FC2ブログ

クロモンドクガ

2020年6月16日(月)
クロモンドクガ 撮影日2020/06/16 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2020年6月16日に観察したクロモンドクガです。

クロモンドクガ
①クロモンドクガ(ドクガ科)
毛深い前足を前方へ伸ばし触角も前へ突き出していれば相場はドクガ科に決まりです。
地色が黄色で黒い紋を持っていれば,毒針毛を持つ毒蛾となりますが,この蛾は例外で触れても害は無いそうです。

おそらく,毒針毛を持つゴマフリドクガやチャドクガに擬態していると思われます。
でも,それらに似ているといっても肝心なことが抜けているとクロモンドクガは気が付きました。
色や紋様が似ていても毒針毛らしい物が何一つ無いからです。
そこで,苦心惨憺して考えたものが胸部背にある「いがぐり」状(赤矢印)の毛です。
横からゴマフリドクガやチャドクガを見ると毒針毛を持つ毛が真上に突き出ています。
丁度緑矢印の場所(胸部から後角まで)に沢山の毛が立ち並んでいます。
それらの無数の毛を胸部だけの毛でごまかしているのですから安上がりです。
これはいがぐり状の毛に疑問を持った私が辿り着いた仮説です。
<沢山の毛が立ち並んでいる様子はこちらです。>


クロモンドクガ
②クロモンドクガ
この写真の蛾の性別は,何と驚くことに♀なのです。
普通♂は灯火に飛来しますが,♀はほとんど灯火に飛来しないからです。
♂の黒紋は,外縁まで広がっているので♂♀の区別は簡単です。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
スポンサーサイト



スズキドクガ

2020年6月10日(水)
スズキドクガ 撮影日2020/06/10 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2020年6月10日に観察したスズキドクガです。
月の出が遅くなり蛾の飛来に影響が少なくなり期待が持てたので今日もいそいそと出掛けました。

スズキドクガ
①スズキドクガ(ドクガ科)
腹端が外縁から覗いていますが,シャチホコガ科ではありません。
毛深くて長い前足(緑矢印)を前方へ突き出して止まっていればドクガ科の可能性が出て来ます。
この点はシャチホコガ科と似ていますが,ドクガ科の前足の方が少し長い気がします。
最初の写真の前翅長は16㎜ありました。
次の写真の前翅長は22㎜でした。
大きいものは♂かなと思っていましたが♂の前翅長は17.5~21.5㎜なのでおそらく♂の可能性が大きいと思っています。


スズキドクガ
②スズキドクガ
同定ポイントは前翅前縁中頃に白っぽい紋があることです。
黄矢印が指している亜外縁線の外側には黒っぽい鱗(うろこ)状の紋があります。
特に,真ん中頃より後縁に見られます。
縁毛に黒い斑模様があります。
似た名前の蛾にスギドクガが居ますが紋様が違うので区別は楽です。
この蛾の語尾にドクガと付きますが毒針毛は無いので安心して近づいたり写真を撮ったり出来ます。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

カシワマイマイ

2020年2月16日(日)
カシワマイマイ 撮影日:2018/07/13 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2018年7月13日に観察したマドガです。

カシワマイマイ
①カシワマイマイ(ドクガ科)
毛深い足に発達した触角を左右に広げて止まっています。
腹端が外縁から覗いていますが,シャチホコガ科ではありません。
発達した触角を広げていたらドクガ科から探すと早く見つかります。


カシワマイマイ
②カシワマイマイ
この蛾を見ていると人の顔に見えてきます。
前縁中央付近に円形の黒紋が目に見えてきます。
更に見ていると,眉毛・鼻・V字形の口・あごひげ等が見えてきます。

幼虫はカシワ,コナラ,クヌギ,クリ,サクラ,リンゴ,ナシイロハモミジ,アラカシ,アベマキ,イタジイの葉を食べます。


カシワマイマイ
③カシワマイマイ  腹には黄色い毛が生えています。
♀は翅が白っぽく,黒っぽい翅を持つ♂とはすぐ区別がつきます。
更に体の大きさは,驚くほど違います。
♀は♂より2倍近く大きいのです。
<この様子はこちらをご覧下さい。>



