FC2ブログ

カバイロモクメシャチホコ

2020年7月8日(火)
カバイロモクメシャチホコ 撮影日2020/06/23 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2020年6月23日に観察したカバイロモクメシャチホコです。

カバイロモクメシャチホコ
①カバイロモクメシャチホコ(シャチホコガ科)
開張が50㎜を超えるので大きく感じる蛾です。
外縁近くの濃淡褐色入り交じった筋模様を木目に見立ててカバイロモクメシャチホコと名付けたのでしょう。
似た蛾にスジモクメシャチホコが居るので注意が必要です。
でも,緑矢印が指しているような外横線の有無で区別がつきます。


カバイロモクメシャチホコ
②カバイロモクメシャチホコ
勿来の関に普通に分布するサクラ類の葉を食べるので複数回観察されます。
腹端が外縁から覗いていれば決め手となるのですが,左右の翅を屋根形にして止まっているのでシャチホコガ科を検索すると速く見つかります。
多くのシャチホコガ科の仲間同様成虫になると何も食べません。
口が退化しているからです。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

クビワシャチホコ

2020年7月2日(木)
クビワシャチホコ 撮影日2020/07/02 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2020年7月2日に観察したクビワシャチホコです。

クビワシャチホコ
①クビワシャチホコ(シャチホコガ科)
灯火近くにクビワシャチホコが止まっています。
遠くて写真が撮りづらいので棒で下に移ってもらいました。
腹端(緑矢印)が外縁から覗いているのでシャチホコガ科と分かります。

勿来の関でカエデの仲間は普通に分布しています。
幼虫はこのカエデの仲間の葉を食べるので複数回観察しています。


クビワシャチホコ
②クビワシャチホコ
この蛾で,何といっても目立つのは赤矢印が指している黒褐色の筋です。
この黒褐色の筋は後縁沿いと胸部前面を通っていますが,これを首輪に見立ててクビワシャチホコと名付けたのでしょう。
多くのシャチホコガ科の蛾は成虫になるとものを食べません。
クビワシャチホコも例外ではありません。
幼虫のとき食べて蓄えた養分で活動します。


クビワシャチホコ
③クビワシャチホコ
沢山蓄えられるように腹部が太いのでしょう。(太い腹端を見て理解できると思います。)
沢山蓄えたといっても無闇矢鱈に動いては,たちまち養分が無くなってしまいます。
それで,多くのシャチホコガ科の蛾は一度止まった所から動こうとしないのでしょう。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

クロスジシャチホコ

2020年7月1日(水)
クロスジシャチホコ 撮影日2020/06/27 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2020年6月27日に観察したクロスジシャチホコです。

クロスジシャチホコ
①クロスジシャチホコ(シャチホコガ科)
外縁から腹端(緑矢印)が覗いています。
このことから,シャチホコガ科と分かります。
大きさは前翅長が20㎜程の中くらいの蛾です。
前縁から伸びる黒褐色(黄矢印)の筋が名前のいわれになっています。


クロスジシャチホコ
②クロスジシャチホコ
赤矢印が指しているのは,胸部背にある毛束です。
この毛束はそのときの状況によって形が変わるようです。
A<そのときの画像はこちらです。>
B<そのときの画像はこちらです。>
幼虫が食べる葉は,イヌシデ・アカシデ・ヤシャブシ等のカバノキ科の植物のものです。
勿来の関には普通に見られる植物ですが,その割に観察される機会は少ないです。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

ウスイロギンモンシャチホコ

2020年6月15日(月)
ウスイロギンモンシャチホコ 撮影日2020/06/15 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2020年6月15日に観察したウスイロギンモンシャチホコです。

ウスイロギンモンシャチホコ
①ウスイロギンモンシャチホコ(シャチホコガ科)
外縁から腹端が出ているのでシャチホコガ科の仲間と分かります。
毎年6月上旬には出現していますが,今日は2匹観察しました。
幼虫が食べるコナラは勿来の関で普通に分布しているから見る機会は多いです。


ウスイロギンモンシャチホコ
②ウスイロギンモンシャチホコ
胸部背にはたてがみのような毛(赤矢印)が見られます。
そのたてがみのようなものの両脇には茶色の毛(緑矢印)が見られます。
腹部背にも円く束ねたような毛(灰矢印)が立っています。
腹端は二叉に分かれています。
格好が似ている蛾にギンモンシャチホコが居ます。
こちらの蛾は焦茶色のところが多く薄褐色の所が少しです。
というわけで,ギンモンシャチホコと比べると薄い色に見えるからウスイロギンモンシャチホコというのでしょう。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

クワゴモドキシャチホコ

2020年6月4日(木)
クワゴモドキシャチホコ 撮影日2020/06/03 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2020年6月3日に観察したクワゴモドキシャチホコです。

クワゴモドキシャチホコ
①クワゴモドキシャチホコ(シャチホコガ科)
見慣れた蛾が灯火近くの窓枠に止まっています。
前翅長は30~35㎜程度の中くらいの大きさです。
翅を屋根形にして止まり腹端を外縁から出しているのでシャチホコガ科と分かります。


クワゴモドキシャチホコ
②クワゴモドキシャチホコ
カイコガ科にクワコという蛾が居ます。
灰色がかった地色が似ている気がします。
それで,クワゴモドキシャチホコと名付けられたのでしょう。
同定ポイントは緑矢印が指している部分の三角形の黒ずんだ紋です。
地色には2つのタイプがあります。
この二枚の写真の様な緑を帯びたものと薄褐色を帯びたものてす。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
RSSリンクの表示
月齢カレンダー
月齢を見て蛾の飛来数を予測しています。
月齢による蛾の飛来数予測