アカフヤガ

2017年4月25日(火)
アカフヤガ 撮影日:2013/05/18,2012/005/24,05/19 場所:勿来の関

 ヤガ科モンヤガ亜科のアカフヤガを紹介します。
 床に茶色の蛾が止まっています。

アカフヤガ
真ん円い環状紋のアカフヤガ
この個体の腎状紋は不明瞭です。

 アカフヤガの特徴は次の通りです。
 ①環状紋(緑矢印)は真ん円です。
 ②腎状紋(赤矢印)は不明瞭のものが多いです。
 ③外横線(黄矢印の両側)は二重になっているように思われます。

アカフヤガ
環状紋も腎状紋も明瞭なアカフヤガ。
外横線(黄矢印の左右)が二重になっていると思われます。

 ④内横線(緑矢印の内側)も二重になっているように思われます。
 ⑤黄矢印の外側に暗褐色の三角紋があります。
 ⑥腹部に生えている毛は赤茶色を帯びています。

アカフヤガ
円らな瞳で可愛いアカフヤガの腹部には赤茶色の毛が生えています。。

 科名 ヤガ科モンヤガ亜科
 和名 アカフヤガ
 大きさ 雄36~37㎜ 雌37~40㎜
 分布  北海道,本州,四国,九州,屋久島
 出現月 5~6,9~10月
 食餌動植物 幼虫はフキ,タンポポ,ハルジオン,ヒナギク,トウヤクリンドウ,ミヤマアキノキリンソウの葉を食べます。
 特徴 腎状紋は不明瞭で環状紋は円形です。腹部下側の毛は赤茶色です。

 
 赤い毛が 腹に生えてる アカフヤガ


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : アカフヤガ

7月に見られた蛾(23)

2017年4月24日(月)
7月に見られた蛾(23) 撮影日:2016/07/25~07/27 場所:勿来の関

 今日,紹介するのは勿来の関の灯火へ2016年7月25日~7月27日に飛来した蛾です。

ハジマヨトウ
①ハジマヨトウ(ヤガ科ヨトウガ亜科)
翅頂から頭部の方へ3分の1寄った所に台形の紋があります。
白い縁取りがあります。
その台形の紋が同定のポイントになります。


コウンモンクチバ
②コウンモンクチバ(ヤガ科シタバガ亜科)
同定ポイントは次の通りです。
①前翅中央よりも前縁の方へずれた所に白点があります。
②この白点より少し頭部の方へずれた所には黒点があります。
③前翅翅頂から後縁まで薄褐色の亜外縁線があり後翅に続いています。


ホソバシャチホコ
③ホソバシャチホコ(シャチホコガ科)
外縁から腹端が覗いていませんがシャチホコガ科の蛾です。
前翅中央というよりも前縁寄りの場所に円みがかった薄褐色の紋があります。


ミノオマイマイ
④ミノオマイマイ(ドクガ科)
ノンネマイマイに似ています。
でも,地色が真っ白でなく灰色を帯びているのでミノオマイマイとしました。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 7月に見られた蛾(23)

オスグロホソバアツバ

2017年4月23日(日)
オスグロホソバアツバ 撮影日:201704/23,2011/04/07,2017/04/06 場所:勿来の関

 ヤガ科アツバ亜科のオスグロホソバアツバを紹介します。
 薄褐色の地に黒い縦筋のある蛾が灯火の枠に止まっています。
 逆光で上手く写せません。だから,家までビニル袋に入れて運んできました。
 窓の近くで離すとカーテンに止まりました。逆光にならぬように白い紙で光を遮って写しました。

オスグロホソバアツバ雌
薄褐色の地に翅頂から斜めに立ち上がる黒い線があるオスグロホソバアツバ雌。
 ①赤矢印で示したように翅頂から斜めに立ち上がる黒い線(途中切れています)が黒い瘤まで続いています。
 ②途中,青矢印の近くに2つの小さな黒点があります。
 ③赤矢印の近くにも2つの小さな黒点があります。

