オガサワラカギバ

2016年11月22日(火)
オガサワラカギバ 撮影日:2011/05/18,2013/06/12,05/17 場所:勿来の関

 カギバガ科カギバガ亜科のオガサワラカギバを紹介します。
 薄茶色をした蛾が壁に止まっています。写そうとしたら逃げられ別の所に止まりました。 それで,ビニル袋に入れてから写真を撮りました。
 袋の表面で光が反射しないように向きを変えて撮りました。

オガサワラカギバ
翅の中央付近には黒点が2つなのでオガサワラカギバと分かります。
 翅頂の部分が鉤のように曲がっているので,カギバガ科の蛾であることが分かります。
 名前を調べるとオガサワラカギバと分かりましたが,小笠原で見つかった蛾が福島と茨城の県境に生息しているとは思えませんでした。
 ネットで調べているうちに福島県南会津町小立岩でも生息している事が分かり安心しました。

オガサワラカギバ
黒点の大きさや形には個体差があるオガサワラカギバ。
 マンレイカギバと似ています。
 しかし,次のような違いがあるので簡単に区別がつきます。
 ①オガサワラカギバ・・・前翅中央付近に2つの黒点があります。
 ②マンレイカギバ ・・・前翅中央付近に1つの黒筋があります。

 マンレイカギバは八甲田山湯ノ澤、青森市駒込、深浦町十二湖からの記録があるので,
オガサワラカギバよりも北に分布していると思われます。

マンレイカギバ
翅の中央付近には黒い筋が1つだけなのでマンレイカギバと分かります。。

 科名 カギバガ科カギバガ亜科
 和名 オガサワラカギバ
 大きさ 開張 47~50㎜
 分布  本州,四国,九州
 出現月 5~8月
 食餌動植物 幼虫はツノハシバミ、サワシバ、オニグルミ、イヌシデの葉を食べます。 
 特徴 前翅に2つの黒点があります。

ポイントは 黒点2つ 真ん中に


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : オガサワラカギバ

ムラサキトガリバ

2016年10月23日(日)
ムラサキトガリバ 撮影日:2016/10/23 場所:勿来の関

 カギバガ科トガリバガ亜科のムラサキトガリバを紹介します。
 今日(2016年10月22日)も,何も収穫が無いのかと灯火を見ますと何度か見たことがあるムラサキトガリバが灯火の枠に巻きついています。

ムラサキトガリバ
矢印の所にトガリバガ亜科特有の特徴を持つムラサキトガリバ
 翌日(2016年10月23日)も,灯火の枠に巻きついています。巻きついた状態では上手く写真が撮れないので自宅まで連れて帰りました。

ムラサキトガリバ
何故か胸部背の毛(赤矢印)が左右に分かれているムラサキトガリバ。
 気温が低いせいかビニル袋から出しても大人しく紙の上に乗ったままです。
 次のような特徴があります。
 ①翅頂から斜め上に上がる線(桃矢印)があります。
  この線があったらトガリバガ亜科を探すと速く見つかります。
 ②胸部背には左右に分かれた毛(赤矢印)があります。
  左右に分かれるのはトガリバガ亜科の性質のようです。
 ③前翅中央付近に大小1つずつの黒筋(青矢印)があります。
 これらの特徴を覚えておくと同定が速くなります。

ムラサキトガリバ
翅頂から斜め上に出る線があればトガリバガ亜科を探すと速いムラサキトガリバ。

 科名 カギバガ科トガリバガ亜科
 和名 ムラサキトガリバ
 大きさ 開帳 31~38㎜
 分布  北海道,本州,四国,九州,対馬
 出現月  11月(関東だと10月中旬~11月上旬)
 食餌動植物 アラカシ,アカガシ,ミズナラ,コナラ,シラカシ,カシワ
 特徴 前翅中央部が白っぽい個体も多いです。

ポイントは 角から上がる 黒い線


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ムラサキトガリバ

ムラサキトガリバ

2015年10月17(土)
ムラサキトガリバ 撮影日:2015/10/17,10/14 場所:勿来の関

 カギバガ科トガリバガ亜科のムラサキトガリバの紹介です。
 3日前に梁(はり)に黒っぽい蛾が止まっていました。一見ヤガ科風の蛾に見えました。
 しかし,翅頂から斜め上に走る線(黄矢印)があることと胸部背にある毛が2つに分かれていることからカギバガ科トガリバガ亜科の蛾であることが分かりました。
ムラサキトガリバ
黒っぽい蛾が光を当てて写したら青紫色になったムラサキトガリバ
 このとき撮った画像を見て暗くてぼけているものが多かったのでもう一度写したいと思ってました。それを今日思い出しました。幸運にも3日前と同じ所に止まっていました。懐中電灯で照らして明るく写そうと思いました。

