8月に見られた蛾⑫

2017年8月22日(火)
8月に見られた蛾⑫ 撮影日:2017/08/17~08/22 場所:勿来の関

 今日,紹介する蛾は勿来の関の灯火へ8月17日~8月22日に飛来した蛾です。

トビイロリンガ
①トビイロリンガ(コブガ科リンガ亜科)
黄色の地に茶褐色の紋がある蛾です。
雄の前翅前縁中頃は凹み(雌は僅かに凹む程度)があるので,写真の蛾は雌です。


ヒメハナマガリアツバ
②ヒメハナマガリアツバ (ヤガ科クルマアツバ亜科)
後方へ反り返る下唇鬚(かしんひげ)があるので,アツバの仲間だと分かります。
前翅にある金色の楕円紋には斜めの線があります。


ナニワクビグロクチバ
③ナニワクビグロクチバ(ヤガ科シタバガ亜科)
似ている蛾にヒメクビグロクチバがいます。
しかし,ナニワクビグロクチバには次のような特徴があります。
①赤矢印で示した様な小さな白点があります。
②一番外側の横線は後縁近くで不明瞭になっています。


オビガ
④オビガ(オビガ科)
ずんぐりした形の蛾で前翅の筋模様に圧倒されます。
この蛾は全体に褐色で焦茶紋が所々にあります。
翅色には個体差があって黄褐色から焦茶色まであります。
黄色の線を挟んで上に細い焦茶色線,下に太い焦茶色線があります。
この線を帯に見立ててオビガと呼ぶのでしょう。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 8月に見られた蛾⑫

8月に見られた蛾⑪

2017年8月21日(月)
8月に見られた蛾⑪ 撮影日:2017/08/21 場所:勿来の関

 今日,紹介する蛾は勿来の関の灯火へ8月21日に飛来した蛾です。

アカキリバ
①アカキリバ(ヤガ科キリバ族)
あまり見ない蛾で久し振りに観察しました。
全体的に褐色ですが,内横線と外横線の間はやや濃くなっています。
外横線より少し内側に2つの黒点が,内横線の近くには小白点があります。


ホソナミアツバ
②ホソナミアツバ(ヤガ科クルマアツバ亜科)
下唇鬚(かしんひげ)がつんと前方へ出ているのでアツバの仲間だと分かります。
外縁線から縁毛の端まで,焦茶色の紋様が3列並んでいて上品な感じがする蛾です。


オオカバスジヤガ
③オオカバスジヤガ(ヤガ科モンヤガ亜科)
似ている蛾にカバスジヤガ・ウスイロカバスジヤガがいて同定は難しいです。
環状紋と後縁の間に黒点があります。
これがあるのはオオカバスジヤガに多いようです。


ウンモンスズメ
④ウンモンスズメ(スズメガ科)
灯火を見上げますと緑色をしたスズメガ科が止まっています。
緑色をしているのはウンモンスズメしか居ません。
この緑色が素敵なので棒に掴まらせて下に下りてもらうことにしました。
しかし,降りたとたん羽ばたきを始めてしまいました。
体を温めて飛んで行く準備です。
未だ,記念写真を撮ってないので羽ばたきをやめてもらうことにしました。
前翅を上から軽く押しているだけ(2秒くらい)でいいのです。
ウンモンスズメの後翅には紅色の紋があります。
上から写すとその紅色が少し覗いているのが分かります。


ウンモンスズメ
前足は前方へ中足は左右に伸ばしているウンモンスズメ。


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 8月に見られた蛾⑪

8月に見られた蛾⑩

2017年8月20日(日)
8月に見られた蛾⑩ 撮影日:2017/08/08~08/17 場所:勿来の関

 今日,紹介する蛾は勿来の関の灯火へ8月8日~8月17日に飛来した蛾です。

モンシロドクガ
①モンシロドクガ(ドクガ科)
白い地に黒い紋がある蛾です。
横から見ると赤矢印で示した様に毛が沢山生えているのが分かります。
ドクガ科で毒針毛を持つものは,この様な毛が見られます。
近寄らないことが一番よいですが,万一触れた場合は掻かずに水洗いをして下さい。


ドクガ
②ドクガ(ドクガ科)
卵から成虫まで一生の全てを毒針毛で武装しているのはモンシロドクガと同じです。
横から見ると赤矢印で示した様に毛が生えているのが分かります。
蛾に触れると10日間痒みが続くそうです。
毒針毛は目に見えないほど小さく風で飛ばされます。
近寄らないことが一番です。
ドクガ科については<次を見て下さい>。


