ヤママユ

2017年9月22日(金)
ヤママユ 撮影日:2017/09/13,20,22 場所:勿来の関

 今日,紹介する蛾は9月13日~9月22日に勿来の関の灯火へ飛来した蛾です。

ヤママユ
黒い横線の外側が焦茶色のヤママユ
ヤママユガ科のヤママユを紹介します。
今年は当たり年で既に8匹観察しています。
7月に1匹,9月に7匹です。
私が観察する前に鳥に食べられているものが居るので実際の数は少し多いです。

ヤママユ
全体が茶色のヤママユ。
それらの中で雌は,たった1匹です。
そうすると,灯火に飛来するのは主に雄だということになります。

ヤママユ
全体が黄色のヤママユ。鳥の嘴で4回ほど挟まれていると思われます。
主な特徴は次の通りです。
①黒い横線が前翅にも後翅にもあります。
②その黒い横線の内側に円い眼状紋が1個ずつあります。
③雄の触角は長い櫛歯状です。
④♀の触角は短い櫛歯状です。

ヤママユ
全体が黄色のヤママユ。大変擦れている個体です。
翅の色は個体差があっていろいろです。
でも,いくつかの型に分けてみました。
①黒い横線の外側が焦茶色
②全体が茶色
③全体が黄色
④橙色を帯びている

ヤママユ
黒い横線の外側が焦茶色のヤママユ。ドアの上に止まったので4つの眼状紋が見えています。
体が重い為,すべすべした壁に止まるのは苦手のようです。
タイルなどの場合は後翅の外縁で体重を支えているときがあります。
壁などに止まっているときは,前翅を水平より上に上げていることは,出来ず少し下に下がっています。
前翅が重い為です。
だから,そんな時は後翅の眼状紋は隠れてしまいます。
床に止まっているときは,後翅の眼状紋は見えていることが多いです。

ヤママユ
全体が茶色のヤママユ。4つの眼状紋が見えています。

ヤママユ
触角が短い櫛歯状のヤママユ。雌で飛来した唯一の蛾。淡い橙色を帯びています。

科名 ヤママユガ科
和名 ヤママユ
大きさ 開張115~150㎜
分布  本州,四国,九州,対馬,屋久島
出現月 7~9月
食餌動植物 幼虫はクヌギ,コナラ,カシワ,カシ,クリ,リンゴ,サクラの葉を食べます。
特徴 雌の触角は短櫛歯状,雄は長櫛歯状です。
    翅の色は個体差があっていろいろです。

4つとも 眼状紋が 睨んでる


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : ヤママユ

9月に見られた蛾⑭

2017年9月21日(木)
9月に見られた蛾⑭ 撮影日:2017/09/18,19,21 場所:勿来の関

 今日,紹介する蛾は9月18日~9月21日に勿来の関の灯火へ飛来した蛾です。

クロシタキヨトウ
①クサシロキヨトウ(ヤガ科ヨトウガ亜科)
焦茶色の筋があります。
その筋の後半に薄褐色の点(赤矢印)があります。
似た蛾にスジシロキヨトウ・ニセスジシロキヨトウがいますが,それらの黒点は2列です。


クロシタキヨトウ
②クロシタキヨトウ(ヤガ科ヨトウガ亜科)
緑矢印の所に焦茶色の紋があり,内側には薄褐色の紋があります。
その薄褐色の紋の中に黒点があります。
翅頂に向かう黒点があります。中ほどで消える個体があります。
途中で赤矢印の方へ曲がります。


ナカジロナミシャク
③ナカジロナミシャク(シャクガ科ナミシャク亜科)
初めて見る方の中には何の仲間か迷われるでしょう。
中央の大きな白紋の中に波形模様があります。
白紋の外側にも波形模様が見られます。
だから,ナミシャク亜科だと考えると覚えやすいです。
外縁中央にある円い紋ははっきりしない個体があります。


ニセオレクギエダシャク
④ニセオレクギエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)
前翅にある内横線・中横線・外横線は前縁近くでは明瞭ですが,後縁近くでは不明瞭です。
その外の特徴は次の通りです。
A各横線は不明瞭な所で赤味を帯びています。(緑矢印)
B赤矢印の所で色が薄くなる傾向があります。
C胸部背にある長方形の白紋の中に2つの黒点があります。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 9月に見られた蛾⑭

キバラノメイガ

2017年9月20日(水)
キバラノメイガ 撮影日:2011/08/09 場所:勿来駅西公園

ツトガ科ノメイガ亜科のキバラノメイガを紹介します。
焦茶色の蛾が葉の上に止まっています。
写しづらい所に居たのでビニル袋に入れて持ち帰り写真を撮ることにしました。

