FC2ブログ

ルリモンシャチホコとナカキシャチホコ

2018年8月1日(火)
ルリモンシャチホコとナカキシャチホコ   撮影日:2018/07/16,07/17 撮影場所:勿来の関

今日,紹介する蛾は7月16日と17日に勿来の関の灯火へ飛来していた蛾です。
似ていて同定に苦労した二種類の違いに注目しました。

ルリモンシャチホコ
①ルリモンシャチホコ(シャチホコガ科)
A赤矢印で示した内横線が濃くてはっきりしています。
B内横線の内側に薄褐色の縁取りがあります。
Cさらに,縁取りの内側に濃い鱗状の紋(緑矢印)が見られ同定に役立ちます。
D外横線もナカキシャチホコのものよりはっきりしています。
E内横線と外横線の間に淡色の白い楕円紋があります。



ナカキシャチホコ
②ナカキシャチホコ(シャチホコガ科)
A焦茶色の内横線はありますが,はっきりしません。
B内横線の内側の縁取りも,はっきりしません。
C縁取りの内側は濃い焦茶色になっています。
D外横線(黄矢印)もはっきりしません。
E内横線と外横線の間に淡色の白い楕円紋があります。
青矢印で示したのは前翅の下からはみ出している後翅です。

この二種の蛾はどちらも太い腹端を外縁から覗かせています。
だから,これらはシャチホコガ科であると予想がつきます。
というのも,シャチホコガ科の蛾は成虫になると何も食べません。
幼虫のときに沢山食べて,成虫で活動するエネルギーをたくわえるのです。
その養分をたくわえるので腹部が太くて大きいのでしょう。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ルリモンシャチホコとナカキシャチホコ

キシャチホコ

2017年12月30日(土)
キシャチホコ 撮影日:2015/06/26,08/08,2014/07/20 場所:勿来の関

シャチホコガ科のキシャチホコを紹介します。
薄褐色の翅を急勾配の屋根形にして止まっている蛾がいます。

キシャチホコ
最後の写真に比べると翅頂から根元まである筋が薄いキシャチホコ
腹端が翅から出ていれば,直ぐシャチホコガ科と分かりますが,例外もいるようです。

キシャチホコ
腹端が覗いていないシャチホコガ科もいるキシャチホコ
同定ポイントは暗褐色の筋が翅頂から付け根まであります。
これは雄の途中で,雌には無いそうです。
黒い点が外縁にほぼ平行に並んでいます。

キシャチホコ
暗褐色の線が翅頂から根元まであるキシャチホコ。

科名 シャチホコガ科
和名 キシャチホコ
大きさ 開張 42~50㎜
分布  北海道,本州,四国,九州,種子島
出現月 4~6,8~9月
食餌動植物 幼虫はネザサ類,クマザサ類の葉を食べます。
特徴 ウスキシャチホコに似ています。

焦茶線 翅頂から出て 根元まで


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : キシャチホコ

ギンシャチホコ

2017年8月7日(月)
ギンシャチホコ 撮影日:2017/07/29,07/31 場所:勿来の関

シャチホコガ科のギンシャチホコを紹介します。
灯火には灰色を帯びた見慣れない蛾が止まっています。

ギンシャチホコ♀
真上から見たギンシャチホコ♀。右の触角が折れているのが分かります。
運悪く灯火の明かりで上手く写すことが出来ません。
やむを得ずビニル袋に入れ連れ帰ることにしました。
シャチホコガ科はじっと止まっていることが多いので,入れられてもじっとしていると思いました。
ところが,さに非ずしばらく羽ばたいていました。
そのためなのでしょう。
右の触角が折れてしまいました。

ギンシャチホコ♀
前翅後縁沿いに黒い筋が見えるギンシャチホコ♀。縁毛が無いので擦れた個体だと分かります。
最初の写真を見ると,外縁から腹端が出ています。
この事から,シャチホコガ科と予想がつきます。
胸部背から前翅後縁の中頃まで黒い筋が走っています。
写真を撮った後,2日後袋を見ますと淡い灰色の小さな粒が袋の表面についていました。
表面には土星の円い輪のような模様がありました。
このギンシャチホコは雌だったのです。

