FC2ブログ

カバイロキバガ

2020年2月8日(土)
カバイロキバガ 撮影日:2018/07/03 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2018年7月3日に観察したカバイロキバガです。

カバイロキバガ
①カバイロキバガ(キバガ科)
地色が明るい茶色の小さい蛾が止まっています。
後方へ反り返った下唇鬚(かしんひげ)からキバガ科と分かります。


カバイロキバガ
②カバイロキバガ
前翅外縁と後縁に焦茶色の帯模様があります。
触角には黒い斑模様があります。


カバイロキバガ
③カバイロキバガ
沖縄を除く日本に分布し6月から10月頃出現します。
幼虫はサクラ、ウメ、ソメイヨシノの葉を食べます。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
スポンサーサイト



カレハチビマルハキバガ

2020年1月30日(木)
カレハチビマルハキバガ 撮影日:2017/07/20 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2017年7月20日に観察したカレハチビマルハキバガです。

カレハチビマルハキバガ
①カレハチビマルハキバガ(マルハキバガ科)
白地に黒褐色のツートンカラーが特色の蛾です。
開張が10~11㎜の小さな蛾です。


カレハチビマルハキバガ
②カレハチビマルハキバガ
胸部付近は濃い黒で外縁に沿った所は淡い黒です。
前翅中央付近にある小黒点は盛り上がっています。
幼虫は広葉樹の枯葉を食べています。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

ホソオビキマルハキバガ

2020年1月27日(月)
ホソオビキマルハキバガ 撮影日:2017/07/19,07/08 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2017年7月8日と19日に観察したホソオビキマルハキバガです。

ホソオビキマルハキバガ
①ホソオビキマルハキバガ(マルハキバガ科)
開張16~20㎜と小さくて後方へ反り返った下唇鬚(かしんひげ)(黄矢印)からキバガ科と分かります。
名前にあるように細くて黒い横線(赤矢印)があります。
さらに中央付近には四つの黒紋が見られます。
触角は黒い横線まで伸びています。


ホソオビキマルハキバガ
②ホソオビキマルハキバガ
幼虫は枯れ葉・落ち葉を食べます。
似ている蛾にスジモンキマルハキバガ居るので注意が必要です。
胸部背に「ハ」の字の上がつながった黒い紋様があるので区別がつきます。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

クロカクバネヒゲナガキバガ

2020年1月9日(木)
クロカクバネヒゲナガキバガ 撮影日:2012/06/30,2013/06/15 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2012年6月30日と2013年6月15日に観察したクロカクバネヒゲナガキバガです。

クロカクバネヒゲナガキバガ
①クロカクバネヒゲナガキバガ(ヒゲナガキバガ科)
開張12~17㎜の小さな蛾です。
小さいながらも発達したキバが見られるのでキバガ科と分かります。
本州,四国,屋久島に分布しています。


クロカクバネヒゲナガキバガ
②クロカクバネヒゲナガキバガ
前翅には白い内横線と外横線が見られます。
これら二つの横線には個体差があります。
これら二つの横線の間にぼやっとした黒紋があります。


クロカクバネヒゲナガキバガ
③クロカクバネヒゲナガキバガ
縁毛は薄黄色です。
幼虫は「虫ナビ」によると枯れ葉を食べているようです。
紋以外はコゲチャヒゲナガキバガに似ています。
<その画像はこちらです。>


科名 ヒゲナガキバガ科
和名 クロカクバネヒゲナガキバガ
開張 開張21~30㎜
出現月 6~9月
分布  本州,四国,屋久島
食餌動植物 幼虫は枯れ葉を食べているようです。
特徴 

角張る翅 中にぼんやり 黒い紋


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

ウラベニヒラタマルハキバガ

2020年1月1日(水)
ウラベニヒラタマルハキバガ 撮影日:2019/12/31,2013/03//25 撮影場所:勿来の関

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

今日紹介するのは勿来の関で2019年12月31日と2013年3月25日に観察したウラベニヒラタマルハキバガです。

ウラベニヒラタマルハキバガ
①ウラベニヒラタマルハキバガ(ヒラタマルハキバガ科)  2019/12/31撮影
今日は収穫が無かったとがっかりしながら灯火近くの壁を見ました。
するとどうでしょう。
余り見られない蛾が止まっているではありませんか。


ウラベニヒラタマルハキバガ
②ウラベニヒラタマルハキバガ  2013/03//25撮影
画像を見ると下唇鬚(かしんひげ)が後方へ反り返っています。
それを見てキバガ科・キバガの仲間と分かりました。
主な特徴は次の通りです。
A前翅中央付近に黒点があります。
B後縁とほほ平行に走る不明瞭な線(緑矢印)があります。
Cその線が縁毛とぶつかる所から先端まで縁毛が褐色(青矢印)になっています。
D後方へ反り返る下唇鬚(かしんひげ)があります。
E翅裏や脇腹が紅を帯びているのが名前の由来になっています。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
RSSリンクの表示
月齢カレンダー
月齢を見て蛾の飛来数を予測しています。
月齢による蛾の飛来数予測