6月(2018年)に見られた蛾⑪

2018年6月20日(水)
6月(2018年)に見られた蛾⑪ 撮影日:2018/06/09,06/10 撮影場所:勿来の関

今日,紹介する蛾は6月9日と10日に勿来の関の灯火へ飛来していた蛾です。

ムラサキイラガ
①ムラサキイラガ(イラガ科)
腹部をシャチホコのように反り返らせて止まっているのが普通の姿です。
似ている蛾にウストビイラガが居て同定で決め手が無く困っていました。
でも、決定的な決め手を見つけました。
それは,外横線が赤矢印の所で急に折れ曲がるのがムラサキイラガだからです。


アカイラガ
②アカイラガ(イラガ科)
左右の翅を合わせて壁型の格好なのでイラガ科と予想がつきます。
胸部背の毛がクロシタアオイラガに似てたてがみのように立っています。
開張が20~27㎜と小さい蛾です。


クロスジアオナミシャク
③クロスジアオナミシャク(シャクガ科ナミシャク亜科)
開張が11~17㎜と小さい蛾です。
翅が緑色ですが,アオシャク亜科ではありません。
アオシャク亜科には,白筋の蛾は居ますが黒筋のものは居ません。
外横線の両端に赤矢印をつけましたが,この線が波形なのでナミシャク亜科と分かります。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 6月(2018年)に見られた蛾⑪

6月(2018年)に見られた蛾⑩

2018年6月19日(火)
6月(2018年)に見られた蛾⑩ 撮影日:2018/06/08 撮影場所:勿来の関

今日,紹介する蛾は6月8日に勿来の関の灯火へ飛来していた蛾です。

マメドクガ
①マメドクガ(ドクガ科)
毛深い前足が前方へ出ていて,発達した櫛歯が目に留まります。
伊達めがねをした蛾のように見えます。
こんな格好の蛾は相場がドクガに決まっています。
ドクガと名が付いていても毒針毛を持っていないので安心です。


キボシオオメイガ
②キボシオオメイガ(ツトガ科オオメイガ亜科)
よく見ると触角が翅の上に乗っています。
ですから,ツトガ科・メイガ科になります。
でも,白地に黄筋ときたらツトガ科に相場は決まっています。
外縁近くの紋はワニが大きく口を開けているように見えます。


オビカレハ
③オビカレハ(カレハガ科)
翅を左右に広げるカレハガの仲間は少ないです。
その少ない中の一つにオビカレハが居ます。
食餌植物はよく分布しているサクラですが,その割に観察の機会が少なく今年は,たった一回でした。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 6月(2018年)に見られた蛾⑩

6月(2018年)に見られた蛾⑨

2018年6月18日(月)
6月(2018年)に見られた蛾⑨ 撮影日:2018/06/07 撮影場所:勿来の関

今日,紹介する蛾は6月7日に勿来の関の灯火へ飛来していた蛾です。

ウスイロオオエダシャク
①ウスイロオオエダシャク雄(シャクガ科エダシャク亜科)
前翅長が,30㎜を超える大型の蛾です。
赤矢印の所が二箇所褐色になっているのが同定のポイントになっています。
この場所が褐色のものは雄です。
さらに雄は触角が櫛歯状です。
勿来の関で観察するものは,この褐色タイプばかりです。
ということは,灯火に飛来するのは雄ばかりだということになります。
今度見かけたら櫛歯状かどうか確かめようと思っています。


ヒメツマオビアツバ
②ヒメツマオビアツバ(ヤガ科クルマアツバ亜科)
下唇鬚(かしんひげ)が後方に反り返っています。
このことから,クルマアツバ亜科と分かります。
この仲間は似ていて混同してしまいます。
しかし,翅頂から太い亜外縁線が出ているので区別がつきます。
さらに,触角に瘤(こぶ)が有るので同定に役立ちます。


クロシタアオイラガ
③クロシタアオイラガ(イラガ科)
胸部背にはたてがみの様な毛があり,前足中足を大の字に開き格好良い姿で止まります。
似た蛾にアオイラガが居ます。
前翅褐色帯が中央より少し上の所で出張るから区別がつきます。
前翅付け根近くの褐色帯の形が違うことも同定のポイントになっています。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 6月(2018年)に見られた蛾⑨

6月(2018年)に見られた蛾⑧

2018年6月17日(日)
6月(2018年)に見られた蛾⑧ 撮影日:2018/06/07 撮影場所:勿来の関

今日,紹介する蛾は6月7日に勿来の関の灯火へ飛来していた蛾です。

キクビゴマケンモン
①キクビゴマケンモン(ヤガ科ケンモンヤガ亜科)
先日(6月14日),紹介したゴマケンモンと似ています。
でも,赤矢印で示した所が黒くなく茶褐色なので簡単に区別がつきます。
胸部が茶褐色なのでキクビゴマケンモンと名付けられた様に思われます。


