ウスタビガ

2017年11月28日(火)
ウスタビガ 撮影日:2017/11/25,11/26 場所:勿来の関

ヤママユガ科のウスタビガを紹介します。
2015年と2016年は観察されていない蛾なので,出現を今か今かと待ち望んでいました。
すると,11月25日は雄が,11月26日は雌が観察されました。
ウスタビガ雄
翅の色が茶褐色なのでウスタビガ雄だろうと思いました。緑矢印の触角を見ると櫛歯が長いので雄だと分かりました。
過去7年間の観察資料は次の通りです。(月/日どちらが飛来)
2011年11/18雄,11/23雌,11/28雄雌,12/7雄雌
2012年11/21雄,11/23雄
2013年11/28雌
2014年11/17雄,11/19雌
2015年飛来無し
2016年飛来無し
2017年11/25雄,11/26雌

ウスタビガ雌
翅の色が黄色を帯びているのでウスタビガの雌だろうと思いました。
念のため櫛歯の長さを確認すると短かったので雌だと分かりました。

ウスタビガは雄と雌では色が違います。
①雄は茶褐色です。
②雌は黄~黄橙色です。

ウスタビガ雌の触角
雄と比べて櫛歯が短いウスタビガ雌の触角。
でも,念のために触角の様子で雌雄の判断をするのが確実です。
③雄の触角は,櫛歯が長い(緑矢印)です。
④雌の触角は,櫛歯が短い(赤矢印)です。

雌の腹部は太くて沢山の毛が生えています。
毛深いのは恐らく中の卵を寒さから守る為でしょう。

ウスタビガ雌の腹部
太くて毛深いウスタビガ雌の腹部。

科名 ヤママユガ科
和名 ウスタビガ
大きさ 開張 雄75~90㎜ 雌80~110㎜
分布  本州,四国,九州
出現月 10~11月
食餌動植物 幼虫はクヌギ,コナラ,カシワ,サクラ,カエデ,ケヤキ,カバノキ科,ニレ科,バラ科の葉を食べます。
特徴 幼虫は押すとキュウキュウと鳴きます。

だいたいは 色の違いで 雄雌が


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ウスタビガ

ヤママユ

2017年9月22日(金)
ヤママユ 撮影日:2017/09/13,20,22 場所:勿来の関

 今日,紹介する蛾は9月13日~9月22日に勿来の関の灯火へ飛来した蛾です。

ヤママユ
黒い横線の外側が焦茶色のヤママユ
ヤママユガ科のヤママユを紹介します。
今年は当たり年で既に8匹観察しています。
7月に1匹,9月に7匹です。
私が観察する前に鳥に食べられているものが居るので実際の数は少し多いです。

ヤママユ
全体が茶色のヤママユ。
それらの中で雌は,たった1匹です。
そうすると,灯火に飛来するのは主に雄だということになります。

ヤママユ
全体が黄色のヤママユ。鳥の嘴で4回ほど挟まれていると思われます。
主な特徴は次の通りです。
①黒い横線が前翅にも後翅にもあります。
②その黒い横線の内側に円い眼状紋が1個ずつあります。
③雄の触角は長い櫛歯状です。
④♀の触角は短い櫛歯状です。

ヤママユ
全体が黄色のヤママユ。大変擦れている個体です。
翅の色は個体差があっていろいろです。
でも,いくつかの型に分けてみました。
①黒い横線の外側が焦茶色
②全体が茶色
③全体が黄色
④橙色を帯びている

ヤママユ
黒い横線の外側が焦茶色のヤママユ。ドアの上に止まったので4つの眼状紋が見えています。
体が重い為,すべすべした壁に止まるのは苦手のようです。
タイルなどの場合は後翅の外縁で体重を支えているときがあります。
壁などに止まっているときは,前翅を水平より上に上げていることは,出来ず少し下に下がっています。
前翅が重い為です。
だから,そんな時は後翅の眼状紋は隠れてしまいます。
床に止まっているときは,後翅の眼状紋は見えていることが多いです。

