FC2ブログ

マエアカスカシノメイガ

2019年3月24日(日)
マエアカスカシノメイガ 撮影日:2018/09/21,2017/01/30,2019/03/19 撮影場所:勿来の関

今日,紹介するのは勿来の関で観察したマエアカスカシノメイガです。

マエアカスカシノメイガ
①マエアカスカシノメイガ(ツトガ科ノメイガ亜科)
触角を背にしているので,ツトガ科・メイガ科と分かります。
そして,更に半透明の翅を持つメイガ科の蛾は居ないのでこの蛾はツトガ科となります。


マエアカスカシノメイガ
②マエアカスカシノメイガ
前縁(赤矢印)に沿って,赤茶色の帯が見られます。
背景が白いと翅は白っぽく,暗いと翅は黒ずんで写る事から翅は半透明だと分かります。


マエアカスカシノメイガ
③マエアカスカシノメイガ
一年を通して見られる蛾です。
ツトガ科の蛾は近づくと直ぐ逃げてしまいます。
それは,眼が付いている位置に因ると思われます。
3枚の写真から視界を遮る物が無く前後左右上のどの方向も見えるからです。


科名 ツトガ科ノメイガ亜科
和名 マエアカスカシノメイガ
開張 29~31㎜
出現月 4~9月
分布  北海道,本州,小笠原,四国,九州,対馬,屋久島,沖縄
食餌動植物 幼虫はネズミモチ,キンモクセイ,イボタノキ,ヒイラギの花,オリーブ,リュウキュウモクセイの葉を食べます。
特徴 半透明の翅を持っています。

目立つのは 前縁沿いの 赤茶色


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
スポンサーサイト

キボシオオメイガ

2019年2月19日(火)
キボシオオメイガ 撮影日:2018/06/08,2017/06/21 撮影場所:勿来の関

今日,紹介するのは勿来の関で観察したキボシオオメイガです。

キボシオオメイガ
①キボシオオメイガ(ツトガ科オオメイガ亜科)
触角を背に乗せて止まっています。
更に,白地に黄筋ときたらツトガ科と相場は決まっています。


キボシオオメイガ
②キボシオオメイガ
外横線(赤矢印で示した線)の外側に大小一対の黒点が有ります。
その黒点がワニの目に見え大きな口を開けているようです。
この蛾の資料は55件と少ないです。


科名 ツトガ科オオメイガ亜科
和名 キボシオオメイガ
開張 25㎜
出現月 6~7月
分布  本州,四国,九州,対馬,種子島,屋久島
食餌動植物 幼虫は何を食べるか分かっていません。
特徴 外横線の外側に大小一対の黒点が有ります。

紋様は ワニが口開け 待っている


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

ゴマダラノメイガ

2018年12月25日(火)
1907 ゴマダラノメイガ 撮影日:2018/05/28 撮影場所:勿来の関

今日,紹介するのは勿来の関で観察したゴマダラノメイガです。

ゴマダラノメイガ
①ゴマダラノメイガ(ツトガ科ノメイガ亜科)
似ている蛾にモモノゴマダラノメイガとマツノゴマダラノメイガがいます。
しかし,黒点の大きさと地色が違うので簡単に区別がつきます。
黒点の大きさ・・・大きい方はゴマダラノメイガです。
ゴマダラノメイガの地色・・・白~薄黄色
モモノゴマダラノメイガの地色・・・黄色です。(マツノゴマダラノメイガも黄色です。)


ゴマダラノメイガ
②ゴマダラノメイガ  少し下の方向から写しました。
触角を背負っているのでツトガ科・メイガ科と分かります。
さらに,地色が白や薄黄色なのでツトガ科まで絞れます。
あまり見られない蛾です。


科名 ツトガ科ノメイガ亜科
和名 ゴマダラノメイガ
前翅長 11㎜前後
出現月 5~9月
分布  北海道,本州,四国,九州,対馬,屋久島,沖縄
食餌動植物 幼虫は何を食べるか分かっていません。
特徴 

黒点の 大きいものが 並んでる


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

シロテンキノメイガ

2017年12月22日(金)
シロテンキノメイガ 撮影日:2016/07/16,2017/06/02,2015/07/20 場所:勿来の関

ツトガ科ノメイガ亜科のシロテンキノメイガを紹介します。
触角を背負っているので,ツトガ科・メイガ科だと分かります。
更に,黄色・褐色・焦茶色の蛾はツトガ科だと絞り込むことが出来ます。

シロテンキノメイガ
触角を背負っている蛾はツトガ科・メイガ科だと分かるシロテンキノメイガ
開張が14㎜なので前翅長は約半分の7㎜と小さい蛾です。
似ている蛾としてイノウエノメイガ・サツマキノメイガがあげられます。

シロテンキノメイガ
前翅前縁中央より外に半円形の紋があるシロテンキノメイガ
ポイントが4つあります。
①前翅前縁中央より外に半円形の紋が有ります。
②緑矢印の所にオタマジャクシ紋が有ります。
③目と目の間(頭)が薄黄色になっています。
④腹部背には焦茶色の帯が幾つも見られます。

シロテンキノメイガ
緑色矢印の所にオタマジャクシ紋が有るシロテンキノメイガ。

科名 ツトガ科ノメイガ亜科
和名 シロテンキノメイガ
大きさ 開張 14㎜
分布  北海道,本州,四国,九州,対馬,屋久島,沖縄
出現月  5~9月
食餌動植物 幼虫は何を食べるか分かっていません。
特徴 

ポイントは 前翅前縁の 半円と


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : シロテンキノメイガ

クロモンキノメイガ

2017年10月31日(火)
クロモンキノメイガ 撮影日:2011/11/12,2012/11/05,2016/11/03 場所:勿来の関

ツトガ科ノメイガ亜科のクロモンキノメイガを紹介します。
触角を背負っているので,ツトガ科・メイガ科だと分かります。
さらに,地が黄色から黄土色のものは,ほとんどツトガ科です。

クロモンキノメイガ
地が黄色で触角を背負う蛾はツトガ科と相場が決まっているクロモンキノメイガ
勿来の関での観察結果は,主に11月に集中しています。
幼虫は多くの農作物の葉を食べてしまいます。


クロモンキノメイガ
「黒い紋がある黄色い地の蛾」という意味のクロモンキノメイガ
大きい焦茶色の紋が一対,小さい紋も一対並んでいます。
下唇鬚(かしんひげ)は左右1本ずつが前方へ突き出すように並んでいます。
最後の写真で付け根近くに隙間があるので分かりました。
名前は黒い紋がある地色が黄色のノメイガという意味でしょう。


クロモンキノメイガ
下唇鬚(かしんひげ)は左右のものが独立しているように思えるクロモンキノメイガ。

科名 ツトガ科ノメイガ亜科
和名 クロモンキノメイガ
大きさ 開張 16~19㎜
分布  本州,小笠原,四国,九州,対馬,屋久島,奄美大島,沖縄
出現月 5,8~11月
食餌動植物 幼虫はダイコン,パセリ,ダイズ,インゲンマメ,アズキ,ササゲ,セロリーアオイスミレ,アリアケスミレ,フレンチマリーゴールドの葉を食べます。
特徴 

黄色地に 黒紋四つ 並んでる


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : クロモンキノメイガ

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
RSSリンクの表示
月齢カレンダー
月齢を見て蛾の飛来数を予測しています。
月齢による蛾の飛来数予測