キトガリヒメシャク

2017年10月16日(月)
16508 キトガリヒメシャク 撮影日:2017/09/06 場所:勿来の関

シャクガ科ヒメシャク亜科のキトガリヒメシャクを紹介します。
小さい薄褐色の蛾が壁に止まっています。
じっと見ていたら,未だ観察していない蛾だと気が付きました。

キトガリヒメシャク
左右に長く翅頂が尖った感じがするキトガリヒメシャク
直感からシャクガ科であると感じました。
でも,ナミシャク亜科・エダシャク亜科のどちらか迷いました。
後翅の太い横線の外側の線が波を打っているように見えるのでナミシャク亜科を探しました。
しかし,似ている画像は見つかりません。
そこで,次にエダシャク亜科を探し始めました。
でも,何か変だと感じヒメシャク亜科を探したら見つかりました。

キトガリヒメシャク
太い中横線が特に目立つキトガリヒメシャク
キトガリヒメシャクの特徴は次の通りです。
①内横線は太い横線の内側にあって,薄い線上に焦茶色点が並んでいます。
②前翅の外横線は直ぐ外側にあって内横線の様な感じです。
③しかし,後翅の外横線は太い横線より少し離れ,波を打っているように見えます。
何故か,キトガリヒメシャクの資料は少なく約 49 件です。

キトガリヒメシャク
頭の方から狙ったので頭部が写せたキトガリヒメシャク。

科名 シャクガ科ヒメシャク亜科
和名 キトガリヒメシャク
大きさ 開張15~19㎜
分布  北海道,本州,四国,九州,'対馬
出現月 5,8~9月
食餌動植物 幼虫は何を食べるか分かっていません。
特徴 

ポイントは 角から角へ 太い筋


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : キトガリヒメシャク

スジハグルマエダシャク

2017年10月13日(金)
スジハグルマエダシャク 撮影日:2017/08/04,2014/10/19,2012/06/12 場所:勿来の関

シャクガ科エダシャク亜科のスジハグルマエダシャクを紹介します。
今年になって初めて観察しました。
シャクガ科エダシャク亜科の内,何の仲間か分かりませんでした。
じっと見ているうちにハグルマエダシャクの仲間だろうと予想がつきました。

スジハグルマエダシャク
名前のように真ん中の筋(外横線)が目立つスジハグルマエダシャク
ハグルマエダシャクの仲間はハグルマエダシャク・クロハグルマエダシャク・アベリアハグルマエダシャク・スジハグルマエダシャク等です。
それぞれの仲間でも個体差があって同定がなかなか進みません。

クロハグルマエダシャク
クロハグルマエダシャク。
今回初めて見つけたスジハグルマエダシャクの特徴は次の通りです。
①濃い1本の外横線(赤矢印)が前翅にも後翅にもあります。
②前翅だけに亜外縁線(青矢印)があります。
③その亜外縁線の中程に楕円紋があります。

二枚目の写真はクロハグルマエダシャクですがその特徴は次の様です。
①この蛾の亜外縁線(一番外側の横線)は前翅にも後翅にもあります。
 スジハグルマエダシャクの後翅には無いので区別がつきます。
②この蛾にもスジハグルマエダシャクにあった楕円紋らしいものがあります。

ハグルマエダシャク
ハグルマエダシャク。

科名 シャクガ科エダシャク亜科
和名 スジハグルマエダシャク
大きさ 開張22~31㎜
分布  北海道,本州,伊豆諸島八丈島,四国,九州,対馬,種子島,宮古島
出現月 7~9月
食餌動植物 幼虫はアオハダの葉を食べます。 成虫は花の蜜です。
特徴 

ポイントは 楕円の紋と 外横線


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : スジハグルマエダシャク

オイワケヒメシャク

2017年6月12日(月)
オイワケヒメシャク 撮影日:2017/06/09,06/05,2012/05/31 場所:勿来の関

 シャクガ科ヒメシャク亜科のオイワケヒメシャクを紹介します。
 薄褐色の小さい蛾が止まっています。

オイワケヒメシャク
外横線(赤矢印から赤矢印)上に黒点が並ぶオイワケヒメシャク
 ウスキヒメシャクと似ていますが,次のような特徴からオイワケヒメシャクとしました。
 ①前翅外横線(赤矢印から赤矢印)上に黒点が並んでいます。
  個体によっては外横線がはっきりしないものも居ます。
 ②その外横線は前縁(赤矢印)と後縁(赤矢印)部分で太くて濃くなります。
 ③後翅の外横線(青矢印から青矢印)についても上の①②が当てはまります。

