FC2ブログ

キトガリヒメシャク

2019年12月15日(日)
2193 キトガリヒメシャク 撮影日:2019/09/18 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2019年9月18日に観察した蛾です。

キトガリヒメシャク
①キトガリヒメシャク(シャクガ科ヒメシャク亜科)
ほとんど観察する機会が無い蛾です。
2年前に観察していたにもかかわらずすっかり忘れていました。
ネットでは約71 件と資料が少ないです。
何という蛾なのかなかなか分かりませんでした。
後翅にある横筋が波目模様に見えたのでナミシャク亜科を探しましたが見つかりません。
前翅にもそれに似た模様があるのに,いったい何の仲間か考えました。
エダシャク亜科を探してもだめだったのでヒメシャク亜科を探しやっと見つけました。
紋様の濃淡は個体差があって様々です。
<その画像はこちらです。>



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
スポンサーサイト



ゴマダラキコケガ

2019年12月15日(日)
ゴマダラキコケガ 撮影日:2017/09/01,2011/08/28 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2017年9月1日と2011年8月28日に観察した蛾です。

ゴマダラキコケガ
①ゴマダラキコケガ(ヒトリガ科コケガ亜科)
灯火に飛来したものを写しました。
黄色い地に小黒点が並んでいる蛾です。
胸部背にも一対の黒点があります。


ゴマダラキコケガ
②ゴマダラキコケガ
大きさは前翅長が13~15㎜の小さい蛾です。
幼虫は地衣類を食べます。


科名 ヒトリガ科コケガ亜科
和名 ゴマダラキコケガ
前翅長 13~15㎜
出現月 6~8月
分布  北海道,本州,四国,九州,対馬,奄美大島
食餌動植物 幼虫は地衣を食べます。
特徴 

黄色地に 小黒点が 並んでる


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

12月に見られた蛾④

2019年12月14日(土)
12月に見られた蛾④ 撮影日:2019/12/12,2018/12/11 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2019年12月12日と2018年12月11日に観察した蛾です。

マユミオオクチブサガ
①マユミオオクチブサガ(クチブサガ科)
似ている蛾が居るので注意が必要です。
焦茶色の地色に薄褐色の筋が見られます。
赤矢印で示した所に黒点があるので同定ポイントになります。
毛深い下唇鬚(かしんひげ)があるのでクチブサ(口房)と名付けたのでしょう。


カレハガ
②ウスズミカレハ(カレハガ科)
前翅の色は焦茶色から黒色まであります。
産卵数が少ないのか勿来の関での観察では2013年,2015年,2018年の3回だけです。


カレハガ
③ウスズミカレハ
外縁から腹端が覗いていますがシャチホコガ科ではなくカレハガ科の蛾です。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

12月に見られた蛾③

2019年12月13日(金)
 12月に見られた蛾③ 撮影日:2019/12/12 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2019年12月12日に観察した蛾です。

クロオビフユナミシャク
①クロオビフユナミシャク(シャクガ科ナミシャク亜科)
暖かい日の翌朝だったからでしょうか毎年観察している蛾が灯火側の壁に止まっています。
赤矢印が指している横線は「U字形」つながっています。
だから,ナミシャク亜科と分かります。
この写真の蛾は♂ですが,♀は翅が未発達で短いです。
いわゆる「冬尺蛾」です。
実際の画像は<こちら>です。


チャバネフユエダシャク
②チャバネフユエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)
これは♂のチャバネフユエダシャクの写真です。
♀は黒と白の斑模様があるので「ホルスタイン」の愛称で呼ばれています。
これも「冬尺蛾」です。
実際の画像は<こちら>です。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

マツノマダラメイガ

2019年12月12日(木)
マツノマダラメイガ 撮影日:2019/09/16 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2019年9月16日に観察したマツノマダラメイガです。

マツノマダラメイガ
①マツノマダラメイガ(メイガ科マダラメイガ亜科)
触角を背にして止まっているのでメイガ科・ツトガ科と分かります。
更に翅の紋様が斑なのでメイガ科マダラメイガ亜科に決まりです。
しかし,マダラメイガ亜科は似ているものが居て注意が必要な仲間です。


