オオボシオオスガ

2017年1月2日(月)
オオボシオオスガ 撮影日:2016/09/03,2011/09/06 場所:勿来の関

 スガ科のオオボシオオスガを紹介します。
 犬のダルメシアン模様の蛾が壁に止まっています。

オオボシオオスガ
背にある黒点の大きさが目立つオオボシオオスガ
 いままで出会った中では,大きめで白地が白い感じがします。

オオボシオオスガ
前縁側の黒点の列は4つあり黒点の数が少ないオオボシオオスガ
 黒点が前縁側に4列,後縁側に2列並んでいます。
 前縁側に並んでいる列の黒点数は少なくしかも小さいです。
 後縁側に並んでいる列の黒点数は多くしかも大きいです。

オオボシオオスガ
胸部背には4つの中くらいの黒点と小さい1つの黒点があるオオボシオオスガ。

 科名 スガ科
 和名 オオボシオオスガ
 大きさ 開張 24~31㎜
 分布  北海道,本州,四国,九州,対馬
 出現月 6~月
 食餌動植物 幼虫はマユミの葉を食べます。
 特徴 後翅は灰色です。

黒点は 前縁よりも 背中大


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : オオボシオオスガ

カラスハエトリ

2016年12月12日(月)
カラスハエトリ  撮影日:2010/08/27 場所:勿来の関

 クモ目ハエトリグモ科のカラスハエトリを紹介します。
 地が黒く白紋のあるクモが葉の上に止まっています。

カラスハエトリ
この様に葉上で待っていて昆虫を捕らえて食べるカラスハエトリ
 ハエトリグモの仲間は目が多数あって前後左右上下どちらから近付いても気付かれてしまいます。
 2枚目の写真には大が2つ,小が2つの合計4つの目が,1枚目の写真にも前の方に小さい2つの目と後ろに大きな2つの目があるからでしょう。

カラスハエトリ
頭胸部の前面には目が4つも付いているカラスハエトリ
 今年も,葉上で見掛けました。日陰だったのでぶれてしまいました。
 これらの写真の様に黒い個体だったので雄です。

カラスハエトリ
頭胸部の上面にも目が付いているためすぐ気付いてしまうカラスハエトリ。

 科名 クモ目ハエトリグモ科
 和名 カラスハエトリ
 大きさ 体長 5㎜
 分布  本州,四国,九州
 出現月 5~9月
 食餌動植物 幼虫は小さい昆虫を食べます。
 特徴 雄は黒っぽく雌は白っぽいです。主に木の枝や葉上で見られます。

ポイントは 黒い体に 白い紋


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : カラスハエトリ

ヒルガオトリバ

2016年11月30日(木)
ヒルガオトリバ 撮影日:2011/08/12,2016/11/27 場所:勿来の関

 トリバガ科のヒルガオトリバを紹介します。
 T字形の蛾が壁に止まっています。
 翅の形からトリバガ科に間違いありません。

ヒルガオトリバ
ツツジ類の葉に前縁の端が緩いカーブを描くヒルガオトリバが止まっていました。
 翅の形が極めて細長いので目立った特徴が無ければトリバガ科の同定は難しいです。
 次のような特徴からヒルガオトリバと同定しました。
 ①翅の形が赤矢印から翅頂まで緩やかな曲線になっています。
 ②前翅前縁の赤矢印の所に褐色の紋があります。
 ③黄矢印と青矢印の所には,褐色の点があります。
 ④胸部と腹部の境から腹部が細くなる所まで白味を帯びています。

ヒルガオトリバ
翅が細長く幅が狭いので写し方を変えないと同定困難になるヒルガオトリバ。
 翅の形はヨモギトリバと似ています。

ヒルガオトリバ
胸部と腹部の境付近が白っぽくて逆三角形なヒルガオトリバ。

 科名 トリバガ科
 和名 ヒルガオトリバ
 大きさ 開張 15~22㎜
 分布  北海道,本州,九州
 出現月 7~9月
 食餌動植物 幼虫はヒルガオ,ハマヒルガオ,サツマイモの葉や花を食べます。
 特徴 外縁に黒褐色の縁取りがあります。

ヒルガオは 前縁カーブ 緩やかに


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ヒルガオトリバ

ナカノホソトリバ

2016年11月23日(木)
ナカノホソトリバ 撮影日:2012/09/01 場所:勿来の関

 トリバガ科のナカノホソトリバを紹介します。
 電話ボックスの中にT字形の蛾が止まっています。

ナカノホソトリバ
翅の様子が詳しく表現されているナカノホソトリバ
胴体は詳しく撮れているのに翅の様子は良く表現されていない画像が多いです。

 その形は,鳥が翼を広げて飛んでいる姿に似ているので,トリバガ科に分類されたのでしょう。
 長い間,この蛾は同定できないでいました。
 それは翅の様子が詳しく表現された画像が少なかったからです。

ナカノホソトリバ
斜め上から狙ったので胴体は短く写っているナカノホソトリバ
そのような角度から写さないと翅の様子は詳しく写りません。

 ナカノホソトリバは次のような特徴があります。
 ①赤矢印で示したように外縁に焦茶色の縁取りがあります。
 ②桃矢印で示したように縁毛に幅広い黒褐色の斑紋が1つあります。
 ③桃矢印から赤矢印までの縁毛に黒褐色の小さな斑紋が3~4つ見られます。
 ④黄矢印で示したように前翅前縁に3つの斑紋があります。
 ⑤翅中央に黒褐色の紋があります。

ナカノホソトリバ
外縁の縁取りと縁毛にある斑紋を確かめれば正しく同定できるナカノホソトリバ。

 科名 トリバガ科
 和名 ナカノホソトリバ
 大きさ 開張 春生22㎜ 夏生15㎜
 分布  北海道,本州,九州,対馬,屋久島;千島列島
 出現月 5~9月
 食餌動植物 幼虫はメドハギ,ヤマハギの葉を食べます。
 特徴 外縁に黒褐色の縁取りがあります。

ポイントは 外縁に濃い 縁取りが


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ナカノホソトリバ

ミカドトリバ

2016年11月23日(水)
ミカドトリバ 撮影日:2013/06/27 場所:勿来の関

 トリバガ科のミカドトリバを紹介します。
 翅が少し湾曲したT形の蛾が壁に止まっています。
 T形をした蛾と言えばトリバガ科に属する蛾です。

ミカドトリバ
後縁から黒三角のもの(赤矢印)がぶら下がっているように見えるミカドトリバ
 ミカドトリバの特徴は次の通りです。
 ①赤矢印で示したように後縁から三角形をしたものがぶら下がっています。
 ②前縁に三角の白紋(青矢印)があり,黒点が1つあります。
 ③その白紋の外側に曲がった白い筋があります。
 ④全体に濃褐色です。

ミカドトリバ
真上から見ると腹部が長く感じるミカドトリバ。
 全体に大きく見えるのでミカドトリバの名を付けたのでしょうか。

ミカドトリバ
トリバガ科の仲間は斜め前方から写さないと翅のようすがよく分からないミカドトリバ。
斜め前方から写しているので腹部が短く見えています。


 科名 トリバガ科
 和名 ミカドトリバ
 大きさ 開張 13~25㎜
 分布  北海道,本州,九州
 出現月 5~6月
 食餌動植物 幼虫は何を食べるか分かっていません。成虫は花の蜜です。
 特徴 後縁から黒三角のものが垂れ下がっています。前縁の白紋に黒点があります。

ポイントは 三角2つ 垂れている


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ミカドトリバ

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測