FC2ブログ

ウスキヒゲナガ

2019年4月19(金)
2022 ウスキヒゲナガ 撮影日:2019/04/19 撮影場所:勿来の関

今日,紹介するのは勿来の関で観察したウスキヒゲナガです。

ウスキヒゲナガ
①ウスキヒゲナガ(ヒゲナガガ科)
昨日の晩は満月1日前の月齢で,明るい晩でした。
このような夜は,蛾の灯火飛来はあまり期待できません。
でも,少数でも蛾の飛来を期待して勿来の関へ出かけました。


ウスキヒゲナガ
②ウスキヒゲナガ
すると,ニッコウエダシャク・オオトビスジエダシャクに混ざって触角の長い蛾が飛来していました。
前翅長が約10㎜で触角は25㎜もありました。
何と触角は前翅長の2.5倍もあります。


ウスキヒゲナガ
③ウスキヒゲナガ
似ている蛾にアトボシウスキヒゲナガが居ます。
違いは赤矢印の所だけ白くなっているのが,ウスキヒゲナガです。
前翅には細かい格子模様があり,触角は白と黒の斑模様になっています。




自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
スポンサーサイト

アゲハモドキ

2019年1月15日(火)
アゲハモドキ 撮影日:2018/08/05,08/06 撮影場所:勿来の関

今日,紹介するのは勿来の関で観察したアゲハモドキです。

アゲハモドキ
①アゲハモドキ(アゲハモドキガ科)
灯火に飛来した個体を見るとチョウかなと思ってしまいます。
黒い翅を持つアゲハチョウの仲間に似ています。
クロアゲハやカラスアゲハには,よくにています。
だから,似ているという意味でアゲハモドキと呼ばれています。


アゲハモドキ
②アゲハモドキ
でも,チョウは翅を閉じて止まることが多いです。
反対に,ガは翅を開いて止まるものが多いです。
更に,蛾は灯火に飛来しますが,チョウはほとんど灯火に飛来しません。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

ホタルガ

2019年1月14日(月)
ホタルガ 撮影日:2018/06/15,08/05 撮影場所:勿来の関

今日,紹介するのは勿来の関で観察したホタルガです。

ホタルガ
①ホタルガ(マダラガ科)  2018年6月15日撮影
胸部が赤くてホタルに似ているのでホタルガと呼ばれています。
灯火にも飛来しますが,昼行性で葉の上に止まっています。
人影に驚いて飛び立つことが多いです。
似ている蛾にシロシタホタルガが居ます。
白帯が前翅後角に入っていればホタルガで,後角より頭に近い方から出ていればシロシタホタルガです。


ホタルガ
上から見たホタルガ幼虫

ホタルガ
②横から見たホタルガ幼虫  2018年8月5日撮影
ホタルガの幼虫には黄・紺・青の美しい模様があります。
うっかり触り分泌液に触れると痒くなります。
でも,触りたくなるほど綺麗です。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

ホソオビヒゲナガ

2018年12月30日(日)
ホソオビヒゲナガ  撮影日:2016/05/22,2018/05/31 撮影場所:勿来の関

今日,紹介するのは勿来の関で観察したホソオビヒゲナガです。

ホソオビヒゲナガ雌
①ホソオビヒゲナガ雌(ヒゲナガガ科)  途中から太さと色が変わる雌の触角。
触角がとても長い蛾です。
雌の触角は,雄とは少しかわっています。
半分から根元の方は太くて黒く(赤矢印),その先は白くなっています。


ホソオビヒゲナガ雄
②ホソオビヒゲナガ雄(ヒゲナガガ科)  とても長い雄の触角。
雄の触角は長くて驚いてしまいます。
雌と同じく根元の方は,黒ずんでいます。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

ミノウスバ

2018年12月14日(金)
ミノウスバ 撮影日:2018/11/05 撮影場所:勿来の関

今日,紹介するのは勿来の関と北茨城で観察したミノウスバです。

ミノウスバ
①ミノウスバ雌(マダラガ科)
去年に続いて二度目の観察です。
去年は庭の隅にひっそりと佇んで居ました。
今年は家の中に忍び込んで居ました。
ミノウスバはマサキを餌としています。
マサキを生け垣としている家が近くにあるので私の家の周りで見つかるのでしょう。


ミノウスバ
②ミノウスバ雌
腹部の様子を蓑(みの)に見立てて名付けています。
名前にウスバと付いているだけに後翅が透けて見えています。
雄の触角は櫛歯状で,雌は糸状なので,この写真の蛾は雌です。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
RSSリンクの表示
月齢カレンダー
月齢を見て蛾の飛来数を予測しています。
月齢による蛾の飛来数予測