キバラノメイガ
前翅は焦茶色で地味な蛾のキバラノメイガ
ビニル袋に入れたままの撮影は,袋の表面で光が反射するので苦労しました。
触角を背にしている画像を見てツトガ科・メイガ科だと分かりました。
この蛾の名前がキバラノメイガと分かったとき,本当に腹部が黄色なのか確かめようと思いました。

キバラノメイガ
裏は胸部から腹端の近くまで淡黄色から黄褐色のキバラノメイガ。
ビニル袋越しに見ると腹部の色が違っています。
名前通りに黄色とまではいえませんが,淡いクリーム色になっていました。
食餌植物はクズになっています。勿来の関でクズは道路の法面に沢山分布しています。
でも,勿来の関では未だ観察していません。
翅の色が焦茶色で綺麗な感じがしないので写真を撮らなかったのかも知れません。
不思議なことにキバラノメイガの資料が108件と少ないのは何故なのでしょうか。

キバラノメイガ
名前通りの黄腹でなく淡黄色のキバラノメイガ。
標本のように乾燥すると黄色になるのでしょうか。


科名 ツトガ科ノメイガ亜科
和名 キバラノメイガ
大きさ 開張35~38㎜
分布  北海道,本州,四国,九州,対馬,種子島,屋久島
出現月 5~6,8月
食餌動植物 幼虫はクズの葉を食べます。
特徴 腹部腹側は淡黄色です。

ポイントは 表焦茶に 裏黄色


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : キバラノメイガ

9月に見られた蛾⑬

2017年9月19日(火)
9月に見られた蛾⑬ 撮影日:2017/09/18 場所:勿来の関

 今日,紹介する蛾は9月18日に勿来の関の灯火へ飛来した蛾です。

アカオビホソハマキ
①アカオビホソハマキ(ハマキガ科ハマキガ亜科)
私が今まで見たきたアカオビホソハマキとは少し感じが違う蛾です。
しかし,Web図鑑には当てはまるものが無いのでアカオビホソハマキとしました。
前翅長が10㎜にも満たない小さな蛾です。


ダイズサヤムシガ
②ダイズサヤムシガ(ハマキガ科ヒメハマキガ亜科) 
頭部を壁につけ腹端を高くしたまま止まる習性があります。
幼虫が大豆を食害する害虫です。


ギンボシリンガ
③ギンボシリンガ(コブガ科リンガ亜科)
擦れた個体なので綺麗ではありません。
擦れていなければ橙色の筋模様が眩しい蛾です。
食餌植物がミツバツツジとなっていますが,勿来の関には,それがほとんど分布していません。
しかし,ツツジの仲間は沢山分布しています。
だから,それだけを食べているのではなくツツジの仲間なら何でも食べているように思われます。


オオベニヘリコケガ
④オオベニヘリコケガ(ヒトリガ科コケガ亜科)
黄色い地で赤い縁に黒い筋があるので大変目立つ蛾です。
大きさには個体差があります。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 9月に見られた蛾⑬

9月に見られた蛾⑫

2017年9月18日(月)
9月に見られた蛾⑫ 撮影日:2017/09/18 場所:勿来の関

 今日,紹介する蛾は9月18日に勿来の関の灯火へ飛来した蛾です。

オオアトキハマキ
①オオアトキハマキ雄(ハマキガ科ハマキガ亜科)
雌と雄では紋の様子が違う蛾です。
ハマキガ科はカメラを近付けると直ぐ逃げますが,この蛾は逃げずに撮らせてくれました。


ビロウドハマキ
②ビロードハマキ(ハマキガ科ハマキガ亜科)
今日はビロウドハマキが同じ場所で3匹も観察されました。
昨日の嵐を避けるために灯火の近くに来たのでしょう。
黒い地に白点や白い筋模様がある蛾です。
ハマキガ科の中で最大の蛾です。


ソトウスグロアツバ
③ソトウスグロアツバ(ヤガ科クルマアツバ亜科)
この蛾はヒロオビウスグロアツバやマルバネウスグロアツバに似ていて区別が困難です。
「四国産蛾類図鑑」や「みんなで作る日本蛾類図鑑」の写真に似ているものを選びました。
外横線の回りが薄褐色になっていて曲線の曲がり具合が似ているからです。


ウスキツバメエダシャク
④ウスキツバメエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)
正確を期する為には顔写真を撮らなければなりません。
しかし,長年の観察結果からウスキツバメエダシャクとしました。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 9月に見られた蛾⑫