ムラサキトガリバ
この事実からムラサキトガリバと名が付いた訳が分かりました。今日まで,黒っぽい蛾が何故ムラサキトガリバなのかと疑問に思っていました。
 写した画像を見て驚きました。黒っぽい蛾だとばかり思っていたら,青紫色に輝く蛾だったからです。このお陰でムラサキトガリバと名付けられた訳が理解できました。今までは黒い蛾であるのに何故ムラサキなのだろうと疑問に思っていました。当てたのは電球がLEDの小型懐中電灯の光です。
 以前の記事は<こちらこちら>です。

ムラサキトガリバ
ヤガ科風に見えても翅頂から斜め上に走る線があればトガリバガ亜科に属するムラサキトガリバ。

 科名 カギバガ科トガリバガ亜科
 和名 ムラサキトガリバ
 大きさ 開張31~38mm
 食餌動植物 幼虫はアラカシ、アカガシ、ミズナラ、コナラ、シラカシ、カシワの葉を食べます。
 分布 北海道,本州,四国,九州,対馬
 出現月 10~11月
 特徴 ニッコウトガリバに似ています。

黒い蛾が 光当てたら ムラサキに


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

●2つのランキングに参加中です!! ●                    
クリック応援お願いします。                        
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ムラサキトガリバ

ホソトガリバ 翅頂から斜上する黒筋

2015年6月14(日)
ホソトガリバ 翅頂から斜上する黒筋 撮影日:2015/06/13 場所:勿来の関

 カギバガ科トガリバガ亜科のホソトガリバの紹介です。
 勿来の関電話ボックスを見ると写真のような蛾が止まっています。去年までは,何の仲間か分かりませんでしたが,今ではすぐ分かるようになりました。
ホソトガリバ
冬,寒さから耳を守るためにする耳当てをしているようなホソトガリバ
 黄矢印で示したような翅頂から斜め上に上がる黒い筋が見られる蛾はトガリバガ亜科に属する蛾だからです。この様な特徴を見つけるまでに4年以上もかかりました。

ホソトガリバ
ホソトガリバ
黄矢印で示した黒筋が翅頂から斜め上に出るホソトガリバ。この黒筋がトガリバガ亜科に属する証です。
 ホソトガリバには環状紋(頭に近い方の紋)と腎状紋(大きい方の紋)がはっきり現れます。
 ホソトガリバとオオバトガリバの違いについての<記事はこちら>です。

ホソトガリバ
環状紋(頭に近い方の紋)が,はっきりと現れるホソトガリバ。

 科名 カギバガ科トガリバガ亜科
 和名 ホソトガリバ
 大きさ 前翅長 20~24mm
 食餌動植物 幼虫はクヌギ,コナラの葉を食べます。
 分布 北海道,本州,四国,九州
 出現月(羽化する月) 5~6,7~8月
 特徴 翅頂から亜外縁線に続く黒線があります。

黒い筋 斜めに上がる トガリバガ


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

●2つのランキングに参加中です!! ●                    
クリック応援お願いします。                        
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回、 バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ホソトガリバ

オオマエベニトガリバ トガリバ筋のある蛾

2015年5月24日(日)
オオマエベニトガリバ トガリバ筋のある蛾 撮影日:2015/05/24 場所:勿来の関

 カギバガ科トガリバガ亜科のオオマエベニトガリバを紹介します。
 いつもの外灯を見上げますとクロテンシシャチホコに似た姿の蛾が止まっています。見たことがないような環状紋・腎状紋からクロテンシシャチホコではないと分かりました。
 画像を見て今まで見たことがない蛾だと気が付きました。
オオマエベニトガリバ
翅頂から斜め上に立ち上がる黒筋がトガリバ亜科の目印になるオオマエベニトガリバ
 外灯の近くに止まっていて暗く写るので場所を移動しました。しかし,ときどき飛び立とうとするような格好をとるので急いでパチパチ撮りました。前縁が白い以外は全体に薄桃色の蛾だと撮りながら感じました。
 前翅長を測ろうと巻尺を近付けた途端,逃げられました。

オオマエベニトガリバ
円らな瞳が可愛いオオマエベニトガリバ。飛び立つとき触角は,すでに左右に伸びています。
 最初の写真の黒線(黄矢印)を目て私はにこっとしました。それは翅頂から斜め上に向かう線(トガリバ筋:私が命名)があるものはカギバガ科トガリバガ亜科に属する蛾だからです。今まで,トガリバガ亜科の蛾には散々な目(何の仲間か見当がつかない)に遇ってきたので目印になるものを探していて,この線に気が付いたのです。

オオマエベニトガリバ
前翅前縁以外は全体的に薄桃色のオオマエベニトガリバ。立派な環状紋や腎状紋もついています。

 科名 カギバガ科トガリバガ亜科
 和名 オオマエベニトガリバ
 大きさ 開張 雄40~48mm 雌48~54mm
 食餌動植物 幼虫はソメイヨシノ,ウワミズザクラ,ナナカマドの葉を食べます。
 分布 北海道,本州,四国,九州
 出現月(羽化する月) 5~9月
 特徴 全体的に薄桃色で前翅前縁は白っぽいです。

目印は 斜めの線と 紋所


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回、 バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : オオマエベニトガリバ

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測