ギンシャチホコの卵
土星のような輪が見られるギンシャチホコの卵。黒くて短い毛のようなものは蛾の鱗粉と思われます。
卵はビニルにはりついています。薄黒いものは影です。ビニルが下の紙より僅かに離れているので浮いているように見えます。


科名 シャチホコガ科
和名 ギンシャチホコ
大きさ 開張 45~49㎜
分布  北海道,本州,四国,九州,対馬
出現月 5,7月
食餌動植物 幼虫はクリ,クヌギ,コナラ,カシなどの葉を食べます。
特徴 

ギンシャチは 後縁沿いに 黒い筋


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ギンシャチホコ

アカシャチホコ

2017年7月30日(日)
アカシャチホコ 撮影日:2017/07/30 場所:勿来の関

 シャチホコガ科のアカシャチホコを紹介します。
 灯火近くの梁(はり)を見上げるとまだ見たことがない蛾が止まっています。

アカシャチホコ
赤味を帯びた橙色が眩しく見えたアカシャチホコ
 褐色系にもかかわらず明るい感じがする蛾です。
 茶色と言うよりも赤味を帯びた橙色をしているからでしょう。
 白点は個体によって変化があります。
 この蛾の合計は8個ですが,左右の翅の合計数は6個か8個です。

アカシャチホコ
ヤガ科と思って探していたらシャチホコガ科だったアカシャチホコ
 同定で時間がかかりました。
 私はヤガ科とばかり思って探していました。
 ところが,見つかりません。
 最後の手段として「南四国の蛾」にある「やさしい ガの図鑑」を利用することにしました。
 はじめに,中型で茶色から探しましたが,見つかりません。
 次に,中型で赤色を探しましたら見つかりました。
 シャチホコガ科に属する蛾でアカシャチホコであることが分かりました。
 アカシャチホコに関する資料は大変少なく全部で30しかありません。
 それは,餌としているマンサクの分布が少ないからです。

アカシャチホコ
この蛾の白点の数は左右の翅を合わせて8個ですが,固体により変化があるアカシャチホコ。

 科名 シャチホコガ科
 和名 アカシャチホコ
 大きさ 開張 38~50㎜
 分布  本州,四国,九州
 出現月 5~6,8~9月
 食餌動植物 幼虫はマンサクの葉を食べます。
 特徴 

 見上げれば 色美しや 橙の


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : アカシャチホコ

ニトベシャチホコ

2017年6月29日(木)
ニトベシャチホコ 撮影日:2017/06/21 場所:勿来の関

 シャチホコガ科のニトベシャチホコを紹介します。
 まだ,見たこともない蛾が窓枠に止まっています。

ニトベシャチホコ
勿来の関でビニル袋に入れて連れ帰りカーテンに止まらせたニトベシャチホコ
 ①後翅(赤矢印)が前翅前縁からはみだしています。
 ②腹端(緑矢印)が外縁から覗いています。
 ③毛深い足を前方へ突き出しています。
 この3つからシャチホコガ科だと分かります。

ニトベシャチホコ
勿来の関の窓枠に止まっていたニトベシャチホコ
胸部背を中心としてある大きな紋が目に留まりました。

 胸部背を中心に大きな紋が見られます。
 ④この大きな紋を取り囲むように茶色の紋があります。
 ⑤その内側に褐色の「やす」(魚を突く道具)型紋があります。
 ⑥この紋の腹端の方向には王冠紋があります。

 王冠紋に接するように毛束(青矢印)があります。

ニトベシャチホコ
横方向から写したニトベシャチホコ。
腹部背にある毛束の様子がよく分かります。


 科名 シャチホコガ科
 和名 ニトベシャチホコ
 大きさ 開張50㎜
 分布  北海道,本州,四国,九州
 出現月 5~6,7~8月
 食餌動植物 幼虫はズミ,カマツカの葉を食べます。 成虫は何も食べません。
 特徴 腹部背に毛束があります。

 冠と 大きな紋が 胸部背に


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ニトベシャチホコ

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測