オスグロホソバアツバ雌
左右の翅を重ねているので更に細く見えるオスグロホソバアツバ雌。
 この蛾は前方に長く突き出た下唇鬚(かしんひげ)からアツバの仲間であることが分かります。
 2017年4月6日(木)に写したばかりのオスグロホソバアツバに全体の形が似ていることに気が付きました。
 その上,おぼろげながら①のような黒い線が見られます。

オスグロホソバアツバ雌
細長くても左右の翅を広げると幅の広い蛾に見えるオスグロホソバアツバ雌。
 最後の写真の様に黒ずんでいるのが雄で,そのほかの写真の蛾は薄褐色の地から雌だと思われます。

オスグロホソバアツバ雄
黒い地にほのかに黒い斜めの線が見えるオスグロホソバアツバ雄。

 科名 ヤガ科アツバ亜科
 和名 オスグロホソバアツバ
 大きさ 前翅長 15㎜
 分布  本州,四国,九州
 出現月 5~9月
 食餌動植物 幼虫はアオミズ,ミヤマミズ,シマミズの葉を食べます。
 特徴 雄は黒ずんでいます。

 翅頂から 斜めに上がる 黒い線


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : オスグロホソバアツバ

7月に見られた蛾(22)

2017年4月22日(土)
7月に見られた蛾(22) 撮影日:2016/07/25~07/26 場所:勿来の関

 今日,紹介するのは勿来の関の灯火へ2016年7月25日~7月26日に飛来した蛾です。

イラガ
①イラガ(イラガ科)
前翅は黄色と茶色のツートンカラーで目立つ存在です。
名前が知られている割には見る機会は少ないです。


コヨツメエダシャク
②コヨツメエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)
前翅はほんのりと緑色を帯びています。
前翅を十分開いていないので後翅の目玉模様は見えませんが,前翅後翅合わせて四個あるのでコヨツメエダシャクと名付けたのでしょう。


フタスジツヅリガ
③フタスジツヅリガ(メイガ科ツヅリガ亜科)
止まるとき,前縁が壁に接するように折り曲げます。
こんな格好で止まるのはフタスジツヅリガくらいでしょう。


ナシイラガ
④ナシイラガ(イラガ科)
開張30~35㎜の中くらいの蛾です。
前翅は茶褐色ですが,頭部や足が黄橙色で目立ちます。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 7月に見られた蛾(22)

7月に見られた蛾(21)

2017年4月21日(金)
7月に見られた蛾(21) 撮影日:2016/07/22~07/25 場所:勿来の関

 今日,紹介するのは勿来の関の灯火へ2016年7月22日~7月25日に飛来した蛾です。

ウスオビトガリメイガ
①ウスオビトガリメイガ(メイガ科(シマメイガ亜科)
触角を背負っているのでメイガ科・ツトガ科の仲間です。
暗小豆色・紅・橙色・白横線があればメイガ科です。
腹端を上げて止まる性質があります。


マエモンヒロズコガ
②マエモンヒロズコガ(ヒロズコガ科)
開張が12~18㎜と小さな蛾です。
頭部から腹端の近くあたりまで白くなっています。
前翅前縁が黒いのでマエモンと名付けられたのでしょう。


コガタキシタバ
③コガタキシタバ(ヤガ科シタバガ亜科)
後翅(下羽)に鮮やかな紋があるカトカラ属の仲間です。
名前にキシタバとあるように,後翅には黄色の紋があります。
外横線が黄矢印で示したようにがぐっと下がっていればカトカラ属の仲間です。


ナニワクビグロクチバ
④ナニワクビグロクチ(バヤガ科シタバガ亜科)
似た蛾にヒメクビグロクチバがいます。
しかし,赤矢印で示した場所に白点があるかどうかで区別することが出来ます。
白点があればナニワクビグロクチバです。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 7月に見られた蛾(21)