9月に見られた蛾⑪

2017年9月15日(土)
9月に見られた蛾⑪ 撮影日:2017/09/17 場所:勿来の関

 今日,紹介する蛾は9月17日に勿来の関の灯火へ飛来した蛾です。

カブラヤガ
①カブラヤガ(ヤガ科モンヤガ亜科)
くさび状の紋(赤矢印)や環状紋・腎状紋を手掛かりに名前を探しました。
この蛾の幼虫はいろいろな農作物を食べてしまう害虫でネキリムシといわれています。
触角が櫛歯状でないのでこの写真の蛾は雌です。


カシノシマメイガ
②カシノシマメイガ(メイガ科シマメイガ亜科)
触角を背負っているのでメイガ科かツトガ科と分かります。
腹端を上に上げ,しかも翅の色が黄色を帯びていないのでメイガ科と分かります。


キシタミドリヤガ
③キシタミドリヤガ(ヤガ科モンヤガ亜科)
細長い蛾に見えるのは前翅を深く重ね合わせて止まるからです。
前縁近くにある大きな白紋と緑色の細長い紋があるのが特徴の蛾です。
いつも閉じていて後翅にある黄色の紋を見られないことが残念です。


フタクロテンナミシャク
④フタクロテンナミシャク(シャクガ科ナミシャク亜科)
この蛾をぱっと見てヤガ科のアツバ亜科に属する蛾だと思ってしまいました。
翅頂近くにある2つの三角紋を手掛かりに探しました。
しかし,アツバ亜科をいくら探しても見つかりません。
写真を見ているうちに腹端を上げていることに気が付きました。
その習性があるのはメイガ科・ナミシャク亜科・イラガ科等です。
ナミシャク亜科から調べていくと2つの三角紋がある蛾が見つかりました。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 9月に見られた蛾⑪

シロテンウスグロヨトウ

2017年9月16日(土)
シロテンウスグロヨトウ 撮影日:2017/09/13,2013/06/15 場所:勿来の関

ヤガ科キリガ亜科のシロテンウスグロヨトウを紹介します。
褐色のグラデーションに富んだ蛾です。
内横線の内側と外横線の外側が薄褐色で似たような色になっています。

シロテンウスグロヨトウ
小白点が赤矢印の所にあるシロテンウスグロヨトウ
太い焦茶色の線が中横線ですが,この線の近くにある小白点が同定ポイントです。
しかし,個体差があってこの小白点は大きさがまちまちで無いものもあります。
その外の特徴として頭部が黄色になっています。
更には,翅頂付近の前縁に薄褐色の点が3つから4つ並んでいます。

シロテンウスグロヨトウ
薄褐色のグラデーションに富んだシロテンウスグロヨトウ。頭部が黄色です。
名前探しが大変でした。
ヤガ科までは分かりました。
その後何の仲間か分からず,「四国産蛾類図鑑」のヤガ科を隈無く探して見つけました。

シロテンウスグロヨトウ
小白点が無いシロテンウスグロヨトウ。内横線の内側と外横線の外側が薄褐色になっています。

科名 ヤガ科キリガ亜科
和名 シロテンウスグロヨトウ
大きさ 開張30~34㎜
分布  北海道,本州,四国,九州
出現月 6~8月
食餌動植物 幼虫は枯葉,エゾギク,ヨモギ,タンポポ,スイバ,インゲンマメの葉やクリの花を食べます。
特徴 前翅中横線(太い焦茶線)外に小白点(赤矢印)があります。

ポイントは 3つの横線 頭部の黄


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : シロテンウスグロヨトウ

9月に見られた蛾⑩

2017年9月15日(金)
9月に見られた蛾⑩ 撮影日:2017/09/15 場所:勿来の関

 今日,紹介する蛾は9月15日に勿来の関の灯火へ飛来した蛾です。

フタヤマエダシャク
①フタヤマエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)
いつもリンゴツノエダシャクと混同してしまう蛾です。
でも内横線と外横線の間で前縁の近くに黒点があるのでフタヤマエダシャクと分かります。
勿来の関には食餌植物であるアカマツが沢山分布しているので普通に見られる蛾です。


アカスジシロコケガ
②アカスジシロコケガ(ヒトリガ科コケガ亜科)
黒点が2つある雄は普通に見られますが,黒点1つの雌にはなかなか出会えません。
それは,灯火に飛来する多くは雄で,雌はほとんど飛来しないからです。
運が悪いことに蛾は窓ガラスに止まっています。
被写体を明るく写すにはフラッシュを焚く以外方法がありませんでした。


