FC2ブログ

タケカレハ

2014年9月18日(木)
タケカレハ   撮影場所:勿来の関

 カレハガ科のタケカレハを紹介します。
 珍しい蛾ではありませんが,普通に見られる蛾ではありません。私は,2012年09月に見てから2年後の今年9月に観察しました。何と今年は2回も見ることができました。
タケカレハ
カレハガ科などという科があることすら分からなかったので探すのに苦労したタケカレハ。縁毛(外縁の外に生えている毛)が擦れて少なくなっているので上白紋の中の「く」の字も擦れて見えなくなったと考えています。2012/09/10
 それは,蛾が灯火に飛来する場所を新たに見つけたからです。しかもその場所の近くにはタケカレハ幼虫の食餌植物であるササ類が生育している場所の近くだったからです。

タケカレハ
タケカレハの目印は,大小2つの白紋が上下に並んでいることです。2014/09/17
 偶然にも,タケカレハ成虫を観察した1日前に繭(まゆ)を発見していました。ドウダンツツジの葉に付いていました。両端のうち,片方は円味があってもう片方は尖っています。ヤママユの繭にしては形が違うので何の繭か分かりませんでした。

タケカレハ
触角が羽毛状で大きいから雄のタケカレハです。2014/09/17
 次の日,タケカレハを見つけたので,その蛾について検索していると幸いにも,そっくりな画像を見つけました。タケカレハの繭だったのです。
 タケカレハは止まるとき,写真のように翅を屋根形にして止まります。
 こんな格好を見るとシャチホコガ科の仲間と思ってしまいます。
 でも,シャチホコガ科の仲間の多くは腹端を外縁から覗かせています。このタケカレハの腹端は出ていません。
 そこで,別の科を探さなければなりませんが,種の数が少ないカレハガ科に属する蛾とは思いもよらないので時間がかかることになります。

タケカレハ
片方の端が尖っている長さ43mmのタケカレハの繭です。ドウダンツツジについていました。この近くにはタケカレハの食餌植物のササ類が生育しています。2014/09/13

 科名 カレハガ科
 和名 タケカレハ
 大きさ 開張♂42~51mm,♀52mm。
 食餌動植物 幼虫はタケ,ササ,クマザサ,ススキ,ヨシを食べます。
 分布 北海道・本州・四国・九州
 出現期(羽化する月)5~8月
 特徴 成虫は食べないようです。
     雄の触角は羽毛状で大きく雌は糸状です。

目印は 白紋2つ タケカレハ

●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回、 バナーをclickして下さ~い。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : タケカレハ

オビカレハ

2014年6月30日(月)
オビカレハ   撮影日:2014/06/28 場所:勿来の関

 カレハガ科のオビカレハを紹介します。
 この蛾もヒメシロモンドクガと同じく幼虫を先に見ています。最初に幼虫<写真はこちら>を見てから3年後に,やっと成虫を見ることができました。地の色が水色で柔らかい毛が生えた奇麗な幼虫に見えました。
 幼虫たちは枝に糸を張り共同の巣を作るそうです。それでテンマクケムシとも呼ばれます。
 幼虫の写真は写してありましたが,名前は成虫が出てくるまで分かりませんでした。「みんなで作る日本産蛾類図鑑」で成虫の後に幼虫の写真が掲載されていたので分かったのです。
オビカレハ
黄色い地に2本筋だけのオビカレハ雄。雌は筋と筋の間が全部褐色になっていて帯のように見えます。
 オビカレハの写真を見て,何科に属するのか見当が付きませんでした。先ず,「四国産蛾類図鑑」と私のHP「北茨城・勿来 周辺の博物誌 蛾の図鑑」でヤガ科のコヤガ類を探しました。見つかりません。でも,写真を見ているうちに後翅がはみ出ていることに気がつきました。(3枚目の写真の青矢印)
 今までの観察で,このようにはみ出ているのはシャチホコガ科とカレハガ科だけです。毛深くないのでシャチホコガ科ではないと判断しました。そのとき,触角を外に出し体に寄せるようにしている仲間がカレハガ科にいることを思い出しオビカレハを見つけました。

オビカレハ
触角を外に出し体に寄せるようにしているオビカレハ雄。
 オビカレハは卵を枝に何回りも産みます。丁度それが帯のように見えます。
 雄と雌では翅の筋模様が違います。雄は写真のように2本の筋が等間隔に並んでいるだけです。
 雌の方は筋が無く,その代わりに,それらの間を褐色の帯が左右に伸びています。これが,名の由来になっていると思われます。
 卵の産み付けられた卵の様子も雌の翅の様子も二つとも帯状に成っているところが不思議です。

オビカレハ
後翅が前翅からはみ出ている(青矢印)オビカレハ。これに気がつき手がかりとなって名前が分かりました。

 科名 カレハガ科
 和名 オビカレハ
 大きさ 開張♂30~35mm,♀40~45mm
 食餌植物 幼虫はウメ、サクラ、モモ、リンゴ、バラ、ヤナギ、ミズナラ、クヌギ、ナシ、カキ、ウツギ、コナラ、ササなどを食べます。
 分布 北海道・本州・四国・九州・対馬・,屋久島
 出現月 5~6月,7~8月

 特徴 卵が枝に何回りも産み付けられます。卵で越冬します。幼虫は枝に糸をはって膜を作り共同の巣を作ります。そのため,テンマクケムシとも呼ばれています。

前翅から はみ出る後翅 手がかりに 見つけて嬉し 初夏の関かな


●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回、 バナーをclickして下さ~い。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : オビカレハ

ウスズミカレハ

《人気ブログランキングへ》ウスズミカレハ
ウスズミカレハ
毛深くてドクガ科の蛾と思ってしまうウスズミカレハ。 撮影日:2011/12/14 場所:勿来の関

ウスズミカレハ
触角の櫛歯の長さが長いので雄であると分かるウスズミカレハ。 撮影日:2012/12/16 場所:勿来の関

ウスズミカレハ
ずいぶん細長い蛾がいるものだと思いながら近づくと交尾中のウスズミカレハでした。 撮影日:2013/12/07 場所:勿来の関

 カレハガ科のウスズミカレハを紹介します。
 毎年,12月になると,勿来の関ではウスズミカレハが現れます。翅は薄くて透けた感じの黒っぽい蛾です。足や顔には暖かそうな毛深池が生えていて寒さから身を守るのに工夫をしているように感じます。この毛深さはドクガ科の蛾に似ています。

 科名 カレハガ科
 和名 ウスズミカレハ
 大きさ 開張35~40mm
 出現月(羽化する月) 11月
 食餌植物 サクラ、ヤマハンノキ、カシワ
 特徴 雄は長い櫛歯の触角を雌は短い櫛歯状の触角を持っている。
    薄い透けたような黒い翅である。
    足や顔の毛深さはドクガ科の蛾を連想させる。

ウスズミは ドクガと思う 毛深くて


テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ウスズミカレハ

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
RSSリンクの表示
月齢カレンダー
月齢を見て蛾の飛来数を予測しています。
月齢による蛾の飛来数予測