FC2ブログ

ネグロハマキ

2021年4月13日(火)
2618 ネグロハマキ 撮影日2021/04/12 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2021年4月12日に観察したネグロハマキです。

ネグロハマキ
①ネグロハマキ(ハマキガ科ハマキガ亜科)
キバが無く釣り鐘形をした小さい蛾はハマキガ科を探すと速く見つかります。
この蛾の特徴は二つあります。
一つは,胸部背が黒いことです。
翅の付け根が黒いことからネグロハマキと付けられたのでしょう。


ネグロハマキ
②ネグロハマキ
もう一つは赤矢印が指している所に黒い突起物が有ることです。
この種は個体変異が大きく胸部背が黒くないものもいます。
トサカハマキに似た紋様があるので間違ってしまうほどです。
でも,黒い突起物でなく白い突起物が付いているので区別がつきます。
<その画像はこちらをご覧下さい。>
http://kitaibaraki987.blog.fc2.com/blog-entry-2239.html
緑矢印が指している所に銀色に光る一対の突起物があります。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
スポンサーサイト



ハイイロフユハマキ

2021年3月28日(日)
2602 ハイイロフユハマキ 撮影日2019/02/25 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2019年2月25日に観察したハイイロフユハマキです。

ハイイロフユハマキ
①ハイイロフユハマキ(ハマキガ科ハマキガ亜科開張)
一見ツトガ科に似た蛾ですが初めて見る人には何科なのか判断に迷ってしまうでしょう。
ハマキガ科ですがハマキガ科らしくない格好をしているので同定に苦労する蛾です。
♂と♀では紋様が違うので同定するのにやっかいです。


ハイイロフユハマキ
②ハイイロフユハマキ
開張24㎜程度の小さい蛾です。
翅の色彩が灰色で冬に出現するのでハイイロフユハマキと名が付いています。
蛾は♀の方が♂より大きいのが普通ですが,この蛾は♂の方が僅かに大きいので驚きます。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

クロコハマキ

2021年3月13日(土)
クロコハマキ 撮影日2021/01/22 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2021年1月22日に観察したクロコハマキです。

クロコハマキ
①クロコハマキ(ハマキガ科ハマキガ亜科)
前翅長10㎜程度の小さな蛾です。
小さくて釣り鐘状の形をしているのでハマキガ科と予測することが出来ます。
1月22日に観察しましたが,出現月が8~10月ですから,越冬蛾だと思われます。


クロコハマキ
②クロコハマキ
主に外横線より外側が薄褐色の変わった紋様をしています。
焦茶色の部分の表面を見ると所々出張って凸凹しています。
観察資料は少なくて30未満です。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

セウスイロハマキ

2021年2月28日(日)
2574 セウスイロハマキ 撮影日2020/05/13 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2020年5月13日に観察したセウスイロハマキです。

セウスイロハマキ
①セウスイロハマキ(ハマキガ科ハマキガ亜科)
前翅長が大きくても9㎜足らずの小さな蛾です。
沖縄を除く日本各地に分布しています。
幼虫はキイチゴ,クマイチゴ,モミジイシゴ,クサイチゴやハギ類の葉を食べます。


セウスイロハマキ
②セウスイロハマキ
前縁沿いは茶褐色ですが,そこから後縁までは薄褐色です。
赤矢印が指している所は薄褐色ですが,外縁に近くなるほど黒くなります。
前縁沿いに比べて背の部分の色が薄いことから背薄色ハマキと名付けられました。
以前にもこの種を観察してきましたが,この蛾に会えて初めて名付けた意味が分かりました。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

トサカハマキ

2021年2月23日(火)
2570 トサカハマキ 撮影日2021/02/14~21 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2021年2月14日~21日に観察したトサカハマキです。

トサカハマキ
①トサカハマキ(ハマキガ科ハマキガ亜科) 02/14撮影
キバが出ているかと写真を見ました。
しかし,キバは見当たりません。
翅全体が釣り鐘形をしているのでハマキガ科と予想して検索しました。


トサカハマキ
②トサカハマキ 02/15撮影
1枚目と2枚目の写真には黒三角の黒紋があります。(赤矢印)
そして更に前縁に沿って回りより淡い色の部分があります。(緑矢印)
「ノ」の字形の斑紋です。
最初の写真で緑矢印の先端近くにしろいものがあります。
初めはごみかなと思っていましたが,多くの写真を見ているうちに毛束だと分かりました。
横から見た写真も撮っておけば良かったと思っています。


トサカハマキ
③トサカハマキ 02/21撮影
前の二枚の写真とは違って,翅が茶色を帯びています。
こんな色彩のトサカハマキが存在するのか探しました。
<「センスオブワンダふるイモムシケムシ」という記事>に茶色を帯びているものの写真がありました。
詳しくは上記をご覧下さい。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
クリック応援お願いします。
ブログカウンター
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真