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

キアシドクガ

2019年11月26日(火)
キアシドクガ 撮影日:2019/06/12 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で6月12日に観察した蛾です。

キアシドクガ
①キアシドクガ(ドクガ科)
真っ白な翅を持つ蛾です。
一見,スカシドクガに似ています。
翅頂付近に小黒点が幾つかありますが無い個体の方が多いとネットを見て気づきました。
スカシドクガの黒点はもう少し上の方に有ります。


キアシドクガ
②キアシドクガ
名前の通り,足の色が橙色を帯びています。
翅を立て屋根形にして止まっていますが,スカシドクガは平たく広げて止まります。


スカシドクガ
③スカシドクガ(ドクガ科)
大きな違いは前足の色と前翅にある黒点です。
先ず,前足は白いです。
次に,小黒点は前縁のほぼ真ん中辺にあります。
止まり方は,翅を立てずに平たく止まります。


科名 ドクガ科
和名 キアシドクガ
開張 50~57㎜
出現月 6月
分布  北海道,本州,四国,九州
食餌動植物 幼虫はミズキ,クマノミズキの葉を食べます。
特徴 足が橙色です。

橙の 前足出して 止まってる



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

ブドウドクガ

2017年10月3日(火)
ブドウドクガ 撮影日:2017/10/03,2011/08/18 場所:勿来の関,勿来駅西公園

ドクガ科のブドウドクガを紹介します。
昨日写したブドウドクガが今日も居ることを祈って勿来の関へ出掛けました。
写しづらい所に居て上手く写真が撮れなかったからです。

ブドウドクガ
雄の翅色と比べると明るい色のブドウドクガ雌。
昨日居た窓枠を見ると居ません。
がっかりしながら,少し上の方を見ると止まっていたので嬉しくなりました。
昨日の段階では,未だ性別がはっきりつかめていなかったからです。

ブドウドクガ
雄と比べると貧弱な触角をしているブドウドクガ雌。
あいにく止まっている場所は逆光で上手く撮れない所です。
そこで,細い棒を胸の下に差し込みました。
ゆっくり棒を持ち上げると,棒にしがみついています。
用意してあった大きめの葉(アカメガシワ)にそっと乗せて棒をゆっくり回転させながら抜くと上手く葉に止まってくれました。

ブドウドクガ
触角が雄と同じく櫛歯状だが1本1本が短いブドウドクガ雌。
経験上,ドクガ科やシャチホコガ科の蛾は,こんなことをされても羽ばたき運動(飛び去る為の動き)をしないので安心して出来ました。
最後まで同じ格好で動かず撮影に協力的でした。

ブドウドクガ
昨日,雌は触角を翅の下に納めていたが,納めきれないブドウドクガ雄の触角。
その後,ドクガの特徴を出す為に前足を前方へ伸ばすことを忘れませんでした。
写真を撮りながら,触角が櫛歯状でも発達していないのでこの蛾は雌だと思いました。
昨日は翅の色が暗いので雄だと思っていました。
それは,逆光で暗く写っていただけでした。
移動させたお陰で蛾が触角を前方へ出し,性別を正しく把握することが出来ました。
それにしても,雌が灯火に飛来するのは珍しいことです。

ブドウドクガ
上から写した写真でも1本1本の触角がよく分かるブドウドクガ雄。

科名 ドクガ科
和名 ブドウドクガ
大きさ 開張38~46㎜
分布  北海道,本州,四国,九州,対馬,屋久島
出現月 7~9月
食餌動植物 幼虫はブドウ,タマアジサイ,ウラジロマタタビ,ノブドウ,ツタの葉を食べます。
特徴 雄の触角は大きく発達しています。

色黒で 雄は触角 大きいぞ



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ブドウドクガ

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
RSSリンクの表示
月齢カレンダー
月齢を見て蛾の飛来数を予測しています。
月齢による蛾の飛来数予測