スズキドクガ
②スズキドクガ(ドクガ科)。スギドクガに似ていますが赤矢印紋がもっと頭に近い方にあります。
腹端が外縁から覗いていますが,シャチホコガ科ではありません。
伸ばしきった前足や中足にふさふさした毛が生えているのでドクガ科です。
ドクガ科とシャチホコガ科は外見が似ていてちょっと判断に迷うときがあります。


ヒトツメカギバ
③ヒトツメカギバ(カギバガ科カギバガ亜科)
外横線が波形になっているように見えナミシャク亜科を探しましたが見つかりません。
そこで,エダシャク亜科を探しましたがありません。
シャクガ科に似ていて見つからないときは,今までカギバガ科を探すと見つかっていました。
やっと,ヒトツメカギバと分かりました。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 6月(2018年)に見られた蛾⑧

6月(2018年)に見られた蛾⑦

2018年6月16日(土)
6月(2018年)に見られた蛾⑦ 撮影日:2018/06/06,06/07 撮影場所:勿来の関

今日,紹介する蛾は6月6日と7日に勿来の関の灯火へ飛来していた蛾です。

カレハガ
①カレハガ(カレハガ科)
灯火を見ると珍しい蛾が止まっているではありませんか。
まだ三回しか観察していないカレハガです。
二枚目の写真は上から撮ったものですが,橙色のものは何でしょうか。
おそらく後翅だと思われます。


カレハガ
①枯れ葉の船に乗っているようなカレハガ(カレハガ科)

ホソバナミシャク
②ホソバナミシャク(シャクガ科ナミシャク亜科)
後翅中央から後縁近くに黒点があります。
この黒点から下に波形の外横線が見られます。
それで,ナミシャク亜科だと分かります。
前翅前縁近くにも黒点があり,顔が二つあるように見えます。


ウスグロセニジモンアツバ
③ウスグロセニジモンアツバ(ヤガ科カギアツバ亜科)
この蛾の画像を見て驚きました。
それは腹部背に虹色に光る斑紋が五対以上見られたからです。
これがセニジモンと呼ばれる元になっています。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 6月(2018年)に見られた蛾⑦

6月(2018年)に見られた蛾⑥

2018年6月15日(金)
6月(2018年)に見られた蛾⑥ 撮影日:2018/06/05,06/06 撮影場所:勿来の関

今日,紹介する蛾は6月5日と6日に勿来の関の灯火へ飛来していた蛾です。

オオアヤシャク
①オオアヤシャク(シャクガ科アオシャク亜科)
今まで見てきたオオアヤシャクは灰色を帯びていました。
ところが,今回観察したものは鮮やかな緑色をしていて感動しました。
このオオアヤシャクはアオシャク亜科でも大きい種類です。


オオシラホシアツバ
②オオシラホシアツバ(ヤガ科クルマアツバ亜科)
薄暗い所にいたのでフラッシュを焚いて写しました。
下唇鬚(かしんひげ)が後ろへ反り返っているのでクルマアツバ亜科と分かりました。
「チェック印」の太い白紋で直ぐ同定出来ました。


キタウンモンエダシャク
③キタウンモンエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)
似た種類にチャノウンモンエダシャクが居ます。
見分け方は複数あります。
迷わず出来る方法は外横線に赤矢印で示した様な黒三角形の紋が幾つかあればキタウンモンエダシャクです。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 6月(2018年)に見られた蛾⑥

6月(2018年)に見られた蛾⑤

2018年6月14日(木)
6月(2018年)に見られた蛾⑤ 撮影日:2018/06/04,06/05 撮影場所:勿来の関

今日,紹介する蛾は6月4日と5日に勿来の関の灯火へ飛来していた蛾です。

ウスキツバメエダシャク
①ウスキツバメエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)
後翅にある2つの突起がツバメの尾のようです。
後翅外縁沿いが薄黄色を帯びています。
それで,ウスキツバメエダシャクと名前が付いたのでしょう。

ウスキツバメエダシャク
①ウスキツバメエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)
似たものが6種類いますので同定には注意が必要です。
二枚目の写真のように,目と目の間が焦茶色をしていればウスキツバメエダシャクです。


スカシノメイガ
②スカシノメイガ(ツトガ科ノメイガ亜科)
似た種類のものが,3つ居ます。
それらは,スカシノメイガ・クワノメイガ・チビスカシノメイガです。
赤矢印のような紋があればスカシノメイガです。


ゴマケンモン
③ゴマケンモン(ヤガ科ケンモンヤガ亜科)
似ている蛾にキクビゴマケンモンが居るので注意が必要です。
でも,赤矢印の所の色が違うので区別がつきます。
ゴマケンモン   ・・・黒~黒褐色
キクビゴマケンモン・・・茶色
もう一つの良い方法は胸部の毛色を調べます。
胸部を正面から写して茶色の部分が無ければゴマケンモンです。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 6月(2018年)に見られた蛾⑤

