FC2ブログ

モチツツジメムシガ

2018年8月9日(木)
モチツツジメムシガ  撮影日:2018/05/18 撮影場所:勿来の関

今日,紹介するモチツツジメムシガは2018年5月18日に勿来の関で観察したものです。

モチツツジメムシガ
モチツツジメムシガ
初めて観察する蛾です。
スガ科の多くは頭部を壁に付けるようにしながら腹端を上げて止まります。


モチツツジメムシガ
モチツツジメムシガ
初めはモチツツジメムスガと呼ばれていたのでしょうが,訛(なま)ってモチツツジメムシガとなったと思われます。
白・黄・薄褐色で彩られているので綺麗に見える蛾です。


モチツツジメムシガ
モチツツジメムシガ
前翅長が5~6㎜くらいの小さな蛾です。
頭部から前翅後縁の半分以上が白いです。
前翅前縁と前翅外縁沿いに白紋が並んでいます。
前足・中足は白いです。
触角には白と黒の斑模様が並んでいます。


科名 スガ科
和名 モチツツジメムシガ
開張 10~12㎜
分布  北海道,本州,四国,九州
出現期 5~7月
食餌動植物  モチツツジ、ヤマツツジ,シロヤシオの新芽を食べます。
特徴 

白い背に 黄色の胸が 洒落ている


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : モチツツジメムシガ

ベニオビヒゲナガ

2018年8月5日(日)
ベニオビヒゲナガ   撮影日:2018/06/19 撮影場所:勿来の関

今日,紹介するベニオビヒゲナガは6月19日に勿来の関で観察したものです。

ベニオビヒゲナガ
ベニオビヒゲナガ
歩きながら木の葉上を見ていました。
すると,突然鮮やかな紅色をした蛾が上から降りてきて止まりました。
おそらく,葉裏にいたものが人影に驚いたのでしょう。


ベニオビヒゲナガ
ベニオビヒゲナガ
触角の半分くらいまでは黒くなっていて,白くなる堺付近で太くなっています。
毛が生えているから太くなっているようです。(赤矢印の所が太くなっています。)
このような構造のものは雌です。


ベニオビヒゲナガ
ベニオビヒゲナガ
一方,雄の触角は白い部分がもっと長くなっています。
その上太さは同じなので触角を見れば,長さと・太さで雄雌が分かります。
前翅の黒ずんでいる所は光の反射の具合で金色に見えます。


科名 ヒゲナガガ科
和名 ベニオビヒゲナガ
開張 17~20㎜
分布  北海道,本州,四国,九州
出現期 5~7月
食餌動植物  分かっていません。
特徴 雄と雌では触角の長さや太さが違います。

雌のひげ 中程黒く 太くなる 


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ベニオビヒゲナガ

イボタガ

2018年4月19日(木)
イボタガ 撮影日:2013/04/06,2018/04/19 場所:勿来の関

イボタガ科のイボタガを紹介します。
今年を入れて3回目の観察となります。
灯火近くで足元を見ますと大きい蛾が止まっています。
前翅長を測ると55㎜もあります。


イボタガ
成虫になると何も食べないイボタガ
細かい黒の筋模様と大きな目玉模様からイボタガだと分かりました。
前回の観察から5年経ちます。
久し振りの再会で嬉しくなり密着取材となりました。
見た目には薄褐色に見えるのに,写真には緑を帯びて写ります。
どうしてそうなるのか不思議に思っています。
私だけかと思いネットに出ている写真を見ました。
すると,同じく緑がかって写っています。


イボタガ
大きな目玉模様があってフクロウに擬態していると思われるイボタガ。
今日の蛾は2枚目の写真と同じく前翅前縁を水平になるまで上げていませんでした。
そこで。近くにある小枝で触角に触りました。
すると,翅をV字に上げゆっくりと下ろして写真の様な姿勢をとってくれました。
体に触れて見ずらかった触角を前方へ広げてくれました。
ヤママユガ科の蛾に同じことをすると翅を3~4回パタパタ動かして暴れます。
この落ち着いた態度は,フクロウの顏に擬態していて自信があるからなのでしょうか。