クロモンウスチャヒメシャク
③クロモンウスチャヒメシャク(シャクガ科ヒメシャク亜科)
この蛾は後翅に白紋があります。
似た蛾にシロモンウスチャヒメシャクが居ますが,後翅にある紋は褐色です。
紋の色が白のときはクロといい,黒(あるいは褐色)のときはシロといい混同してしまいます。
同定のポイントは青矢印で示した外横線線がこの写真の様に点が並ぶときはクロモンウスチャヒメシャクです。
勿来の関ではクロモンウスチャヒメシャクは,ほとんど見ない蛾です。


テンモンシマコヤガ
④テンモンシマコヤガ(ヤガ科コヤガ亜)
頭部が橙色をした小さな蛾です。
内横線も外横線も前縁近くで急に約直角ほど曲がります。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 8月に見られた蛾⑩

8月に見られた蛾⑨

2017年8月19日(土)
8月に見られた蛾⑨ 撮影日:2017/08/16 場所:勿来の関

 今日,紹介する蛾は勿来の関の灯火へ8月16日に飛来した蛾です。

カシワマイマイ♀
①カシワマイマイ(ドクガ科)
ふと,前方のサクラを見ると幹に薄褐色の葉がついているように見えます。
何だろうと思いながら近づくと前翅長がなんと50㎜もある蛾でした。
写真には白く写っていますが,実際は少し薄褐色を帯びていました。
足や胸部に赤い部分があるのが印象に残っています。
裏側はどんな色をしているかと思い覗きました。
すると,雄(青矢印)が雌にしがみついて交尾中でした。
だから私が写真を撮るのに近付いてもじっとして動かなかったのです。

交尾中のカシワマイマイ
交尾中のカシワマイマイ。雄は雌の腹にしがみついています。

トサカフトメイガ
②トサカフトメイガ(メイガ科フトメイガ亜科)
触角を背負っているのでメイガ科・ツトガ科と分かります。
胸部を囲むように内横線が円弧を描いています。


サラサエダシャク
③サラサエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)
この蛾は翅を閉じて止まる習性があるのでほとんど表は見られません。
前翅翅頂付近に半月形の白紋があります。


アトグロアミメエダシャク
④アトグロアミメエダシャク♂(シャクガ科エダシャク亜科)
雄の触角は櫛歯状で雌は糸状なので写真の蛾は♂です。
外縁沿いの焦茶紋が無ければ網目模様の綺麗な蛾に見えます。
後ろの方が黒くなっているのでアトグロアミメエダシャクと呼ばれるのでしょう。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 8月に見られた蛾⑨

8月に見られた蛾⑧

2017年8月18日(金)
8月に見られた蛾⑧ 撮影日:2017/08/18 場所:勿来の関

 今日,紹介する蛾は勿来の関の灯火へ8月18日に飛来した蛾です。

ウスアオキノコヨトウ
①ウスアオキノコヨトウ(ヤガ科キノコヨトウ亜科)
内横線が二重になっていて,翅は少し緑色を帯びています。
胸部背にインディアンハットの様なものが見られます。


クロフケンモン
②クロフケンモン(ヤガ科ケンモンヤガ亜科)
暗い所で撮影すると黒く写ってしまいます。
黒ずんだ横帯の下側には腎状紋,上側には眼状紋が見られます。


シロヒトモンノメイガ
③シロヒトモンノメイガ(ツトガ科ノメイガ亜科)
白い服を着た人が手をつないでいるように見えます。
止まるときに触角を背負う習性があるツトガ科にあって,前方へ伸ばしたまま止まります。


オスグロトモエ♀
④オスグロトモエ♀(ヤガ科シタバガ亜科)
似た蛾にハグルマトモエが居て同定が難しいです。
しかし,春型のオスグロトモエを見つけているのでオスグロトモエとしました。
この蛾を肉眼で見ると薄褐色に見えますが,写真を撮ると少し緑色を帯びて写ります。
表を写し終えたとき裏側が赤かったことを思い出しました。
それで,最後に裏側を写しました。


オスグロトモエ♀
翅の裏は赤橙色をしています。


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 8月に見られた蛾⑧

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測