6月(2018年)に見られた蛾④

2018年6月13日(水)
6月(2018年)に見られた蛾④ 撮影日:2018/06/02,06/03 撮影場所:勿来の関

今日,紹介する蛾は6月2日と3日に勿来の関の灯火へ飛来していた蛾です。

アトグロアミメエダシャク
①アトグロアミメエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)
クモの巣の様な網目模様が美しい蛾です。
薄黄色の地色と濃褐色の組み合わせがそう見せているのでしょう。
後翅外縁の方(言い換えると後の方)が黒っぽいのでアトグロアミメエダシャクと名付けられたのでしょう。


アセビツバメスガ
②アセビツバメスガ(スガ科)
似た蛾にシロツバメスガが居ます。
私の見た目では区別がつきません。
この蛾が灯火に飛来した近くには,食草のアセビが分布しているのでアセビツバメスガとしました。


ウスアオヨトウ
③ウスアオヨトウ(ヤガ科ヨトウガ亜科)
腹端が外縁から覗いていますが,シャチホコガ科ではありません。
二重になった内横線の直ぐ下に薄い環状紋の輪が,その下の白紋の下に微かな腎状紋があるのでヤガ科です。
全体に薄く緑色を帯びているので,ウスアオヨトウと名付けられたのでしょう。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 6月(2018年)に見られた蛾④

6月(2018年)に見られた蛾③

2018年6月12日(火)
6月(2018年)に見られた蛾③ 撮影日:2018/06/02 撮影場所:勿来の関

今日,紹介する蛾は6月2日に勿来の関の灯火へ飛来していた蛾です。

マルモンシロナミシャク
①マルモンシロナミシャク(シャクガ科ナミシャク亜科)
勿来の関の歩道を歩いていると突然芝生からサクラの葉裏へ飛び移ったものが居ます。
ほとんど見かけない蛾です。
動くと逃げられてしまうので,離れていましたがフラッシュを焚いて写しました。
このような感じの蛾はエダシャク亜科とナミシャク亜科にいます。
波形模様はどこにもありませんが,ナミシャク亜科の蛾でした。
腹部背の斑模様と赤矢印の所にある紋を頼りに同定しました。


ツマキリウスキエダシャク
②ツマキリウスキエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)
前翅外縁の翅頂付近が抉られたように凹んでいます。
それで,ツマキリの名がついたのでしょう。
頭部は橙色の帽子を被っているようで洒落ています。


リンゴツノエダシャク
③リンゴツノエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)
似た蛾にフタヤマエダシャクがいます。
それの外横線に二つの山と谷があるので区別することができます。
リンゴツノエダシャクには赤矢印の所に白い帯がある傾向があります。



自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 6月(2018年)に見られた蛾③

6月(2018年)に見られた蛾②

2018年6月11日(月)
6月(2018年)に見られた蛾② 撮影日:2018/06/01,06/02 撮影場所:勿来の関

今日,紹介する蛾は6月1日に勿来の関の灯火へ飛来していた蛾です。

カブラヤガ
①カブラヤガ(ヤガ科モンヤガ亜科)
二重になた内横線にぶら下がった感じの紋(楔状紋(けつじょうもん))が見られる蛾です。
頭に近い方から楔状紋・環状紋・腎状紋と三つの紋が並んでいます。
幼虫はネキリムシといって農作物を食い荒らす害虫です。


モモスズメ
②モモスズメ(スズメガ科)
勿来の関には食餌植物のサクラやウワミズザクラが普通に分布しているので観察する機会が多いです。
似ている種にクチバスズメが居ます。
でも,モモスズメの外縁近くには焦茶色の紋が広がっているので区別が付きます。


カクモンヒトリ
③糸状の触角を持つカクモンヒトリ雌(ヒトリガ科ヒトリガ亜科)
雄と雌では色と大きさが違う蛾です。
雄は橙色を帯びていて真っ白い雌とは区別がつきます。
雄は雌よりも小さいです。


カクモンヒトリ
③櫛歯状の触角を持つカクモンヒトリ雄(ヒトリガ科ヒトリガ亜科)


自然観察 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
●2つのランキングに参加中です!! ●
お時間が御座いましたら ポチっ ポチっと
1日1回, バナーをclickして下さ~い。

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 6月(2018年)に見られた蛾②

クリック応援お願いします。
リンク
長方形で囲まれた日を押すとその日の記事がでます。
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
分野別にまとめてあります。関心のある分野の記事が続けて見られます。
多くの蛾を一度にたくさん見るときには  「蛾の掲載数」 をクリックして下さい。
最新記事:上にあるものほど新しい記事です。
月毎に記事がまとめて見られます。
最新コメント
検索フォーム
掲載写真
月齢による蛾の飛来数予測