FC2ブログ

9月(2018年)に見られた蛾⑧

2018年9月17日(月)
9月(2018年)に見られた蛾⑧  撮影日:2018/09/05,09/07 撮影場所:勿来の関

今日,紹介する蛾は9月5日と7日に勿来の関で観察したものです。

ミツテンノメイガ
①ミツテンノメイガ(ツトガ科ノメイガ亜科)
触角を背負っていて翅色が黄で黒褐色の筋模様があるのでツトガ科と分かります。
縁毛はすべて白いです。
3つの緑矢印の先には小さな点から大きな円い紋まであります。
それらを全部点と見立ててミツテンノメイガと名付けたのでしょうか。


セスジスズメ
②セスジスズメ(スズメガ科)
朝,家の中の壁に止まっているのを見つけ刺激しないようにそっと動き写真を取りました。
翅がジェット戦闘機のような形をしているのでスズメガ科と分かります。
腹部背に筋があるのでセスジスズメと名付けられたのでしょう。


ヒメマダラミズメイガ
③ヒメマダラミズメイガ(ツトガ科ミズメイガ亜科)
触角を背負っているので,ツトガ科・メイガ科と分かります。
開張が12~23㎜と大きさで最大11㎜も違います。
だから大きいものも小さいものもいます。
この写真のように黒褐色を帯びてるものは雌で,雄は黄土色を帯びています。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 9月(2018年)に見られた蛾⑧

9月(2018年)に見られた蛾⑦

2018年9月16日(日)
9月(2018年)に見られた蛾⑦  撮影日:2018/09/05 撮影場所:勿来の関

今日,紹介する蛾は9月5日に勿来の関で観察したものです。

ヨモギオオホソハマキ
①ヨモギオオホソハマキ(ハマキガ科)
幼虫はヨモギ類の茎を食べるのでヨモギが名前の先頭に付いているのでしょう。
開張22~30㎜とハマキガ科としては大きい蛾です。
発達した下唇鬚(かしんひげ)が見られますが,アツバの仲間ではありません。


ヨモギオオホソハマキ
①ヨモギオオホソハマキ(ハマキガ科)  立派な下唇鬚(かしんひげ)を持っています。


マツカレハ
②マツカレハ(カレハガ科)
似ている蛾にツガカレハが居るので注意が必要です。
緑矢印の部分の出っ張りが無ければツガカレハだと思っています。
個体差があって翅の色は黒褐色から茶褐色まであります。


マツカレハ
②マツカレハ(カレハガ科)  ツガカレハと似ていて同定するのに迷いました。


ヘリグロヒメアオシャク
③ヘリグロヒメアオシャク(シャクガ科アオシャク亜科)
同定ポイントは,先ず腹部背にある白と褐色の紋です。
次に,縁毛がどこも灰色です。
最後に,黒い外縁線に小白点が点列状に並んでいます。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 9月(2018年)に見られた蛾⑦

9月(2018年)に見られた蛾⑥

2018年9月15日(土)
9月(2018年)に見られた蛾⑥  撮影日:2018/09/03 撮影場所:勿来の関

9/11の記事モンムラサキクチバが検索されません。
9/14の記事ハコベナミシャクが検索されません。
よろしくお願いします。

今日,紹介する蛾は9月3日に勿来の関で観察したものです。

オオキクチブサガ
①オオキクチブサガ(クチブサガ科)
薄黄色の細長い蛾です。
触角にある白と黒の縞模様が綺麗です。
前翅前縁中央に一対の黒点があります。
頭部前方(口の周り)には,ふさふさした毛があるのでクチブサガと名付けられたのでしょう。


ヒメエビイロアツバ
②ヒメエビイロアツバ(ヤガ科ムラサキアツバ亜科)
発達した下唇鬚(かしんひげ)からアツバの仲間と分かります。
前翅前縁近くにある黒点と二筋の黒横線があります。
翅はわずかに紫がかっています。


アトキスジクルマコヤガ
③アトキスジクルマコヤガ(ヤガ科コヤガ亜科)
前翅前縁に白い縁取りがあります。
褐色の地に薄褐色の筋模様が綺麗な蛾です。
特に外縁に沿って立ち並ぶ模様に惹かれます。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 9月(2018年)に見られた蛾⑥

ハコベナミシャク

2018年9月14日(金)
1805 ハコベナミシャク  撮影日:2018/09/03,09/05 撮影場所:勿来の関

今日,紹介するハコベナミシャクは9月3日と5日に勿来の関で観察したものです。

ハコベナミシャク
ハコベナミシャク
2010年から蛾の観察を始めましたが,初めて見ることが出来ました。
外横線を境にして内側は黒く,外側は白いツートンカラーの蛾です。
掲載しているサイトは全国でも95件と少ない蛾です。


ハコベナミシャク
ハコベナミシャク
一見,ヤガ科のネグロアツバやヤマガタアツバににていますが,下唇鬚(かしんひげ)の発達が貧弱です。
だから,アツバの仲間ではないと分かります。
幼虫がハコベの仲間であるウシハコベでの飼育記録があるのでハコベナミシャクと名付けられたのでしょう。


科名 シャクガ科ナミシャク亜科
和名 ハコベナミシャク
開張 24~27㎜
分布 北海道,本州,四国,九州
出現期 5~8月
食餌動植物 ウシハコベでの飼育記録があります。
特徴 前翅前方が黒く後方は白っぽい蛾です。

外は白 外横線が 色わける


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ハコベナミシャク

9月(2018年)に見られた蛾⑤

2018年9月13日(木)
9月(2018年)に見られた蛾⑤  撮影日:2018/09/02,09/03 撮影場所:勿来の関

今日,紹介する蛾は9月と2日と3日に勿来の関で観察したものです。

オオマダラウワバ
①オオマダラウワバ(ヤガ科 キンウワバ亜科)
資料が少なく同定には苦労しました。
しかも,似ている種が居るので注意が必要です。
正しく同定するには解剖が必要です。
とりあえず普通に分布しているオオマダラウワバとしました。


オオマダラウワバ
①オオマダラウワバ(ヤガ科 キンウワバ亜科)
主な特徴は次の通りです。
A胸部前面に2つの目玉模様があります。
B胸部背には毛が立っています。
C前翅中央付近に2つの小さな突起があります。


カクバネヒゲナガキバガ
②カクバネヒゲナガキバガ(ヒゲナガキバガ科)
発達した下唇鬚(かしんひげ)から細いキバが出ています。
それからキバガの仲間と分かります。
白い触角を左右に伸ばして止まります。
しかも,腹端を高く上げて止まります。


シャンハイオエダシャク
③シャンハイオエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)
薄褐色の地に褐色の筋や紋があります。
前翅外縁は円くなく2つの辺から出来ています。
後翅外縁も2つの辺から出来ていて中央が尖っているので尾に見立られています。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 9月(2018年)に見られた蛾⑤

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測