いて慌てて写しました。発達した触角と腹部ふが目立ちます。

 紋様は簡単で2本の線と白紋から出来ています。擦れていなければ亜外縁線と翅脈が織りなす模様と橙色のグラデーションが奇麗な蛾です。

リンゴカレハ
実際はもう少し薄褐色なのですが,フラッシュを焚くと赤褐色になってしまうリンゴカレハ
 この蛾は未見の蛾でした。ヤガ科に属する蛾だろうとそこを探しましたが,見つかりません。触角がはっきり見えている画像(最初の写真)を見て「あっ,これはカレハガ科だ。」だと突然閃きました。何度も写したマツカレハの映像が浮かんできたからです。マツカレハの触角とそっくりで手掛かりになりました。

リンゴカレハ
写真を拡大して初めて後翅(水色矢印)が少しはみ出しているのに気が付いたリンゴカレハ。
カレハガ科の多くは止まるときに後翅がはみ出す習性があります。


 科名 カレハガ科
 和名 リンゴカレハ
 大きさ 開張 雄50,雌60㎜
 分布  北海道,本州,四国,九州,対馬,屋久島
 出現月 6~7,8月
 食餌動植物 幼虫はクヌギ,リンゴ,ナシの葉を食べます。
 特徴 出現月が8月のものは開張が38~50㎜と小さいです。

紋様は 2本の線と 白紋と


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : リンゴカレハ

ヨシカレハ

2015年8月29(土)
ヨシカレハ 撮影日:2015/08/26,08/28,2012/06/14 場所:勿来の関

 カレハガ科のヨシカレハの紹介です。
 2015/08/26の早朝,勿来の関へ行くと壁に大きめのカレハガ科の仲間が止まっています。三日前にも似たようなカレハガ科の仲間タケカレハを観察しています。
ヨシカレハ
前翅中央付近に細めの筋があって色が薄いヨシカレハ
 その蛾と比べますと,斑紋と色が違います。こちらの蛾の斑紋は円みが無く細長い形をしています。前翅長を測るのを忘れてしまいましたが,20mmある私の親指の太さより長かったと記憶しています。三日前の蛾は濃い茶色でした。
 紋の形・前翅長・色から考えてヨシカレハと同定致しました。

ヨシカレハ
大きな触角を持っているので雄と思われるヨシカレハ。
 このヨシカレハは私のカメラに驚いて下に落ちました。移動して止まった直後,蛾は触角を出したままにする癖があります。大きな触角が写っているので雄のヨシカレハと思われます。
 3枚目の写真は三日後写した写真です。今年はヨシカレハがよく見られるな思いながら写真を見ていたら外横線の近くに同じ傷跡があるので同一の蛾だと気づきました。

ヨシカレハ
最初の写真の蛾と同じ傷跡があるので同一の蛾と判明したヨシカレハ。
 幼虫には毒針毛があるので,触ると酷い目にあいます。成虫には毒針毛は無いので触っても安心です。

ヨシカレハ
毒針毛があるので触ると酷い目にあうヨシカレハ幼虫。

 科名 カレハガ科
 和名 ヨシカレハ
 大きさ 開張 雄45-60, 雌50-80
 食餌動植物 幼虫はヨシ、クマザサ、ススキの葉を食べます。
 分布 北海道,本州,四国,九州
 出現月 7~8月 
 特徴 前翅中央に細めの紋があります。その紋と前縁との間には小さな白紋があります。
     タケカレハと似ています。

細い筋 これぞ目印 ヨシカレハ


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

●2つのランキングに参加中です!! ●                    
クリック応援お願いします。                        
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ヨシカレハ

カレハガ

2015年8月27(木)
カレハガ 撮影日:2015/08/27 場所:勿来の関

 カレハガ科のカレハガの紹介です。
 昨夜は霧雨は降っていましたが,風の弱い夜でしたので少し期待して観察に行きました。
壁に止まっているのは,今まで観察された蛾ばかりでした。気を落として目を床に移しました。
カレハガ
はみ出した後翅に黄橙色の模様が無いものもいますがあった方が枯葉らしさが出るカレハガ
 すると,前から出会いたいと思っていたカレハガがいるではありませんか。はみ出した後翅の前縁前半部が明るい黄橙色に光っています。これが,カレハガの大きな特徴なので一瞬でカレハガだと分かりました。
 前翅も後翅も外縁が波形になっていて葉の鋸歯の様です。更に太めの触角がいかにも葉柄らしさを醸し出しています。

カレハガ
上から見ても横から見ても枯葉に見えるように工夫しているカレハガ。
 撮りやすい場所に移そうとしたら一番近い桜の葉の裏に飛んで行ってしまいました。写真に写したらどう見えるのか撮ってみました。一見,蛾が止まっているようには見えない気がしました。

カレハガ
斑模様の枯葉の上に,柄の付いた細い枯葉が乗っているように見えるカレハガ。

カレハガ
逃げ出して葉の裏に止まったカレハガ。初めて見る人には枯葉に見えるでしょう。

 科名 カレハガ科
 和名 カレハガ
 大きさ 開張 雄40~50mm,雌80mm
 食餌動植物 幼虫はモモ,ウメ,ナシ,リンゴ,スモモ,アンズ,ヤナギの葉を食べます。
 分布 北海道,本州,四国,九州,対馬,屋久島
 出現月 6~9月 
 特徴 成虫は何も食べないようです。後翅は前翅からはみ出ていて,その部分は明るい茶色です。

