FC2ブログ

スジエグリシャチホコ

2021年4月10日(土)
スジエグリシャチホコ 撮影日2021/04/03 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2021年4月3日に観察したスジエグリシャチホコです。

スジエグリシャチホコ
①スジエグリシャチホコ(シャチホコガ科)
左右の翅を合わせるように立てて止まります。
真上から見下ろすと薄い板状に見えます。
こんな止まり方をする蛾は6種類ほどいますがシャチホコガ科の仲間です。


スジエグリシャチホコ
②スジエグリシャチホコ
この仲間は似ているのでなかなか見分けることが難しいですが,この種は目印があるので区別がつきます。
それは黄矢印が指している焦茶色の外横線の外側にあります。
翅脈上にある薄褐色の短い筋(赤矢印がその内の一つを指しています。)が8個くらい並んでいます。
この筋が有ればスジエグリシャチホコです。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
スポンサーサイト



シャチホコガ

2021年4月5日(月)
シャチホコガ 撮影日2021/04/04 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2021年4月5日に観察したシャチホコガです。

シャチホコガ
①シャチホコガ(シャチホコガ科)
太い腹端(緑矢印)が外縁から覗いているのでシャチホコガ科です。
もちろん,この蛾がシャチホコガ科のシャチホコガです。
赤矢印指しているのは後翅です。
前翅前縁から後翅が大きくはみ出ています。
後翅がはみ出て止まっていることが多いです。
前翅長27㎜あり中くらいの蛾に入っていますが,大きく見えます。


シャチホコガ
②シャチホコガ
横から見ると腹部背に幾つかの黒っぽい突起物(黄矢印)が見られます。
後翅前縁は長い毛が生えています。
その他にも胸部背・腹端・前足が毛深くなっているのが分かります。
幼虫はカエデ科,ニレ科,カバノキ科,ブナ科,バラ科等の葉を食べるので複数回観察されます。
成虫は何も食べませんが,幼虫のとき食べて溜めた養分があるので平気です。
腹部に溜めるので太くて大きい腹をしているのです。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

ノヒラトビモンシャチホコ

2021年4月2日(金)
ノヒラトビモンシャチホコ 撮影日2021/04/02 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2021年4月2日に観察したノヒラトビモンシャチホコです。

ノヒラトビモンシャチホコ
①ノヒラトビモンシャチホコ(シャチホコガ科)
外縁から腹端(桃矢印)が覗いているのでシャチホコガ科と分かります。
一見オオトビモンシャチホコに似ていますが外横線(黄矢印)の形状で区別が出来ます。
外横線が鋸歯状で横に走る・・・・ノヒラトビモンシャチホコ
外横線が大きく湾曲している・・・オオトビモンシャチホコ
このノヒラトビモンシャチホコの出現は勿来の関では4月上旬でシャチホコガ科としては先頭を切っています。


ノヒラトビモンシャチホコ
②ノヒラトビモンシャチホコ
横から観察すると胸部背は叢毛(赤矢印)で高くなっています。
前翅長20㎜で中くらいの蛾です。
写しずらい場所に居たので葉の上に移ってもらいました。
格好の良い姿勢にしようと何回も足の位置を変えている内に羽ばたき運動を始めてしまいました。
ところが,シャチホコガ科は活動的で無いため直ぐその運動をやめ最後まで撮影に協力してくれました。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

ツマジロシャチホコ

2021年2月26日(金)
2572 ツマジロシャチホコ 撮影日2020/05/13,05/28 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2020年5月13日と5月28日に観察したツマジロシャチホコです。

ツマジロシャチホコ
①ツマジロシャチホコ(シャチホコガ科)
左右の翅を屋根形にして止まっています。
腹端が覗いていればシャチホコガ科と分かるのですが生憎見えません。
翅頂前縁寄りに薄褐色の紋(赤矢印)があるのが特徴となっています。
それでツマジロシャチホコの名前が付けられています。
この紋の中央には黒い筋が一つあります。


ツマジロシャチホコ
②ツマジロシャチホコ
緑矢印の所には黒い紋から2本の黒い筋が出ている紋があるので同定ポイントになっています。
似ている種にタカオシャチホコが居ますがこの紋はありません。
頭部から前胸部が真っ白い毛で被われています。


ツマジロシャチホコ
③ツマジロシャチホコ
横から見た写真の中に胸部背にある毛が立ち上がっているものがありました。
丁度インディアンハットを被っているように見えます。
どんなとき,このような格好になるのか知りたいと思っています。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

モンクロシャチホコ

2021年2月6日(土)
2552 モンクロシャチホコ 撮影日2020/07/13 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2020年7月13日に観察したモンクロシャチホコです。

モンクロシャチホコ
①モンクロシャチホコ(シャチホコガ科)
翅を屋根形にして止まっているのでシャクガ科ではありません。
腹端が外縁から覗いていればシャチホコガ科と分かるのですが見えません。
左右の前縁を少し放して止まれば腹端が見えるのですが・・・。
この蛾はほとんどこの格好で止まるので覚えるのが一番の早道です。


モンクロシャチホコ
②モンクロシャチホコ
お盆を過ぎた頃,サクラの木の下が黒ずんだ粒々で汚れ出したらモンクロシャチホコの幼虫の仕業です。
年によってむらがありますが,集団で葉を食べるので多量の糞が下に落ちるからです。
その糞は動物の糞のような臭い匂いはせず桜饅頭のような香りがします。
この幼虫を食べると上手いそうです。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
クリック応援お願いします。
ブログカウンター
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真