fc2ブログ

ヒメウスベニトガリバ

2024年4月14日(日)

3518 ヒメウスベニトガリバ(トガリバガ亜科) 撮影日2014/08/03

①アカガネマルハキバガ(マルハキバガ科)
ヒメウスベニトガリバ

赤矢印が指している下唇鬚(かしんひげ)を見ると牙のようなものがみえます。
得てして細くて小さい蛾は頭部に注目して観察すると同定が捗ります。
本種に似たシロスジカバマルハキバガが居るので注意が必要です。
でも,青矢印が指している白線が前縁に達しているかどうかで区別がつくので安心です。
a白線が前縁に達している・・・ シロスジカバマルハキバガ
b白線が前縁に達していない・・・アカガネマルハキバガ
更に外縁に近い白紋がシロスジカバマルハキバガの方はもっと円みがある形をしています。
本種は赤味がある褐色なのでアカガネの名前が付けられたのでしょう。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

スポンサーサイト



サカハチトガリバ

2024年4月1日(月)

サカハチトガリバ(カギバガ科トガリバガ亜科) 撮影日2023/04/11

①サカハチトガリバ(カギバガ科トガリバガ亜科)
サカハチトガリバ

黄緑矢印は胸部背にあるミミズクの耳の様な毛,赤矢印は翅頂付近から斜めに立ち上がる斜線を指しています。
赤矢印が指している斜線も胸部背にある毛もトガリバガ亜科の特徴で重要なポイントです。
あまり見かけない珍しい蛾です。
幼虫はクヌギ、カシワ、ミズナラ、アカガシを食べます。

②サカハチトガリバ(カギバガ科トガリバガ亜科)
サカハチトガリバ

本種の翅には[漢字の八]が二組見られます。
見る方向によって逆さになるときがあります。
この写真では頭に近い方が逆さになって見えています。
外縁に近い方は逆さではありません。
横方向からは,どちらも八に見えます。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

スカシカギバ

2024年3月19日(火)

3496 スカシカギバ(カギバガ科カギアツバ亜科)撮影日2018/10//17撮影場所勿来の関

①スカシカギバ(カギバガ科)
スカシカギバ


「ドクロに似ている」と本種を見たときから感じています。
前翅中央付近にあるに有る半透明部分が目立っているからです。
後翅は半透明の方形が散在しています。
翅頂を見ると鉤状に曲がっています。(赤矢印)
この事から本種はカギバガ科と分かります。
黒い体の幼虫は腹端と腹部中央に白紋かあって鳥の糞に擬態しています。
しかも体を折って巧妙に擬態するというから驚きです。
幼虫は,コナラ、クヌギ、ウバメガシ、アラカシカンボクの葉を食べます。


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

オオバトガリバ

2024年3月8日(金)

3486 オオバトガリバ(カギバガ科トガリバガ亜科)撮影日2019/07/01,2014//06/20撮影場所勿来の関

①オオバトガリバ(カギバガ科トガリバガ亜科)
オオバトガリバ
オオバトガリバ

赤矢印はトガリバガ斜上線,青矢印は腎状紋,黄緑矢印は環状紋を指しています。
トガリバガ斜上線は筆者が勝手に名付けた名称ですが,翅頂付近から立ち上がり亜外縁線(白い横線)に達しています。
これを覚えておくと同定が楽で速やかに進み便利です。
従って,環状紋や腎状紋が見られてもヤガ科では有りません。
次に白括弧は4つの灰褐色の横線を纏めたものです。
どの横線が内横線かはっきりしないからです。
それで,これから私は内横線帯と呼ぶことにしました。
腎状紋から外の方へ目を向けるとやはり同じく4つの灰褐色横線が並んでいるので,これらを纏めて外縁線帯と呼ぶことにしました。
目立つ特徴として本種の胸部背の毛叢は2つに分かれていることを挙げることができます。
幼虫はブナ科(クヌギ,ミズナラ)の葉を食べます。


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。


クロスジカギバ

2023年6月11(日)

クロスジカギバ 撮影日2023/06/07,06/10 撮影場所:勿来の関

クロスジカギバ
①クロスジカギバ(カギバガ科カギバガ亜科)
翅頂付近を見ると鉤状に曲がっています。
この1つのことで本種はカギバガ科と分かります。


ところが,何の仲間かまではすんなり進みましたが黒焦茶色の横線(外横線)があるカギバガ亜科を探してもなかなか見つかりません。
格好がアシベニカギバに似ているのでその辺りを探しても見つかりません。
そこで,「富山県産蛾類博物館」で探すと見つかりました。


クロスジカギバ
②クロスジカギバ
ツイッターで調べるとどういうわけか投稿者が多くありません。
出現数が少ないか人気がないかなのでしょうが,幼虫の食べ物を調べました。
するとガマズミ等でしたが,この植物は勿来の関に普通に分布しています。
ただ大きくはならず2~4m程の落葉低木です。

緑矢印は外横線を指しています。
外横線は明瞭ですが内横線は不明瞭です。
この外横線が黒ずんだ色をしていることからクロスジカギバと名付けられたのでしょう。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
クリック応援お願いします。
ブログカウンター
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真