FC2ブログ

ハコベナミシャク

2018年9月14日(金)
1805 ハコベナミシャク  撮影日:2018/09/03,09/05 撮影場所:勿来の関

今日,紹介するハコベナミシャクは9月3日と5日に勿来の関で観察したものです。

ハコベナミシャク
ハコベナミシャク
2010年から蛾の観察を始めましたが,初めて見ることが出来ました。
外横線を境にして内側は黒く,外側は白いツートンカラーの蛾です。
掲載しているサイトは全国でも95件と少ない蛾です。


ハコベナミシャク
ハコベナミシャク
一見,ヤガ科のネグロアツバやヤマガタアツバににていますが,下唇鬚(かしんひげ)の発達が貧弱です。
だから,アツバの仲間ではないと分かります。
幼虫がハコベの仲間であるウシハコベでの飼育記録があるのでハコベナミシャクと名付けられたのでしょう。


科名 シャクガ科ナミシャク亜科
和名 ハコベナミシャク
開張 24~27㎜
分布 北海道,本州,四国,九州
出現期 5~8月
食餌動植物 ウシハコベでの飼育記録があります。
特徴 前翅前方が黒く後方は白っぽい蛾です。

外は白 外横線が 色わける


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ハコベナミシャク

キリバエダシャク

2018年8月8日(水)
キリバエダシャク  撮影日:2018/07/29,2011/07/31 撮影場所:勿来の関

今日,紹介するキリバエダシャクは2018年7月29日と2011年7月31日に勿来の関で観察したものです。

キリバエダシャク
キリバエダシャク  触角が櫛歯状なので雄です。
初めて観察する蛾です。
初めは,エグリヅマエダシャクかと思いました。
でも,写しながら何か変だと感じました。
形は似ていても白線で縁取られた外横線がこの蛾には無かったからです。
検索には少し時間がかかりました。
いつも「四国産蛾類図鑑」を利用させていただいていますが,掲載されていなかったからです。
それで,「あおもり昆虫記」から探しだしキリバエダシャクと分かりました。


キリバエダシャク
キリバエダシャク  外横線が途中で消えるタイプです。
この蛾を掲載しているサイトは約 122 件と少ないです。
この蛾はエダシャク亜科にもかかわらず止まるとき触角を背負っている変わり種です。
この蛾は外横線が前縁近くで濃く太くなっていますが,途中で消え後縁まで達していません。
その代わり翅頂を囲むように太くて濃い褐色線が見られます。
ところが,外横線が前縁から後縁まで走っているものもいます。
このように,キリバエダシャクは変わり種ばかりでなく個体差が大きい種です。


科名 シャクガ科エダシャク亜科
和名 キリバエダシャク
開張 37~49㎜
分布  北海道,本州,八丈島,佐渡島,四国,九州
出現期 7~10月
食餌動植物  ミズ,ナラ,ニレ,サクラ,リンゴ,マメザクラ,ヤシャブシ,シナノキ,ヤナギ科
特徴 外縁に鋸歯状が見られますが,個体差があります。

珍しや 触角背負う 変わり種


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : キリバエダシャク

アトボシエダシャク

2018年4月27日(金)
アトボシエダシャク 撮影日:2018/04/24 場所:勿来の関

シャクガ科エダシャク亜科のアトボシエダシャクを紹介します。
今までに何回か見てきました。
しかし,何時も翅を完全に開かずに止まっているので見過ごして来ました。

アトボシエダシャク
半開きにして止まるので写しづらいアトボシエダシャク
最近になって,この状態が普通の姿なのかも知れないと思い写真を撮りました。
写す面が平らで無く奥行きがあるので,必ずどこかがぶれてしまいます。
ぶれを最小限に抑える為に少し離れて写真を撮りました。

アトボシエダシャク
止まるときには何時もこんな姿のアトボシエダシャク
前翅の表側には,はっきりと内横線と外横線が写っています。
後翅の表側には,外横線だけが写っています。
表側からも裏側からも黒点が確かめられます。
でも,後翅の黒点の方が大きくてはっきりしています。
(それでアトボシエダシャクと名付けられたのでしょう。)
雄の触角は櫛歯状で雌の方は糸状です。