7月に見られた蛾⑳

2017年4月20日(木)
7月に見られた蛾⑳ 撮影日:2016/07/19~07/22 場所:勿来の関

 今日,紹介するのは勿来の関の灯火へ2016年7月19日~7月22日に飛来した蛾です。

クロスズメ
①クロスズメ(スズメガ科)
この蛾が見られるのは,勿来の関に食餌植物であるアカマツが沢山分布しているからです。
前翅後縁が茶色であること,前翅中央に3本の黒い筋があること等がポイントです。


クロエグリシャチホコ
②クロエグリシャチホコ(シャチホコガ科)
似たような紋様のものが居て迷ってしまいます。
しかし,この蛾は黄矢印で示したような焦茶色の筋が翅頂方向へ向かっています。
しかも,この筋と外横線の間に挟まれた前縁には白紋があります。


マドガ
③マドガ(マドガ科)
開張 14~17㎜と小さな蛾ですが,綺麗です。
黒い地に白・橙・薄褐色の紋があるので目立ちます。
ヒメジオンの花の蜜吸う姿をよく見掛けます。


ハナオイアツバ
④ハナオイアツバ(ヤガ科クルマアツバ亜科)
雄は赤矢印で示したような立派な下唇鬚(かしんひげ)を持っています。
ところが,雌は針金状の貧弱な下唇鬚(かしんひげ)です。
この下唇鬚(かしんひげ)からアツバの仲間と分かります。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 7月に見られた蛾⑳

春の植物⑦(四月)

2017年4月19日(水)
春の植物⑦(四月) 撮影日:2017/04/16~04/19 場所:勿来の関・北茨城市

 今日,紹介するのは2017年4月16日~4月19日に勿来の関とその周辺で撮影した植物です。

ヤマブキ
①ヤマブキ(バラ科ヤマブキ属)
この様な感じで草ならばヤマブキソウですが,木本なのでヤマブキです。


キバナオドリコソウ
②キバナオドリコソウ(シソ科)
オドリコソウの白い花をそのまま黄色にしたような植物です。
違いは花が黄色いことと葉に白い斑が入っていることです。
ヨーロッパの東部から西アジア原産で園芸植物として導入されたようです。
茎は四角で葉は対生というシソ科特有の性質は同じです。


シャクナゲ
③シャクナゲ(ツツジ科)
北茨城市ではゴールデンウィークが近付くとシャクナゲが咲き出します。
花の色には桃色や赤いものもあります。
ツツジの花を大きくしたような綺麗な花を咲かせます。
写真の様に蕾の頃は色が濃く惹きつけられます。


アオキ雄花
④アオキ雄株(アオキ科)
和名の由来は、常緑で葉も枝も1年中青いためと思われます。
通常,雄株と雌株に分かれています。
しかし,詳しく観察すると雌株には雌花に混ざって雄花があるのが観察されます。
雌株の花は小豆色の4花弁に緑の柱頭だけで黄色い葯がありません。
雄株の花は小豆色の4花弁に4個の黄色い葯がついています。雌しべは退化しています。

アオキ雌花
アオキ雌株

ドウダンツツジ
⑤ドウダンツツジ(ツツジ科)
春は白い花が楽しめ,秋は赤い葉が楽しめる植物です。
花は釣鐘や風鈴を思わせ可愛い花です。
下に垂れている花が灯台の足を,上に出ている葉がたいまつの様です。
それで,トウダイツツジが訛ってドウダンツツジになったようです。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 春の植物⑦(四月)

7月に見られた蛾⑲

2017年4月18日(火)
7月に見られた蛾⑲ 撮影日:2016/07/16~07/19 場所:勿来の関

 今日,紹介するのは勿来の関の灯火へ2016年7月16日~7月19日に飛来した蛾です。

ホタルガ
①ホタルガ(マダラガ科)
灯火にも飛来しますが,昼行性で昼間ひらひらと飛びます。
黒い体に赤い頭がホタルのようなのでホタルガと名付けられたのでしょう。


ルリモンシャチホコ
②ルリモンシャチホコ(シャチホコガ科)
灯火に止まっている蛾を落としたら地面につく前にひらりと私のズボンに止まりました。 
前翅前縁から後翅の一部が覗いているのがシャチホコガ科らしいです。
シャチホコガ科の成虫は何も食べずに暮らします。


