ヒメスジホソメイガ

2017年8月11日(木)
1642 ヒメスジホソメイガ 撮影日:2011/08/27,201708/09 場所:勿来駅西公園,勿来の関

メイガ科マダラメイガ亜科のヒメスジホソメイガを紹介します。
淡い桃色をした細長い蛾が壁に止まっています。

ヒメスジホソメイガ
この蛾は横から写しておくと同定するのに役に立つヒメスジホソメイガ
赤矢印と青矢印で示された白い箒の形が同定ポイントです。

触角を背負っているのでメイガ科・ツトガ科だと分かります。
箒(ほうき)の形をした白筋が前翅に二組(赤矢印と青矢印)ずつあります。
赤矢印で示した方が太い筋ではっきりしています。
胸部背にU字形の隆起(緑矢印)が見られます。

ヒメスジホソメイガ
上から写した写真ですと青矢印のものしか見えないヒメスジホソメイガ
ウスアカスジマダラメイガ・オオマエジロホソメイガ・マエジロホソメイガにに似いて同定は難しいです。
資料が少なく全部で13件しかありません。

ヒメスジホソメイガ
胸部背には緑矢印で示したU字形の隆起が見られるヒメスジホソメイガ。

科名 メイガ科マダラメイガ亜科
和名 ヒメスジホソメイガ
大きさ 前翅長7~8㎜
分布  詳しく分かっていません。
出現月 詳しく分かっていません。
食餌動植物 幼虫は何を食べるか分かっていません。
特徴 

淡い地に 白筋箒 二組が


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ヒメスジホソメイガ

ナカジロフトメイガ

2017年8月4日(金)
ナカジロフトメイガ 撮影日:2017/07/31,2015/07/21 場所:勿来の関

メイガ科フトメイガ亜科のナカジロフトメイガを紹介します。
頭を上にしたとき,中央に白い横帯がある蛾が止まっています。

ナカジロフトメイガ
斜め横から撮ったら反り返った下唇鬚(かしんひげ)が上手く撮れたナカジロフトメイガ
最初の写真では立派なキバが見えるのでキバガの仲間かと思ってしまいます。
しかし,触角を背負っていますので,メイガ科・ツトガ科だと分かります。

ナカジロフトメイガ
フトメイガ亜科の蛾は個体差がある仲間です。写真の蛾は外横線外側が赤味を帯びているナカジロフトメイガ
一見,ナカアオフトメイガに似ていますが,区別は簡単です。
前翅前縁に赤矢印や青矢印で示した様な紋がナカジロフトメイガにはあるからです。

ナカジロフトメイガ
赤矢印や青矢印で示した紋様が同定ポイントとなるナカジロフトメイガ。

科名 メイガ科フトメイガ亜科
和名 ナカジロフトメイガ
大きさ 前翅長 28㎜
分布  本州,四国,九州,対馬,屋久島
出現月 5~8月
食餌動植物 幼虫は何を食べるか分かっていません。
特徴 

メイガでも 反り返るキバ 持っている


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ナカジロフトメイガ

フタシロテンホソマダラメイガ

2017年5月15日(月)
フタシロテンホソマダラメイガ 撮影日:2017/05/15 場所:勿来の関

 メイガ科マダラメイガ亜科のフタシロテンホソマダラメイガを紹介します。
 灯火の枠には後縁中央に白線がある蛾が止まっています。

フタシロテンホソマダラメイガ
背景が明るく円い棒に止まっているため上手く写せなかったフタシロテンホソマダラメイガ
 黒ずんだ蛾でしたが,中央の白線が目立っています。
 一見,ハマキガ科に見えます。
 前翅前縁にはヒメハマキガ亜科特有の筋模様がありません。

フタシロテンホソマダラメイガ
触角を背負っていたのでメイガ科・ツトガ科と分かったフタシロテンホソマダラメイガ
 写真をじっと見ていたら,触角を背負っています。
 この事からメイガ科・ツトガ科であることが分かります。
 この蛾の幼虫の餌はヌルデの虫こぶやその中のアブラムシというから驚きです。

フタシロテンホソマダラメイガ
前翅後縁中央にある白い筋が特に目立つフタシロテンホソマダラメイガ。

 科名 メイガ科マダラメイガ亜科
 和名 フタシロテンホソマダラメイガ
 大きさ 開張 100㎜
 分布  本州,四国,九州,対馬,屋久島,石垣島,西表島
 出現月 5~10月
 食餌動植物 幼虫はヌルデの虫こぶ及び虫こぶ内のアブラムシを食べます。
 特徴 前翅後縁中央に短い白色の横線があります。

 前縁に 白紋2つ 並びます


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : フタシロテンホソマダラメイガ

7月に見られた蛾⑱

2017年4月17日(月)
7月に見られた蛾⑱ 撮影日:2016/07/15~07/17 場所:勿来の関

 今日,紹介するのは勿来の関の灯火へ2016年7月15日~7月17日に飛来した蛾です。

アオイラガ
①アオイラガ(イラガ科)
クロシタアオイラガなら普通に見られますが,このアオイラガは滅多に見られません。
クロシタアオイラガは外縁線の頭部方向の出っ張りが1つです。
アオイラガの方は出っ張りが2つなので区別がつきます。


ナカアオフトメイガ
②ナカアオフトメイガ(メイガ科フトメイガ亜科) 
フトメイガ亜科は斑紋に変異がある仲間なので同定にてこずります。
前翅外横線が後縁あたりでほぼ水平になっています。
頭部にはアツバ類に似た下唇鬚(かしんひげ)が見られます。


ニジュウシトリバ
③ニジュウシトリバ(ニジュウシトリバガ科)
左の前翅と後翅には6本ずつの翅脈があります。
左右の翅脈が合計24本なのでニジュウシトリバと名付けられたのでしょう。
この1本1本の翅脈が美しいので見とれてしまいます。


キオビゴマダラエダシャク


④キオビゴマダラエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)
腹部が太いので恐らく雌だと思われます。
雌は前翅長が30㎜を超えるものが居ますので,その大きさに圧倒されます。
外横線が黄色を帯びているのでキオビゴマダラエダシャクというのでしょう。


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 7月に見られた蛾⑱

ナカアカスジマダラメイガ

2017年4月15日(土)
1524 ナカアカスジマダラメイガ 撮影日:2016/06/26 場所:勿来の関

 メイガ科マダラメイガ亜科のナカアカスジマダラメイガを紹介します。
 ごつごつした感じで筋が目立つ蛾が柱に止まっています。
 触角を背負っているので,メイガ科・ツトガ科であることが分かります。
 前翅中央より内側(頭部の方)は褐色筋があり瘤状のものもみられます。
 前翅中央にも瘤があります。

ナカアカスジマダラメイガ
前翅の内側には褐色筋が目立つナカアカスジマダラメイガ
 「みんなで作る日本蛾類図鑑」には食餌植物は出ていません。
 そこで,外国の研究者が調べてあるかもしれないと思い学名で検索しました。
 すると,幼虫はポプラ,ヤナギの葉を食べることが分かりました。

ナカアカスジマダラメイガ
瘤状の突起が3対あるナカアカスジマダラメイガ

 科名 メイガ科マダラメイガ亜科
 和名 ナカアカスジマダラメイガ  学名:Nephopterix bicolorella
 大きさ 開張 24~29㎜
 分布  本州,四国,九州,対馬,屋久島
 出現月 6~8月
 食餌動植物 幼虫はポプラ,ヤナギの葉を食べます。
 特徴 前翅に瘤状のものが3対あります。

 ポイントは 前翅ごつごつ 筋多し


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ナカアカスジマダラメイガ

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測