FC2ブログ

チャイロキリガ

2020年3月28日(土)
チャイロキリガ 撮影日2020/03/28 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2020年3月28日に観察したチャイロキリガです。
昨日も,月明かり無く暖かで蛾の飛来が予想できたので期待していきました。
すると,4種類の蛾が見られました。

チャイロキリガ
①チャイロキリガ(ヤガ科ヨトウガ亜科)
隅々まで探していると,未だ1回しか見ていない蛾を見つけることが出来ました。
周りと似たような色で窓枠の隅に止まっていたから見逃すところでした。


チャイロキリガ
②チャイロキリガ
青矢印が指している亜外縁線の真ん中辺りにある薄褐色紋が目立っています。
左右の翅が重なる部分は折れて傾斜が緩やかになっています。


チャイロキリガ
③チャイロキリガ
撮影しやすい場所に移動しました。
すると,環状紋(赤矢印)や腎状紋(緑矢印)の輪郭が辛うじて分かるようになりました。


チャイロキリガ
④チャイロキリガ
何枚も写しているとシャッターを押す度に体を僅かに動かすようになってしまいました。
その内に羽ばたき運動を始めてしまいました。
ぶれないようにフラッシュを焚きました。
一対の薄褐色紋の前縁側には小さな薄褐色紋があります。


科名 ヤガ科ヨトウガ亜科
和名 チャイロキリガ
開張 35~42㎜
出現月 4月
分布  北海道,本州,四国,九州,対
食餌動植物 幼虫はサクラ,エノキ,カキ,リンゴ,クヌギ,カシワの葉を食べます。
特徴 

一対の 薄褐色紋が 見えている



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
スポンサーサイト



クロテンキリガ

2020年3月27日(金)
クロテンキリガ 撮影日2020/03/27 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2020年3月27日に観察したクロテンキリガです。
昨日は,月明かりも無く暖かで蛾の飛来が予想できたので期待していきました。

クロテンキリガ
①クロテンキリガ(ヤガ科ヨトウガ亜科)
腎状紋や環状紋が不明瞭ですがあるのでヨトウガ亜科と予想して探しました。
しかし,ブナキリガ,ホソバキリガ,クロミミキリガに似ていて同定は困難でした。
亜外縁線が赤矢印の場所で曲がっているのでホソバキリガだと思っていました。
しかし,環状紋が不明瞭なので決めかねていました。


クロテンキリガ
②クロテンキリガ
そうしているうちに,胸部近くで横に並んでいる黒点(緑数字123)に気づきました。
これが手掛かりになって同定出来ました。
尚,黒点は3つ有るとは限らず2つのときもあります。
環状紋は横向きの画像の方が見やすいです。
薄褐色の線で囲まれています。
<以前のクロテンキリガの記事はこちらです。>



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

アトヘリヒトホシアツバ

2020年3月8日(日)
アトヘリヒトホシアツバ 撮影日:2011/09/10,2016/07/30,2018/09/09 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2011年9月10日,2016年7月30日,2018年9月9日に観察したアトヘリヒトホシアツバです。

アトヘリヒトホシアツバ♂
①アトヘリヒトホシアツバ♂(ヤガ科ムラサキアツバ亜科)
前翅長10㎜の小さい蛾です。
真ん中へんにある暗褐色の紋がひとつあって目立っています。
小さいが前方へつき出した下唇鬚(かしんひげ)と矢尻の形からアツバの仲間を探すと見つかります。(四国産蛾類図鑑)


アトヘリヒトホシアツバ♂
②アトヘリヒトホシアツバ♂
最初の写真のものと2番目の写真ものは,触角の根元(赤矢印)が膨らんでいます。
この特徴は♂であることを示しています。
♂の触角の多くは櫛歯状になっていますが,膨らみや瘤が有ったりするものも居ます。


アトヘリヒトホシアツバ♀
③アトヘリヒトホシアツバ♀
この写真の蛾は根元の部分が膨らんでいないので♀と分かります。
このことから,もっと性別に関心を持って写真を撮ろうと思いました。


科名 ヤガ科ムラサキアツバ亜科
和名 アトヘリヒトホシアツバ
前翅長 10㎜
出現月 4~10月
分布  本州,四国,九州,対馬
食餌動植物 クズ,フジ
特徴 ♂の触角は根元近くが膨らんでいます。

真ん中に 暗色紋が 一つあり



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

チビクロアツバ

2020年3月7日(土)
チビクロアツバ 撮影日:2018/06/27 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2018年6月27日に観察したチビクロアツバです。

チビクロアツバ
①チビクロアツバ(ヤガ科ムラサキアツバ亜科)
一見,黒い蛾のように見えます。
画像を見ると金色を帯びた紋が有ります。
画像が暗くて下唇鬚(かしんひげ)の様子が分かりません。
でも矢尻の形をしているのでヤガ科を隅から隅まで探してやっとチビクロアツバを見つけました。


チビクロアツバ
②チビクロアツバ
もう少し画像を明るくすれば,特徴が分かりやすくなると思い明るくしました。
すると横線が4本走っていることが分かりました。
その間は薄紫になっていて銀粉が散在しています。
金色を帯びた紋(緑矢印)の脇には青味を帯びた球状の突起(赤矢印)が見られます。
これと同じ突起が頭に近い所(赤矢印)にもあります。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

ハイイロコヤガ

2020年3月1日(日)
ハイイロコヤガ 撮影日:2016/07/22 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2016年7月22日に観察したハイイロコヤガです。

ハイイロコヤガ
①ハイイロコヤガ(ヤガ科ベニコヤガ亜科)
シャクガ科にも見えますが,何となく翅が厚く見えるのでヤガ科と予想がつきます。
さらに小さいのでコヤガの仲間と予想がつきます。
灰色の地に焦茶色の線や黒紋が所狭しと広がっています。
特に,前翅前縁の根元にある半円紋と縁毛にある黒い斑紋が目に付きます。


ハイイロコヤガ
②ハイイロコヤガ
前翅長6.5~8㎜と小さな蛾で,幼虫は地衣類を食べます。
北海道や沖縄を除く日本に分布しています。


科名 ヤガ科ベニコヤガ亜科
和名 ハイイロコヤガ
体長 6.5~8㎜
出現月 7~9月
分布  本州,四国,九州,対馬,屋久島
食餌動植物 幼虫は地衣類を食べます。
特徴 

灰色に 線や黒紋 あちこちに



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
RSSリンクの表示
月齢カレンダー
月齢を見て蛾の飛来数を予測しています。
月齢による蛾の飛来数予測