FC2ブログ

スジエグリシャチホコ

2021年4月10日(土)
スジエグリシャチホコ 撮影日2021/04/03 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2021年4月3日に観察したスジエグリシャチホコです。

スジエグリシャチホコ
①スジエグリシャチホコ(シャチホコガ科)
左右の翅を合わせるように立てて止まります。
真上から見下ろすと薄い板状に見えます。
こんな止まり方をする蛾は6種類ほどいますがシャチホコガ科の仲間です。


スジエグリシャチホコ
②スジエグリシャチホコ
この仲間は似ているのでなかなか見分けることが難しいですが,この種は目印があるので区別がつきます。
それは黄矢印が指している焦茶色の外横線の外側にあります。
翅脈上にある薄褐色の短い筋(赤矢印がその内の一つを指しています。)が8個くらい並んでいます。
この筋が有ればスジエグリシャチホコです。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
スポンサーサイト



ウスキヒメアオシャク

2021年4月9日(金)
2613 ウスキヒメアオシャク 撮影日2021/04/07,8 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2021年4月7日と8日に観察したウスキヒメアオシャクです。

ウスキヒメアオシャク
①ウスキヒメアオシャク(シャクガ科アオシャク亜科)
毎年同定にてこずっているアオシャク亜科の蛾です。
似ている蛾が居る上に個体差があるからてこずっています。
似ている蛾とはヒメウスアオシャクです。

両者の大きな違いは外縁に白点が並んでいるかどうかです。
最初の写真を見ると明瞭な白点が並んでいます。
だからウスキヒメアオシャクと同定しました。


ウスキヒメアオシャク
②ウスキヒメアオシャク?
ところが,この写真の様に白点があっても明瞭でないものがいて判断に迷うものが居ます。
いずれにせよ内横線も外横線も非常に屈曲が大きい種です。
幼虫の餌はヤマモミジ,ヤマツツジで勿来の関には普通に分布しています。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

アカバキリガ

2021年4月8日(木)
アカバキリガ 撮影日2021/04/08 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2021年4月8日に観察したアカバキリガです。

アカバキリガ
①アカバキリガ(ヤガ科ヨトウガ亜科)
赤矢印・緑矢印の前方に腎状紋と環状紋が見られるのでヨトウガ亜科と分かります。
更に黄矢印が指している所に小黒点が有ります。
キリガ類の仲間の多くは胸部背の脇(黄矢印)に小黒点を持つものが多いです。
その形状は様々です。
勿来の関では4月上旬に見られます。
前翅長23㎜程の中くらいの蛾です。


アカバキリガ
②アカバキリガ
この蛾の特徴は二つあります。
一つは「1」の字の黒紋です。
「1」の字が互いに向かい合っています。
もう一つは,撮影していて感じたことですが翅が赤味を帯びていることです。
だから,アカバキリガと名付けられたのでしょう。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

コナフキエダシャク

2021年4月6日(火)
2612 コナフキエダシャク 撮影日2021/04/04 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2021年4月4日に観察したコナフキエダシャクです。

コナフキエダシャク
①コナフキエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)
普通止まるときは2枚目の写真の様に前翅を開いて後翅か見えるように開きます。
そして左右の翅は平面的になっているのでシャクガ科です。
翅が茶褐色で細波(さざなみ)状の細い線が沢山ある蛾です。
この蛾の特徴は春型(4月~5月)と夏型(7月~8月)で紋様が違うことがあげられます。
春型の前翅は内横線と外横線の間が濃い茶色になっています。


コナフキエダシャク
②コナフキエダシャク (2019/08/31撮影)
夏型の前翅は内横線(緑矢印)と外横線(赤矢印)だけが濃い茶色になっています。
夏型の後翅は外横線のみ少しだけ濃い茶色~濃い茶色になっています。
幼虫の餌となる植物は普通に分布しているブナ科,バラ科,ツツジ科なので複数回観察されます。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

フサヤガ

2021年4月5日(月)
2611 フサヤガ 撮影日2021/04/04 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2021年4月4日に観察したフサヤガです。

フサヤガ
①フサヤガ(ヤガ科フサヤガ亜科)
面白い格好をした蛾なので一度見たら忘れられません。
次の三つの特徴が上げられます。
A腹端を高く上げ90度くらい前方へ反ります。
B前翅も後翅も止まるときは折りたたんで細く見えることが多い。
Cナポレオンハットの様(緑矢印)なものが胸部に見えます。
うつむき加減の円らな瞳が可愛いです。(赤矢印)


フサヤガ
②フサヤガ
似ている蛾にコフサヤガが居るので注意が必要です。
以前は前翅長が17㎜ほどあったらフサヤガとしてきました。
しかし,今回は16.5㎜で微妙な長さなのです。
そこで,資料を探していたら次の記事が目に留まりました。
それは「YAMKEN明石の蛾達:コフサヤガ」です。
(http://yamken.jp/yam-hp3/kofusayaga.html)
そこには成虫以外越冬と書いてありました。(コフサヤガは成虫で越冬しない。)
出現月がどちらも6月以降なので4月頃見られるのはフサヤガとなります。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
クリック応援お願いします。
ブログカウンター
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真