ヤママユ
全体が茶色のヤママユ。4つの眼状紋が見えています。

ヤママユ
触角が短い櫛歯状のヤママユ。雌で飛来した唯一の蛾。淡い橙色を帯びています。

科名 ヤママユガ科
和名 ヤママユ
大きさ 開張115~150㎜
分布  本州,四国,九州,対馬,屋久島
出現月 7~9月
食餌動植物 幼虫はクヌギ,コナラ,カシワ,カシ,クリ,リンゴ,サクラの葉を食べます。
特徴 雌の触角は短櫛歯状,雄は長櫛歯状です。
    翅の色は個体差があっていろいろです。

4つとも 眼状紋が 睨んでる


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ヤママユ

ヒメヤママユ

2016年11月20日(日)
ヒメヤママユ 撮影日:2016/11/20 場所:勿来の関

 ヤママユガ科のヒメヤママユを紹介します。
 縁石の側面に時期遅れのヒメヤママユが2匹止まっています。
 今シーズンの出会いは,もう無いだろうと思っていました。
 ところが,何と今日(2016年11月20日)交尾中のヒメヤママユに会えました。
 雄と雌の違いを記録する良い機会だと思いました。
 そこで次の4つの視点に注目しました。
 ①触角の様子
 ②腹部の様子
 ③翅色の様子
 ④前翅長の長さ

ヒメヤママユ
翅色が橙色の蛾は触角が狭いのでヒメヤママユ雌です。
①4番目の写真から触角の違いを見て下さい。
 雄も雌も触角は両櫛歯です。
 雄の触角は赤矢印で示したように幅広くなっています。(幅広い触角から雄と分かります。)
 雌の触角は黄矢印で示したように幅狭くなっています。

ヒメヤママユ
翅色が茶褐色の蛾は触角が幅広いのでヒメヤママユ雄です。
翅色は個体差が大きいので「橙色ならば雌だ」とは決めつけられないようです。

②3番目の写真から腹部の違いを見て下さい。
 右の蛾は赤矢印で示したように腹部が細いです。(右の蛾は雄です。触角が幅広くなっているからです。)
 左の蛾は黄矢印で示したように腹部が太いです。雌です。

ヒメヤママユ
腹部が細い右はヒメヤママユ雄です。幅広い触角から分かります。
③5番目の写真には茶褐色(上)と外縁が橙色(下)の蛾が居ます。
 茶褐色(上)の蛾は幅広い触角なので雄です。
 外縁が橙色(下)の蛾は幅狭い触角なので雌です。

④前翅長は雄も雌も40㎜でした。

ヒメヤママユ
右の蛾の触角は幅狭いので雌,左は幅広い触角から雄のヒメヤママユです。
結論
 ①雄は触角が幅広く,雌は触角が幅狭いです。
 ②雄の腹部は細く,雌は太いです。
 ③と④個体差があって結論は出ないです。(外縁が橙色の蛾は雌の可能性が大きいと思われますが・・・)

ヒメヤママユ
下の蛾は腹部が太く幅狭い触角からヒメヤママユ雌と分かります。

 科名 ヤママユガ科
 和名 ヒメヤママユ
 大きさ 開張 雄85~90 雌90~105㎜
 分布  本州,四国,九州,対馬,屋久島
 出現月 10~11月
 食餌動植物 幼虫はサクラ,ウメ,ナシ,スモモ,サンゴジュ,ガマズミ,クヌギ,ミズキ,ウツギ,カエデ,クルミ科,ニレ科の葉を食べます。 成虫は何も食べません。
 特徴 雄の触角は羽毛状,♀は両櫛歯状。
     4枚のはねにひとつずつ眼状紋を持っています。

雄と雌 違いはひげの 幅にあり


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ヒメヤママユ

ヤママユ

2016年9月23日(金)
ヤママユ 撮影日:2016/09/23 場所:勿来の関

 ヤママユ科のヤママユを紹介します。
 壁には茶褐色のヤママユが止まっています。そっと近付きながら反対側の壁を見ました。すると,焦茶色のヤママユが止まっているではありませんか。
 今朝は幸運なことに,お知り合いの方から茶褐色のヤママユを頂きました。

ヤママユ雌
胸部背を何度もぶつけて毛が一部はがれているヤママユ雌。
 もっとラッキーなことにその頂いたヤママユは雌だったことです。ビニル袋に入ったままですと翅が痛んでしまいます。特に,胸部背は何度もぶつかり毛が無くなります。そうなる前に車に戻り記念写真を撮りました。