マツノマダラメイガ
②マツノマダラメイガ
主な紋様は次の通りです。
緑矢印で示した外縁線が明瞭な破線になっています。
似ているマツノシンマダラメイガは少し不明瞭です。
黄矢印が指している所に白紋があります。(ピストルに似た紋の中にあります。)
白い縁取りの波状紋(桃矢印)が見られます。
赤茶色紋(赤矢印)があります。


科名 メイガ科マダラメイガ亜科
和名 マツノマダラメイガ
前翅長 11~13㎜
出現月 5,10月
分布  北海道,本州,四国,九州,対馬,屋久島
食餌動植物 幼虫はトドマツ,エゾマツ,ストローブマツ,ドイツトウヒ,スギを食べます。
特徴 似た種類の蛾がいます。


白紋と 赤茶色紋 目立ちたり


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

キベリハイヒゲナガキバガ

2019年12月11日(水)
キベリハイヒゲナガキバガ 撮影日:2013/07/02 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは勿来の関で2013年7月2日に観察したキベリハイヒゲナガキバガです。

キベリハイヒゲナガキバガ
①キベリハイヒゲナガキバガ(ヒゲナガキバガ科)
細長い翅を持つうえに翅よりも少し長い触角を持つ蛾です。
開張12~17㎜と小さい蛾です。
緑矢印が指している反り返った下唇鬚(かしんひげ)からキバガ科の仲間と分かります。


キベリハイヒゲナガキバガ
②キベリハイヒゲナガキバガ
前翅は灰褐色で地味ですが,前翅前縁が黄色です。
翅の縁(へり)が黄色で灰色をした翅を持ち触角の長いキバガという意味でキベリハイヒゲナガキバガと名付けられたのでしょう。
似た蛾に前翅前縁が黄色でないものがいますので注意が必要です。


科名 ヒゲナガキバガ科
和名 キベリハイヒゲナガキバガ
開張 12~17㎜
出現月 5,10月
分布  本州,伊豆諸島,四国,九州,沖縄
食餌動植物 幼虫は枯れ葉を食べます。
特徴 前翅前縁が黄色です。


触角を 前に突き出し 止まります


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

モトキメンコガ

2019年12月10日(火)
モトキメンコガ 撮影日:2012/07/21 撮影場所:北茨城

今日紹介するのは北茨城で2012年7月21日に観察したモトキメンコガです。

モトキメンコガ
①モトキメンコガ(ヒロズコガ科メンコガ)
過去の画像を見ていたら,モトキメンコガの写真がありました。
前翅の半分は薄黄色で後は焦茶色です。
似ている蛾にクロエリメンコガが居るので注意が必要です。
クロエリメンコガとの区別は次の通りです。
・胸部背は薄黄色・・・モトキメンコガ
・胸部背は焦茶色・・・クロエリメンコガ


モトキメンコガ
②モトキメンコガ
頭から前翅の半分近くまで薄黄色です。
元の方から黄色なのでモトキメンコガと名付けられたのでしょう。
この蛾は止まるとき触角を前方へ伸ばします。


クロエリメンコガ
③クロエリメンコガ(ヒロズコガ科メンコガ)  2012/06/20撮影
昨日の写真では黒くなっている様子が分かりづらいのでよく分かる写真を載せます。
頭は薄黄色です。
前胸部(赤矢印)が焦茶色になっていて,襟巻きをしているようです。


科名 ヒロズコガ科メンコガ亜科
和名 モトキメンコガ
開張 10~12㎜
出現月 5,7月
分布  本州,四国,九州
食餌動植物 分かっていません。
特徴 クロエリメンコガに似ています。


頭から 翅の半分が 薄黄色


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

クロエリメンコガ

2019年12月9日(月)
クロエリメンコガ 撮影日:2011/06/17,2016/08/21,2019/09/08 撮影場所:勿来の関

今日紹介するのは北茨城で2019年9月8日に観察したクロエリメンコガです。

クロエリメンコガ
①クロエリメンコガ(ヒロズコガ科メンコガ亜科)  2011/06/17撮影
似ている蛾にモトキメンコガが居るので注意が必要です。
でも頭部の色で簡単に区別がつくので安心です。
・頭部が焦茶色・・・クロエリメンコガ
・頭部が薄黄色・・・モトキメンコガ


