FC2ブログ

イボタガ

2021年4月4日(日)
2609 イボタガ 撮影日2021/04/04 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2021年4月4日に観察したイボタガです。

イボタガ
①イボタガ(イボタガ科)
勿来の関にある三つ目の灯火で足下を見ると何と三年ぶりに会うイボタガがいるではありませんか。
毎年観察できないのは勿来の関に幼虫の餌のイボタノキ・ネズミモチがあまり分布していないからです。
嬉しくなって夢中で撮影しました。
胸部背を見ると薄褐色の筋が上半分ほど消え茶褐色になっています。
これは狭い所に居て擦れたのでしょうか。
でも,縁毛が綺麗揃っているので羽化してからそれ程時間は経っていないと思われます。


イボタガ
②イボタガ(袋に入れて持ち帰ろうと足に小枝を掴ませて持ち上げたら失敗し左右に翅を開きました。)
赤矢印が指している三角の部分が有りませんが,どうしたのでしょうか。
鳥がくちばしではさみ取ったもの(口パクされた)と思われます。
後翅も同じ形状で無くなっているので前翅と後翅を重ねていたときに口パクされたと思われます。
一方,青矢印が指している場所はどうして無いのでしょう。
三角形でなく長方形なので藪で枝に引っかかり失ったのでしょうか。
翅頂脇にある黒いハート紋に目が留まります。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
スポンサーサイト



マダラニジュウシトリバ

2021年2月4日(木)
マダラニジュウシトリバ 撮影日2020/07/17,2016/04/25 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2020年7月17日と2016年4月25日に観察したマダラニジュウシトリバです。

マダラニジュウシトリバ
①マダラニジュウシトリバ(旧称:ニジュウシトリバ:ニジュウシトリバガ科)
蛾の翅脈は前翅に6本,後翅にも6本あり左側だけで12本あります。
右側も入れると合計24本です。
これらの24本に鳥の羽のような毛が生えているのでニジュウシトリバと呼ばれます。
この蛾は従来ニジュウシトリバとされてきましたが,改称されてマダラニジュウシトリバになりました。


マダラニジュウシトリバ
②マダラニジュウシトリバ
似ている蛾に山地性のヤマトニジュウシトリバが居るので注意が必要です。
違いは次の通りです。
赤矢印が指している斑紋が後翅後縁に2箇所あるので区別がつきます。
大きさは開張が約13㎜と大変小さい蛾です。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

オビガ

2020年10月7日(水)
オビガ 撮影日2020/10/07 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2020年10月7日に観察したオビガです。

オビガ
①オビガ(オビガ科)
昨晩は蛾の飛来が無かったのかと思いながら梁を見ると暗褐色の蛾が止まっています。
算盤玉の様な,空飛ぶ円盤のような形をしています。
そして左右の翅頂をつなぐ横線があります。
この薄褐色から黄色の縁取りが有る横線を帯に見立ててオビガと名付けたのでしょう。


オビガ
②オビガ  2010/09/22撮影
地色は個体差があって黄・黄橙~暗褐色まで有ります。
後翅の横線外側は明るい色になっています。
幼虫は勿来の関に普通に分布するスイカズラやニシキウツギの葉を食べるので毎年観察されます。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

クロクモヒロズコガ

2020年8月22日(土)
クロクモヒロズコガ 撮影日2020/08/22 撮影場所:勿来の関,北茨城

今日紹介するのは勿来の関で2020年8月22日に観察したクロクモヒロズコガです。

クロクモヒロズコガ
①クロクモヒロズコガ(ヒロズコガ科)
前翅長9㎜程度の小さな蛾です。
ヒロズコガとは頭が大きいという意味でしょうか。
この科には頭が白いものが多いです。
上から見ると下唇鬚(かしんひげ)から頭・後縁そして外縁までが,ほとんど白一色です。


クロクモヒロズコガ
②クロクモヒロズコガ
前翅の大半は黒い紋が占めていますが,この紋を黒い雲に見立ててクロクモヒロズコガと名付けたのでしょう。
北海道や沖縄を除く日本に分布しています。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

ゴマフボクトウ

2020年8月20日(木)
ゴマフボクトウ 撮影日2020/08/20 撮影場所:勿来の関,北茨城

今日紹介するのは勿来の関で2020年8月20日に観察したゴマフボクトウです。

ゴマフボクトウ
①ゴマフボクトウ(ボクトウガ科)
今では一目でボクトウガ科と分かりますが駆け出しの頃は検索が大変でした。
模様はまるで,白い地に水玉模様をあしらったドレスのようです。
黒っぽく見える斑点は,よく見ると青緑色を帯びています。
胸部背には丸味を帯びた模様があり腹部背には青緑色の縞模様があってお洒落に見えます。

二枚目の写真は灯火下に居た蛾をマツの葉に掴ませて葉の上に移動させたら突然羽ばたき始めたものです。
ぶれ防止にフラッシュを焚いて写しました。


ゴマフボクトウ
②ゴマフボクトウ
♀の触角は糸状に近く,♂は櫛歯状です。
それで,写真の蛾は赤矢印が指している触角が櫛歯状なので♂となります。
ゴマフボクトウの幼虫は各種広葉樹に穿孔して食べます。
穴の外にはおがくずや糞があるので幼虫の仕業と分かります。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
クリック応援お願いします。
ブログカウンター
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真