FC2ブログ

オオシロモンノメイガ

2020年10月31日(土)
オオシロモンノメイガ 撮影日2020/09/02 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2020年9月2日に観察したオオシロモンノメイガです。

オオシロモンノメイガ
①オオシロモンノメイガ(ツトガ科ノメイガ亜科)
触角を背負って止まっているからツトガ科・メイガ科と分かります。
更に,褐色の地に白紋ときたら相場はツトガ科に決まりです。
前翅長11㎜程度の小さな蛾です。
ツトガ科の仲間は近づくと直ぐ逃げます。
このオオシロモンノメイガも例外ではありません。


オオシロモンノメイガ
②オオシロモンノメイガ  2018/07/18撮影
赤矢印の所に数字の3に似た紋が有ります。
更に,その斜め下方にCに似た紋が有ります。
これらは同定ポイントとして役立っています。
ツトガ科としては大きな縦長の白い紋が並んでいるのがオオシロモンのいわれと思われます。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
スポンサーサイト



マダラミズメイガ

2020年10月15日(木)
マダラミズメイガ 撮影日2020/09/03 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2020年9月3日に観察したマダラミズメイガです。

マダラミズメイガ
①マダラミズメイガ(ツトガ科ミズメイガ亜科)
この蛾を写した日は,雨の後で大変湿度が高く壁には水滴がびっしり付いていました。
似た蛾にクロスジマダラミズメイガが居るので注意が必要です。
この両者はよく似ていてなかなか見分けられませんでした。
やっとの事で探し当てたのは1枚目の写真の矢印が付いた所でした。
緑矢印が指しているのは,曲がった黄色棒(説明のために付けました。)です。
赤矢印は外横線を指しています。
Aマダラミズメイガの外横線     ・・・曲がった黄色棒の外側を通ります。
                         接触するか少し離れた所を通ります。
Bクロスジマダラミズメイガの外横線・・・曲がった黄色棒の所で一旦切れています。


クロスジマダラミズメイガ
②クロスジマダラミズメイガ(ツトガ科ミズメイガ亜科)  2014/09/07撮影
どちらの蛾も触角を背負って止まっています。
この事から,ツトガ科・メイガ科と分かります。
次に,黄色・褐色の筋・白地ときたらツトガ科に決まりです。
ミズメイガ亜科は鮮やかな黄色の模様があり目を引く種です。
前翅長が約12㎜の小さな蛾です。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

マタスジノメイガ

2020年10月2日(金)
マタスジノメイガ 撮影日2020/09/16 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2020年9月16日に観察したマタスジノメイガです。

マタスジノメイガ
①マタスジノメイガ(ツトガ科ノメイガ亜科)
触角を背負っているのでツトガ科・メイガ科と分かります。
更に黄色の地に褐色の筋模様とくればツトガ科で決まりです。
ヨスジノメイガという似ている蛾が居るので注意が必要です。
同定のポイントは赤矢印が指している線と部分にあります。(2枚目の写真と比べて下さい。)
外縁に一番近い線が太くて交差する所が膨らんでいます。
交差しているのを股に見立ててマタスジノメイガと名付けたのでしょう。


ヨスジノメイガ
②ヨスジノメイガ(ツトガ科ノメイガ亜科)  2019/09/17撮影
この蛾も触角を背負っているのでツトガ科・メイガ科です。
更に,黄色い地に褐色の筋が有るのでツトガ科と分かります。
上の蛾と違い4本の筋はほとんど太さは同じです。
1と2の筋は交差していないので別な種であるといえます。
4つ目の筋と胸部の間に黄橙の筋が有りますが,これを数に入れるとゴスジノメイガに成ります。
何故数に入れなかったのか訳が知りたいです。
両者の幼虫が餌としているものは,どちらもムラサキシキブの葉です。
両者の大きさは同じくらいです。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

シロモンノメイガ

2020年9月29日(火)
シロモンノメイガ 撮影日2020/09/28 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2020年9月28日に観察したシロモンノメイガです。

シロモンノメイガ
①シロモンノメイガ(ツトガ科ノメイガ亜科)
灯火近くの壁には未だ2回しか見ていない蛾が止まっています。
逃げられないようにとそっと近づきシャッターを切りました。
予想通り逃げ足の速いツトガ科でした。
それは,赤矢印が指している触角を背負っていることで分かります。
でも,メイガ科も触角を背負っています。
そんなときは,青矢印が指している白い白紋が役立ちます。
私はその紋を魚紋と呼んでツトガ科のトレードマークにしています。


シロモンノメイガ
②シロモンノメイガ
前翅長9㎜程度の小さな蛾です。
黒地に大きな白い紋が8個ちりばめられています。
これがシロモンノメイガと呼ばれる理由です。
上手いネーミングです。
翅頂に白紋が有るものと無いものがいます。
この蛾には翅頂に白紋が有りません。
前翅も後翅も黒くて何処が境なのか見てみると緑矢印が指している白紋から胸部までだと分かりました。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

ツマグロシロノメイガ

2020年9月27日(日)
2479 ツマグロシロノメイガ 撮影日2020/09/26 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2020年9月26日に観察したツマグロシロノメイガです。

ツマグロシロノメイガ
①ツマグロシロノメイガ(ツトガ科ノメイガ亜科)
触角(緑矢印)を背負っているのでツトガ科・メイガ科と分かります。
さらに,これほど白っぽい蛾はメイガ科には居ないのでツトガ科となります。
翅の色は白・茶・黒で,明るい色が大きく広がっているので目に留まります。


ツマグロシロノメイガ
②ツマグロシロノメイガ
翅頂近くの外縁に黒い紋が有ります。
和名にツマグロ(端黒)とあるのは,この黒い紋が端に見られるからです。
幼虫はイボタノキの葉を食べます。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
RSSリンクの表示
月齢カレンダー
月齢を見て蛾の飛来数を予測しています。
月齢による蛾の飛来数予測