クロエリメンコガ
②クロエリメンコガ  2016/08/21撮影
前翅の色は薄黄色と焦茶色のツートンカラーです。
頭部は焦茶色になっていて黒い襟巻きをしているようです。
だから,クロエリメンコガと名付けられたのでしょう。


クロエリメンコガ
③クロエリメンコガ  2019/09/08撮影
前翅長は5~6㎜で小さい蛾です。
幼虫の食性はシナノキの枯枝を食べるという変わり種です。


科名 ヒロズコガ科メンコガ亜科
和名 クロエリメンコガ
開張 10~12㎜
出現月 5~10月
分布  北海道,本州,四国,九州
食餌動植物 シナノキの枯枝を食べます。
特徴 モトキメンコガに似ています。


薄黄色 下は焦茶で 頭が黒い


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

セミヤドリガ(幼虫)

2019年12月8日(日)
セミヤドリガ(幼虫) 撮影日:2019/09/01 撮影場所:北茨城

今日紹介するのは北茨城で2019年9月1日に観察したセミヤドリガ(幼虫)です。

セミヤドリガ
①セミヤドリガ(セミヤドリガ科)  脇腹に付いている白いものが幼虫です。
床にセミが止まっています。
ところが,脇腹に何やら白い物体が付いています。
セミは胸部背の模様からミンミンゼミと分かりました。


セミヤドリガ
②セミヤドリガ  脇腹に付いている白いものが幼虫です。
白いものを見ているうちに突然,「これは,セミヤドリガだ。」と気が付きました。
蛾の幼虫の多くは,植物の葉・花等を食べて大きくなります。
ところが,セミヤドリガはセミに取り付いて養分を摂取して大きくなります。
セミヤドリガの幼虫はセミの羽化から息が絶えるまでの約2週間余りで孵化から終齢幼虫まで育たなければなりません。
産み落とされた卵がセミに辿り着く方法はよく分かっていません。
いろいろな仮説があり興味を持ちました。
詳しくは『ウィキペディア(Wikipedia)』のセミヤドリガをご覧下さい。


科名 セミヤドリガ科
和名 セミヤドリガ
開張 16~18㎜
出現月 8~9月
分布  本州,四国,九州
食餌動植物 ヒグラシ,ミンミンゼミ,アブラゼミ,ツクツクホウシ,ニイニイゼミ,ヒメハルゼミ等に取り付き養分を摂取します。
特徴 幼虫は白く成虫は黒いです。セミに寄生して成長します。


幼虫は セミに取り付き でかくなる


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

冬赤い実がなる木

2019年12月7日(土)
冬赤い実がなる木 撮影日:2018/12/04 撮影場所:いわき市

今日紹介するのはいわき市で2018年12月4日に観察した赤い実をつける木です。

クロガネモチ
①クロガネモチ(モチノキ科)
歯科医院の脇を通ろうとしたら赤い実がなっている高い木があります。
赤い実は葉柄の近くに密集してなっています。
冬赤い実をつけるものにモチノキがあったのでモチノキ科から探して見つけました。


クロガネモチ
②クロガネモチ
この木は雌雄異株です。
写真に写した木は実がなっているから雌株です。
そうすると近くに雄の木が植わっているはずです。
写真を撮ろうとしていたとき大きい鳥が飛び去ろうとしていました。
体の大きさからいってヒヨドリです。
この赤い実を食べに来た鳥だったようです。


アメリカヒイラギ
③アメリカヒイラギ(モチノキ科)
ここの医院の庭は通り抜けできるので進んでいくと,赤い実をつけている別の木がありました。
この木になっている赤い実も集中しています。
初めて見る木だったので,葉の様子が分かるように写真を撮りました。


アメリカヒイラギ
④アメリカヒイラギ
赤い実がなっている木の葉は先が尖っています。
その上触ると刺状になっているから痛いです。
周りを見回すと太い木の根元から何本か新しい芽が出て葉をつけています。
赤い実をつけている枝の葉と同じものもあれば,ヒイラギに似た葉もあります。
その葉のお陰でクリスマスのとき飾りに使うアメリカヒイラギと分かりました。
今年もこの木を観察に行ったら葉が黒くなる病気にかかっていました。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
RSSリンクの表示
月齢カレンダー
月齢を見て蛾の飛来数を予測しています。
月齢による蛾の飛来数予測