ヤマトカギバ
③ヤマトカギバ(カギバガ科)
翅頂が鉤(かぎ)のように曲がっているのでカギバガ科だと分かります。
内横線と外横線の配色が反対になっています。
普通に見られる蛾です。


ヨツメアオシャク
④ヨツメアオシャク(シャクガ科アオシャク亜科)
天井を見上げると蜘蛛の糸に止まっている蛾が居ます。
よく見ると円い白紋が4つあるヨツメアオシャクです。
毎年は観察されない珍しい蛾なので真剣に撮りました。
ぶれ防止にフラッシュを焚いて写しました。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 9月に見られた蛾⑩

オオシラホシアツバ

2017年9月12日(火)
16476 オオシラホシアツバ 撮影日:2013/06/16,06/19,2011/06/18 場所:勿来の関

ヤガ科クルマアツバ亜科のオオシラホシアツバを紹介します。
黒ずんだ中くらいの蛾が壁に止まっています。
少し暗い所では真っ黒に見えます。

オオシラホシアツバ
暗い所では,これ以上に黒く見えるオオシラホシアツバ。下唇鬚(かしんひげ)は左右1本ずつ独立してあります。
V字の太い白紋が目立っています。
似た蛾にマルシラホシアツバが居ます。
でも,白紋の形で区別がつきます。
その内側には小白点があります。
後翅にも小白点があります。

オオシラホシアツバ
横から写すと下唇鬚(かしんひげ)の様子がよく分かるオオシラホシアツバ
最後の写真から下唇鬚(かしんひげ)が反り返っているのが分かります。
頭部が包(くる)まっているようなので,クルマアツバ亜科に分類されています。
この様子は真上から見たのでは分かりません。
横か斜め後方から写すと上手く写せます。

オオシラホシアツバ
下唇鬚は先端が離れて写っているオオシラホシアツバ。フラッシュを焚いたので翅の様子が斑(むら)になっています。
前翅にも後翅にも小白点がみられます。


科名 ヤガ科クルマアツバ亜科
和名 オオシラホシアツバ
大きさ 開張32~50㎜
分布  北海道,本州,四国,九州,対馬,種子島
出現月 5~8月
食餌動植物 幼虫はクヌギの葉を食べます。
特徴 前翅にV字の白紋があります。その内側にも小白点があります。

ポイントは Vの白紋 白い点


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : オオシラホシアツバ

9月に見られた蛾⑨

2017年9月13日(水)
9月に見られた蛾⑨ 撮影日:2017/09/13 場所:勿来の関

 今日,紹介する蛾は9月13日に勿来の関の灯火へ飛来した蛾です。

ヨツボシホソバ
①ヨツボシホソバ♀(ヒトリガ科コケガ亜科)
よく似ている蛾にマエグロホソバ♀が居ます。
外見の様子では区別が私には出来ません。
その蛾は,どうやら暖かい所の蛾のようで,勿来の関で雄は未だ観察されていません。
だから,写真の蛾はヨツボシホソバ♀だと思っています。
ヨツボシホソバの雄の記事は<こちら>です。


ヒメマダラミズメイガ
②ヒメマダラミズメイガ(ツトガ科ミズメイガ亜科)
触角を背負っているのでツトガ科・メイガ科だと分かります。
褐色の地に白い横線がある小さい蛾です。


トビイロリンガ
③トビイロリンガ(コブガ科リンガ亜科)
灯火に止まったままの蛾を写したので綺麗な色が出ません。
新鮮なものなら地の黄色が鮮やかで綺麗です。


ヤママユ
下の蛾と比べて黄土色が強いヤママユ。

ヤママユ
④ヤママユ(ヤママユガ科)
今日は嬉しいことにヤママユが2匹も飛来していました。
昨夜は寝苦しいほど暑い夜で,月は満月を過ぎて下弦の月だったからでしょう。
今までだとカラスに先に見つけられ食われていました。
今日,私が観察したのは9時半頃でした。運が良かったのでしょう。
最初の写真のヤママユは窓ガラスの外側に止まっていました。
後翅の眼状紋は前翅に隠れて少ししか見えません。
前翅の重みで垂れ下がり隠れてしまうのです。
次に,この建物の中に入ると床の上にもう1匹のヤママユが止まっていました。
この蛾は茶色が強く赤味がかっていて外の蛾とは色彩が違っています。
床の上なので前翅が垂れ下がることはありません。
だから,後翅の眼状紋が半分以上見えています。
触角が櫛歯状になっているので,この床の上の蛾は雄です。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 9月に見られた蛾⑨

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測