FC2ブログ

ナミスジフユナミシャク

2019年1月19日(土)
1932 ナミスジフユナミシャク 撮影日:2019/01/08,2016/01/04 撮影場所:勿来の関

今日,紹介するのは勿来の関で観察したナミスジフユナミシャクです。

ナミスジフユナミシャク
①ナミスジフユナミシャク雄(シャクガ科ナミシャク亜科)
この蛾も1月8日に灯火に飛来していました。
赤矢印を付けた外横線が「U字」形をしているのでナミシャク亜科と分かります。
この蛾の外横線は前縁に近いほど広くなっています。


ナミスジフユナミシャク
②ナミスジフユナミシャク雌(シャクガ科ナミシャク亜科)
こちらはナミスジフユナミシャクの雌です。
フユシャクガの中では翅の長さが長い方です。
長いといっても4㎜程度です。
前翅の外横線が帯状になっているのを手掛かりに探しました。
ところが,1本のものはあっても帯状のものはなかなか見つかりません。
諦めかけた頃,「虫ナビ」で見付け同定することが出来ました。
雌の翅の紋様は個体差があるようです。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
スポンサーサイト

クロテンフユシャク

2019年1月18日(金)
クロテンフユシャク 撮影日:2019/01/08,01/18,2016/01/28 撮影場所:勿来の関

今日,紹介するのは勿来の関で観察したクロテンフユシャクです。

クロテンフユシャク
①クロテンフユシャク(シャクガ科フユシャク亜科)
1月8日にはクロテンフユシャクも灯火に飛来していました。
特に目立つのは,大きな黒点です。
しかし,ウスバフユシャクも大きな黒点があるので注意が必要です。


クロテンフユシャク
②クロテンフユシャク(上雄,下雌)  2016年1月28日撮影
似ているウスバフユシャクとの違いは外横線・内横線と翅頂から立ち上がる線にあります。
Aクロテンフユシャクの外横線は赤矢印の所で急に曲がるのが特徴です。
B内横線は,はっきりした線状にならず三つの点状になることが多いです。
C翅頂から斜めに立ち上がる線がはっきりしていません。
下に居るのは雌です。
翅は退化して見られません。
雌は産卵後,緑矢印で示した毛を卵の上に幾重にも被せます。
そのようにして寒気から卵を守ります。


ウスバフユシャク
③ウスバフユシャク(シャクガ科フユシャク亜科) 比較のために載せました。
A内横線が直角に曲がります。内横線は濃く線状です。
B外横線が緩いカーブを描きながら曲がります。
C翅頂から立ち上がる線と外横線の間が白っぽくなる傾向があります。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

ウスバフユシャク

2019年1月17日(木)
ウスバフユシャク 撮影日:2019/01/08,01/17 撮影場所:勿来の関

今日,紹介するのは勿来の関で観察したウスバフユシャクです。


ウスバフユシャク
文①ウスバフユシャク(シャクガ科フユシャク亜科)
1月8日には何種類かの蛾が灯火に飛来していました。
その中にウスバフユシャクがいました。
雌は翅が退化して空を飛ぶことが出来ません。


ウスバフユシャク
②ウスバフユシャク
似ている蛾にクロテンフユシャクが居ます。
間違わずに見分ける方法は内横線の曲がり具合で決定するのが一番です。
内横線が赤矢印の所で直角に曲がっていればウスバフユシャクです。
一方,クロテンフユシャクの方は,ぼんやりしていることが多く緩やかな線を描きます。


ウスバフユシャク
③ウスバフユシャク  上の写真と同一個体です。
最初の写真の個体は黒点が大きいです。
しかし,2枚目・3枚目の個体は黒点(緑矢印)が小さくはっきりしません。
内横線と外横線の間が濃くあらわれる傾向があります。
最後に,翅頂から斜めに立ち上がる線(黄矢印)と外横線で囲まれた所が白くなる傾向があります。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

クシヒゲシャチホコ

2019年1月16日(水)
1929 クシヒゲシャチホコ 撮影日:2019/01/09,2018/01/17 撮影場所:勿来の関

今日,紹介するのは勿来の関で観察したクシヒゲシャチホコです。

クシヒゲシャチホコ
①クシヒゲシャチホコ(シャチホコガ科)
今年も,年が明けてから出現したクシヒゲシャチホコです。
体の割に大きな触角を持っています。
その触角が写真のように両櫛歯状の大きなものなのでクシヒゲシャチホコと名付けられたのでしょう。


クシヒゲシャチホコ
②クシヒゲシャチホコ
開張が33㎜と中型の蛾です。
緑色矢印で示した茶色の線は内横線です。
赤矢印で示したものは外横線です。
その間に薄褐色の紋が有ります。


クシヒゲシャチホコ
③クシヒゲシャチホコ
止まっているときは,翅の下に触角を納めているので見えません。(3枚目の写真)
そっと体をひっくり返すと納められた触角が見られます。


1月17日(木)に出かけて行くとクシヒゲシャチホコが3匹ほど蜘蛛の巣に掛かっていました。
その中の一つを棒で上手く取り出しました。
つついてみましたが動きません。
クモに襲われた様子もありません。
おそらく絶命したのでしょう。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

アゲハモドキ

2019年1月15日(火)
アゲハモドキ 撮影日:2018/08/05,08/06 撮影場所:勿来の関

今日,紹介するのは勿来の関で観察したアゲハモドキです。

アゲハモドキ
①アゲハモドキ(アゲハモドキガ科)
灯火に飛来した個体を見るとチョウかなと思ってしまいます。
黒い翅を持つアゲハチョウの仲間に似ています。
クロアゲハやカラスアゲハには,よくにています。
だから,似ているという意味でアゲハモドキと呼ばれています。


アゲハモドキ
②アゲハモドキ
でも,チョウは翅を閉じて止まることが多いです。
反対に,ガは翅を開いて止まるものが多いです。
更に,蛾は灯火に飛来しますが,チョウはほとんど灯火に飛来しません。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
RSSリンクの表示
月齢カレンダー
月齢を見て蛾の飛来数を予測しています。
月齢による蛾の飛来数予測