ナカキエダシャク
③ナカキエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)
濃褐色の短い筋模様が無数にあります。
腹端を高く上げて止まることもあります。


フサキバアツバ
④フサキバアツバ(ヤガ科クルマアツバ亜科)
真上から迫ったので反り返った下唇鬚(かしんひげ)が写せませんでした。
赤矢印の所に凹みがあるので,この蛾は雄だと分かります。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 7月に見られた蛾⑲

7月に見られた蛾⑱

2017年4月17日(月)
7月に見られた蛾⑱ 撮影日:2016/07/15~07/17 場所:勿来の関

 今日,紹介するのは勿来の関の灯火へ2016年7月15日~7月17日に飛来した蛾です。

アオイラガ
①アオイラガ(イラガ科)
クロシタアオイラガなら普通に見られますが,このアオイラガは滅多に見られません。
クロシタアオイラガは外縁線の頭部方向の出っ張りが1つです。
アオイラガの方は出っ張りが2つなので区別がつきます。


ナカアオフトメイガ
②ナカアオフトメイガ(メイガ科フトメイガ亜科) 
フトメイガ亜科は斑紋に変異がある仲間なので同定にてこずります。
前翅外横線が後縁あたりでほぼ水平になっています。
頭部にはアツバ類に似た下唇鬚(かしんひげ)が見られます。


ニジュウシトリバ
③ニジュウシトリバ(ニジュウシトリバガ科)
左の前翅と後翅には6本ずつの翅脈があります。
左右の翅脈が合計24本なのでニジュウシトリバと名付けられたのでしょう。
この1本1本の翅脈が美しいので見とれてしまいます。


キオビゴマダラエダシャク


④キオビゴマダラエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)
腹部が太いので恐らく雌だと思われます。
雌は前翅長が30㎜を超えるものが居ますので,その大きさに圧倒されます。
外横線が黄色を帯びているのでキオビゴマダラエダシャクというのでしょう。


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 7月に見られた蛾⑱

早春の植物⑥(四月)

2017年4月16日(日)
早春の植物⑥(四月) 撮影日:2017/04/16 場所:勿来の関

 今日は4月というのに25度近くになる暖かさです。
 その為か桜は満開を過ぎ桜吹雪になっている木がありました。
 いつも閑散としている勿来の関は桜見物で大賑わいでした。
 そんなサクラをよそにひたすら野草を探して写真を撮りました。

キュウリグサ
①キュウリグサ(ムラサキ科)
ムラサキ科の植物は渦を巻くように蕾が並んでいます。
横から写せば分かるのですが花が上手く写らなくなるのでそれは断念しました。
赤矢印で示した蕾が次に開きます。


ヒメスミレ
②ヒメスミレ(スミレ科)
コンクリートの僅かな隙間を利用して咲いているのをよく目にします。
でも,日当たりのよい芝生に目をやると青紫の絨毯を敷いたように咲き誇っていました。


カラスノエンドウ
③カラスノエンドウ(マメ科)
これから蔓をどんどん伸ばしていくカラスノエンドウです。
未だ小さい内の方が余計なものが写らず,花の様子が分かると思って撮影しました。


ミツバアケビ
④ミツバアケビ(アケビ科)
赤矢印で示したものが雌花です。
柱頭が5本あるので実は5つできるでしょう。
青矢印で示したものは,雄花で葡萄(ぶどう)のようにつきます。
白っぽく見えるのは葯が破けて花粉が見えているからです。
数字で示したように,葉が3枚なのでこのアケビは,ミツバアケビです。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 早春の植物⑥(四月)

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測