ヤママユ雄
前翅を上へ上げてから写したヤママユ雄。
 同色の雄と雌が居るので,翅の色で区別は出来ません。今までの経験から触角の様子で雄と雌を判断するのが一番確かです。

ヤママユ雄
後翅の目玉模様を写すために前翅を上へ上げてから写したヤママユ雄。実際の翅色は少し緑色を帯びていました。
 即ち,ポイントは次のようなことです。
 ①触角が長い櫛歯状・・・雄
 ②触角が鋸歯状  ・・・雌

ヤママユ雌の触角
鋸歯状のヤママユ雌の触角。
 ヤママユの翅は重いので,止まった状態では最後の写真の様に前翅が少し垂れ下がり後翅の目玉模様が僅かしか覗いていません。

ヤママユ雄の触角
茶褐色のヤママユ雄の櫛歯状触角。
 後翅の目玉模様は素敵なので,私は赤矢印の方へ前翅を持ち上げてから写しています。両方上に上げないと目玉模様は現れません。

ヤママユ雄の触角
焦茶色のヤママユ雄の触角。
 上げすぎるとヤママユが驚いて羽ばたいてしまいます。
 見えるようになったからと安心していますと,翅の重さで垂れ下がりまた見えなくなります。

ヤママユ翅の垂れ下がり
自分の翅の重さで前翅が少し垂れ下がるヤママユ。

 科名 ヤママユガ科
 和名 ヤママユ
 大きさ 開張 115~150㎜
 分布  北海道,本州,四国,九州,対馬,屋久島,沖縄
 出現月 7~9月
 食餌動植物 幼虫はクヌギ,コナラ,カシワ,カシ,クリ,リンゴ,サクラの葉を食べます。
 特徴 雄の触角は両櫛歯状,雌は鋸歯状です。
     口の退化により食餌はとりません。

触角は 雄は櫛歯で 雌は鋸歯


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ヤママユ

クスサン

2016年9月6日(火)
クスサン 撮影日:2016/09/06,2011/09/25 場所:勿来の関

 ヤママユガ科のクスサンを紹介します。
 灯火を見上げますと薄褐色の大きな蛾がクモの糸に止まっています。大きな蛾は風で揺れています。直ぐ隣にはジョロウグモが網の中央で獲物が来るのを待ち構えています。
 クモは昆虫の羽ばたく振動には反応します。だから,風で揺れている振動には無関心です。直ぐ近くに大きな蛾が居るというのにです。目でも確かめて行動すれば良いのにと思いますが,そんな仕組みはクモには育たなかったようです。

クスサン
クスサンの幼虫は白髪太郎,繭は透かし俵と呼ばれていました。このことはクスサンが人間と関わりが深かったことを物語っています。
 少し離れた場所から撮っていましたが,上手く写せないので下に下ろして撮影することにしました。写した画像を見て,ほとんど見たことがない蛾であることが分かりました。家で資料を調べると5年前に会っただけのクスサンであることが分かりました。

クスサン
写真のクスサンは前翅長が70㎜もありました。
後翅の目玉模様を写したくて,前翅を上に上げてから素早くシャッターをきりました。

 クスサンの特徴は次の通りです。
 ①前翅にある目玉模様は細長く外横線(桃矢印)の近くにあります。
 ②後翅にある目玉模様は大きくほぼ中央にあります。
 ③外横線の外側には前翅にも後翅にも波形の紋様があります。
 ④前翅翅頂近くの前縁には黒大白小の紋があります。
 ⑤フラッシュを焚くと全体に褐色が濃くなります。

クスサン
このように翅色は薄褐色から褐色まで個体差が大きいクスサン。

 科名 ヤママユガ科
 和名 クスサン
 大きさ 開張 100~130㎜
 分布  北海道,本州,四国,九州,対馬,屋久島
 出現月 9~10月
 食餌動植物 幼虫はクヌギ,コナラ,クリ,サクラ,ウメ,モモ,ナシ,リンゴ,スモモ,カキ,ケヤキ,ヌルデ,ハゼノキ,カツラ,イチョウ,ミズナラ,カシワ,エノキ,ウルシ,クルミ,サルスベリ,アカメガシワ,クスノキの葉を食べます。 成虫は何も食べません。
 特徴 翅の色は淡黄色から褐色まで個体差があります。

大きさと 目玉模様が 見事なり


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : クスサン

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測