似ているな 鋸歯や柄もある カレハガは


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

●2つのランキングに参加中です!! ●                    
クリック応援お願いします。                        
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : カレハガ

マツカレハ

2015年1月14日(水)
マツカレハ  撮影場所:勿来の関

 カレハガ科のマツカレハを紹介します。
 翅が屋根形で腹端が出ているので,シャチホコガ科の仲間に見えてしまいますがカレハガ科の蛾です。がっちりした触角が見えているのがシャチホコガ科と違っています。
マツカレハ
ツガカレハと似ていて紛らわしいマツカレハ。一番外側の外横線の張り出しの違いで区別がつきます。 2014/7/6
 私は最初の写真は雌だと思っていました。それは焦茶色があって黒っぽく感じたからです。しかし,マツカレハの雌は 翅に茶色の部分がなく黒い地に白い筋があるのでこの写真の蛾は雄だと分かりました。そのうえ,めすの触角はこれほど発達していません。

マツカレハ
格好がシャチホコガ科に似ているが,がっちりした触角が目立っているマツカレハ。 2012/7/22
 マツカレハの翅の色には個体差があります。黄土色と茶色のもの・黄土色と焦茶色のもの・焦茶色と茶色のものがいるようです。
 ツガカレハと似ていますが,一番外側の線の外横線の様子で区別がつきます。マツカレハの外横線もツガカレハと同じく2つ外に張り出しています。でも,ツガカレハのは後縁に近い方の張り出し方が強いのです。しかも幅が細いのです。最初の写真のような感じなのですが,それよりもっと細く強く出ています。

マツカレハ
これら3匹は雄のマツカレハです。雌は黒地に白筋があります。 2012/7/15

 科名 カレハガ科
 和名 マツカレハ
 大きさ 開張♂45~60,♀70~90mm
 食餌動植物 幼虫はカラマツ、アカマツ、クロマツの葉を食べます。
 分布 北海道,本州,伊豆諸島,四国,九州,対馬,屋久島,奄美大島,沖縄
 出現月(羽化する月)  6~7,9~10月
 特徴 ツガカレハに似ています。外横線(一番外側の線)が途中で強く突起状に張り出していなければマツカレハです。

触角が しっかりしていて 区別でき


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回、 バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : マツカレハ

タケカレハ

2014年9月18日(木)
タケカレハ   撮影場所:勿来の関

 カレハガ科のタケカレハを紹介します。
 珍しい蛾ではありませんが,普通に見られる蛾ではありません。私は,2012年09月に見てから2年後の今年9月に観察しました。何と今年は2回も見ることができました。
タケカレハ
カレハガ科などという科があることすら分からなかったので探すのに苦労したタケカレハ。縁毛(外縁の外に生えている毛)が擦れて少なくなっているので上白紋の中の「く」の字も擦れて見えなくなったと考えています。2012/09/10
 それは,蛾が灯火に飛来する場所を新たに見つけたからです。しかもその場所の近くにはタケカレハ幼虫の食餌植物であるササ類が生育している場所の近くだったからです。

タケカレハ
タケカレハの目印は,大小2つの白紋が上下に並んでいることです。2014/09/17
 偶然にも,タケカレハ成虫を観察した1日前に繭(まゆ)を発見していました。ドウダンツツジの葉に付いていました。両端のうち,片方は円味があってもう片方は尖っています。ヤママユの繭にしては形が違うので何の繭か分かりませんでした。

タケカレハ
触角が羽毛状で大きいから雄のタケカレハです。2014/09/17
 次の日,タケカレハを見つけたので,その蛾について検索していると幸いにも,そっくりな画像を見つけました。タケカレハの繭だったのです。
 タケカレハは止まるとき,写真のように翅を屋根形にして止まります。
 こんな格好を見るとシャチホコガ科の仲間と思ってしまいます。
 でも,シャチホコガ科の仲間の多くは腹端を外縁から覗かせています。このタケカレハの腹端は出ていません。
 そこで,別の科を探さなければなりませんが,種の数が少ないカレハガ科に属する蛾とは思いもよらないので時間がかかることになります。

タケカレハ
片方の端が尖っている長さ43mmのタケカレハの繭です。ドウダンツツジについていました。この近くにはタケカレハの食餌植物のササ類が生育しています。2014/09/13

 科名 カレハガ科
 和名 タケカレハ
 大きさ 開張♂42~51mm,♀52mm。
 食餌動植物 幼虫はタケ,ササ,クマザサ,ススキ,ヨシを食べます。
 分布 北海道・本州・四国・九州
 出現期(羽化する月)5~8月
 特徴 成虫は食べないようです。
     雄の触角は羽毛状で大きく雌は糸状です。

目印は 白紋2つ タケカレハ

●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回、 バナーをclickして下さ~い。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : タケカレハ

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測