イボタガ
触角を触ると前翅前縁を水平に開いたイボタガ。緑がかって写るのが不思議です。

科名 イボタガ科
和名 イボタガ
大きさ 開張 80~115㎜
分布  北海道,本州,四国,九州,屋久島
出現月 3~4月
食餌動植物 幼虫はイボタノキ,モクセイ,トネリコ,ネズミモチ,ヒイラギ,マルバアオダモ,ヤナギの葉を食べます。
特徴 成虫は何も食べません。 春に出現する大型蛾です。

並んでる 細い黒筋 見事なり


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : イボタガ

ウスキヒゲナガ

2018年4月9日(月)
ウスキヒゲナガ 撮影日:2018/04/09 場所:勿来の関

 今日,紹介する蛾は4月9日に勿来の関の灯火へ飛来していた蛾です。

ヒゲナガガ科のウスキヒゲナガを紹介します。
灯火の周りをよく探すと触角が長い蛾が居ます。

ウスキヒゲナガ
前翅長は9㎜の小さなウスキヒゲナガ
その触角の長さは,体長の倍以上あります。
色は白く黒い筋模様があります。

ウスキヒゲナガ
体長の二倍以上長い触角を持つウスキヒゲナガ
翅色は淡褐色に見えますが,黄土色を濃くした色をしています。
似た蛾にアトボシウスキヒゲナガが居ますが前翅後縁の中央にも白紋があります。
このウスキヒゲナガは後角(赤矢印)にのみ白紋があります。

ウスキヒゲナガ
後角にのみ白紋があるウスキヒゲナガ。
翅には褐色の格子模様が見られます。
前翅長を測ったら9㎜しかない小さな蛾です。

ウスキヒゲナガ
よく似ているアトボシウスキヒゲナガは白紋が後縁中央にもあるのでウスキヒゲナガと区別がつきます。

科名 ヒゲナガガ科
和名 ウスキヒゲナガ
大きさ 開張 19~20㎜
分布  本州,四国,九州
出現月 4~5月
食餌動植物 幼虫は何を食べるか分かっていません。
特徴 後角にのみ白紋があります。

ポイントは 後角にのみ 白紋が


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ウスキヒゲナガ

マメハマキホソガ

2018年3月17日(土)
マメハマキホソガ 撮影日:2018/03/15,03/16 場所:勿来の関

ホソガ科のマメハマキホソガを紹介します。
白い壁を見ると大きさが10mm程度の蛾が止まっています。
犬がお座りの姿勢をとっているような格好で止まっています。
こんな格好で止まる蛾はホソガ科です。

マメハマキホソガ
ホソガ科では珍しい前方へ出張ったものがある(赤矢印)マメハマキホソガ
今までも,何度かこのような蛾を観察してきました。
しかし,いつも名前が分からずに終わっていました。
その理由として,体が真っ黒に写ってしまうので紋様が分からずにいたからです。
でも,前翅をよく観察すると黒点がぼんやりと見えています。
そこで,どんな紋様が浮き出てくるか画像を明るくしてみました。
すると,前縁に沿って黒点が3つ並び,後縁近くにも1つずれてあることが分かりました。

マメハマキホソガ
目で見るとこれよりも黒く見えるマメハマキホソガ
マメハマキホソガの特徴は次の通りです。
①赤矢印で示したように前方に出張っています。(前方に出張るものはあまりいません。)
②顔の真ん中あたりにはキバのようなものがあります。
③前翅には黒い点が4つあります。

マメハマキホソガ
画像を明るくして初めて紋様が分かったマメハマキホソガ。

科名 ホソガ科
和名 マメハマキホソガ
大きさ 開張 10㎜
分布  本州,四国,九州
出現月(羽化する月) 7~9月
食餌動植物 幼虫はダイズ,アズキ,インゲンマメ,ヤハズソウ,マルバハギの葉を食べます。
特徴 1年を通して見られる蛾と思われます。

ポイントは 黒点4つ 出張る鼻


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : マメハマキホソガ

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測