アトボシエダシャク
前翅にも後翅にも黒点がありますが後翅の黒点が目立つアトボシエダシャク。

科名 シャクガ科エダシャク亜科
和名 アトボシエダシャク
大きさ 開張 22~25㎜
分布  北海道,本州,四国,九州
出現月 3~4月
食餌動植物 幼虫はコナラ,レンゲツツジの葉を食べます。
特徴 翅を半開きにしたまま止まります。

いつ見ても 半開きにし 止まります


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : アトボシエダシャク

ウスバキエダシャク

2018年4月10日(火)
ウスバキエダシャク 撮影日:2012/04/11,2011/04/07,2017/04/19 場所:勿来の関

シャクガ科エダシャク亜科のウスバキエダシャクを紹介します。
今年も,四月になったらウスバキエダシャクが出現してきました。
見ただけでエダシャク亜科と分かりますが,同定するには時間がかかります。
その訳はこの仲間は似ているものが多いからです。

ウスバキエダシャク
触角が櫛歯状なので雄のウスバキエダシャク
そこでどのような特徴が見られるか調べました。
内横線は前縁近くで急に頭部の方へ曲がります。
その内横線が後縁まで伸びています。
内横線と後縁の交差点を結ぶと腹部背を通ります。
①その腹部背は黒くなっています。(黄矢印)

ウスバキエダシャク
これも触角が櫛歯状なので雄のウスバキエダシャク。
前翅外横線(赤矢印)には山のよう高くなった所(2つの赤矢印と前縁に近い所)が3つあります。
②その内の2つ(赤矢印)の所に黒点があります。
 雌(最後の写真)では不明瞭です。

ウスバキエダシャク
触角が糸状なので雌のウスバキエダシャク。

③白い亜外縁線(青矢印~青矢印)があります。
④内横線と外横線の間に短い黒筋があります。


科名 シャクガ科エダシャク亜科
和名 ウスバキエダシャク
大きさ 開張 雄27~31㎜ 雌22~30㎜
分布  北海道,本州,四国,九州,対馬
出現月 4~5月
食餌動植物 幼虫はヒメヤシャブシ,クマシデ,イヌツゲ,コマユミ,ナツハゼ,エゴノキ,ハルニレの葉を食べます。
特徴 雄の触角は櫛歯状,雌は糸状です。

腹部背の 内横線を 結ぶ場所(黒くなる)


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ウスバキエダシャク

バラシロエダシャク

2018年4月7日(土)
バラシロエダシャク 撮影日:2013/05/01,03/24,2011/07/30 場所:勿来の関

シャクガ科エダシャク亜科のバラシロエダシャクを紹介します。
白い地に黒及び灰色の帯模様や黒点がある蛾です。
しかし,それらの形や濃さには個体差があっていろいろです。

バラシロエダシャク
太い外横線(青矢印)や太い亜外縁線(緑矢印)が濃いバラシロエダシャク
個体差はあっても,3つの矢印で示したものはどの個体にもあります。
①前翅中央から少し前縁に寄った場所に黒点(赤矢印)があります。
②幅の広い外横線(青矢印)があります。
③幅の広い亜外縁線(緑矢印)があります。

バラシロエダシャク
普通は後翅が見えるように開いて止まることが多いバラシロエダシャク
幼虫がバラ科の植物を餌としていて白い地なのでバラシロエダシャクと名付けられたのでしょう。

バラシロエダシャク
どちらの横線も薄いバラシロエダシャク。

科名 シャクガ科エダシャク亜科
和名 バラシロエダシャク
大きさ 開張 22~24㎜
分布  北海道,本州,四国,九州,対馬
出現月 4~8月
食餌動植物 幼虫はウワミズザクラ,マメザクラ,カスミザクラ,モモ,ズミ,ナナカマドの葉を食べます。
特徴 黒い模様には個体差があります。

ポイントは 黒点1つ 後翅にも


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : バラシロエダシャク

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測