オイワケヒメシャク
外横線の前縁と後縁部分は太くて濃くなっているオイワケヒメシャク。
 その外の主な特徴は次の通りです。
 ④内横線と外横線の間に,前翅にも後翅にも黒点が一個あります。
 ⑤後翅の中横線はこの黒点をまたぐように(緑矢印)曲がっています。
 ⑥縁毛には黒点が並んでいます。

オイワケヒメシャク
後翅の外横線についてもそれが当てはまるオイワケヒメシャク。

 科名 シャクガ科ヒメシャク亜科
 和名 オイワケヒメシャク
 大きさ 開張15~20㎜
 分布  本州,四国,九州,対馬,屋久島
 出現月 5~7,9月
 食餌動植物 幼虫は何を食べるか分かっていません。
 特徴 

 黒点が 外横線に 並んでる


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : オイワケヒメシャク

ツマグロナミシャク

2017年6月2日(金)
ツマグロナミシャク 撮影日:2015/05/18,2011/07/17,2017/05/31 場所:勿来の関

 シャクガ科ナミシャク亜科のツマグロナミシャクを紹介します。
 外横線の外側が薄茶色の蛾が止まっています。

ツマグロナミシャク
腹部背にある茶色の縞模様がはっきり分かるツマグロナミシャク
 壁に貼り付く止まり方からシャクガ科と分かりました。
 更に,赤矢印で示した波形紋様からナミシャク亜科と分かります。
 最初の写真の蛾の触角は糸状です。だから雌だと分かります。
 2枚目と3枚目の写真の蛾の触角は櫛歯状ですので雄です。

ツマグロナミシャク
擦れた個体で外横線や腹部背の縞模様がはっきりしないツマグロナミシャク
 白い縁取りのある外横線の外側は,翅頂付近を除いて薄褐色です。
 つまが黒くなっているのでツマグロナミシャクと名付けたのでしょう。
 腹部背には茶色の縞模様が見られます。

ツマグロナミシャク
赤矢印の所にある波形紋様からナミシャク亜科と分かるツマグロナミシャク。

 科名 シャクガ科ナミシャク亜科
 和名 ツマグロナミシャク
 大きさ 開張 17~20㎜
 分布  北海道,本州,四国,九州
 出現月 5~7,9~10月
 食餌動植物 幼虫はキツリフネ、キンミズヒキの葉を食べます。
 特徴 腹部背に茶色の縞模様が見られます。
    雄の触角は櫛歯状,雌は糸状です。 

 外白く 茶色の縞が 腹部背に


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ツマグロナミシャク

テンヅマナミシャク

2017年5月4日(木)
テンヅマナミシャク 撮影日:2017/05/04,2013/05/13,2011/05/26場所:勿来の関

 シャクガ科ナミシャク亜科のテンヅマナミシャクを紹介します。
 壁に真っ黒く見えるナミシャク亜科の蛾が止まっています。

テンヅマナミシャク
よく見ると黒い中にも何本もの横線が走っているテンヅマナミシャク
 二重に見える外横線に波形の紋が見られるのでナミシャク亜科と分かりました。
 あまり見掛けない蛾です。
 それというのも,食餌植物がクサギだけだからと思われます。

テンヅマナミシャク
名のいわれとなった白点が端に沿って並んでいるテンヅマナミシャク
 外縁に沿って白点が並んでいます。
 白い点が端(つま:はしに)並んでいるナミシャクという意味でしょう。
 それらの白点は前翅後縁と後翅後縁で白線になります。

テンヅマナミシャク
外横線を挟むように広がる薄褐色の紋があるテンヅマナミシャク。

 科名 シャクガ科ナミシャク亜科
 和名 テンヅマナミシャク
 大きさ 38~42㎜
 分布  北海道,本州,四国,九州,屋久島
 出現月 4~8月
 食餌動植物 幼虫はクサギの葉を食べます。
 特徴 外縁に沿って白点が並びます。

 白点が 外縁沿いに 並びます


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : テンヅマナミシャク

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測