FC2ブログ

ルリモンシャチホコ

2020年9月12日(土)
ルリモンシャチホコ 撮影日2020/09/12 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2020年9月12日に観察したルリモンシャチホコです。

ルリモンシャチホコ
①ルリモンシャチホコ(シャチホコガ科)
赤矢印が指している腹端が外縁からはみ出ています。
このことからシャチホコガ科と分かります。
似た蛾にナカキシャチホコが居るので注意が必要です。
勿来の関ではルリモンシャチホコの方が観察回数が多いです。
ナカキシャチホコは横線が明瞭でないから目に留まらないのかもしれません。
ルリモンシャチホコは内横線の内側と外横線の外側に白い縁取りがあるので明瞭です。


ルリモンシャチホコ
②ルリモンシャチホコ
主な特徴は次の通りです。
A内横線の内側に黒班があります。(緑矢印)
B内横線・外横線は白い縁取りが有り明瞭です。
C後角の近くには黒筋が2~3本あります。(黄矢印)
D腹端が外縁からはみ出しています。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
スポンサーサイト



モンクロギンシャチホコ

2020年8月21日(金)
モンクロギンシャチホコ 撮影日2020/08/21 撮影場所:勿来の関,北茨城

今日紹介するのは勿来の関で2020年8月21日に観察したモンクロギンシャチホコです。

モンクロギンシャチホコ
①モンクロギンシャチホコ(シャチホコガ科)
去年(2019年)1度だけ見たことのある蛾が灯火に止まって居るではありませんか。
写しづらい所なので移動させようと思いましたがある程度写してからと考えました。
逃げられては元も子もないからです。
赤矢印が指しているのは腹端です。
この腹端が外縁からはみ出しているのでシャチホコガ科と分かります。


モンクロギンシャチホコ
②モンクロギンシャチホコ
シャチホコガ科は触られても大人しい傾向があるのでマツの葉に掴ませて移そうとしました。
すると突然動いて翅を左右に広げました。
幸い飛び去らずに灯火に止まっています。
3枚撮り終わったら飛び去ってしまいました。
ギンシャチホコといっても灰色がかった白さを銀と見立てて表現しているようです。
幼虫は普通に分布しているソメイヨシノの葉を食べるのでもっと多く観察できてもよいのにと思っています。


モンクロギンシャチホコ
③モンクロギンシャチホコ
驚いて左右に翅を開いたモンクロギンシャチホコ。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

ツマアカシャチホコ

2020年8月16日(日)
ツマアカシャチホコ 撮影日2020/08/15 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2020年8月15日に観察したツマアカシャチホコです。

ツマアカシャチホコ
①ツマアカシャチホコ(シャチホコガ科)
今回で3度目の出会いです。
左右の翅を合わせるように立てて止まります。
外縁から腹端が覗いているのでシャチホコガ科と分かります。


ツマアカシャチホコ
②ツマアカシャチホコ
高い所に居て写しづらかったので袋に入れ家で写しました。
すると,今度は翅を合わせようとせず少し左右に開いて止まります。
たったこれだけで違った種に見えてしまいます。


ツマアカシャチホコ
③ツマアカシャチホコ
赤矢印が指しているのは翅頂近くにある赤茶色紋です。
和名にあるツマアカはこれに由来するものと思われます。
前翅後角近くには大小一つずつの黒点が見られます。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

ナカスジシャチホコ

2020年8月8日(土)
ナカスジシャチホコ 撮影日2020/08/08 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2020年8月8日に観察したナカスジシャチホコです。

ナカスジシャチホコ
①ナカスジシャチホコ(シャチホコガ科)
赤矢印が指している腹端が外縁から覗いています。
このことから,シャチホコガ科と分かります。
「虫ナビ」さんによると成虫は何も食べないそうです。
幼虫のときに食べて溜め込んだ養分で活動するようです。
そこで養分の貯蔵庫として腹部が発達すると考えています。
それで外縁からはみ出るほど長く太くなるのだと思われます。


ナカスジシャチホコ
②ナカスジシャチホコ
この蛾はどちらかというと北方系の蛾です。
その証拠に九州や沖縄には分布していません。

後縁に沿うように白帯が見られます。
白帯の中頃に連凧として揚げる凧に似た形が見られます。
ご丁寧に糸に似た筋まで見られます。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

ツマキシャチホコ

2020年8月6日(木)
ツマキシャチホコ 撮影日2012/08/05 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2012年8月5日に観察したツマキシャチホコです。

ツマキシャチホコ
①ツマキシャチホコ(シャチホコガ科)
未だ一度しか観察していない蛾です。
幼虫が食べるコナラは勿来の関に普通に分布しているので不思議に思っています。
ネットで調べると約134 件しか資料が無いので産卵数が少ないか天敵に食べられてしまうのでしょう。
似ている種にタカサゴツマキシャチホコ,ムクツマキシャチホコ等が居ます。


ツマキシャチホコ
②ツマキシャチホコ
区別するポイントが二つあります。
最初の一つは翅頂近くにある薄褐色の紋にあります。
赤矢印で示したように紋の内側が焦茶色になっています。
タカサゴツマキシャチホコもムクツマキシャチホコも黒い色です。
この場所の色で同定するのが一番確かな方法です。


ツマキシャチホコ
③ツマキシャチホコ
二番目の方法は,緑矢印と桃矢印の所に黒味を帯びた斑紋が有るか無いかです。
緑矢印の部分の黒班は少し大きいので確認しやすいです。
でも,桃矢印の所(胸部後ろ)は小さいので確認しにくいです。

胸部背には黄矢印が指している所に焦茶色の紋が有ります。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
RSSリンクの表示
月齢カレンダー
月齢を見て蛾の飛来数を予測しています。
月齢による蛾の飛来数予測