FC2ブログ

ベニモンアオリンガ

2020年2月19日(水)
ベニモンアオリンガ 撮影日:2018/05/02,05/06 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2018年5月2日と5月6日に観察した蛾です。

ベニモンアオリンガ
①ベニモンアオリンガ(コブガ科ワタリンガ亜科)
一見ヤガ科の蛾に見えますが,あまり聞き慣れないコブガ科の蛾です。
黄緑色の地の中頃に紅を帯びた円い紋がある小さな蛾です。


ベニモンアオリンガ
②ベニモンアオリンガ
焦茶色の外縁線(外縁に沿って見られる線)が有ります。
足には白と黒の斑模様が見られます。


ベニモンアオリンガ
③ベニモンアオリンガ
分布は北海道から沖縄まで全国に広がっています。
幼虫の餌はツツジ類の葉です。


ベニモンアオリンガ
④ベニモンアオリンガ
夏の個体はアカマエアオリンガに似ているので注意が必要です。
夏見られる個体の翅は紅色の紋が無く薄褐色の翅だからです。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
スポンサーサイト



2月に見られた蛾

2020年2月18日(火)
2月に見られた蛾 撮影日:2019/02/03,2/16 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2019年2月3日と2月16日に観察した蛾です。

シモフリトゲエダシャク
①シモフリトゲエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)
♀は冬尺蛾の中で最大級の大きさをほこる「冬尺蛾」です。
もちろん♀は翅が退化していて飛べません。
内横線と外横線が赤矢印の所で接近しているので同定ポイントになっています。
緑矢印が指している後翅の部分が縮んで皺になり,きちんとのびていません。
羽化するときに近くに障害物があって翅がよく伸びられなかったのでしょう。


シロフフユエダシャク
②シロフフユエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)  「冬尺蛾」
この蛾の♀も翅が退化して飛べない「冬尺蛾」です。
内横線と外横線の間が白っぽく見える蛾です。
翅頂の上の黒紋も同定ポイントになっています。


キバラモクメキリガ
③キバラモクメキリガ(ヤガ科キリガ亜科)
少し暖かい日の翌日に床の隅に止まっていました。
独特な姿をしていて直ぐ同定出来る蛾です。
隅にいて撮りずらかったので,棒で移動させたら少し翅を開いてしまいました。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

クロスジホソバ

2020年2月17日(月)
クロスジホソバ 撮影日:2018/07/07,2017/07/17 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2017年7月17日と2018年7月7日に観察したクロスジホソバです。

クロスジホソバ
①クロスジホソバ(ヒトリガ科コケガ亜科)
細長くて灰色や黄橙色の蛾なら見慣れていますが,黒い筋が一本のものは初めてです。
その見慣れているものは,ヒトリガ科のホソバの仲間なので直ぐ見つかりました。
これらの幼虫は地衣類を食べます。


クロスジホソバ
②クロスジホソバ
♀は白っぽく,♂は黒っぽい色です。
しかも,雌の触角は糸状に近く♂は短い髭が生えています。


クロスジホソバ
③クロスジホソバ
沖縄を除く日本に分布しています。


科名 ヒトリガ科コケガ亜科
和名 クロスジホソバ
開張 春型25~30㎜ 夏型22~27㎜
出現月 6~7月,8~9月
分布  北海道,本州,四国,九州,対馬
食餌動植物 幼虫は地衣類を食べます。
特徴 ♀は色白で,♂は黒ずんでいます。

Vの字が ぽつんと一つ 真ん中に


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

カシワマイマイ

2020年2月16日(日)
カシワマイマイ 撮影日:2018/07/13 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2018年7月13日に観察したマドガです。

カシワマイマイ
①カシワマイマイ(ドクガ科)
毛深い足に発達した触角を左右に広げて止まっています。
腹端が外縁から覗いていますが,シャチホコガ科ではありません。
発達した触角を広げていたらドクガ科から探すと早く見つかります。


カシワマイマイ
②カシワマイマイ
この蛾を見ていると人の顔に見えてきます。
前縁中央付近に円形の黒紋が目に見えてきます。
更に見ていると,眉毛・鼻・V字形の口・あごひげ等が見えてきます。

幼虫はカシワ,コナラ,クヌギ,クリ,サクラ,リンゴ,ナシイロハモミジ,アラカシ,アベマキ,イタジイの葉を食べます。


カシワマイマイ
③カシワマイマイ  腹には黄色い毛が生えています。
♀は翅が白っぽく,黒っぽい翅を持つ♂とはすぐ区別がつきます。
更に体の大きさは,驚くほど違います。
♀は♂より2倍近く大きいのです。
<この様子はこちらをご覧下さい。>



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

マドガ

2020年2月15日(土)
マドガ 撮影日:2014/05/22,05/31 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2014年5月22日と5月31日に観察したマドガです。

マドガ
①マドガ(マドガ科)
ヒメジオンに止まっているマドガ♀です。
何故雌かというと腹端の様子で分かります。
下の写真の様に長い棒状のものが出ていないからです。

前翅や後翅にある白紋を窓に見立ててマドガと名付けたようです。


マドガ
②マドガ
こちらは♂のマドガです。
赤矢印は長い棒状の腹端を指しています。
マドガの雌雄判断は,この長い棒状の腹端が有るか無いかを見れば良いのです。
長い棒状のものが有れば♂です。
無ければ♀です。
緑矢印が指しているのは口吻です。
ヒメジオンの蜜を夢中で吸っていたので近づいても逃げなかったのです。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
RSSリンクの表示
月齢カレンダー
月齢を見て蛾の飛来数を予測しています。
月齢による蛾の飛来数予測