fc2ブログ

ムクゲコノハ

2024年4月1.8日(木)

3520 ムクゲコノハ(ヤガ科シタバガ亜科) 撮影日2015/02/15
①ムクゲコノハ(ヤガ科シタバガ亜科)茨城県立ミュージアム所蔵
ムクゲコノハ

この画像は茨城県立ミュージアム(博物館)所蔵のものを茨城県天心記念五浦美術館で展示したときに撮影したものです。
だから,私が自然の中で探して見つけたものではありません。
2015年2月15日前に勿来の関で偶然樹液を食べていたムクゲコノハに出合いました。
そのときの後翅の紅色がとても鮮やかだったので逃げられないようにそっと撮影しました。
でも,肉眼で見たときよりも綺麗に紅色が写っていませんでした。
かっかりしましたが,フラッシュを焚いて写せばと気が付いて写しました。
ところが却って色褪せて効果がありませんでした。
それ以来ムクゲコノハの紅色が忘れられずに気になっていました。
幸運にも茨城県立ミュージアム(博物館)所蔵の展示品を思い出し今日紹介することにしました。
不思議なことに今回も写真写りが悪くうっとりするような映像には成りませんでした。
それで,adobe photoshop elementで画像修正しました。
大きさ開帳 85~90㎜と大きな蛾です。
幼虫はコナラ、クヌギ、クリ、オニグルミ、サワグルミの葉を食べます。
樹液に集まります。


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
スポンサーサイト



オビカレハ

2024年4月1.7日(水)

3520 オビカレハ♂(カレハガ科マツカレハ亜科) 撮影日2014/06/20
①イチモンジハマキホソガ(カレハガ科マツカレハ亜科)
オビカレハ

黄褐色の地に2本の横線が有る蛾です。
赤矢印が指しているのは前翅から飛び出した後翅の一部です。
♂と♀では紋様に違いがあります。
♀は二本の横線の間が濃褐色になっています。
ですからこの写真の蛾は♂です。
本種の触角はがっちりしていて,体側に張り出していて見られます。
カレハガ科の仲間はこの写真のように後翅がはみ出ていることが多く見られます。
ですから本種はカレハガ科と分かります。
幼虫の小さい頃は群がっていることが多くクモの巣状の膜に集まっています。
それで,この幼虫を天幕毛虫と呼んでいます。
幼虫はウメ、サクラ、モモ、リンゴ、バラ,ヤナギ,ミズナラ、クヌギの葉を食べます。にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

イチモンジハマキホソガ

2024年4月1.6日(火)

3519 イチモンジハマキホソガ(ホソガ科ホソガ亜科) 撮影日2019/07/14

①イチモンジハマキホソガ(ホソガ科ホソガ亜科)
イチモンジハマキホソガ

面白い格好で止まる蛾です。
犬が待ての姿勢で待っている格好で止まっていますが,前足と中足を揃えています。
普通,後ろ足は腹部につけて後ろの方へ伸ばしています。
赤矢印は名前の謂われになっている白っぽい筋を指しています。
恐らくこの一本の筋が目立っているので「イチモンジ」と名前を付けたのでしょう。
顔は白くなっています。
幼虫はウリカエデ、ウリハダカエデ、ミネカエデ、コミネカエデ、ヒトツバカエデといった
「カエデ科」の植物の葉を食べます。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

キシタバ

2024年4月1.5日(月)

3518 キシタバ(ヤガ科シタバガ亜科) 撮影日2017/07/27

①キシタバ(カギバガ科トガリバガ亜科)
キシタバ

名前通りに後翅に黄紋が有ります。
開帳 69~74㎜と大きな蛾です。
この仲間は似たような感じの蛾なので,前翅の紋様だけでの同定は難しいです。
樹液を食べているときは後翅の紋様が見えるので区別がつきます。
でも,本種は独特の紋様があるため絞ることが出来ます。
それが,二つの楕円形で囲んだ部分です。
赤楕円形はW字,黄楕円形は錐状の形です。
外縁は鋸目状の鋸歯状になっています。
幼虫はフジ、コナラの葉を食べます。


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

ヒメウスベニトガリバ

2024年4月14日(日)

3518 ヒメウスベニトガリバ(トガリバガ亜科) 撮影日2014/08/03

①アカガネマルハキバガ(マルハキバガ科)
ヒメウスベニトガリバ

赤矢印が指している下唇鬚(かしんひげ)を見ると牙のようなものがみえます。
得てして細くて小さい蛾は頭部に注目して観察すると同定が捗ります。
本種に似たシロスジカバマルハキバガが居るので注意が必要です。
でも,青矢印が指している白線が前縁に達しているかどうかで区別がつくので安心です。
a白線が前縁に達している・・・ シロスジカバマルハキバガ
b白線が前縁に達していない・・・アカガネマルハキバガ
更に外縁に近い白紋がシロスジカバマルハキバガの方はもっと円みがある形をしています。
本種は赤味がある褐色なのでアカガネの名前が付けられたのでしょう。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

クリック応援お願いします。
ブログカウンター
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真